弾幕シューティングゲーム単語

ダンマクシューティングゲーム
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

弾幕シューティングゲーム(だんまく-)とは、「弾幕」が多い事が特徴のシューティングゲームの分類分けの一つである。

以下、『弾幕STG』と略す。

概要

弾幕STGという言葉が使われるようになったのは1997年に登場した「怒首領蜂」というゲームが大きく関係している。

またそのゲームを作ったcaveという会社が作るシューティングゲームもかなり大きく関係している。怒首領蜂」は従来のシューティングゲームより、ビックリするぐらい弾の数が多かった。(その他の特徴もあるが後述)
弾幕STGとは、そういった「怒首領蜂」や「caveが作ったゲーム」が他のSTGと全然違ったために生まれた分類名である。

ただ弾が多いシューティングゲーム自体は1997年怒首領蜂以前にもかったわけではなく、どういう作品が弾幕シューティングゲームと呼ぶかは人によって個人差がある。

以下に弾幕STGの広義と狭義を示す。

広義の弾幕STG

最も簡単な『弾幕STG』の定義として、

  1. 敵弾が多い

ということが挙げられる。

この定義での弾幕STGの起は、『バトルガレッガ(1996/ライジング)』であるとも、『BATSUGUN(1993/東亜プラン)であるとも、『烈火 サマーカーニバル92(1992/ナグザット)』であるとも言われているが、その辺は前途の定義の曖昧さによって認識が異なる。また、この定義では『斑鳩(2002/トレジャー)』『グラディウスV(2004/トレジャー)』等も弾幕STGに含まれると言える。

狭義の弾幕STG

厳密な弾幕STGの定義を付け加えるとするなら、

  1. 敵弾が非常に多い。上記の定義よりかに多い。画面を埋め尽くすほどの弾。打ち上げ花火みたい。
  2. 敵弾が全体的に遅めである
  3. 敵弾をくぐり抜けるための低速移動がある
  4. 自機の当たり判定が小さく、かすったぐらいならミスにはならない。

というものがあり、ほとんどが現在の弾幕STGに見られる特徴である。ゲーム雑誌等では弾幕STGはだいたいこういった細かい定義で分類される。

これら全てを兼ね備えた最初の弾幕STGが『怒首領蜂(1997/cave)』であり、同社のSTGはほとんどがこれに当てはまる。

弾幕STGの一覧(五十音順)

世界一弾幕STGを作ったケイブ

株式会社ケイブ1995年以降、16年間で48タイトルシューティングゲーム制作し、 「世界一弾幕シューティングゲームを作って販売した会社」として、 「ギネス世界記録」に認定されている。 

引用:ケイブ弾幕シューティングとはexit

関連動画exit

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BC%BE%E5%B9%95%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

弾幕シューティングゲーム

398 削除しました
削除しました ID: auIO3N75jz
削除しました
399 削除しました
削除しました ID: jwre+iyMXn
削除しました
400 ななしのよっしん
2019/10/29(火) 00:27:33 ID: EDcdtdK2OF
ハクスラ要素とかステージの自動生成みたいな他ジャンルで見られる要素を入れるのはどうだろうか
本質的じゃない部分についてはじゃんじゃん変えていいと個人的には思う
401 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 08:34:28 ID: 5iUXPao5XL
>>400
弾幕にしろオーソドックスにしろゲーム明期に生まれたSTGは構造自体がシンプルゲームセンター出自のため庭用にも向かない。いわゆる自然淘汰されたジャンルなので、仮にハクスラをしたいなら、本質的な部分を変えて別ジャンルでやったほうがいい。ハクスラならハクスラに合わせたジャンルを選択するとかね

STGというゲーム自体が、環境に適応するためアクション/格闘/RPG/レースゲーム等へ進化した。その後アクション/RPG等の2Dゲーム3Dゲーム進化している。過去絶滅した恐竜鳥類として地球に残ったように、STG環境に合わせて既に生態系を変えている
402 ななしのよっしん
2019/12/07(土) 08:41:12 ID: 1cxBkOOyMi
2017年現在シューティング底的に考えた」結果あらゆる要素が喧しあって2010年代最悪のSTGになったRXNのことを思うと、
なんでもかんでも足せばいいというものでもない
403 ななしのよっしん
2020/04/26(日) 11:43:15 ID: EDcdtdK2OF
>>400を書き込んだ段階では知らなかったんだけど、Enter the Gungeonっていうローグライトを組み合わせたものが
すでにあったんだな
やりようによっては他ジャンルを混ぜてもうまくいくんじゃないか?
404 ななしのよっしん
2020/06/30(火) 21:53:57 ID: +jgT4qLB+W
自機が弾幕ってザコを見敵即殺するのがこのジャンルのキモだと思う。それがかったら敵の弾幕アートをくぐり抜ける爽快感や魅が引き立たない。
405 ななしのよっしん
2020/08/12(水) 22:58:37 ID: UihSPw9jOO
最近パソコンシューティングゲームを始めたが、いや~キツい。
シューティングゲームPS2で多少やっていたが、これはキツい。
個人的な好みですが、
何度も撃墜されながら繰り返して少しずつ慣れて進んでいくのは好きで、バラバラ弾幕を慣れて避けられるようになったり特殊な動きの複数の弾に慣れたりしていくのは好きだが、
自機の動かし方を明確なタイミングで細かく覚えないといけないレベル弾幕ボム使用前提の弾幕さすがに多すぎると思う。
406 ななしのよっしん
2020/09/07(月) 14:38:43 ID: 5iUXPao5XL
>>403
Enter the Gungeon弾幕STGを混ぜてない。混ぜるという言葉を分かりやすく他ジャンルとの“融和”と言い換えると、Enter the Gungeonは融和というより弾幕STGの要素の一部を“吸収”したに過ぎない

これはEnter the Gungeonに限らず、アクションローグライクADVRPG等のジャンルにとって、弾幕STGの要素は“くてはならない不可欠なもの”ではない。同ジャンル差別化するためのフレーバー程度

うまくいくんじゃないか? と聞かれたら、他ジャンルへの吸収、収斂はとっくの昔に通り過ぎた――すでに終わった話と答えるしかない
407 ななしのよっしん
2020/09/13(日) 01:52:39 ID: 5VwnMAua6U
>>405
自機の動かし方を細かく覚えないといけない弾幕ボム使用前提の弾幕ボスくらいしか出してこなくないか?
どんなゲームをやったのか知らんが自分のやったものだけを取り出して全体のようにるのはどうかと思うぞ。

>>406
ガンジョン弾幕STGの要素を吸収しただけと言われても、何故そう思うのか書いてもらえないと納得できないわ。
個人的にガンジョンにとって弾幕STG要素はドッジロールでの回避の選択肢を増やし、敵弾回避の楽しさを倍増させる“くてはならない不可欠なもの”だと思うんだけど。

おすすめトレンド