後醍醐天皇単語

ゴダイゴテンノウ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

後醍醐天皇とは日本の第96天皇である。
鎌倉幕府が滅んでから室町幕府が成立する前の時期に一時的に天皇親政を成し遂げ、また南北朝分裂時代の引き金を引いた天皇としても知られる。

概要

1288年に後宇多天皇の第2皇子として誕生。

当時の朝廷では後深天皇系の持明院統亀山天皇系の大覚寺統閥争いが生じており、鎌倉幕府の介入でお互いの天皇が交互に即位する「両統迭立」が取られていた。

大覚寺統の後醍醐天皇はこの両統迭立に嫌気が刺した上、承久の乱以来、朝廷にも盛んに口出しする幕府にも強く不信を抱き、天皇を中心とした平安時代の体制を時勢も顧みず取り戻したいと考えるに至る。

1324年に倒幕計画を立てるが、幕府の監機関である六波羅探題に知られ失敗(正中の変)。
1331年、再度計画を立案。だがまたしても六波羅探題に知られ、置山に引きこもる。護良親王楠木正成をここで味方につけて挙兵するがやはり失敗。今度は隠岐へ追放されるに至った(元の乱)。

しかし、北条氏の専横が続き、政治的にも腐敗していた鎌倉幕府に嫌気がしていたものは多く、楠木正成の他にも足利尊氏新田義貞などが幕府に反旗を翻し、1333年に六波羅探題と本拠鎌倉が陥落。鎌倉幕府は崩壊した。

京都に戻った後醍醐天皇は「建武の新政」として天皇中心の理想政治を打ち出すが、実際に働いた武士よりも公家への恩賞を重視したことや、当時最大の課題であった土地関係への訴訟に満足に対応できなかったこと、理想重視で現実を見据えた施策が取れなかったことなどから、武士のみならず民衆からの支持も失い、遂に足利尊氏に見限られることとなる。

足利尊氏との戦いの中で1336年には楠木正成新田義貞を失い、尊氏は持明院統の天皇を即位させ、後醍醐天皇は吉野へ逃亡。建武の新政は2年余りで終了した。そして尊氏は天皇から征夷大将軍に命じられ、京都に幕府を開くこととなる(室町幕府)。
しかし、後醍醐天皇は吉野逃亡の前に天皇に渡した「三種の神器」は偽物であると後にし、吉野において自身が正統な天皇であると宣言。ここに京都(北持明院統)と吉野(南大覚寺統)にそれぞれ別の天皇が在位する「南北朝時代」が到来した。

後醍醐天皇は新幕府に抵抗し、何とか京都に戻りたいと願うが果たせず、1339年に自らの第7皇子である後村上天皇に譲位し逝去した。南北朝時代はその後60年近く続くが、最終的に持明院統の北に統一され、彼の血筋の天皇は途絶えている。

後醍醐天皇は何をしたかったのか

政治は結果が全てなため、全を統御出来ずに日本史上未曽有といえる戦乱を引き起こした人物の一人である後醍醐天皇の評価は高いとは言えない。
しかしながら、これだけではあまりにも不憫であり、なぜ後醍醐天皇が中央集権体制に固執したのかを当時の政治情勢を交えながら説明していく。

の乱当時、政治の実権は鎌倉幕府が概ね握っていたが、鎌倉幕府とはそれまで武勇を示すだけであった武士が初めて政治の領域に乗り込んだ組織であり、その治世は5年に一度のペースで戦乱や暗殺が起こる稚拙なものであった。さらに鎌倉幕府の末期権の示系統が混乱を極めていた。天皇が任命した征夷大将軍の開いた鎌倉幕府であったが、当時の鎌倉幕府の将軍全に傀儡と化しており、執権が幕府の運営を取り仕切っていた。その執権の権も形骸化して北条氏得宗(惣領)のものとなり得宗以外の者が執権になった時はただの傀儡に過ぎず、その得宗すら傀儡になって北条執事に過ぎない内管領が操る。つまり私的な組織の人物が下の采配を振るっており、天皇から数えて傀儡傀儡傀儡傀儡を操る影のフィクサー政治を動かすという世界史でも類を見ない傀儡政権だった。こんな状態でまともな政治など出来るはずもなく、汚職は蔓延り、幕府の統制も上手くいかず、悪党によって治安は乱れに乱れていた。もっとも最末期になると内管領独裁からさらに変化して北条氏者と内管領を含めた得宗の有従者=御内人により構成される寄合衆合議制で政治を担当したことにより一応体制は安定はするのだが、得宗が傀儡なのは変わらずかつ何事も先例重視になったため、強リーダーシップを必要とする危機対応や変革事実上喪失してしまった

朝廷平安時代末期より院政が敷かれ、天皇の実権は薄れていき、さらには皇統も鎌倉幕府の介入によって二つに分かれていた。官職は格によって固定化されており、効率的な運用もされていない。天皇親政下の時代が懐かしまれることも理もないことである。

後醍醐天皇の治世とは、腐敗した鎌倉幕府を打破し、権の示系統を名実共に一致させ、政を安定させることにあった。これを実現させるために天皇親政を行い、天皇の意向によって官職を任命し、動かすことで政権運営を円滑に行うことを向していた。後醍醐天皇はこの理想を実現させるためにかなり強引な婚姻関係によって朝廷での政局を制したり、当時中央集権体制を確立していたを深く学んだりしていた。倒幕のために非公家や当時勃してきた悪党をまとめ上げる政治センスカリスマを兼ね備えていたなど、決して無能ではない。しかしながら、後醍醐天皇は所詮傍流で中継ぎ天皇であり、朝廷における基盤は確かなものではなく、建武の新政のときには朝廷の官僚機構がすでに衰えており、軍事に関しては武士に立ち向かえなかった。

結局失敗はしたものの、建武の新政が行われていた期間はわずか3年ほどであり、組織を作るために十分といえる時間ではない。政敵であった足利尊氏武士をまとめ切れなかったため、この時代に中央集権体制を確立するのは非常に困難なであったといえる。的はピントの外れたものではなかったが、時代が悪すぎた。

後醍醐天皇が向した学(朱子学)による統治は後の江戸幕府、天皇の権を強めた中央集権体制が確立するのは後の明治維新を待たねばならない。

後世の評価

鎌倉幕府を滅ぼしたものの、自らの現実離れした政策で武士・民衆の支持を失ったことで尊氏らに反逆されたため、「不徳の君」の代表的な例としてられることが多い。

しかしながら明治時代中期から第二次大戦終結までは、武政権の中で一時的にも皇威を回復させたこと、更に南が分裂時代の正統皇と位置づけられたことなどの理由から、「建武の中」を果たした天皇として楠木正成と共に高く評価された。

第二次大戦後は、江戸時代以前の無能の位置づけに戻っている。21世紀に入って人格面、政策面、面の全てにおいて再評価がされていることについては前述の通り。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BE%8C%E9%86%8D%E9%86%90%E5%A4%A9%E7%9A%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

後醍醐天皇

134 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 01:56:21 ID: ubxWrMhsAM
もののけ姫のあの時代には既に亡くなっているんだよなあ
135 ななしのよっしん
2021/06/21(月) 13:07:57 ID: QGXfvFmhzO
大河ドラマ観て思い出したけど、紙幣の発行を計画したんだったな。
当然すぎたけど。
信用通貨って大変なんだな。
136 ななしのよっしん
2021/06/21(月) 13:23:29 ID: HBCsLikBFO
の元が全に紙幣取引だったから導入してみたくなるのは分かる
問題はそれを普及させるだけの権も信用かったことだが
137 ななしのよっしん
2021/06/21(月) 14:55:34 ID: QGXfvFmhzO
「信用」通貨なのに「信用」ないなんてただのギャグやないかい...。
その元が滅んだ原因の一つが通貨政策の失敗だから、普及させられていたらいたでひどいことになったろうけど。
138 ななしのよっしん
2021/06/21(月) 14:58:52 ID: i03Sp/ZYny
貨幣の価値を信用のみに基づこうとした先見の明は評価されていいと思うけどな
139 ななしのよっしん
2021/06/21(月) 21:24:00 ID: QGXfvFmhzO
先見の明「だけ」はあって、実行するも展望も欠如していたのが問題ですしおすし
明治初期か、世界恐慌の後にでも政治家や官僚やってりゃすごいことができた気がしてならない。前例を気にしない火の玉野郎が必要な時に。
140 ななしのよっしん
2021/06/24(木) 20:27:05 ID: 02G9GnmoEj
先見の明や発想だけがあっても政治は出来んわな
141 ななしのよっしん
2021/07/05(月) 16:01:53 ID: an/SWo7we5
建武の由来の割にはやってる政策が理想だけ見て現実から乖離してて光武帝と言うよりは王莽なのが皮でしかない
142 ななしのよっしん
2021/07/13(火) 17:30:12 ID: QGXfvFmhzO
まあ、北条の治世がみんなが現実を言い訳に理想や理念を忘れた世。ゆえに乱れたとも言える。
それを正すために思い付く限りの理想をぶちあげたが...。現実と擦り合わせるも手段もなくてはな...。
沈黙の艦隊渡の台詞を思い出す。「政治とは理念理想ではない。現実なのだ」
143 ななしのよっしん
2021/07/22(木) 19:30:09 ID: xiCd+FA3rz
倒幕の計画を立てたけど、人望がく何度も密告されて失敗している時点で英雄の器ではない

過去のオススメ記事