御剣怜侍単語

ミツルギレイジ
2.3千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

御剣怜侍とは、カプコンゲーム逆転裁判シリーズに登場する架の人物である。
担当声優は『1』~『3』、『検事』、『検事2』のゲーム本編が岩元郎、『5』『PXZ2』およびPVボイスドラマ竹本英史アニメでは玉木士。

概要

天才エリート検事。 主人公弁護士成歩堂龍一宿命のライバルであり、最大の友。「逆転裁判」1~3までに登場し、成歩堂と何度も対峙する。 

彼の父親御剣信は優秀な弁護士であり、そので幼少の頃から弁護士を志していたが、とある事件がきっかけで犯罪者弁護士を憎むようになり、一転して検事を志す事になる。

敗の検事であった狩魔豪の下で教えを受け、弱冠20歳で検事に就任後、一切手段を選ばず全ての被告人を有罪にしてきたが、小学校時代の友である成歩堂との再会を経てからは、「有罪判決を勝ち取ること」ではく「真実追究すること」を何よりも重んじるようになる。

クール二枚目で、キザな言動や優な立ち振る舞いが多いが、妙にコミカルですっとぼけた面もありネタキャラとしても優秀である。シリーズキャラクターの例に漏れず、リアクションでは顔芸を披露してくれる。ゲーム中で考え事をするときはよく腕を組んでいる。

クラバット(通称:ヒラヒラ)+スーツ』という恥ずかしい格好を常にしているが、本人は気にしていない。なお青色(スーツ)の成歩堂との対である。 

女性に対しては紳士的な態度を取り、ゲーム内でも女性人気は高いが、オバチャンこと大場カオルを苦手天敵としている。
ちなみに主人公成歩堂よりも人気は高い。→公式による人気投票の結果exit 

部下に糸鋸圭介がおり、過去に容疑者となってしまった彼を救って依頼、彼からは厚い信頼を寄せられている。
刑事の捜ミスが法廷で発覚するたびに彼に減給を言い渡しているものの、自分に対する信頼と事件捜に対する熱意は大きく買っており、御剣の現場示によってきちんと捜に貢献したときは彼に感謝をして給与アップを言い渡すこともある。逆転検事では「特別に優秀」と彼のことを評価していた。

トノサマンシリーズの大ファンであり、執務室にはトノサマンフィギュアが置いてある。もっともこの設定は逆転裁判(1)時にはく、後で追加されたネタ設定である。

聞き間違えたことを信じて疑わない傾向があり、「さるまげどん」を「さるまげくん」、「サイコ・ロック」を「さいころ錠」、「アリフレッド像」を「ありふれた像」、「ポンコ」を「ヌコ」と間違えて覚えてしまっている。一度頭にインプットするとその後は信じて疑わないため、成歩堂サルマゲくんをネタにしたら思い切り胸ぐらを掴まれたらしい。

彼の生き方を変えた過去のある事件のせいで、地震エレベータートラウマになってしまい、特に地震に関してはその場でうずくまって震えたり、酷い時は気を失ったりしてしまう。後にこの事件の相が判明し、過去に決着をつけて以降も地震トラウマは消えていない様子。エレベーターに関しては「苦手意識はあるが乗れないことはない」程度。

作中では基本的に「御剣さん」や「御剣検事」と呼ばれている。成歩堂や矢などの一部の知り合いからは呼び捨てで、狩魔冥からはフルネームで呼ばれる。また、オバチャン(大場カオル)からは「ミッちゃん」と呼ばれており、ファンからも度々この呼び方で呼ばれる。

逆転裁判開発初期はオッサンの設定だったが、「こんなオッサンと戦っても燃えない」という理由から若返った。開発初期のオッサンの原案は狩魔豪に流用されている。

逆転裁判3』において、4話では20歳の時の法廷デビュー戦が描かれ、5話では成歩堂から弁護士バッジを託され操作キャラクターとして御剣を動かせる。
 
シリーズ初期ではキャラ設定はど固まっていなかったが、二次創作ネタ逆輸入TGS特別法廷(公式ネタ)におけるフルボッコ公開処刑もあり、ネタキャラ化が作品を追う毎に進んでいる。 

『逆転検事』『逆転検事2』における御剣怜侍

スピンオフ作品に役に抜されて登場。
ロジックシステム(逆転検事)や御剣ドSシステムロジックチェス(逆転検事2)というキャラ設定を生かしたシステムが導入された。

手強い犯人たちとの戦いと様々な出会いの中でめて自分の進むを見定めていくという素晴らしい役ぶりの一方で、逆転裁判シリーズ時には見せなかったネタにできなかった一面も作中で描かれている。 

逆転検事 公式サイトexit

『逆転裁判5』『逆転裁判6』における御剣怜侍

30代の若さで検事局長に就任。装に大きな違いはないが眼鏡を着用しており、その姿はである御剣信を彷彿とさせる。

成歩堂弁護士バッジを剥奪された時、助けようと動いたが及ばなかったことや、成歩堂の養女・みぬきマジックショーを見に行ってることが会話で分かる。

検事局長に就任後は「夕神迅」に関する『ある事件』を調行うなど裏方として活動している事が多い。
『5』ではストーリー後半で検事として成歩堂と対峙する。

『6』では話の中心が「クライン」へと向かっていき、中心人物も「王泥喜法介」と「ナユタ・サードマディ」の対決が大きく描かれるため表立った活躍はない。
『6』のDLC特別編時を越える逆転』では久しぶりに登場した「矢張政志」を人として交え、事件の担当検事として成歩堂と法廷で対決する。

また、このシナリオで普段(シナリオパート)はメガネを着用し、法廷(法廷パート)ではメガネを外している事が明らかとなった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BE%A1%E5%89%A3%E6%80%9C%E4%BE%8D
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

御剣怜侍

155 削除しました
削除しました ID: 8tgnNPbTQP
削除しました
156 削除しました
削除しました ID: JeWCH+CC0M
削除しました
157 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 21:06:59 ID: 0ey5YX1rtX
>>156
真実を追いめる」と「全で被告を有罪にしに行く」で行ったり来たりしてるように見えるけど、そうでもないんだよ
御剣がやってるのは、あくまでも検事側からの真実追求
ゲーム上『被告は無罪』なのは半ば既定路線だけど、登場人物からしてみればそんな保障なんてどこにもないわけで
御剣の『自分と警察が全で捜したのだから被告は有罪』、弁護士の『依頼人は無罪って言ってるんだから自分は全でそれを信じる』
この二つがぶつかり合うことで必ず真実が顔を出すっていうのが御剣の考え方
だから、検事シリーズの『どんなに怪しいやつがいてもきっちり捜して結論を出す』御剣と、裁判シリーズの『自分のところへ送られてきた被告は(そういう過程を経ているわけだから)とにかく有罪をする』御剣は何も矛盾しない
158 削除しました
削除しました ID: JokTjhEnmN
削除しました
159 ななしのよっしん
2020/09/09(水) 18:36:24 ID: NgVpih81Ee
>>158
むしろ敵の時の方が弱いような気がする…
全敵だった1は「とりあえず異議を申し立てる」を筆頭に醜態すし、敵同然だった5のUR-1号事件の裁判は見事にハズレちまった
160 ななしのよっしん
2020/09/24(木) 09:53:10 ID: MmS0DmL4Eg
1の時は案件が小中とトノサマンに加え最後は自分が被告だからまぁしゃあないなうん
161 ななしのよっしん
2020/10/09(金) 16:11:59 ID: iUwkbWvo5Y
かつての師である狩魔豪死刑執行には立ち会ったのだろうか?
162 ななしのよっしん
2020/12/12(土) 20:06:10 ID: eDCtpUg0WG
狩魔より、新人時代の千尋成歩堂と似てる
163 ななしのよっしん
2022/05/09(月) 05:51:47 ID: 11GMI/bhBN
検事2で、「ピンチの時ほど太々しく笑う」元祖の息子だと判明したもんな
ダメージ受ける時はギャグも辞さないし、容赦ない被告追及も検事として人を救いたい精の現れと考えると、
男として憎めない敵役。特撮オタだしw
164 ななしのよっしん
2022/06/14(火) 08:32:35 ID: Oo+uTmRhKJ
最後の「また、このシナリオで普段(シナリオパート)はメガネを着用し、法廷(法廷パート)ではメガネを外している事が明らかとなった」の「このシナリオ」ってどこをしてるの?6の特別編?5、6全体?
前者だったら、5の時もそうだったよね。