徳川秀忠単語

トクガワヒデタダ

徳川秀忠とは、(とくがわひでただ 1579-1632)は、戦国時代の武将で、徳幕府二代将軍。もっと評価されるべき人物である。

概要

1579年、徳川家康の三男として生まれる。母親はおの方(西郷局)。幼名は長丸(長とも)。

松平信康)は謀叛のかどにより1579年に切腹、次結城秀康)は豊臣へ養子へ行っていたため実質的な世継ぎとして扱われた。(しかし家康は迷っていた部分もあったらしく、譜代の臣らに「世継ぎはが相応しいか」と尋ねたりしている。この時秀忠を推したのは大久保忠隣だけだった)

関ヶ原の際には、榊原康政本多正信土井利勝・大久保忠隣などのそうそうたる面々の軍を与えられるも、真田昌幸・信繁(幸村)らの上田城攻めに手間取り、関ヶ原本戦に5日も遅参してしまった。家康激怒し、しばらくの間秀忠と対面することも許さなかったという。

関ヶ原に勝ったが幕府を開くと、その2年後には征夷大将軍に就任し、27歳で徳代将軍となる。が、元和二年(1616)に家康が亡くなるまでは家康が実質的な権を握っており「大御所政治」と呼ばれた。

慶長十九年(1614)に大坂の陣が起こると、今度こそ遅参すまいと全速で軍を大坂に急がせたため、逆に家康に叱責を受けた。秀忠は関ヶ原での恥をごうと考えており、強気な策を献策したが、その意見が容れられることはなかった様子。

大坂の陣が終わり、家康が死ぬと、今度こそ自身で政務を行う。武諸法度を制定し、大名・公家ともに取り締まり、江戸世界有数の都市になる礎を作った。
元和九年(1623)にはに倣って隠居し、嫡男・征夷大将軍とした。しかし幕府内での権は持ち続け、「大御所政治」を行っており、寛永三年(1626)には後天皇二条に行幸させることに成功。しかしこの上中に正室・お江江与)が死去している。

寛永九年(1632)、江戸城西の丸にて死去。享年53

評価

上記の通り関ヶ原に遅参したこと、生涯を通して大した武勲を挙げたことがないこと、恐妻家であったこと、父親が偉大すぎることなどから、とかく地味で、あまり注されることのい人物である。
が、公家諸法度・武諸法度を制定し、(家康には出来なかった)豊臣恩顧の大名を次々に易して幕府の基盤を固めたことは評価すべき点であり、決して「バカ息子」ではない。むしろ偉大すぎる父親に追いつこうとクソに頑っていたらしく、そんな点に人間らしさを感じたりする。

あまり知られていないが、実は家族関係の苦労がかなり多い。

  • であるおの方とは10歳で死別。同である松平忠吉28歳で亡くなっている。
  • 妻であるお江与(江)が非常に嫉妬深かったため、一度きりの浮気で出来た子(保科正之)には妻をはばかってかなり長い間対面しなかった
  • である松平忠輝を不行跡のかどで易し、追放した。
  • 長女・千をわずか7歳で豊臣秀頼のもとにがせたが、19歳で大阪の陣に遭わせてしまった。
  • 次女・珠をわずか3歳で前田利常のもとにがせたが、24歳で珠は病死。
  • 三女・勝を甥・忠直(結城秀康息子)にがせたが、のちに忠直は乱心ののち勝を殺そうとしたため、これを隠居せしめ、勝江戸に引き取った。
  • 四女・初へ養女に出したのだが、初は若くして病死し、しかも夫である極忠高とは仲が悪く、初が死んだときに忠高は相撲見物をしていた。秀忠は激怒し、初の葬儀を徳だけで行っている。
  • 嫡男であるは秀忠を嫌い、家康を尊敬していた。
  • ・忠長に不行跡のかどで居を命じる(秀忠の死後切腹した)。
  • 五女・和子を後天皇の中宮として入内させる。しかし後天皇には寵の女官がいたため、入内の際には一着あった。また天皇は幕府の朝廷への介入を嫌い、和子も幕府と朝廷の間にあってかなり苦労している。

そんな中でもめげずに頑った秀忠は、もう少し評価されるべきである。

そもそも今日秀忠の武将としての評価を貶める根拠となっている関ヶ原の遅参自体も、一概には秀忠の武将としての評価を落とすものとはいえない。

第一に、秀忠が上田城を攻めた期間はわずか3日である。西軍に対して慣れない2000足らずで2週間保った鳥居元忠をはじめ、細川幽斎京極高次の例をとっても籠側が3日間優位を保つのは当たり前である。

第二に、それでも幸は秀忠を素通りさせず上田に足止めさせたかもしれない。だがそれも家康上田城攻めを示していたともいわれているし、そもそも上田で足止めされていても、氾濫による使者の到着や行軍の遅れがければ秀忠に責任が帰される潮もかっただろう。

つまり秀忠は武将としても決して無能ではないのである。秀忠

子女

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%BF%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳川秀忠

209 ななしのよっしん
2017/12/31(日) 15:26:02 ID: m7oVssrCiu
保科正之が評判良いから。

創作だとだいたい悪役や扱いの悪さが立つからな。
影武者徳川家康で7代までが秀忠の子孫で8代以降は影武者の子孫とかの落ちで可哀そうだと思った。
210 ななしのよっしん
2018/09/23(日) 23:17:33 ID: y3F2//vu3l
母親くに亡くしたせいか

親身に世話してくれた
高台院性を感じてたみたいね

家康をそれを非常に疎ましく思ってたらしい
211 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 12:19:28 ID: 7oNCHXiIIa
葵徳川三代にハマると秀忠が好きになる
212 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 20:10:46 ID: tIutdIerhg
 体弱すぎて病死
 粛清(によって)
2 腫物と梅毒で…
 同で一番仲が良かったが
2 武田を継ぐが
3 最後に残ったまともに話し合える親だったが、と反東北の賊と結んだためあえなく秀忠自らが流罪


最後までまともに心の通う男の親がいなくて、とは不仲で、孤独だった気がする
213 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 08:10:26 ID: 7GvmqngF4+
この人が創作なんかで、バカ無能ゴミのような陰湿野郎に描かれることが多いのと、そんな様を見て狂喜乱舞する層が結構いるのはなんでだろう?

家康息子将軍だからなのか、あるいは評価されない分野で頑ってたからなのか、真田踏み台として描きやすいからなのか・・・

理由はいくらか思い浮かぶけど、「コレジャナイ」感が結構すこい
214 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 08:42:42 ID: RxJRasy48W
理由いくらか思い浮かぶのなら何故質問するんだ
215 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 19:10:16 ID: tIutdIerhg
判官びいき描写の中で一番バイキンマンとして使いやすいからね秀忠が。
家康はむしろ乞食殿から成り上がった人間だから、sageるのは「私は馬鹿で、私の創作物は低俗です!!」って言ってるのと同じだからなんだかんだでリスペクトされる。

あと、秀忠が身内や年上の臣に陰湿だったのは真実といえなくもないのがね。
その理由が、まともな親がほとんど死んだところにある哀しさからくるものなのかもしれないし、性格がまない方がおかしい人生送ってるからねぇ
少なくとも複雑な人だよ秀忠
216 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 15:39:09 ID: yBgJUMX17v
センゴクショタ秀忠ゴンベエと
顔合わせ。

まさか秀忠が気に入って家康推薦
そういえば恩を返していなかったな」
という流れになるのか
217 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 01:09:18 ID: 3NarBfhd6A
>>213
だいたい隆慶一郎花の慶次影武者徳川家康作者)のせい。
この人が大の秀忠嫌いで、影武者徳川家康疑心が強く陰険な秀忠像を作ってしまった挙げ句、
当時のコーエースタッフに彼の作品が好きな人が居たらしく、
信長の野望秀忠はこの影モロに受けまくっている
智謀だけ高いが、政治が過小評価、義理は低く、家康との相性があまり良くない等
言うまでもく、前田慶次がかつて過大評価なのもこのせい。
218 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 01:10:50 ID: 3NarBfhd6A
>>217
だからで堅実な主人公秀忠を描いた葵徳川三代は、
秀忠の名誉挽回と再評価の大きな後押しになった。
11年後のシエでそれが台しにされたが。