徳川頼宣単語

トクガワヨリノブ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

徳川頼宣1602~1671)とは、江戸時代前期に活躍した大名である。

概要

徳川家康と側室のお万の方(養珠院)の間に生まれた10男。御三家の一つ紀伊の初代。幼名は長福丸で、頼将→頼信→頼宣となっていく。同武田信吉がいる。

慶長7年(1602年)に伏見で生まれる。さらに翌慶長8年(1603年)には、武田信吉の遺領であった常陸水戸となり、20万石を与えられた。さらに慶長9年(1604年)には常陸久慈保内・下野那須武芝の5万石を加増された。だが、当たり前といえば当たり前なのだがまだ元すらしていない幼少期に水戸に赴くこともなく、駿府の徳川家康のもとで育てられ続けた。この頃の領地経営は、武田信吉の臣であった沢信重が財務を行い、村々の支配は幕府の代官頭であった奈忠次、坂元正などがあたっていった。『徳実記』によると徳川家康によって厳しく鍛錬されていったという。

慶長11年(1606年)に元。従四位下に叙されて常陸介を名乗る。慶長14年(1609年)に駿・遠江および東三河の50万石を与えられてて転封し、遠江横須賀を居とした。慶長16年(1611年)に従三位参議左近衛中将となり、遠江宰相中将と称する(参議は後に辞職している)。

元和2年(1616年)に駿に移封されて、駿河宰相を称する。元和3年(1617年)に権中納言に任じられると駿河中納言を名乗り、元和5年(1619年)に紀伊伊勢55万5千石に移され、駿河には忠長(後の徳川忠長)が入る。この理由として、大坂の陣後の畿内の動向に対処するもの、大坂江戸間の上交通を握するためのもの、吉野熊野伊勢を視野に入れたもの、といったように諸説あげられている。

こうしてようやく誕生した紀伊であるが、前領浅野氏によって既に基礎が築かれていたため、徳川頼宣はその統治方法をほぼ踏襲し、その上で各種の法整備に移っていった。一方で地士制度を用いて人を懐柔していき、領知支配を進めていく。寛永3年(1626年)に後天皇二条行幸に際し、従二位大納言に叙任。これは徳川義直や甥・徳川忠長と同格で、徳川頼房以下他の大名と明確な差異が設けられた。

慶安4年(1651年)の慶安の変では首謀者の由と関わっていた県議がかけられるも、拠の書状が偽造で疑いは晴れたようだ。寛文7年(1667年)に病気のため隠居して、嫡男・徳貞に督を譲る。そのまま寛文11年(1671年)に亡くなり、中村の長保寺に葬られた。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける徳川頼宣の力一覧。

徳川家康息子のため稀に出る存在だったのだが、戦国立志伝への登場をきっかけにようやく定着した。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 162 智才 132 政才 138 79 野望 65
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 69 智謀 54 政治 58 野望 70
蒼天 統率 知略 政治
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 武勇 知略 政治
戦国立志伝 統率 69 武勇 74 知略 60 政治 75

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E9%A0%BC%E5%AE%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳川頼宣

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 徳川頼宣についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


おすすめトレンド