編集  

必殺仕事人2009単語

ヒッサツシゴトニンニセンキュウ

必殺仕事人2009とは、ABCテレビ朝日制作2009年1月9日6月26日までテレビ朝日系列で放送された時代劇・『必殺シリーズ』第31である。全22話。

概要

オープニングナレーション

下の回りもの
ところがどっこい近頃は、下がの回し者
さえありゃとは申しませんが、情けがありゃとも申せません
きれいごとばかりじゃあ、とどのつまりの堂々巡り
どうやらどの世に生まれても
こいつだけは許せねえ、てな輩がおりますもので

ナレーター亭小

17年ぶりの新作

30必殺仕事人・激突!』以来、およそ17年ぶりとなるTVシリーズの新作。

2007年7月7日に放送されたスペシャル番組『必殺仕事人2007』の視聴率が良かったことから、『2007』のキャスト世界観を引き継いで本作が作られ、第1話の5日前の2009年1月4日には『必殺仕事人2009スペシャル』が放映された。ABC朝日放送)は以前、ジャニーズ事務所導の番組を阪神タイガース戦中継に差し替えたことでジャニーズ事務所とは関係が悪化していたが、この企画ジャニーズサイドから持ちかけた経緯があることから、ABCと和解を果たした事となる。

これまでの中村主水に代わって東山紀之少年隊)演じる渡辺五郎が『2007』より新たな役となったが、も健在であり、『2007』そして本作では脇に回ったとはいえ、ベテラン仕事人として小五郎をはじめとする若い仕事人にとっては頼りになり、支えとなるご意見番的役割という重要なポジションだった。

東山および藤田まこと以外のキャスティングとしては、経師屋の次役にTOKIO松岡昌宏が、からくり屋の太役に関ジャニ∞大倉忠義が、仕立屋の匳役にKAT-TUN田中と、東山を含めてジャニーズ事務所所属の若手で固められた。彼らを束ねる(?)元締代行的立場である殿お菊役は和久井映見が演じている。

仕事人シリーズ玉といえばラスト中村コントだが、『2007』よりそれが渡辺に代わった。
せんりつコンビも『2007』、『新スペシャル』には登場していたが、本作ではりつが最終回に登場したのみであった。

本作終了からおよそ8ヶ後の2010年2月17日役の藤田まことが亡くなったため、本作が中村主水最後の登場作品となった(ただし、スペシャル番組『必殺仕事人2010』では、回想シーンではあるが登場している)。

登場人物(仕事人)

渡辺五郎(わたなべしょうごろう)
演:東山紀之少年隊
本作のチームリーダーである南町奉行所定町り同心だが、かつての同様に昼行灯であり、マイペース義者でもあったため、『2007』での着任時は上役に期待されていたものの、本作ではあまり期待されなくなった。
配置替えでは『2007』でが配置されていた書庫を希望していたが、定町りだったため辟易していた。しかし、芝居好きであるため、定町りは仕事をさぼって芝居を見られる格好の役職だったのかもしれない。
庭では中村同様に婿養子という立場だが、中村とは逆にに大事にされており、食事もな物ばかりであったためか嫌気がさし、めざしなどの質素な物を好んでいる。
次とは『2007』で初めて組んでいるため、それ以前は別の人物と組んで仕事をしていたかと思われる。裏稼業の掟を厳粛にわきまえていることから、時折次と対立したり、若い太を叱責するともあるが、逆に小五郎暴走しかけて匳に止められるということもあった。
仕事」の時は長を振るって堂々と立ち回り、に「裁きの刻」(『新必殺仕事人』のBGM)をバックに一人もしくは大勢をり捨てる(『2012』ではのようにマフラーを使用、BGMも「水のテーマ」に)。その時の形相も見どころの一つである。
なお、『2012』より南町奉行所から本町奉行所へと転属になっている。
経師屋の次(きょうじやのりょうじ)
演:松岡昌宏TOKIO
かつては賀のびであったが、抜けとなって江戸へ流れ、経師屋(掛け軸やふすまの補修を行う職業)として生計を立てていた。しかし食い楽であるため、生活費は食事につぎこんでいるようである。
2007』で自分を狙って江戸にやってきた同じ賀のびの玉櫛とは、お互い口が悪いものの少なからずいい関係であったが、『新スペシャル』で玉櫛は殺され、その後にやってきた玉櫛の如月の面倒を見ている。
抜けとなってから仕事人になるまでの経緯は小五郎同様にで、お互い殿お菊から「仕事」をもらっているのにも関わらず『2007』冒頭が初対面であった。そのことや小五郎が役人であることもあってか、小五郎に対しては何かと反発し、匳とも仲が悪い。
仕事」の時は、『2007』では絵筆に仕込んだ劇を標的の口の中に落とすもしくは筆を額にあてて死に至らしめる殺し技であったが、『新スペシャル』ではが手に入らなかったことから、錐(太に作成させた)を使った殺し技に変更、「暗闇に仕掛ける」(『新必殺仕事人』の殺しのテーマ)をバックに、背後から刺したあとに心臓までゆっくりと届かせて絶命させている(その錐が心臓に届くまでの様子をレントゲン(CG。撮影時の日付つき)で表現している)。
21話終盤でお菊を逃がした後に敵に捕まり、最終回では拷問で体がぼろぼろになりながらも生き抜いて「仕事」を果たし、そして如月と二人で江戸を離れたが、『2010』で再び江戸に戻ってきた。
からくり屋の太(からくりやのげんた)
演:大倉忠義
2007』で失った恋人の息子・作太郎と二人で小料理屋を営んでいるが、元々はからくり細工を作って縁日等で販売していた小五郎とは顔なじみの青年仕事人となったきっかけも悪人に殺された恋人のを討つため。
『新スペシャル』では、が手に入らなくなった次に頼まれて錐状の武器を作っている。
仕事」の時は、「旅愁」(『暗闇仕留人題歌)アレンジバックに、からくりを標的ののどに巻き付けて突き刺すもしくはそのまま絞め殺す技を使うが、標的を油断させるためにからくり細工のお茶運び人形を使用している。
元来、気の優しい性格であり、仕事人となった後はかつての殺し屋のように自分のやってきたことが正しいかどうか思い悩む部分があり、それをに小五郎に注意されていた。第10話ラストで、自分が自分が殺した悪人の側にいるところを小五郎後輩同心・大河原伝七に撃されるというヘマをやらかし(その時は次のおかげで難を逃れた)、続く第11話で自分の母親だと騙る悪人に気を許した挙げ句にその女に刺されてしまい、最後のを振り絞ってその女を仕置した後に絶命した。
仕立屋の匳
演:田中KAT-TUN
第13話より登場する、態度は悪いが腕は確かな仕立て屋で、坊主頭にピアスという『新必殺仕置人』の念を彷彿とさせる出で立ちをしている。実は、第12話で小五郎が仕留め損なった標的を仕留めていたのは彼。
見たや態度とは違って気のいいところがあり、分や近所の子供達に仕立てや裁縫を教えている。元々は一匹仕事人だったが、その分を悪人に殺されたことで依頼人となり、小五郎チームに加入した。しかし、持ち前の口の悪さのせいでメンバー(特に次)とは仲が悪い。
仕事」の時は、「を裂いて」(『新必殺仕置人』出、『必殺仕事人』後期殺しのテーマ)をバックに、仕立ての糸と関節技(?)を駆使して糸を標的の首筋に巻き付けて絶命させる。
最終回では、生きて戻れないと思ったのか飼っている文鳥を野に放したが、生還後その文鳥は戻ってきていた。
なお、『2010』では坊主頭から一転して長になっていた。
殿お菊(はなごてんのおきく)
演:和久井映見
普段は常磐師匠を、裏では三番筋で聞いた依頼を仕事人に仲介する元締代行的立場の女性
彼女が頼み人に喋る時はなぜかエコーがかかる。
五郎次だけでなくとも顔なじみだが、『2007』冒頭ではに「仕事」を回さず、小五郎次には別々に依頼していたため、この三人が組むのは『2007』終盤になってから。『2007』以前ではと組んでいたようだが、第21話終盤で仕込み扇子を使おうとしたところを見ると、殺しを行ったこともあるようだ(ただし同話では、その武器を次が使用してお菊を逃がした)。
最終回で解散したものの、素性がばれたわけではないので、それ以後も常磐師匠をしている。
中村主水(なかむらもんど
演:藤田まこと
南町奉行所の同心である大ベテラン仕事人
2007』では書庫番担当だったが、本作ではさらに自身番へ異動となったため、そこでめざしを食べながらのんびりとしており小五郎に羨ましがられている。家族(りつ)が最終回まで登場しないため、中村の様子は最後まで描かれる事はなかったが、話によると自身番への異動で扱いがひどくなっているようである。
本作での立場はかつてのチームリーダーではなくご意見番的存在で、小五郎次、太、匳といった若い仕事人に対して注意やフォローをするだけではなく、時折仕事示もしたりしている。お菊とは顔なじみで、『2007』冒頭では「仕事」を自分に回さなかったことに不満を抱いていた。それ以前にも組んでいたようではあるが、彼女と男女の仲だったかどうかは不明。
仕事」の時は、おなじみの「中村主水テーマ」をバックにおなじみのセコ突きで標的を始末している。
最終回以後は西の方へと異動となり、にも会わずに密かに江戸から去った(『2010』)。

主題歌

鏡花水月
作詞Satomi作曲:大智、編曲正樹、歌唱:The SHIGOTONIN
本作ではおなじみの縦書きテロップではなく、役名が表示されない横書きのロールテロップとなっており、題歌が終わってから渡辺コントが行われていた。歌唱の「The SHIGOTONIN」は、小五郎役の東山・次役の松岡太役の大倉の3人からなるユニットだが、太が退場してもこのメンバーでの題歌が使われている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%85%E6%AE%BA%E4%BB%95%E4%BA%8B%E4%BA%BA2009
ページ番号: 4742141 リビジョン番号: 1749278
読み:ヒッサツシゴトニンニセンキュウ
初版作成日: 11/10/13 17:04 ◆ 最終更新日: 13/02/17 21:42
編集内容についての説明/コメント: 小五郎の本町奉行所転属について追記、関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

必殺仕事人2009について語るスレ

33 : ななしのよっしん :2014/11/28(金) 21:02:45 ID: bHZkC2xxLk
やっぱり単発TVスペシャルだけってのは良くない
ドラで続けてくれないと役者スタッフライターも成長できないんだよな

五郎たちレギュラーキャラももっと掘り下げられるべきだと思うし
たまに変化球入れる余裕すらないもん現状
34 : ななしのよっしん :2015/01/22(木) 23:18:25 ID: bNUFr6Lnw/
役者京都に常駐出来ないと連ドラ化は出来ない
ジャニーズの連中にそれが理なら藤田まことみたいに松竹京都関西圏の出演者中心にするべきなんだが
多分大人の事情でそれが出来ない
じゃあジャニーズに合わせて東京の撮影所にするか?ってなると
今度は松竹京都撮影所が黙っちゃいない

東京拠点のタレント+松竹京都撮影所って組み合わせでやってる限り連ドラ化は
ジャニーズもせめて関ジャニとか関西ジャニーズJr.とかの連中使えばいいのに
35 : ななしのよっしん :2015/12/10(木) 03:02:25 ID: WCYkvWluYU
田中がホント勿体無いなぁ、退場させるなら壮絶な殉職シーンで退場させて欲しかった
36 : ななしのよっしん :2017/06/04(日) 17:36:31 ID: bHZkC2xxLk
田中に関しては意外性がいというか逆にイメージ通りで不謹慎ながら安心してしまった
の現代版としてキャラ立ってたのは本人そのままだったからかw
37 : ななしのよっしん :2017/07/14(金) 08:12:45 ID: t47uPL9D+5
野際陽子亡くなったあと日常パートどうするんだろうか
38 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 11:37:42 ID: tGLWLaHhvy
今回のSP酷かったね
話がとっちらかって、どうしたいのかさっぱり分からなかった
藤田まこと無駄遣いだったわ
39 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 11:51:55 ID: RmL8OGQhlX
まぁ、急な記憶喪失とかは酷かったけど、なんだかんだ自分は楽しめたけどなー。八丁の話面かったし
40 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 12:01:09 ID: Heo3diBBlX
言いたい事は山ほどあるけど、個人的には2015と2016よりは面かったよ
41 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 16:32:02 ID: pR6CtlNyvN
悪党がISというより、シスみたいな感じで笑いを禁じえなかった。
42 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 14:13:49 ID: L8E7VvRZDB
>>38
奥田二のテロリスト養成学校ばっかだったし仕事人側が空気過ぎたからな。役かわからん。藤田まことの生前映像の流用は駄だし誰得だった。何故それを推すし。死人なんだから。

>>41
いや笑えんだろう。この時代劇、初期の必殺シリーズの頃から社会刺を江戸時代に置き換えた番組だがあからさま過ぎる過激派描写はいくらドラマだからってNGだろ。テレ朝テロと言われてもしゃあない内容だったぞ今回。相棒映画にもテロ批判どころか容認するような映画あったし。
もちろんテロリストを描いたドラマはたくさんあるがフィクションとしてのテロリストでないと駄。今回は明らかISとかを意識してた。

野際陽子は恐らく死ぬ前に収録したから来年からは別の女優かな。平尾昌晃は死んでもBGMさえ残ってたらそのまま使えるし問題ないだろう。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス