忍者龍剣伝単語

ニンジャリュウケンデン
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

「忍者龍剣伝」とは、テクモ開発・発売のアクションゲームシリーズである(PCエンジン版の発売はハドソン)。

概要

最初は1988年アーケード版の作品として登場した。
このアーケード版は、後のシリーズとはパラレル(というよりほぼ黒歴史)とされており、世界観も日本若干勘違いした忍者が登場するアメコミテイストとなっている。
システムも全く異なり、ファイナルファイトタイプベルトアクションとなっている。筐体のレバーは少々特殊で、バーの先端にボタンが一つ付いた形をしている。海外ではGenesis版(日本におけるメガドライブに相当)が存在する。

同年、続いてファミコン版が発売された。
こちらはアーケード版とうって変わり、テクモシアターと呼ばれるデモシーンが随所に挿入され、ドラマチックな展開となっているのが特徴である。このデモシーンは当時としては非常に凝った物であり、評価が高い。
ゲームシステムは、アイテムの入手法やサブウェポンの概念など、悪魔城ドラキュラに酷似している。(画面構成までそっくりである)但し、主人公忍者という事もあり、悪魔城ドラキュラ較すると主人公の移動速度く、に貼り付くなどの動作が可である等、独自の要素もある。

BGMシリーズ全体を通して名曲が多く、評価が高い。
難易度は高めの設定であり、CXで忍者龍剣伝をプレイしていた有野課長は「魔界村」よりも難しいと嘆いていた。

ニコニコ動画でもプレイ実況動画が断続的に投稿され続けており、根強い人気の高さが伺える。2が「忍者龍剣伝2」「忍者龍剣伝」、3が「忍者龍剣伝3」「忍者龍剣伝」等と動画に貼られるタグは統一されていないので検索には注意を要する。

シリーズ

忍者龍剣伝(1988年

ストーリー】:吹きすさぶの中、月光の下で睨み合う二人の忍者の姿があった。走り寄る2つの影が中に舞い交錯したその刹那閃光とともに勝敗は決した。ハヤブサの党首、ジョウ・ハヤブサ敗北だった。

の死を聞き駆けつけたリュウ・ハヤブサは、の置き手紙を見つける。そこに書き残されていたのは、ハヤブサ秘伝のを携え、アメリカに住むドクタースミスを尋ねよという言葉だった。

果たして、を殺したのは何者なのか――?
ドクタースミスはいったい何を知っているのか――?

数々の疑問を胸に抱きながら単身アメリカに渡ったリュウを待ち受けていたのは、渦巻く野望と、突如襲いかかるの敵、そして、美女。宿命の戦いが、今、その幕を開ける。

忍者龍剣伝2~暗邪神~(1990年

分身がつき、ますます忍者らしくなった。また難易度も相変わらず高い。

ストーリー】:邪神復活を論む男、邪王を倒し、そして復活した邪神の封印に成功した忍者リュウ・ハヤブサ。 だが運命は彼に安息を与えてはくれなかった。

王を倒してより1年後、リュウは突如、の軍団に急襲される。群がる敵を蹴散らしたリュウは、1人の男によって衝撃の事実を知る事になる。邪王を影で操っていた者、闇の底に身を潜めていた兇魔天帝アシュターが、遂に動き出したのだ!

忍者龍剣伝3~黄泉の方舟~(1991年

3部作でこれが完結編となる。難易度は上2つより低く初心者向け

ストーリー】:時系列は1と2の間)

忍者邪神との戦い――通称『邪王事件』が終結してより半年。CIAのアナリストであるアイリーンルゥは、その事後調として、ある研究所に向かっていた。

山間に隠れるように建てられためいた研究所。そこにび込んだアイリーンは、信じられぬ男の姿を見る。び装束に身を包んだ男の姿……それは間違いなく、リュウ・ハヤブサ

「この研究所で行われている事を知られたからには生かしてはおけない」

を振るい、襲いかかるリュウ! 必死に逃げ出したアイリーンに追いつめられ……そして、崩れた崖とともに彼女か眼下の上へと落下した……。

――それより数日後。
リュウ・ハヤブサは、アイリーンが消息を絶ったとされる研究所をの前にしていた。アイリーン犯として指名手配されたその網のをかいくぐり、自らの手で事件の相を突き止める為に、そして、アイリーンを討つ為に。
哀しみと怒りを胸に、今、忍者が立ち上がる。
その前に立ちふさがるのは、忌まわしき闇の香りを身にった、新たなる異形の敵だった。

忍者龍剣伝GB摩天楼決戦~/ゲームボーイ版(1991年

初代(ファミコン)の3年前、修行中のリュウ役にした外伝ストーリーニューヨークを支配するガルフ=ソドームを倒す。

忍者龍剣伝/PCエンジン版(1992年

グラフィックを一新したリメイク版。日英中といった3カゲームモードがある。

忍者龍剣伝 スーファミ版(1995年

1、2、3を1本にまとめた移植SFCソフトではあるがグラフィックの作り替えはどない。しかしベタ移植にはなっておらず、ゲームバランスが別物、音楽アレンジが不評(→参考動画exit_nicovideo)、ボタンコンフィグが出来ないなど評価が低い。(現在プレミアが付いている)

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%8D%E8%80%85%E9%BE%8D%E5%89%A3%E4%BC%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

忍者龍剣伝

31 ひろポン
2015/11/23(月) 19:20:14 ID: l6bx394l8V
そういえばタイトル案に「DORAGON NINJA」というのもあったらしいが、同名のアクションゲームが出たためにボツになったらしい。
「おのれデータイースト(笑)
32 ななしのよっしん
2017/08/14(月) 13:48:38 ID: yuW02es+Nr
魔界村伝は同じ難関ACTでも難しさの質が大分違うと思う
魔界村は自機の操作性と許容ミスの少なさ、敵の物量といったハード面の難しさで、純な腕の勝負になってる感じ
伝はマップ構成や敵の動きの嫌らしさなど、内容の工夫による難しさで、腕も要るがそれ以上に研究や対策がモノを言う
33 ななしのよっしん
2017/08/16(水) 00:25:34 ID: rQ+WSmPMlZ
忍者龍剣伝 オリジナルサウンドトラック コンプリートコレクションが発売されていますので、プレミアが付く前にどうぞ。
Amazon限定みたいですね。
34 ななしのよっしん
2017/08/22(火) 22:58:19 ID: EHVJC/eu2N
>>33
おお再入荷してたのか。
末のGCCXの忍者龍剣伝回見た後でサントラがつい最近出たと知ったけど、時すでに遅しでボッタクリ価格だったんだよ。おかげで買えたわありがとう
35 ななしのよっしん
2017/10/12(木) 01:23:40 ID: TGrnXSUnQ0
このゲームは何回クリアしても、最終面ボスの負け→6-1強制送還だけは解せないんだよなー
最初はバグデバッグ忘れか何かだと思ったんだけど、やっぱり仕様プログラムなんだろうか・・・
最終ボス前までは何回でも中間からやり直しが出来るのに、最終ボス戦だけこういう仕様なのが余計に解せない

これがければ「難しいけど、中々の名作」的な扱いだったと思うんだけど
最終面が理不尽過ぎた所為で名作になり損ねたって感じがする
開発者の「上達する事も面さ」というのは賛成なんだけど、理不尽な面倒臭さで難易度を上げている所だけは賛同しかねる
36 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 16:58:46 ID: kOU2gEpKuA
今年で30周年ですね
37 ななしのよっしん
2018/02/06(火) 09:02:25 ID: EZNRns39wv
が強すぎるゲーム
6-2と6-3の配置きがくるっとるとしか思えん
38 ななしのよっしん
2018/08/27(月) 08:16:55 ID: lSktBR2xiM
SFC版の音楽は極めて評判が悪いが動画でOPの独をもじって
父さんは何者かと戦い木琴を買わされたという…」というコメント
を見た時はを抱えて笑った

39 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 23:50:44 ID: fPHcXP8JMK
一番簡単とされる3さえムズだから1や2はキチガイじみた難易度だが個人的には2が一番難しいと思う
ボスステージも固有のギミックがあってゴリ押しが最初の2面しか通用しない
40 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 06:53:36 ID: bKX6nZ/aUj
サントラ付属のスタッフインタビューによると、当初は「忍者外伝」になる予定だったとか。(社長の一)やはりスタッフ間からツッコミ多数だった模様。「ガイジンは漢字好きだから」で海外仕様は「NINJA外伝」表記に。
他愉快な話が多数収録されてるのでお勧め。