忍術単語

ニンジュツ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

忍術とは、忍者になる者が身につける武術である。「忍術の場に通う」「甲賀忍者村で忍術体験をする」

概要

忍術とは諜報、窃盗、暗殺、敵方のかく乱、武術の混合である。もっと具体的に言うと剣術、体術、手裏剣術暗器を使った武術術、術、術、術のような武術全般から、巫女虚無僧、町人や町に化ける変装の技術、潜入する地方方言マスター、逃走術、や屋敷にび込み、バレないように窃盗する技術、火や気の知識や野外でのサバイバル術...などといった地味なモノまであった。

所謂五遁の術も火や煙で相手のをくらませてその間に相手を攻撃したり逃げる(火遁)、岩やあらかじめ用意したに隠れる(土遁)、木の影や木の上、田んぼに隠れる(木遁)、水の中に隠れる、水音を立てて自分の居場所を誤認させる、練(遁)、で敵を買収したり、を撒いて追手がそれを拾っているうちに逃げる、金属片を遠くに投げて自分の居場所を誤認させる(遁)という、漫画における五遁の術にべれば非常に地味なモノであったようだ。

としては柳生心眼流南方伝、玉虎流、備前流、賀流、甲賀流、才賀流、根来流、戸隠流などが有名である。特に初見良昭氏が創設した武神館で有名な戸隠流は海外からも入門者がいるほどで、テレビ番組で取り上げられたこともある。また、三重県滋賀県甲賀忍者の里として有名なので忍術をテーマにしたテーマパークなどがある。

フィクションでの忍術

妖術や呪い超能力のようなものは超常現象を引き起こす忍術は、江戸時代講談から現代の漫画にいたるフィクションが作り上げた忍術像である。

近年では漫画アニメNARUTO』の手な忍術が特に有名であるが、さかのぼれば江戸時代にはすでに『NARUTO』でもモチーフにされているガマ忍術を操る「自来也」が読本・説話・講談の中で生まれている。自来也明治から昭和にかけて何度も翻案されては小説映画ドラマなどの中に登場し、忍術が人外の不可思議な術であるという印を与え続けた。

関連動画

関連商品

関連綱目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%8D%E8%A1%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

忍術

1 ななしのよっしん
2021/08/28(土) 20:21:27 ID: z/WxPgwWmf
これは鮮やかな分身の術のような良記事
分身と瞳術こそ忍術だよな

大百科GPチャンピオンシップ