志村ダンゾウ単語

シムラダンゾウ

志村ダンゾウとは、漫画NARUTO』に登場する人物である。称は「稀代様」など
CV-糸博

概要

木の葉の暗部養成機関「根」の創設者でありリーダー。「びの闇」の代名詞的存在であり木の葉を影から守り続けている。二代火影・千手扉間を師と仰ぎ、三代目火影猿飛ヒルゼンとは友人かつライバルだった。
木の葉隠れの為ならば非情卑劣を厭わず、自分や根のメンバーだけでなく火影を犠牲にすることも辞さない。間の思想を色濃く受け継いでおり、自己犠牲をの本分とする。同じ木の葉隠れの人間からも野心として警されていたが、木の葉と界を守る信念は決して曲げることはかった。
彼の理解者は二人のご意見番とライバルであるヒルゼンのみである。うちはイタチ真実を知る数少ない人間の一人であり、イタチについては犯罪者の汚名を背負っても里の為に動く自己犠牲を高く評価している。逆にサスケに対しては「イタチ一の失敗」などと酷評している。
彼の陰謀はカブトやペイン誕生、うちは一族の滅亡など多くの要人物の過去に関わっている。
戦闘では遁をに使用する。またその右にはうちはシスイ万華鏡写輪眼が埋め込まれており、右腕には移植した柱間細胞と十個の写輪眼が付いている。右万華鏡写輪眼の瞳術・最強幻術「別天神」は一度使用すると十数年ものインターバルを必要とする非常にリスクの高い術なのだが、柱間細胞移植した事による千手のチャクラにより、そのインターバルを数時間単位まで理やり短縮している。また、腕に移植された写輪眼を「消費」する事で禁術「イザナギ」を使用できる。

作中では第二部でサイうちはサスケの殺任務を与えたのが初登場。
インの木の葉襲撃の際にはに九尾を奪われないように連絡を殺し、妙木山で修行中のナルトを隔離した。その際に根の戦を出さず綱手を火影の座から落とすことを画策している。
イン襲撃後、綱手がチャクラを使い果たし睡状態になったことにより六代火影を強制的に襲名する(正確には火影補)。そして木の葉のうちはサスケを出した後、護衛と共に五影会談に向かった。
五影会談ではミフネに別天神を使用することで連合軍を結成させ、そのリーダーに自分がなる事で界を一つにするよう企んだが隠れの眼の所持者・によって別天神の使用が発覚してしまう。その後サスケ率いるの襲撃に合わせて五影会談から逃亡した。

逃走中にマダラの襲撃を受け、サスケと交戦。一定時間術者にとって都合の悪い現実を書き換え、有利な現実を選び取るうちはの禁術・イザナギを使用しサスケを追い詰めるが、最後は写輪眼を得たことで写輪眼対策を怠ったことにより致命傷を負う。更に取り込んでいた柱間細胞暴走し、香燐を人質に取るも人質ごと攻撃されてしまう。自分の命運が尽きた事を悟り、木の葉や界を守るために自らに刻んだ裏四封印を解き放ちサスケ・マダラを連れにしようとするが失敗。シスイの眼を渡さぬように潰し壮絶な死を遂げた。

関連動画

関連商品

志村ダンゾウに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

志村ダンゾウに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%97%E6%9D%91%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

志村ダンゾウ

189 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 16:58:34 ID: Gz9Z+1vYeP
つってもこの人のせいでカブト長門みたいな里にとっての脅威が生まれたと考えると犯罪者扱いなのもあながち間違いじゃないってのがね
理念摯さを評価しようにも同時にやらかしたこともでかいから素直に評価されにくい構図なんだよな
ダンゾウの見方は上の人らみたいにプラスの面を重視するか、みたいにマイナス面を重視してるから割れるな
はやっぱりこの人を評価する気にはどうしてもなれない
190 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 11:06:34 ID: 3mKs9JtESn
自分の場合は評価々の問題じゃなくて単純に心情の問題だね
根のメンバーサイの様な戦災孤児、幼い頃から親元を離れて根に入ったであろうフーとトルネ人体実験
の生き残りのヤマトと苦しい過去を持つ者が多く、与えられる任務も命の危険が伴う汚れ仕事ばかり
それでも里のために任務をこなし、大戦が終わってようやく掴み取った平和で待っていたのは里からの迫・・・
色々なものを押し殺してまで守ろうとした木の葉に否定され、切り捨てられた時の気持ちは如何程だったのかと思うと
やはり自分としては気の毒でならないしやりきれない気持ちになるな・・・
191 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 21:53:28 ID: QWmERR3AYv
こういった事情も考慮してかカカシと綱手は根出身者を追及せず不問にする方針だったけど、それまで戦いを至上とし殺伐としていた世界でこれを底させるのは難しいわな
ていうか根って本来はうちは事件後に解体・再編されてその後の根はダンゾウが秘密裏に所有する私兵部隊だったわけだが、それでも根の構成員が探し当てられるあたりダンゾウの嫌われっぷりがわかる
192 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 16:53:36 ID: b9CQykoaVr
>>189
当時の里からすれば旧・首謀者の闇堕ち輪廻眼譲渡から尾確保→木の葉急襲する経緯まで読めるはずないんだからただの結果論
カブトは損得勘定有りしで判断するかで変わってくるけど
個人的には「評価される人物ではないが、パリピ集団に変わり果てた里から嫌われるほどでもない人物」という評価かな
193 ななしのよっしん
2019/04/21(日) 21:56:57 ID: AB34vKqINw
損得勘定といえばうちは一族のクーデター阻止で大同士の戦争を防いだ件はどうだろう
以外の一般人とかも含めると数十万人位は救ってるんじゃないのかな
194 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 11:54:52 ID: b9CQykoaVr
193
からの介入、前のうちは討伐によって大幅ダウンは見越せるからね
別にダンゾウがいてもいなくても二代政権から反乱分子は少なからずいたっぽいし大快挙ではある
うちは殲滅から迫に抑えた卑劣はセーフダンゾウは親族まで許されない辺りが里の変遷って感じはする
195 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 11:59:56 ID: Wsx9coR1Im
二代は迫しとらん定期。
196 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 12:04:15 ID: dRpdC21fqV
こんな悪人にも一定の擁護はつくんだな
197 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 01:24:50 ID: b9CQykoaVr
>>195
うん、しとらんよ?ダンゾウが行動に起こしたうちは取り潰しを兄者からの温情等で緩和させて監視下+警備職を与えただけだし、そもそも間はうちはを救おうとは更々いわけで。
問題はその施策を「迫」と捉えている後続世代が少なからずいたという事。(大蛇丸からの発言等も考慮)
198 ななしのよっしん
2019/05/21(火) 14:02:08 ID: kZsZP+p4bw
長門の件にしろカブトの件にしろ逆補正かかってるかってくらい裏にでたよな
を犠牲にして半蔵と手を組む事もノノウとカブトを同時に始末する事も普通なら上手くいったはずなのに、輪廻覚醒とか大蛇丸の介入とかイレギュラーが起きて後々大事に発展するという
里のためとはいえむやみに憎しみが生まれるような手段を使っていたのが彼の失敗とも言える