志筑仁美単語

シヅキヒトミ

志筑仁美

志筑仁美とは、テレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物である。

担当声優新谷良子

概要

鹿目まどか美樹さやかと親友で、仲良し三人組のはずだった・・・

容姿端麗で典的なお嬢様キャラクラス委員。かなりの稽古を掛け持ちしており、非常に忙しい。語尾に『ですのよ~』または『ますのよ~』などと付ける。ドラマCDによれば、さやかほむらの為に勉強会を開く提案をするなど、かなり面倒見の良い面も見られる。

まどかさやかとは異なり、劇中で魔法少女にならない普通女の子である。

逆に言えば、「とことん奇跡には頼らず自分のだけで物事を解決しよう」とする、心の強さをもった少女とも言える。
その生まれもあって同じお嬢様に囲まれて、裏表のある言葉にさらされて育ったことで、そんな内面の強さを得た一方で、自で解決しようとするあまり、とことん内に抱え込んで、ついには魔女に引き寄せられるといった欠点も有している。
第7話において取った行動や言動等で「行動や言動が一方的」だなんだと言われる事もあるが、それに関しては、さやかを初め、魔法少女全員についても同じ事が言える上、そもそも彼女たちはまだ中学生に過ぎない事を思えば、視野の狭さ等は仕方ないと言えなくもない。実際、劇場版叛逆の物語では、に悩む年相応の少女らしい一面を見せた。

第2話では、まどかさやかテレパシーで喋っている時に、変な妄想をしたことから、残念なキャラ扱いされることもある。第4話では魔女に狙われ、危うく集団自殺するところだったが、まどかさやかの活躍で未遂に終わった。自殺を止めようと駆け寄ったまどか仁美が制する場面が、仁美まどか腹パンしているように見えると一部でネタにされている。

ちなみに習い事の内容に護身術も含まれるため、魔法少女でもないのに結構高い戦闘力を有しており、強さとしては以下の様になる。

契約ほむらエイミー)<メガほむ=未契約まどか<未契約さやか魔法少女さやか変身前)<仁美

(参考資料 まどかマギカポータブル ※但し、仁美護身術が披露されるのは内容がフリーダム過ぎると評判な「番外編」であるため、シリアス展開において上の不等式が成り立つかは未知数)

7話において、実は以前から上条恭介の事を気にかけており、恭介が退院した直後に美樹さやかに相談し、「私は上条恭介君の事が好きです。」と打ち明けた。恭介とは幼馴染であるさやかは戸惑い、自分は何も出来ないと悲観する。 実はさやかを後押しするために発破をかけていただけなのでは?といった考察もあったが、アニメージュで「上条君は仁美のほうにいった」と明言された。 第10話において、美樹さやか魔女化したOktavia von Seckendorff使い魔・Klarissaが登場する。その外見は仁美とよく似ているが、スタッフによれば「関連はい」とのことである。 第12話において、世界再編後の上条恭介コンサートで登場し、舞台袖から恭介を見守る。物理的な距離ではなく、心理的な距離感を表現する演出から、舞台袖で見守る仁美が、舞台中央の恭介の傍に寄り添うような距離感で描かれている。実際の遠近をあえて視した構図と、恭介を見守る緊迫とした表情が一部でネタにされたようだ。

 

以下、各作品のネタバレ注意

メガマガジンSSネタバレ

ふとしたことでまどかたちと共に暗闇の体育倉庫に閉じ込められてしまう。キュゥべえの操作ミスキュゥべえを聞いてしまうが、腹話術であるとさやかまどかによって誤魔化される。一緒に閉じ込められた杏子とは初対面であると思われるが、特に会話はなかった。

↓5話、7話のオーディオコメンタリーネタバレ

基本的に声優さやかの立場に同情的なので、仁美に対する感情は少々複雑なものがあるらしい。ただ、一方で仁美の芯の強さは認めているようだ。

 ↓モバゲー魔法少女まどか★マギカでのネタバレ

基本的にアニメと同様の立ち位置にあり、さやか魔女化に深く関わる。オリジナルバレンタインイベントではさやか上条恭介告白しようとした間に告白阻止してしまうなど、どうやら間の悪さもアニメと同様らしい。カードとしては出現率が高いが、その性には特筆すべきところはないようだ。

魔法少女まどか☆マギカ ポータブルネタバレ

まどかルートにおいては、まどかに序盤からの相談を持ちかけ、まどかの応援を受ける。 但し、相手がか話す勇気は今はないので猶予を下さいと最終的にまどかに保留状態のまま、アニメ通りの宣戦布告を行う。 尚、さやかに対して決して神経だったわけではなく、告白によってさやかを傷つけてしまう可性については重く受け止めていたようだ。さやかルートにおいては、さやかの軌跡は本編と異なるものの、仁美自身の行動はアニメと特に変化く、さやか宣戦布告し、上条告白し結ばれる。さやか魔女化しないルート魔女恭介共々襲われ、気絶している所を裏でさやか杏子に救われ、さやかを聞いた気がするという認識はあるもの、何も知らないまま終わる。やっぱり2人は付き合っているのだろうと思ったさやか杏子と共にそのまま立ち去る。2人が去った後、「この痛みは夢じゃない」「正義ヒーロー助けてくれた」と言う恭介に対して、仁美は「そんな子どものようなことを上条くんは信じてらっしゃるんですね。転んで、どこかにぶつけたんじゃありませんの」と現実的な反応をする。また、さやか魔女化するルートでは同じく魔女からの救出時に魔法少女としてのさやかを二人に撃される。 魔法少女として未熟なさやか満身創痍になりながらも、事救出成功する。しかし、普通人間事でいられるはずがない怪を、あまりにも不自然速度で治癒させてゆくさやかをの当たりにして、上条は化物がさやかに化けているのだと誤解し、仁美の前のさやか偽物であると誤解してしまう。状況を考えれば、二人の反応は至極自然なものではあるのだが、ソウルジェムを濁らせていたさやかはこの二人の言葉が止めとなり、絶望し、魔女化してしまう。
杏子ルートにおいては、アニメと同様にさやかショック学校を休んでいた所、仁美自身がさやかのマンションに訪れ、間が悪くも宣戦布告を行うこととなってしまう。
ほむらルートにおいては、さやか契約上条と結ばれるルートにおいて、本編で影も形もなかったアメリカの手と呼ばれる医師を紹介し、現代医学不可能上条の手が治る可性を示唆する(あくまで可性)。この展開については本編の展開を茶番にされたという意見もあり、賛否両論である。
番外編においては、ほむらにあおられた結果、さやかが送った決闘状を受け決闘をすることに。ほむらの予想通り、お嬢様の習い事の中に格闘技護身術)も含まれていたため、すでにさやか魔法少女としての契約を結び、基礎身体が強化されていたにも関わらず(ただし、変身して仁美に挑むことはなかった)、終始さやかを圧倒するといった、いくら番外編とはいえの強さを見せる。結果としてさやかの思いに打たれて敗北を宣言したのであったが、その際ほむらに慰められたことから、ほむらに好意を抱くようになり、それ以後は交友を深めようと度々ほむらを掛けてくるようになる。

叛逆の物語ネタバレ

人として恭介と付き合っているが、スケジュールの都合がつかないことに苛立ちを募らせるなど、年相応の少女の一面を見せた。その負の感情と魔女の影が重なって「ナイトメア」が誕生してしまい、魔法少女たちはその浄化を行うことになる。そんな仁美の様子を、かつて敵でもあった友人は、苦笑い交じりに気遣っている。なお、苛立ちから物に八つ当たりする様子は「昇竜拳」などとネタにされている。次は竜巻旋風脚を期待する。

二次創作での扱い

NTR泥棒猫といった黒まどかに匹敵する腹黒キャラにされている。この他にも、自分も魔法少女に飛び入り参加してさやかクラッシュしたり、まどか腹パンしたり、実はさやかに気があったといったような様々な二次創作が作られている。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%97%E7%AD%91%E4%BB%81%E7%BE%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

志筑仁美

1068 ななしのよっしん
2018/01/23(火) 10:35:39 ID: OKLVOpTxvm
マギレコだとこいつが絡まなかったせいでさやかは今のところ生存確定、魔法少女真実知っても踏みとどまるぐらい耐えきった
本当にこいつはあらゆる意味で破滅の使者だったんだな
マギレコライター難易度高すぎて放り投げた線もあるが
1069 ななしのよっしん
2018/02/09(金) 22:51:16 ID: hlBrVIi/5P
仁美「どうにも困ったことがあるならばキュゥべえ契約すればいいですわよ」
魔女と戦う使命を負いますがなんでも一つ願いをかなえてくださいますわ(ニヤリ

仁美「私がもし魔法少女になるなら武器はかしら?」
まどかさんのものと違って相手にを与えつつ相手をこちらに引き寄せるがありますわ(ニヤリ

仁美さやかさん、今日は私の肉料理を振舞いますわ、ぜひうちにいらしてください」
さやかえ?いいの?」
  中略
仁美「本当に食べてしまわれたのですねー」

仁美です!?私のことを今、クソだなんていったのは?」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1070 ななしのよっしん
2018/05/03(木) 05:51:12 ID: BIDBzbSc1G
>>1065
さやかの死の相知って一気に魔女化するってネタもあったなpixiv
そりゃ親友が自分のせいで死んだとなると正気ではいられんだろうよ

>>1068
これのIFを書くのは公式でも扱いに困ってる感が強い
二次でもまどTASはまだ綺麗にめた方
1071 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 21:12:56 ID: C3jlVA7No8
>>1068
まさに虚淵の分身だったんだな。
1072 ななしのよっしん
2018/06/30(土) 23:52:07 ID: E/AJbHaylV
資質がかった原因はお金持ちという事による「お嬢様」というレッテルの上で社交という名の戦場ある意味戦ってきた所為で、同年代の思期の揺れを抱えた少女べたら良くも悪くも感情を管理できる「女」だったということだろうな
院生活とその後の余裕のループで、対話を鍛える機会のなかったほむらとは対照的な存在と感じる

1073 ななしのよっしん
2018/07/26(木) 15:13:34 ID: tPONMSc6SX
さやかちゃん程じゃなくても、男が自暴自棄になってた時期でも見舞ってる描写が一でもあれば全然違った評価になっただろうな。あれだとブランド価値が戻ったから告るみたいな印受けかねないからかわいそうだったよ。そんな役回りの脇役だから仕方ないけどさ。
1074 ななしのよっしん
2018/11/11(日) 22:05:26 ID: Sv2jSWczM2
本当にガチクズな性格であったとしてもこれからのマギレコのアナザーストーリーアニメアニオリ展開を通して描写して欲しいのはある
中途半端な描写が嫌われ者になってしまった要因でもありそうだし
周りから全かれそうな部分だけど是非とも思い切って描写してください、スタッフさん

>>1065
個人的には「本人は素質を生み出せないが、他の魔法少女の素質や魔女の魔を貰ったり奪ったりできるの持ち」説を唱えてみる
FFⅧのドローシステムみたいなイメージ
逆に言えば、最初は他の魔法少女からを貰うかこの素質に気が付いて魔法少女魔女を奪わないと覚めないので素質がいと見られてキュウべぇからスカウトされないと思う

魔女やドッペルデザインは、ワンチャン映画の「やぎのこのゆめ」のデザイン逆輸入しそう
1075 ななしのよっしん
2018/11/30(金) 00:05:11 ID: bXAFp9JNQe
同じ感想の人が多くいて安心した。
直接悪い子だとする描写はないのだが、回復していきなり告るのはもにょった
身体に障がいが残ったままでも告って支える気概があったの? と。

そこを「アニメ本編で」描いてほしかった。
外伝で補というか後付けするんじゃなくて。
1076 ななしのよっしん
2018/11/30(金) 00:08:20 ID: BIDBzbSc1G
それやったら12話に収まらなくなるんだろ
オリジナルアニメだぞこれ
1077 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 15:59:15 ID: joPCfU402i
そういうのは本筋に必要ない部分だからね
まどか以外の家族関係が出てこなかったり台詞で済まされるのと同じで
中途半端でも描写があるだけまだマシな部類