志賀真理子単語

シガマリコ

「志賀真理子」(しが・まりこ 1969.12.24 ~ 1989.11.23)とは、「魔法のアイドルパステルユーミ」の主人公園ユーミ」役で知られる声優であり、19歳で折したアイドルである。

概要

1969年昭和44年12月24日神奈川県川崎市にて誕生し、船で育つ。

中学一年時に劇団「日本児童」に入団し、1984年NHKクイズ番組「どんなモンダイQテレビ」にてレギュラー回答者を務め、1985年の同番組の放送時間変更後は、番組アシスタントを務めた。

高校進学後の1985年に、OVA魔法のプリンセスミンキーモモ 夢の中の輪舞」の題歌「夢の中の輪舞-ロンド-」を、プレデビュー曲としてビクター音楽産業よりリリースした。

1986年には、スタジオぴえろ制作の「ぴえろ魔法少女シリーズ」第4作「魔法のアイドルパステルユーミ」の
主人公園ユーミ」の声優を務め、題歌「フリージアの少年」を歌って公式デビューし、同曲で「ザ・トップテン」の最終回に「今週のスポットライトで出演した。

声優以外には、ビートたけし演のコメディ「学問ノススメ」等のドラマにも出演し、地元船橋市50周年記念イベントマスコットガールに起用される等していた。

1988年大学に進学した後の1989年7月スタジオぴえろ10周年記念イベント会を務めて最後の芸活動を締め括り、同年8月よりカリフォルニア大学バーサイド校へ留学した。

1989年9月には、留学についてのメッセージを10周年記念イベントの感想と共にスタジオぴえろファンクラブ会報に寄せた。

今日は、志賀真理子です。
この間は、スタジオぴえろの10周年イベントで、みなさんに会う事が出来てとてもうれしいかったです。パステルユーミは、もう終わってから随分たつのに、こんなにたくさんの人が、まだ覚えていてくれて、ファンでいてくれるんだなぁと思って、とても感しちゃいました。それに、他の魔法少女シリーズの『クリーミィマミ』の太田貴子さんや富永みーなさんにも久し振りに会えたし、あの頃の事をいろいろと思い出してしまいました。
いま、めて思うと、パステルユーミをやって本当によかったなぁって思います。
このイベント仕事を最後として、私は、2年間、海外で、ジャズが好きなのでいろいろ勉強して来ようと思います。このぴえろ新聞が出る頃には、私はもう日本には、いないわけですけど、帰って来たら、また、みなさんに会えたらいいなぁと思っています。
その時まで、さようなら。

しかし、友人5人と乗用車旅行中の同年11月23日日本時間11月24日)、アリゾナフラッグスタッフ近くの州で飛び出してきた動物を避けようとして乗っていたが横転して路上に投げ出され、身体を強く打った衝撃で19歳の若い命は散った。

自宅には「来年3月に帰する」との手紙が届いたばかりだったと言う。

明るく清楚イメージや性格のすばらしさから現在でも中川翔子ら支持するファンが多く、2009年には盤となっていたアルバムに4曲のボーナストラックを追加した特別版CDmariko」が、予約注文販売方式で発売された。

関連動画


関連商品

関連項目

楽曲

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%97%E8%B3%80%E7%9C%9F%E7%90%86%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

志賀真理子

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 志賀真理子についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!