応龍単語

オウリュウ

応龍とは、中国伝説上のである。

概要

麒麟鳳凰、霊と並ぶ四霊の一つである。

が千年生きるとを持ち、応龍になるとされており、の頭にの体を持った姿になると言われている。

の中でも特に生き物とされており、羽毛や毛のある生き物全ての祖先で、の王だとも言われている。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BF%9C%E9%BE%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

応龍

1 ななしのよっしん
2013/11/07(木) 10:42:25 ID: Uq/eSAu33D
1ゲト、そして記事作成乙
龍が如く応龍とか無双Orochiの操作キャラになってたりしているな
2 ななしのよっしん
2013/11/07(木) 11:00:41 ID: wheSCekDPF
作成乙
個人的には応龍と聞くとスパロボが頭に浮かぶな
3 ななしのよっしん
2014/07/06(日) 22:16:23 ID: GyYdtW7IXG
蝮がうんぬんかんって見たが
はどこあたりなんだ?
4 名無し
2016/12/07(水) 22:32:45 ID: yVHXoB7IZf
>>3

」は覚えやすいように「」と結びつけられたもので、本来のではないね。
ただ、結び付けられたのは「蜃(シン)」だと思われるから、
「蜃」はの一種と考えるなら、応龍の3つ前だね。

応龍