怪奇大作戦単語

カイキダイサクセン

 『怪奇大作戦』とは、TBS円谷プロダクション製作し、1968年9月から翌年3月までTBS系列で放送された特撮ドラマである。

概要

 『ウルトラQ』(’66)『ウルトラマン』(’66~67)をきっかけとして始まった「怪獣ブーム」だったが、68年に入ると徐々に沈静化し、変わって『ゲゲゲの鬼太郎』『妖怪人間ベム』『怪物くん』といった「妖怪・怪奇ブーム」が台頭し始めていた。そんな中で本作は『ウルトラセブン』の後番組として、それらのブームに追随すべく企画された。

 本作が他の作品と大きく違うのは、ただ単に数あまたの怪奇現特撮技術で描くだけではなく、怪奇現のような不可思議な犯罪に対し、科学研究所・SRIの面々が立ち向かい、相を暴くというSFドラマだという点である。さらに企画段階では「現代の怪奇」を”人間の心の中に潜む闇”と定義しており、『ウルトラセブン』同様(またはそれ以上)に視聴対年齢を上げたうえで、社会性を強めたより深いドラマを描こうという意図が見て取れる。

 とはいえこの定義はかなりハードルが高かったのか、その意図が全てのエピソードに反映されているとは言いがたい。しかし「現代の怪奇=心の闇」という点を上手くみ取り、かつ反映させた傑作エピソードも数多く存在する。某12話にも通じる原爆病の悲劇(5話)、最先端の科学とその犠牲(13話)、癒えない戦争の傷(15話)、そして40年も前に、行き場をくした老人の孤独(7話)や、何の理由も殺人(16話)を描くという製作サイドの先見の明は特筆に値する。また鬼才実相寺昭雄も「特撮もののなかで、自分なりのものを出せた」とっており、京都舞台にした23話と25話は実相寺イズム炸裂回として伝説化していると言ってよい。

第24話「狂鬼人間」について

 『ウルトラセブン』の12話同様、本作の24話もやはり現在では欠番扱いとなっている。


 続発する精異常者による殺人事件。ところがそれらの犯人は、刑法の規定から無罪になった後に数ヶで退院し、再び娑婆に戻ってきていた。ここに不審な影を感じたSRIは、犯人言から「狂わせ屋」なる人物の存在を知る。SRIの牧は身分を隠し「狂わせ屋」との接触に成功。実はかつて精異常者によって一家を皆殺しにされた女性学者が、異常者が罪に問われない不条理さに怒り、社会復讐するために行っていたのだ……!


 この内容からも分かるとおり、今現在に置いて『怪奇大作戦』が再放送されたとしても、このエピソードはまずオンエアされることはない。ではあるが、8090年代初頭までは当時のテレビの放送コードでは放映出来ないと断り書きされながらもビデオLDソフト化されており、かの12話と違って全く観られなかったわけではない。
むしろここ10数年の間に極度な自主規制が進んだ結果に加え、作中における精異常者に対する認識・言動にお世辞にも適切とは言えないものがあったため欠番扱いになったという流れが正しい。

しかしながら、表立った抗議活動を受けて欠番となった『セブン』12話と異なり実際のところ封印理由が明らかにされておらず、90年代に出されたこの回が収録されたLDソフトが「音不良」として発売当日に回収された事件もあったために様々な憶測を呼んだ。安藤健二著『封印作品』でこれが取り上げられ封印理由の調が行われた際も、当時の関係者からほとんど協が得られず、円谷プロ側からも圧があったことが記されている。

関連動画

関連商品

最初のDVDが発売されてから時間が経過し、作品の人気中在庫僅少で一頃中古価格が高騰していたが、2012年9月に廉価版DVD-BOXが発売されたため気軽に視聴できるようになった。

関連コミュニティ

怪奇大作戦に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%80%AA%E5%A5%87%E5%A4%A7%E4%BD%9C%E6%88%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

怪奇大作戦

47 ななしのよっしん
2015/04/15(水) 14:39:28 ID: P3yamz+H+x
ミステリーファイルの第一話「血の玉」の元ネタはこれか?
http://www.nicovideo.jp/watch/1319180707exit_nicovideo

本編ネタバレになるので、ミステリーファイル未見の方は注意。
48 ななしのよっしん
2015/09/27(日) 13:54:33 ID: /Em2xAzyNv
>某12話にも通じる原爆病の悲劇(5話)
この回は扱ってるテーマ重いけど、動機が(人体実験と言いながら歌詞になぞらえて殺してるだけ)だし警察に鎮圧されるなんか警察への恨み節っぽいし、あんまり傑作とは思えないなあ
深い題材の傑作というより題材が社会的なだけ
49  
2016/01/30(土) 22:03:40 ID: q/jdJ6cDsT
今の現実怪奇大作戦以上に狂気的なことが多い
50 ななしのよっしん
2016/03/14(月) 20:24:12 ID: y4byv9i6dF
事実は小説より奇なり と言うからな…

今こそ少年法風刺怪奇大作戦リメイクをしてほしい
51 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 22:44:49 ID: GfGBBbtahI
セカンドファイルを作るって話に最初は怒り心頭だった。岸田森のいない「怪奇大作戦」とか保か!(キャラが違うならまだしも、牧史郎が出るんだぜ)。ミステリーファイル傑作だったので、考えが変わった。
007みたいにコネリーのボンドが好きか、ムーアボンドが好きか? みたいな感じで、岸田・牧が好きか、西島あるいは上川・牧が好きか? というに、役者が変わっても作品の精を引き継ぎ、その時代ごとの社会病理にり込む「怪奇大作戦」が作られることを切に願う。
52 ななしのよっしん
2016/07/29(金) 14:34:08 ID: wQETtQkXmW
今の時代だったら介護問題に焦点を当てたい血の女のような話ができそう
53 ななしのよっしん
2018/01/01(月) 23:03:22 ID: O+4Dw3BrO3
去年は『ウルトラセブン』放送50周年だったけど、今年は『怪奇大作戦』が50周年だね。新作とかやってくれないかなあ。
54 ななしのよっしん
2018/10/02(火) 21:57:00 ID: HRCTREAfK1
セカンドファイル昭和幻燈小路って怪奇大作戦ってよりウルトラQ異次元列車とかあっち寄りだよなあ…一応渦中の人物はいたみたいだけど犯罪ってわけじゃないし……とか思ってるけど好き
昭和の遺物がいつの間にか増えて人々も自然と順応って部分がなんか例えようもなく好き
牧さんが見た親父の幻影ってなんやねんといまいち理解できてないけど、でも好き
55 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 00:16:02 ID: Cc5kBwGNuj
い血の女」に出てた「あれ」という人形は、いわゆるAIとか人工知能と呼ばれるものだろうか?
56 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 01:38:05 ID: qXc1n/vdYZ
>>55もしくは人形のような外見の人造人間メカではなく生物の方ね)かもしれない…

急上昇ワード

2019/09/20(金)08時更新