恒良親王単語

ツネヨシシンノウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

恒良親王1324~1337)とは、後醍醐天皇の皇子である。

概要

野廉子で彼女の子の中では最も年長である。

1331年以降の元の乱で後醍醐天皇が捕らえられると、いったん中御門宣明のもとに預けられるが、翌年異の静尊法親王とともに但に流され、但守護太田守延の護を受けた。

やがて後醍醐天皇伯耆に脱出すると、太田守延も宮方につき親王を奉じて千種忠顕と合流。足利尊氏とともに六波羅探題を攻め落とすこととなる。そして建武政権が誕生すると彼が皇太子に建てられた。

しかし足利尊氏の離反によって、1336年に一度和することとなる。それに異を唱えた新田義貞に対し後醍醐天皇は恒良親王を天皇位につけ、新田義貞尊良親王とともに北陸に送り出したのである。ヶ崎にこもった彼らであったが斯波高経率いる幕府軍に包囲され、新田義貞脇屋義助兄弟が援軍をめて離脱したすきをついて落尊良親王新田義顕が自する中恒良親王は脱出するが、すぐに幕府軍に捕らえられる。彼は新田義貞兄弟行方について尋問を受けるが、ウソがばれ、そのまま足利直義に命じられた飯原氏殺されたという。

彼が天皇としてしばらくふるまったのは一次史料からも確認されることで、後醍醐天皇吉野への脱出を機にこれをめたとする。そのためもし仮に新田義貞と恒良親王が勝利していたら、第三王である北陸が誕生していたのでは、という仮説も立てられている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%81%92%E8%89%AF%E8%A6%AA%E7%8E%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

恒良親王

1 ななしのよっしん
2017/10/12(木) 21:45:37 ID: 9cYHjoLE6F
父親後醍醐天皇から皇位を譲り受けてからは本人もちゃんと天皇として振る舞い、周りも天皇として扱っていたのに、その後醍醐天皇から裏切られた可哀想な人

大正になって皇統譜に追加された長慶天皇のように、いつか天皇として認められるといいな