恩田陸単語

オンダリク

恩田陸(おんだ りく)とは、日本小説家である。わりとよく間違われるが女性

概要

1964年生まれ、宮城県出身。が転勤族だったため幼少期は各地を転々としており、高校時代は茨城県に住んでいた。高校舞台にした『六番目の小夜子』や『ピクニック』ではこの時の体験が色濃く反映されている。

1992年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終補作の『六番目の小夜子』でデビュー現在ではいくつもの連載を掛け持ちし、コンスタントに新刊を刊行する人気作家連載は掛け持ちしすぎて全然進んでないものも……。

ノスタルジア魔術師」と呼ばれ、ファンタジーミステリーホラーSF青春小説など幅広いジャンルの作品を執筆している。少年少女主人公にしたミステリアス学園もの青春ものや、一癖も二癖もある登場人物たちが先やいわくありげな屋敷などの舞台で互いのの内を探り合うような心理サスペンス較的多い。相当な読書でもあり、過去名作へのオマージュとなっている作品も多数。オマージュの対小説に限らず、たとえば『六番目の小夜子』は吉田生『吉祥女』のオマージュだし、『チョコレートコスモス』は美内すずえ『ガラスの仮面』のオマージュである。

非常に魅的なイマジネーションを提示する反面、物語すぼみになったり、伏線を放り出して結末があらぬところへ着地してしまうことが多々ある。きっちりまとまっている作品ももちろんあるが、そういう作品はむしろファンからは「恩田陸にしてはしくちゃんとオチがついている」とか言われる。

作品のほとんどは単品で独立している。シリーズものは、『帝国』『蒲公英』『エンドゲーム』の常野物語シリーズと、『三月は深きの淵を』を中心としてゆるやかに繋がり合う通称「三月シリーズ」(ほかに『麦のに沈む果実』『幻想』『黄昏百合』)、『MAZE』『クレオパトラの夢』『ブラックベルベット』の神原恵弥シリーズがあり、また『の裏側』と『不連続の世界』のように主人公が共通する作品もあるが、どれもそれぞれ話は独立しているのでどこから読んでも基本的には問題ない。短編では他の長編に登場した人物が再登場したり、他の長編の外伝番外編だったりすることがわりと多いので、短編集はある程度他の長編を読んでからの方が楽しめるだろう。

文学賞デビューから長らく、補にこそなるものの受賞の機会に恵まれなかったが、2006年に『ピクニック』で吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞ダブル受賞。その後『ユージニア』で日本推理作家協会賞、『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞した。直木賞は『ユージニア』(第133回)、『蒲公英 常野物語』(第134回)、『きのうの世界』(第140回)、『夢違』(第146回)、『の底は柔らかな幻』(第149回)と5回落選が続いたが、6回の『蜜蜂と遠』(第156回)でようやく受賞し、吉川新人賞山周賞直木賞三冠を達成(船戸与一宮部みゆきに次いで史上3人)。さらに同作で2度本屋大賞く。本屋大賞の2度受賞、同一作品での直木賞との2冠はいずれも史上初。

六番目の小夜子』『ネバーランド』『帝国』がドラマ化、『木曜組曲』『ピクニック』『蜜蜂と遠』が映画化されている。また『夢違』はドラマ悪夢ちゃん』の原案として使われた。

小説の他にもエッセイがいくつかあり、絵本もある。一時期は演劇に傾倒していたため、演劇を題材にした『中庭の出来事』『チョコレートコスモス』などのほか、劇団キャラメルボックス提供した戯曲『と針』などの作品もある。

作品リスト(小説のみ)

  1. 六番目の小夜子1992年、新潮文庫ファンタジーノベルシリーズ1998年新潮社2001年、新潮文庫)
  2. 球形の季節1994年新潮社1999年、新潮文庫)
  3. 不安な童話1994年、ノン・ノベル1999年祥伝社文庫→2002年、新潮文庫)
  4. 三月は深きの淵を1997年講談社2001年講談社文庫)
  5. 帝国 常野物語1997年集英社2000年集英社文庫)
  6. 鳴り1999年祥伝社2003年祥伝社文庫)
  7. 木曜組曲1999年徳間書店2002年、徳間文庫→2019年、徳間文庫[新装版])
  8. の裏側2000年幻冬舎2002年幻冬舎文庫)
  9. バーランド2000年集英社2003年集英社文庫)
  10. 麦のに沈む果実2000年講談社2004年講談社文庫)
  11. 上と外2000年-2001年幻冬舎文庫[全6巻]→2003年幻冬舎2007年幻冬舎文庫[上下巻])
  12. puzzle2000年祥伝社文庫)
  13. ライオンハート2000年新潮社2004年、新潮文庫)
  14. MAZE2001年双葉社2003年双葉文庫→2015年双葉文庫[新装版])
  15. ドミノ2001年角川書店2004年角川文庫
  16. 幻想2001年講談社2006年講談社文庫[上下巻])
  17. 図書室2002年新潮社2005年、新潮文庫)
  18. 劫尽童女2002年光文社2005年光文社文庫)
  19. ロミオロミオ永遠に2002年ハヤカワSFシリーズJコレクション2006年ハヤカワ文庫JA[上下巻])
  20. ねじの回転2002年集英社2005年集英社文庫[上下巻])
  21. 行するほとり2002-2003年、中央論新社[新書版全3巻]→2004年、中央論新社[単行本]→2007年、中公文庫)
  22. まひるを追いかけて2003年文藝春秋2007年、文文庫)
  23. クレオパトラの夢2003年双葉社2006年双葉文庫→2015年双葉文庫[新装版])
  24. 黄昏百合2004年講談社2007年講談社文庫)
  25. 禁じられた楽園2004年徳間書店2007年、徳間文庫)
  26. Q&A2004年幻冬舎2007年幻冬舎文庫)
  27. ピクニック2004年新潮社2006年、新潮文庫)
  28. の名残りの薔薇2004年文藝春秋2008年、文文庫)
  29. ユージニア2005年角川書店2008年角川文庫
  30. 蒲公英 常野物語2005年集英社2008年集英社文庫)
  31. ネクロリス2005年朝日新聞社[上下巻]→2009年朝日文庫[上下巻])
  32. エンドゲーム 常野物語2005年集英社2009年集英社文庫)
  33. チョコレートコスモス2006年毎日新聞社→2011年角川文庫
  34. 中庭の出来事2006年新潮社2009年、新潮文庫)
  35. 朝日のようにさわやか2007年新潮社2010年、新潮文庫)
  36. 木洩れ日に泳ぐ2007年、中央論新社→2010年、文文庫)
  37. いのちのパレード2007年実業之日本社2010年実業之日本社文庫)
  38. 不連続の世界2008年幻冬舎2011年幻冬舎文庫)
  39. きのうの世界2008年講談社2011年講談社文庫[上下巻])
  40. ブラザー・サン シスター・ムーン2009年河出書房新社2012年、河出文庫)
  41. 訪問者2009年祥伝社2012年祥伝社文庫)
  42. 六月のあわいに2009年朝日新聞社→2012年朝日文庫)
  43. 私のでは何も起こらない2010年メディアファクトリー2013年MF文庫ダ・ヴィンチ2016年角川文庫
  44. 夢違2011年角川書店2014年角川文庫
  45. 私と踊って2012年新潮社2015年、新潮文庫)
  46. の底は柔らかな幻2013年文藝春秋[上下巻]→2015年、文文庫[上下巻])
  47. 雪月花黙示録2013年角川書店2016年角川文庫
  48. EPITAPH東京2015年朝日新聞出版2018年朝日文庫)
  49. ブラックベルベット2015年双葉社2018年双葉文庫)
  50. 消滅 VANISHING POINT2015年、中央論新社→2019年幻冬舎文庫[上下巻])
  51. タマゴマジック2016年、河北新報出版センター
  52. 蜜蜂と遠2016年幻冬舎
  53. 七月に流れる2016年講談社ミステリーランド2018年講談社タイガ
  54. 八月は冷たい2016年講談社ミステリーランド2018年講談社タイガ
  55. 失われた地図2017年KADOKAWA
  56. 終りなきに生れつく2017年文藝春秋
  57. 錆び太陽2017年朝日新聞出版

作品が多すぎてどれから読めばいいか解らない方へ

編集者の独断と偏見によるリストアップです。異論反論追加どうぞ。

関連動画

 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%81%A9%E7%94%B0%E9%99%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

恩田陸

23 ななしのよっしん
2014/05/17(土) 09:42:09 ID: kadUIqehXX
個人的には『の裏側』が一番好きだな
あの作品全体にある雰囲気が凄く良いんだ
24 ななしのよっしん
2014/07/02(水) 01:15:50 ID: p0uzf3ami9
の裏側読んだ。こういうホラー要素があるのはやっぱりいいなぁ。いきなりの太字があると「有難うございます!」って叫びたくなる。
恩田陸も残り5冊くらいになっちゃった。大切に読もう。
ちなみに最近のは「私と踊って」が一番好みだった。異種恋愛・・・・・・なかなかいいな。
25 コンダクター
2014/11/19(水) 10:30:23 ID: NzqXOQ31lJ
個人的には「ネバーランド」から入った口なので、今でもネバーランドは特別ですね。論他の作品も好きですが。他のでしたら「チョコレートコスモス」が好き。


あと、「帝国」はドラマではく、映画だったかと…
26 ななしのよっしん
2015/01/05(月) 09:58:03 ID: Aj7b9CW+ue
個人的にライオンハートアニメ化して欲しい。
世界色に弾けるような喜びを視覚的にドラマチックに表現して欲しい。
27 ななしのよっしん
2015/02/20(金) 14:03:59 ID: OipbH2GuWY
記事の一覧掲示板を参考にして何冊か読んでみよう
読んだことない作家だから楽しみ
28 ななしのよっしん
2015/04/14(火) 22:01:25 ID: IiO1XLwTMk
この人の作品はどっちかっていうと短編の方が好きだな。長編にありがちなグダグダな展開が綺麗にまとまっていて、いろいろな描き方で魅せてくれる。
29 ななしのよっしん
2015/08/22(土) 22:48:53 ID: MCDeb4xEsp
チョコレートコスモスは何度読んでもゾクゾクする
30 ななしのよっしん
2017/01/19(木) 23:05:38 ID: j6qL5Ur/Tw
直木賞受賞したことへの驚きよりも「まだ受賞してなかったのか」って驚きのほうが強い
なんかかなり前に既に受賞してるイメージだったわ
31 ななしのよっしん
2017/01/25(水) 00:07:47 ID: vTsRnBYkm9
蜜蜂と遠チョコレートコスモス好きな人におすすめできる
夢中で読んだわ
32 ななしのよっしん
2017/11/26(日) 10:02:53 ID: sHAK1SkWny
基本雰囲気小説よね
導入はいいけどオチ微妙