悪役令嬢単語

アクヤクレイジョウ
2.5千文字の記事
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

悪役令嬢とは、悪役令嬢。古くから様々な物語に登場する、キャラクターの一種である。

また近年では、「悪役令嬢」的な立場にあるキャラクター役に据えた自作小説などがインターネット上の小説投稿サイトに非常に数多く投稿されており、そのうち複数の作品は商業化もされている。これらは「悪役令嬢もの」などと呼ばれ、一種の作品類となっている。

古典的なキャラクター類型として

「悪役令嬢」という存在を、「物語の中で敵役をつとめる」「ある程度高い身分の」「若い女性」と定義するならば、かなり古くさかのぼることができる。例えば、「新約聖書」に登場するヘロデ王の義理の(いわゆる「サロメ」)や、童話「シンデレラ」で役のシンデレラいじめる継などもこの定義に入れられないこともない。

小説作品にも、悪役令嬢と言える立ち位置のキャラクターは時折登場してきた。例えば19世紀の児童文学などで「寄宿学校主人公少女いじめる富裕な」や「わがまま放題のねじ曲がった性格に育ってしまった令嬢」が登場する作品がある。そういった児童文学を参考としてか、少女漫画などではかなり初期から悪役令嬢的なキャラクターは散見される。

さらに少女漫画に限らず様々なジャンル漫画小説アニメ・ゲームなどにおいて「悪役令嬢」は散発的に登場していく。それに伴い、徐々に「典的な悪役令嬢ってこういうのだよねー」という漠然としたイメージも醸成されていった。

主役として

そして、ぼんやりとしたイメージが共有されている「典的な悪役令嬢」を大げさに戯画化(パロディ)したようなキャラクター役に据える作品なども登場した。主人公いじめる敵役であった「悪役令嬢」を、逆に主人公としてスポットライトを浴びる立場としているわけだが、もちろん嫌われるような悪役そのもののキャラクターをそのまま主人公としているわけではなく、読者が好感を持てる魅あるキャラクターとして描いている。

例えば、1991年ジュニア向け小説レーベル学研レモン文庫」から刊行された子の小説作品『お嬢さまとお呼び!』と、その一連のシリーズ作品の主人公綾小路」は典的な悪役令嬢である。

また、2008年の第3回小学館ライトノベル大賞ルル文庫部門に投稿され優秀賞を受賞した『悪役令嬢ヴィクトリア洗う紅茶屋~』も悪役令嬢を役としていた。同作は2009年ルル文庫から出版され第3巻まで出版されているが、これが「悪役令嬢」という言葉をタイトルに冠した最初の商業作品のようである。この言葉を広めたのは本作がきっかけとなったのかもしれない。少なくとも「悪役令嬢」という言葉が本作以前に広く使われていた形跡はない。

ネット小説界隈での隆盛

小説投稿サイト小説家になろう」において、2013年頃から「悪役令嬢」を役に据えた作品の投稿が増え始めたようだ。

サイト投稿される自創作小説作品には、それ以前から「異世界転生」ものが非常に多いという特徴があった(異世界転生ものについては「異世界」や「異世界転生」の記事も参照されたい)。そのためか、同サイト投稿される「悪役令嬢もの」には、「異世界転生もの」の要素を取り入れた作品が特に多いようだ。

この2つの物語を組み合わせると「少女漫画/乙ゲーム世界に転生したが、転生先は元の少女漫画/乙ゲームにおいて悪役令嬢として扱われていたキャラクターだった。悪役として破滅する未来をどう回避するか……」といった形式の話となる。同サイトの全期間累計ランキングで長期間2位女性視点作品の中では1位)に位置していた人気作品『謙虚、堅実をモットーに生きております!』も、ストーリーの大はまさにこういった形式の、「異世界転生もの」+「悪役令嬢もの」である。ただし現実乙女ゲームには基本的に悪役令嬢は登場しない。

その『謙虚、堅実をモットーに生きております!』や、その他の商業化されたいくつかの作品(下記「関連商品」参照)に刺されてか、「小説家になろう」やその他の小説投稿サイトへの「悪役令嬢もの」の投稿が行われ続けている。

2020年現在において「悪役令嬢もの」は多くのジャンルを生み出しており、例えば悪役令嬢が王子役のキャラクターに婚約破棄(断罪)される場面を起点に話を広げる「婚約破棄もの」などは生の中で大きな盛り上がりを見せている。

基本的に女性向け作品において盛り上がりを見せているジャンルだが、男性向け作品においても「悪役令嬢もの」の要素を取り込む作品は散見されており、「小説家になろう」等の場においては男女を問わず広く知られた概念となっている。

関連静画

ニコニコ静画 (マンガ)」には「悪役令嬢もの」の漫画も少なくない。「悪役令嬢もの」のネット小説が商業化された後に漫画化されたものが、ウェブ漫画サイトと「ニコニコ静画 (マンガ)」のコラボ企画として複数連載されているためである。

「ニコニコ静画 (マンガ)」内を「悪役令嬢」でタグ検索すると該当作品を探すこともできる。ただし「ニコニコ静画 (マンガ)」の仕様上、「連載回中、一回のみでも「悪役令嬢」タグが付いている回があれば検索ヒットしてしまう」という難点には注意。つまりこのタグ検索ヒットした作品でも、連載全体として「悪役令嬢もの」であるとは限らない。

関連商品

お嬢さまとお呼び!

現在の「悪役令嬢もの」ジャンル盛の先駆者のひとつ。

以下の商品は2008年の新装版で、1991年の版とは出版レーベルイラスト担当等が異なる。

小説家になろう

小説投稿サイト小説家になろう」の投稿作品から商業化されたもの。

関連項目

ニコニコ大百科に記事がある作品

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%82%AA%E5%BD%B9%E4%BB%A4%E5%AC%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

悪役令嬢

798 ななしのよっしん
2021/10/29(金) 07:39:54 ID: 8AYnw7vpba
>>797
概念として定着した今では色んな世界観の作品に使われてるけど、流的には「架乙女ゲー少女漫画の破滅する悪役令嬢に転生しちゃってどうしよう」っていう話だから、むしろわざとメタくしてるんだよ

それに、そこら辺の考慮してか本文中じゃ悪役令嬢ってワードを使ってない作品だって中にはあるわけで
古典ファンタジーを作るのが大変だって分かってるなら、自分も文句言ってないで大変なをして探せよと
799 ななしのよっしん
2021/11/01(月) 09:27:20 ID: nLXuHZ+7yX
単に容姿と口調がソレらしいだけであって
行動正統派主人公ってのも多いな

いかにもな清楚主人公だと ちょっと面みがないからな
(だからって増えすぎな気もするが。主人公子供だと おねショタ系に分類される?)
800 ななしのよっしん
2021/11/09(火) 10:18:09 ID: mcaItnQa0a
悪役令嬢ものっていうか乙女ゲー転生してるのはいいんだが、その攻略の書き分け出来てない作品も有名どころでもたまに見るんだよね
ショタやオジサマもいないのはザラ、書籍化されてないようなのだとキャラの口調からしてかぶりまくりとか
あくまでそういう作品と言われればそうだけど、王侯貴族のいる中で庶民の攻略ってのも一人はいる乙女ゲーも多いのに悪役令嬢ものだといないしね
801 ななしのよっしん
2021/11/10(水) 15:06:03 ID: 8AYnw7vpba
主人公が「このゲーム攻略は何人居て~、それがどんなで~」みたいなこと言ってないなら、単純に言及されてなかったり前世でプレイ浅くて全員把握してなかったりってパターンもあるんじゃないの

それに自覚逆ハーものとかで攻略自体の掘り下げが必要な作品でもなければ内訳がどうだったところで物語の本筋に関わってくる部分でもないし
実際ADVでもルート次第で別ルート攻略や重要人物が空気ってのもよくあることだし
婚約破棄やざまぁとか、学園日常パートクライマックスが作品の始点になった以上は攻略の造詣に凝る必要性が低くなったのはあるだろうと思う

古めの作品だと、邪気装って近付くことで本命ヒーローを煽るとか、双子兼任して見破った主人公を評判ほど悪い人じゃないと判断するとか、古めの作品だとショタは結構見掛ける
802 ななしのよっしん
2021/11/12(金) 14:25:00 ID: xxvbZ8MkHH
>>786
基本的に柄以外に取り柄のない悪役令嬢の知識が何の役に立つんだ?って話だし
まぁ「有能なのに正論振りかざし過ぎて嫌われた」ってパターンも少なくないけど

そもそも原作知識や現代知識で戦うのが基本路線なのに
それらを持たない中世令嬢が現代に来ても役に立たないから(令嬢でなければ遭難状態でワンチャン
そういうタイプループ物過去の自分)になっているんでしょ
803 削除しました
削除しました ID: NdYQ33xfAO
削除しました
804 ななしのよっしん
2021/11/14(日) 02:13:54 ID: nleiqN+hHV
してません
そもそも何の魅もないものを何故パクると思うのか
805 ななしのよっしん
2021/12/02(木) 20:43:10 ID: 5F+1KfHax6
>>802
だからお前さんが言うように、悪役令嬢物って「令嬢の財ゲームプレイヤーor後世人の知識・思考」で主人公令嬢が活躍するだろ?
(冒頭時点で落ちぶれているケースもあるが、直の事後者に頼ることになる。)

じゃあ、例えば「大正時代ごろに悪事の限りを尽くして死刑になった令嬢」がいて、そいつが転生した現代女子が前世の記憶を頼りに隠し財産手に入れても「令嬢の財+後世人の知識・思考」の組み合わせじゃないか。
806 ななしのよっしん
2021/12/03(金) 09:28:47 ID: 8AYnw7vpba
財産の隠し場所の情報はあっても、現代の一般庭の生まれがどうたどり着くのか
たどり着けるとするなら、その程度の障しかない隠し財産が何故今まで見つかっていないのか
小規模だったから隠し通せたとかいうなら、最初から現代人が現代の富に転生するとかでいいのでは
生体認証とか呪術とかそんなものがあったからとするのなら、そっちをメインに据えた方が面いのでは
それらにを瞑ったとして、そもそも現代社会を得たところで貴族ほどの特権というか見た手な開拓とかはやりにくいわけで、物語エンタメ部分として何をするというのか

なんてに現代だと駄な縛りが多過ぎて、転生という常要素をアリにした上で悪役令嬢縛りを設けると、世界観としては応用が効きにくいのでナシ寄りになる
807 ななしのよっしん
2021/12/03(金) 11:34:37 ID: 8AYnw7vpba
ついでに言えば、の取り潰しや連座処刑という、財産どころか何もかも台しになるレベルの破滅のプロセスを踏む(あるいはそれを予期できる)からこそ
前世現代人の転生者やループした悪役令嬢などは回避しようと動的に動いて話が進むわけで

一般現代人に転生した悪役令嬢が、再度の破滅の可性や諸々の手間を視してまで精的に動く動機付けが必要になってくる

婚約破棄とか追放ざまぁとか広義の勧善懲悪に属する話が人気筋である以上、欲が収まらないから復権しようとする主人公、みたいなのでやるのも相当工夫が必要になるだろうし

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

バルガ 国の借金 黒夜叉