悪性腫瘍単語

アクセイシュヨウ
医学記事 ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

悪性腫瘍(Malignant tumor)とは、衰弱・多臓器不全を引き起こす腫瘍が発生する疾患である。悪性新生物(Malignant neoplasm)、がん(Cancer)とも。

一般に、が別名として扱われているが、これは病理学的には癌腫(悪性腫瘍の一種)をす。一方、がんは癌腫だけでなく腫、白血病、悪性リンパ腫なども含む。すなわち、漢字の「癌」と、ひらがなの「がん」は、病理学上は異なる概念である。また、癌は喩表現として、組織において障となっている人物ないし集団に対して用いられることがある。下の「比喩」の節で述べる。

概要

通常、細胞は摂取した栄養分と遺伝子(DNA)をもとに新しい細胞を作り、身体機を維持している(新陳代謝)。このDNAには、細胞が必要以上に作成されないように制御する遺伝子(がん抑制遺伝子)も備わっている。

この制御遺伝子に何らかの理由で変異が発生すると、制限に栄養を奪って制限に自己細胞増殖させる「腫瘍」という細胞塊が発生する。通常の腫瘍(良性腫瘍)の場合、栄養を奪うことはできても周りの細胞を巻き込むようなことはしないため、その細胞塊を切除すれば容易に治できる。

一方、悪性腫瘍と呼ばれる変異細胞は、正常な細胞に渡るべき栄養を奪い、栄養不足で死んだ正常な細胞に成り代わり(浸潤し)、末期になるとリンパ管や血管を伝って(転移して)、すべての細胞を変異細胞に置き換える悪性の細胞になる。たとえば、もし「肺の細胞しか作らない細胞」が心臓細胞にとりつき、心臓を維持するためのの栄養を奪い、心臓に肺の細胞を作り出したら、どうなるであろうか。がん患者、とくに末期患者が異様にやせ細るのも、筋肉などに回るべき栄養を全身に広がった悪性腫瘍が使い果たしているためである。

遺伝子に悪性な変異を引き起こす要因としては、突然変異を引き起こす遺伝化学物質や物理的刺外線や放射線、細菌やウィルスの感染、不健康な生活、喫煙といったものから、特定カビマイコトキシン)によるもの、肥満やメタボリックシンドローム、熱い飲み物や塩分類の過剰摂取など、様々なものが挙げられる。さらに、近年では「遺伝子そのものに悪性変異を引き起こしやすい原因が備わっている」という意見もある。

とくに喫煙塩分脂肪分・類の過剰摂取、そして不摂生な生活(とくに運動不足)がリスクファクターと考えられる。したがって、がんのリスク軽減のため、これらを断ち、健康的な生活を送るのがよいとされている。また、日差しと共にふりそそぐ外線も皮膚がんのリスクファクターとなるため、過度の日光浴を避けることでもリスクを軽減できる。

悪性腫瘍発生後の治療方法としては、外科手術による腫瘍の摘出、抗がん剤を使用した化学療法、放射線治療などがあるが、前述のように悪性腫瘍片が循環器に乗って全身の細胞を変異させる(転移する)と手遅れ、末期である。とくに末期がんのイメージから、白血病と並び不治の病であると恐れられる病気であるが、定期的にがん検診を受け、期発見・期治療ができれば、たとえ悪性の腫瘍が発生していても治が期待できる。また末期がんであっても、抗がん剤の進歩により5年生存率が上昇しているケースも存在する。いずれにせよ、前向きに諦めない姿勢が大切である。

がんに斃れた有名人としては逸見政孝今敏栗本薫などが挙げられる。また、がんとの闘病生活を耐えた有名人として吉田拓郎小橋建太和田アキ子などが挙げられる。

分類

悪性腫瘍は、上皮組織由来か、それ以外の組織由来かによって、大きく2つに分類される。上皮組織由来、すなわち、臓器や血管を覆ってほかの臓器や外界との仕切りを形成している細胞や、膵臓のような分泌器官の細胞を由来とする悪性腫瘍を癌腫(Carcinoma)、それ以外の組織、つまりや筋組織、脂肪組織、経組織などから発生する悪性腫瘍をSarcoma)という。悪性腫瘍は、癌腫と腫のほか、白血病、悪性リンパ腫、多発性髄腫がある。

ひらがな表記の「がん」と「悪性腫瘍」と「悪性新生物」は、基本的には同義であるが、漢字表記の「癌」は癌腫を意味する。「がん」はに臨床で、「悪性腫瘍」は病理学で、「悪性新生物」は統計で使われることが多い。

厚生労働省は「悪性新生物」という表現を用いている。生命保険会社も、「悪性新生物」という表現を用いることが多いが、その定義はそれぞれの企業、あるいはがん保険ごとに異なる。一部の悪性腫瘍を悪性新生物の定義から外し、保険適用外としているケースもある。

比喩

癌は、組織、あるいは集団において、集団全体の利益を奪い取ってでも利己的な行動をとる、特定閥ないし人物を喩表現としても使われる。悪性腫瘍が自らは尽蔵に栄養を奪い取って増殖した結果、体を死に至らしめることからのアナロジーである。

いわゆる「腐ったリンゴ」と似た意味だが、普段の生活ではまず使われることはなく、特定個人というよりは特定の付帯組織に使われることが多い。用例:「~は日本の癌だ」。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%82%AA%E6%80%A7%E8%85%AB%E7%98%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

悪性腫瘍

61 ななしのよっしん
2018/11/22(木) 23:36:25 ID: 1hC487cRgo
ホルモンバランスが不安定な状況下で取ったデータじゃ場合によっては参考にならんのでしょう。やる価値が全くないとは思わないけど、研究はお金がかかるから・・・。
62 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 21:17:13 ID: mghp63Kxxv
腫瘍というのがんのこと調べてるとやるせなくなってくる
63 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 21:19:12 ID: mghp63Kxxv
途中送信すまん
腫瘍スレ見てると5chらしからぬ雰囲気にずーんとなるしかないし、ふたばネタにされてるギリアデルも値段と副作用おいおいってなる
64 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 12:04:29 ID: kwiSyVcB7B
ガンの話が出ると事あるごとに「アメリカではガンは治る病気」とかコメントされるけどあれソースとかあるの?
65 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 12:09:19 ID: 1hC487cRgo
初期なら治るし、なんなら自然治癒する事もあり得る。そうならなかったのが末期といのやつだと思うんだが?

もしかしてアメリカでのみ認可されているや治療法なら更に治しやすいという意味だろうか?
66 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 15:47:54 ID: gqfwLm/Fsm
>>64
別にアメリカどころか日本でも普通に治るし 
論一回治って「もう一生なりませんよ」とはも言えない(当然だ、風邪が治ったからといってもう一生風邪になりませんよなんても言えない)が、その一つの基準が5年(末期や部位によって話は別)

治らないっていうのは潰瘍性大腸炎とかのことを言うんだよ、あれは現状100%治らない、寛解しかしないから
安倍総理辛い物食べてて「難病なんてだ!」なんてネットマスゴミが書いてたが、寛解している間は一切症状ないんだから当然の事
ただしあくまで寛解であって、現代医療で「治」することは絶対にない
67 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 14:18:18 ID: /kggRoySM5
池江璃花子選手とちえみさんの告白は衝撃だったな
小林麻央さんやさくらももこさんの表の時と同じかそれ以上に衝撃を受けたぜ
68 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 06:32:42 ID: 7cy/ZPbIUr
けものフレンズ2
69 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 08:41:38 ID: wuzIdSJH4O
人も一般人が増え続けてる
もう東日本
70 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 01:12:31 ID: wTbQJ9eI2p
増えて宿を殺し私も死のう

馬鹿だろ

急上昇ワード