悪魔のサンタクロース単語

アクマノサンタクロース
3.3千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

「悪魔のサンタクロース」とは、アメリカのスラッシャー映画シリーズである。

概要

原題は「Silent Night,Deadly Night」で、リメイクを含めると計6作が開された。

一作と二作はそれぞれ「悪魔のサンタクロース 惨殺の」「悪魔のサンタクロース2 鮮血のメリークリスマス」という邦題で、続編であることがわかりやすかったが、三作は「ヘルブレイン」、四作は「新・死霊のしたたり」といった具合で、サンタクロースどこ行った!とツッコまざるを得ない。

第一はクリスマスイブサンタクロースの格好をした殺人鬼が人々を血祭りにあげるという内容であったため、キリスト教徒が人口の多くを占めるアメリカでは苦情が殺到し、次々と上映禁止となった。しかし、逆にそれが話題を生み、カルトムービーと化した。

第一作「悪魔のサンタクロース 惨殺の斧」

1984年開。監督チャールズ・E・セリマー。

本作の大きな特徴はストーリー構成で、映画の約半分の尺を割いて主人公ビリー殺人鬼になる経緯を描いており、殺人鬼が明確に主人公として描写されている。1980年代のスラッシャー映画としては割りとしい。

また、宗教に対する風刺なども描写され非常に重いストーリー展開となっており、邦題から感じられるネタ要素は本編にはどない。

スプラッター描写も近年の映画のような手さが地味な反面、リアル且つ現実的であり生々しい。

総合的にはスラッシャー映画として良作と言えるだろう。

あらすじ

クリスマス・イブの日。ビリーは両サンタクロースの扮装をした強盗に殺された。

日は流れ、トラウマを抱えながらも18歳になったビリーおもちゃ屋で働き始める。な勤務態度を評価され、クリスマス・イブサンタクロースの扮装を任されることになるが、その事がビリーの中に眠っていた悪夢を呼び起こす‼サンタの扮装をした間、まるで別人のように変貌したビリー。かつて家族を襲ったサンタクロースの如く、殺人鬼となったかれは町を血に染めていく…。(DVDパッケージ裏より)

ビリー・チャップマン(Billy Chapman)

本作の主人公兼スラッシャー(殺人鬼)。ユタ州出身の白人男性茶髪い瞳。

演者は5歳の時のビリージョナサンベスト(Jonathan Best)、8歳の時のビリーダニーワグナー(Danny Wagner)、18歳の時のビリーロバートブライアンウィルソン(Robert Brian Wilson)。

1971年クリスマスイブ。当時五歳だったビリーは純サンタクロースを信じる、ごく普通子供であった。しかし、精神病院で祖から「サンタクロースは悪い子に罰を与える」という話を吹き込まれ、サンタクロースを怖がる様になってしまう。更にその日の晩に両サンタクロース姿の殺人鬼に殺されたことで全にサンタクロース恐怖症」となってしまった。

後日、「メアリー孤児院」にと共に引き取られるが、そこの院長であるマザー・スペリアは「セックスは罪」、「罪を罰するのは善」というんだ思想の持ちであり、ビリー体罰と共にその思想を植え付けられる。さらに、クリスマスイブにはサンタクロースの格好をした神父の膝に理矢理座らせられるなど、心の傷を散々に抉られる地獄の日々を過ごすこととなる。孤児院での生活は、ビリーにとってもう一つのトラウマとなったのである。

1984年18歳になったビリー身になってくれたシスター・マーガレットの助陽気・高身長マッチョイケメンハイスペックな好青年へと奇跡的な成長を遂げていた。おもちゃ屋「アイラズ・トイ」に事就職し、同僚とも直ぐに打ち解け、自分の居場所を確立しはじめる。

しかし、クリスマスが近付くと「サンタ姿の殺人鬼」と「マザー・スペリアによる洗脳虐待」という二つのトラウマり、精が不安定になっていく上、その仕事に集中できなくなることが増え、事情を知らない同僚のアンディと険悪になってしまう。

そして、クリスマスイブ当日。店長アイラからサンタクロースの扮装を任される。当然「サンタクロース恐怖症」のビリーにとっては最もやりたくないはずの仕事であったが、自分を信頼する店長の期待に応えるため、その仕事を引き受ける。疲労困憊になりながらも業務をこなし、終業時間まで持ちこたえるが、直ぐに帰っていれば、結末は違ったであろう。

終業後の打ち上げで、初めて飲し、精が更に不安定になってしまう。さらに、物置でビリーが密かに想いを寄せていた同僚のパメラが、アンディ理矢理迫られている場面に遭遇。母親サンタ姿の殺人鬼に襲われた場面がフラッシュバックし、遂に発狂してしまう。怒りのままにアンディを殺すると、孤児院でスペリアから植え付けられたセックスは罪」「罪を罰するのは善」という思想と、サンタクロースは悪い子に罰を与える」という祖の話がにつながり、「罪を罰するサンタクロースになりきってパメラまで殺。さらに未成年の自分にを飲ませた「罪」への罰として店長アイラと副店長ランドールまで殺し、両の伐採を手に町へと繰り出す。

スペリアへの復讐を果たすために孤児院をし、その中で自宅でセックスしようとしていたデニースとトミーという若いカップル、ソリを強奪して遊ぶマックという若者ビリーと誤認して神父を射殺してしまったバーンズという警官をそれぞれ「罰」として殺し、翌日のクリスマス当日の、遂に孤児院へと辿り着く。子供達にはもくれず、スペリアを掲げるが降り下ろす寸前にマーガレットが連れてきた警官リチャーズに撃され、「もう大丈夫サンタクロースは死んだ」と言い遺し、マーガレットの腕のなかで絶命する。享年18。

「悪魔のサンタクロース」としてのビリー

上述の通り、様々な不幸が重なった結果、殺人鬼へと変貌してしまったビリーだが、「カルピスday」で有名なべると、殺人描写はリアル且つ現実的。

ただし、同様に大並の怪力耐久であり、自分と体格が大差アンディの首にクリスマスツリーの電飾を巻き付けて片手でるしたり、同じく体格にあまり差がないトミーを突き破るほどの勢いで放りなげたり、金的をくらっても少し怯んだだけで大したダメージを受けないなどの描写もある。

使用した器は邦題のサブタイトルにもなっている両の伐採の他、クリスマスツリーの電飾、カッターナイフ、ネイルハンマーアーチェリー鹿の頭の剥製、火掻き棒、電気コード素手

また、視聴者の同情を誘う殺人鬼の代表であるノーマン・ベイツジェイソン・ボーヒーズでさえ、「元々殺人鬼としての素質があった」という設定があるのに対し、ビリーは本当に「普通子供だった」という設定となっており、これが本作のストーリーの救いのさに拍をかけている。

因みに、の「カルピス」ことリッキーは二作主人公兼スラッシャーと化し、更に三作では科学者によって改造人間と化した。凄ェ‼

関連動画

悪魔のサンタクロースに関するニコニコ動画動画紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連静画

悪魔のサンタクロースに関するニコニコ静画イラストマンガ紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連商品

悪魔のサンタクロースに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連コミュニティ・チャンネル

悪魔のサンタクロースに関するニコニコミュニティもしくはニコニコチャンネル紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連リンク

  • 悪魔のサンタクロースに関するリンク紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

関連項目

  • 悪魔のサンタクロースに関する項紹介してください。(特にない場合はこの部分を削除してください)

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

悪魔のサンタクロース

1 ななしのよっしん
2019/12/24(火) 21:16:39 ID: aGAE5FIan4
メリークリスマス
2作リッキーGJ

急上昇ワード改