悲鳴嶼行冥単語

ヒメジマギョウメイ
2.6千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)とは、鬼滅の刃の登場人物である。CV:杉田智和

概要

悲鳴嶼行冥

殺隊最強剣士『柱』の1人。岩柱。27歳、身長220cm、体重130kg。物語本編時点では9人の柱の中でも最年長メンバーであり、彼らを取りまとめるリーダー役である。

常に瞳孔が見えない白目であり、盲目である。隊の上からの羽織を着ているが、それには「南」と念仏文字があしらわれている。

視えないは常にぐんでおり、なにかとをこぼす姿が見られる。数珠を手に念仏を唱えることが多く、浄土宗浄土真宗に帰依する僧でもあるようだ。

性格は、慈悲深く命あるものをする優しい男である。しかし、初登場時には(禰豆子)を連れ歩いている炭治郎を「に取り憑かれているのだ。くこの哀れな子供を殺して解き放ってあげよう」などと独善的な価値観で裁こうとしている様に見えた。だが、これは柱のリーダーとして「を連れ歩く少年」という当時の彼から見れば危険極まりない存在を捨て置けいという立場と責任感の表れでもあることは、留意せねばならないだろう。

また、下記のネタバレ部にあるように、過去の経験から「子供」の純さを愛しつつも、一方の子供ゆえの欲の強さとまだ周りに配慮できない幼さからくるある意味の残酷さを深く知っている。そのことから「子供」に対しての不信を常に抱いてしまうことも、炭治郎への当初の態度にしていた。

結局、彼が炭治郎を認めるのは物語がかなり後になって、直接の「柱稽古」による相互理解が進んでからのことになる。

柱になってまもなくの頃、胡蝶カナエ胡蝶しのぶ姉妹から救ったことがある。後に狩りを志望してきた姉妹に対し、無理難題に近い課題を与えて諦めさせようとした。しかし、それでも折れずに課題を乗り越えてみせた姉妹に育手を紹介し、それ以来殺隊隊士となった姉妹の行く末を見守ってきた。カナエが亡くなり、しのぶ蟲柱となった現在もなにかと彼女のことを気にかけている。

炭治郎同期である不死弦弥を子として修行させている。ただ、呼吸の才がない弦弥が、ある手段によって強くなろうとしていることを知りつつ稽古をつけており、「継子」としては扱っていない。また、そのある手段のために弦弥が自らの身体の変調を顧みていないため、しのぶを紹介して定期検診を受けさせている。炭治郎が最終選別の時とはすっかり容貌が変わった彼と屋敷ですれ違ったのはこのためである。

尺八を吹くことを趣味としており、を自宅に飼っている。同じ好きの甘露寺蜜璃とは談義で盛り上がることも度々ある模様。上述の通り非常にもろい。ちょっとしたことで感動したり、哀しみを深く感じたりする感受性の強い男のようだ。

日輪は、鎖でつないだ戦鉄球である。その実は自他ともに認める殺隊最強炭治郎は「匂いがぜんぜん違う」とり、之助も「ビビっと来た」と初対面で感じるほど。巨パワーキャラというともすれば「かませ」になってしまいがちなタイプであるにもかかわらず、盲目ハンディすらも苦にせずに上弦の鬼クラスと渡り合える実の持ちである。


   
ネタバレ注意

ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!


































10年ほど前、行盲目の僧として寺に身寄りのない子どもたちを引き取ってともに暮らしていた。

ある日、日が暮れても寺に戻らなかった子供の一人がに出会い、あろうことか自分の身可さに行子供たちを差し出し、を寺に招き入れてしまった。

たちまち四人の子供が殺され、後の四人も「側を離れるな」という行の言葉を聞かずに逃げようとするが、やはりに殺されてしまった。一生き残った紗代という4歳の女の子を守ろうと、行生まれてはじめて自らの拳を振るい、自らも気づいていなかったを殴り殺してしまった。

が明けて駆けつけた人々に対し、紗代は「あの人は化け物。みんなあの人がみんな殺した」と言。死骸太陽で消滅してしまっており、大人たちは紗代の言葉を額面通りに受け取り、行による大量殺人だと断定してしまった。

死刑囚となり、殺隊のお館様である産屋敷耀哉に救われる。産屋敷の手によって殺人の罪状はもみ消され、彼は殺隊に入隊。ほどなくして柱となるのである。

この事件は行人間観に暗いを落とすことになる。特に救おうとした4人の子供が「盲目戦闘力のない人など当てにならない」と独断で逃げ出して殺されてしまったこと。そして紗代が裏切りとも言える言葉を発したこと。これらは彼の子供への根深い疑り深さとし炭治郎たちへの態度に表れることになる。とは言え、「緊迫した状況の中で気が動転したがゆえの行動だろう」「子供はいつも自分のことで手一杯だ」と彼自身もある程度子供たちの心情を理解しようとはしていた。

単行本16巻においては、紗代の意が作者コラムでられている。彼女が言った「化け物」「あの人」とはのことであり、「みんな殺した」もの所業をろうとしたものであった。つまり、せめて「のせいだ」と付け加えられれば、の存在など信じない大人たちが理解できなかったとしても行の心はいくばくかは救われていたかもしれない。しかし、4歳の少女しくショックを受けた状態で物事を正確に話せなかったのも理からぬ事であり、紗代を責めるのは酷というものであろう。14歳になった紗代はそのことを謝りたいと今でも思っているとのことである。

また、逃げ出した子どもたちも決して行を見限ったのではなく、逆に彼を守るために農具を武器にしようとしたり人を呼ぼうとしたりと、それなりに対処しようと考えての行動だった。しかし、その真実が行に伝わるのは物語の最後の最後になってしまう。

そして、寺に戻らなかった子―獪岳(かいがく)は、寺のを盗み出し、それを他の子供達に責め立てられて追い出されていたのだ。後に獪岳は殺隊に志願し、桑島慈悟郎の子、つまり我妻善逸兄弟子となる。さらに、裏切ってとなり「上弦の陸・獪岳」となる―――

岩の呼吸

始まりの呼吸から生した5つの呼吸の一つ。敵の攻撃を受け止める岩の如くの防御と、それを生かしたパワー全開の攻撃で攻守一体の戦いを見せる。

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%82%B2%E9%B3%B4%E5%B6%BC%E8%A1%8C%E5%86%A5
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

悲鳴嶼行冥

26 y.ilsuk
2021/09/24(金) 07:08:02 ID: quNsUW7E4A
岩>>その他柱ぐらいのの差がある
27 削除しました
削除しました ID: HXKJP0Be8z
削除しました
28 ななしのよっしん
2021/09/28(火) 19:55:09 ID: iAi6X7oK52
某所で「もし魘夢戦に向かったのが悲鳴嶼さんだったら全盲の相手に強制催眠の血術の効きはどうなっていたのか」という話を見てふと思ったけれど、悲鳴嶼さんにとって実は「煉獄さんが倒した使いの」がガチ門になってた可性が……?
29 ななしのよっしん
2021/10/05(火) 21:46:39 ID: m4ENZOP40q
戦死した直後のコマに描かれた、女の子っぽい隠が紗代って説は特に確定でもなんでもいんだよね?
コマアップモブにはなんとなく意図がありそうな気もしちゃうけど。
30 削除しました
削除しました ID: dDKh6awywR
削除しました
31 ななしのよっしん
2021/10/18(月) 18:42:02 ID: frVFAbnQUG
9話あたりの担当編集者が代わるところで最終回ストーリーを考えたというのが事実ならお屋形さまが自爆したあと即無惨の首をれるやつを作らなきゃとなるから
距離から使える武器とともに最初期に生まれた柱と推察される
32 ななしのよっしん
2021/10/20(水) 17:43:31 ID: QLpyiCRKI0
DX日輪刀が出ないとTwitterおもちゃにされるかわいそうな柱
33 ななしのよっしん
2021/11/01(月) 08:23:14 ID: GpgZdDW4bk
>>13
なぜ儂だとバレた!?
34 ななしのよっしん
2021/11/06(土) 08:06:53 ID: 8jjrqmTsJp
>>29
うん確定でもなんでもない
ファンの中に「そうだったらいいな」「そうなのかも?」的なことを言っている人がいるぐらい

作者の描き方を見るに沙代はずっと自分の恩人がどうなったのかもわからず、もう2度と彼らの人生は交わらなかったままだと思うけどね(そっちのほうが物語的に美しいと自分は思う)
35 ななしのよっしん
2021/11/17(水) 14:55:00 ID: zf/RmBegQg
悲鳴嶼に「なんで無惨の喋り方真似してるの?」って聞きたい