感電死単語

カンデンシ

感電死とは、通電によるショック死のこと。

概要

人体に電流が流れ死亡に至ること。

要因として、落などの自然災害や、電気工事過程における漏電、電気設備および製品の不適切な扱いなどがあげられる。

100Vで死亡することは稀で、直流で500V、交流で300V以上が危険といわれる。

低電圧でも長時間の通電で感電することがあり、高電圧の場合、筋肉反射で感電部分からそのまま手などが離れなくなることがある。

通電の経路に心臓などが入っていると危険度が増し、心臓や中枢神経の機死亡に至ることが多い。

人体は電気抵抗が低く、特にに濡れている場合は通電しやすいため注意が必要である。

関連動画

関連商品

感電死に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

感電死に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

  • 感電死に関する項を紹介してください。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%84%9F%E9%9B%BB%E6%AD%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

感電死

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 感電死についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!