感電死単語

カンデンシ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

感電死とは、通電によるショック死のこと。

概要

人体に電流が流れ死亡に至ること。

要因として、落などの自然災害や、電気工事過程における漏電、電気設備および製品の不適切な扱いなどがあげられる。

100Vで死亡することは稀で、直流で500V、交流で300V以上が危険といわれる。

低電圧でも長時間の通電で感電することがあり、高電圧の場合、筋肉反射で感電部分からそのまま手などが離れなくなることがある。

通電の経路に心臓などが入っていると危険度が増し、心臓や中枢神経の機死亡に至ることが多い。

人体は電気抵抗が低く、特にに濡れている場合は通電しやすいため注意が必要である。

関連動画

関連商品

感電死に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

感電死に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

  • 感電死に関する項紹介してください。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%84%9F%E9%9B%BB%E6%AD%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

感電死

1 ななしのよっしん
2020/07/07(火) 23:57:40 ID: FvqQx8vv0f
アパート修中に作業員が感電死 労基署が雇用を書類送検
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/594654exit

 沖縄市泡瀬の3階建てアパート修工事現場で5月に作業員1人が死亡した事故で、沖縄労働基準監督署は2日、労働安全衛生法違反の疑いで、沖縄吉村組(宜野湾)の代表者と現場責任者那覇地検沖縄支部に書類送検した。
 調べでは、足場の解体作業の際、作業員が配電線に接触し、感電により死亡した。代表者と現場責任者感電を防止する措置を講じていなかった疑い。
2 ななしのよっしん
2020/07/08(水) 00:00:28 ID: FvqQx8vv0f
沖縄吉村
https://www.okinawa-yoshimuragumi.com/infoexit