単語

カン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

とは、感じ、感覚を表すにつく接尾辞である。優越感、劣等感、第六感罪悪感存在感既視感、・・・

漢字として

Unicode
U+611F
JIS X 0213
1-20-22
部首
心部
画数
13画
音読み(常用)
カン
訓読み(常用)
-
𢦡
Unicode
U+229A1
部首
画数
8画
意味
心を動かされる、心が反応する、心に触れる、感じる、ありがたく思う、嬉しく思う、心を痛める、思い、病気が伝染する、(と通じて)恨めしく思う、(撼と通じて)動かす、という意味がある。
説文解字・巻十〕に「人心を動かすなり」とある。〔玉篇〕に「傷むなり」とある。
字形
符は咸。
音訓
音読みカン音、音)、訓読みは、うごかす、かまける。
規格・区分
常用漢字であり、小学校3年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
感を符とする漢字には、、撼などがある。
感圧・感悦・感応・感恩・感化・感懐・感慨・感覚・感器・感泣・感・感・感悟・感感謝・感受性・感傷・感情・感触・感心・感性・感染・感想・感・感知・感電・感動・感得・感佩・感・感・感冒・感量・感銘・感量

異体字

  • 𢦡は、〔字彙補〕にある古文

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
この記事は自動でリンクされないように設定されています!
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%84%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2014/10/07(火) 12:47:30 ID: udqch83W6o
ハイレオーンチャネルです!
この大百科にはー、まだもー、足を踏み入れてない感がありますね~