慣用句単語

カンヨウク

慣用句(かんようく/idiom)とは、各単の意味を離れて慣用的に使われている表現である。

概要

例えば、「話のを折る」は、かのアルゼンチンバックブリカーでへし折ることではなく、「他人の話に割り込む」という意味である。
すなわち、「を折る」の意味が本来とは離れて別の意味になっている。

同様の表現は他の言にも存在し、外国語学習者を困惑させる。

例えば、「He cried wolf.」は、彼がのようにワオーンえたのではなく、「口から出任せを言った(少年の逸話に由来)」という意味である。

このように、本来の意味から離れて使われている表現が慣用化したものが慣用句である。

ことわざ故事成語などとの界は曖昧であり、ことわざ辞典などではしばしば混同される。

ことわざと慣用句を区別する場合、慣用句は動詞・形容詞として使われることが多く、また教訓的な内容を含まないものをさす。

一覧

ニコニコ大百科に記事のあるもののみ。

の意味を離れた教訓を含まない表現は、ことわざ故事成語格言・成句と重複する場合も記述する。

日本由来

中国由来

欧米由来

パロディ

(  )はパロディ元。

慣用句が多く登場する作品

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%85%A3%E7%94%A8%E5%8F%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

慣用句

1 ななしのよっしん
2018/03/09(金) 02:32:02 ID: psjcdkbLvZ
根掘り葉掘り」がないなと思ったけど、「ことわざ」の記事に入ってるからいたのかな。
でもこれ教訓を含まない表現なのでことわざというより慣用句という印

急上昇ワード