成歩堂龍一単語

ナルホドウリュウイチ
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

異議あり!

「成歩堂龍一」とは、CAPCOMゲーム逆転裁判シリーズに登場するキャラクターである。

通称「なるほどくん」。海外版では「Phoenix Wright」。

担当声優は『1』から『4』までのゲーム本編では開発者でもある巧舟PVと『5』と『6』では近藤孝行実写映画と『レイトン教授VS逆転裁判』では成宮寛貴、『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』では鳥海浩輔アニメ版では梶裕貴

概要

シリーズ1・2・3・5・6の主人公、4のメインキャラクター。ここでは1~3と4と5と6とで分けて説明する。

逆転裁判無敗のピアニスト

『逆転裁判1~3』

 主人公弁護士。ギザギザ頭とスーツトレードマーク。熱い正義感と苦し紛れのハッタリと発想の逆転で真実追求していく。

 綾里千尋が経営する「綾里法律事務所」に勤める新米弁護士として登場。『逆転裁判』第二話にて千尋が殺された後、浅い経験ながら自らの事務所成歩堂法律事務所」を設立、千尋である真宵とともに活動する。年齢は『1』で24歳、『2』で25歳、『3』で26歳。

 元々はシェイクスピア役者芸術学部の学生だったが、いくつかの出来事がきっかけで弁護士を志すようになる。法試験には一度で合格しているものの、学力はそんなに高くなく、六法全書を見ると頭が痛くなる。法廷における成績は優秀ながら、事務所かっていない様子が度々描写されており、事務所賃支払いにも苦慮している。

 彼の弁護士としての信念は「弱いものの味方となる」こと。どんなに不利な状況であっても、どんなに周囲から見放されていても、依頼人のことを信じ、戦う。これは彼の人生において弁護された二度の経験が元になっている。

 どんな事があっても諦めず、「ゆさぶり」、ツッコミから「ムジュン」を探し出して「突きつけ」、窮地に追い詰められても発想を逆転させる事で明を見出すその弁護術は、彼の依頼人への強い信頼が生み出していると言えるだろう。こうしたスタイルツッコミ大王」「恐怖のツッコミ男」などと呼ばれた事もある。

 御剣怜侍矢張政志とは小学生時代の親友。その頃に遭遇した“事件”が、成歩堂弁護士を志す最初のキッカケでもある。子供の頃に「弁護士す」と言っていたハズの御剣が、い噂の付きまとう検事となっていたことから、その相を確かめるため、弁護士になる決意をする(矢とはそれ以上に長い付き合いのはずだが、あまりられることはない)。
御剣とは当初は明確に対立していたが、様々なエピソードを経てライバルにして親友と言う関係を再び築いていく。

 違法スレスレの捜(1-5)や拠品の”偽”(3-3)を行うなど危うい面もあり、時にはその弁護士としての姿勢を嫌われることもある。しかし極僅かな例を除いて、依頼人は彼に会って生き方を見つめなおしたり、新たなを歩むようになる。彼の心には「何か」があるようだ。

 性格は較的常識人で、アクの強い周りの人物に振り回されてはボヤいたりツッコミを入れる係。状況によってはツッコミさえ許されず内心で突っ込んでいる事もある。

 ちなみに超絶に悪運が強い。消火器や七支で頭を殴られたり高い崖からの急流へ落っこちたりしながらも生きている。

 『2』以降は霊の込められた勾玉を貰った事で、それを使って「相手が秘密を隠しているかどうか」を「錠前」という形で視認することができるようになった。この錠前は「サイコ・ロック」と呼ばれており、『2』以降は相手を問い詰め拠品や情報を的確に相手に提示することで、この「サイコ・ロック」を外して相手から情報を引き出せるようになった。

『逆転裁判4』

 役の座を王泥喜法介に譲るも、メインキャラクターの一人として登場。

 ロシア料理レストラン「ボルハチ」にいる「ピアノが弾けないピアニスト」。しかしそれは表の姿で、裏の顔は「ポーカー勝負で7年間敗の勝負師」である。年齢は33歳。みぬきと共に「成歩堂芸能事務所」を営んでいる。(王泥喜の加入により「成歩堂なんでも事務所」に名)

 7年前(『3』第5話の2ヵ後)に担当したある事件の裁判で「拠品をねつ造」した疑惑から弁護士バッジを剥奪され、法曹界から追放されたため、弁護士ではなくなっている。性格に元々あった若干冷めた部分が大きくなったイメージが強く、『4』の主人公王泥喜法介に助言とも冗談とも取れない言動をとったりと、理知的で飄々とした雰囲気をわせている。

 特徴的なギザギザ頭とギザギザな眉毛ニット帽で覆われて見えず、さらにひげを生やしただらしない姿をしているが、これは『4』の監督を務めた巧舟が同作のキャラクターデザインを担当した塗和也に、「やさぐれている、成歩堂だとわからないようにしてほしい」とオーダーしたことが、『4』公式ガイブック成歩堂の紹介ページで明かされている。肩から腕にかけて青色ラインが入った灰色パーカーズボン、さらにピンク色の「PaPa」の文字が入った水色ニット帽(みぬきのお手製)を被っている。
額部分には、『蘇る逆転』で当時高校生だった宝月茜が所持していたバッジをつけているが、実はバッジ隠しカメラである(バッジの口の部分がカメラレンズになっている)。この隠しカメラは、成歩堂に頼んで用意してもらった物。

 ピアニストを名乗っているにもかかわらず、ピアノはほとんど弾けない(それゆえファンからはアニーとも呼ばれる)。弁護士バッジを剥奪されたばかりの頃は、ピアノの鍵盤の配置すらわからない状態だった。うるさい客のリクエストでたまに弾くことはことはあっても、一曲弾けば大抵の客は黙り込んでしまうらしい。

 王泥喜らの世代の弁護士からは伝説弁護士として名が知られており、王泥喜も憧れの人物として尊敬していた。ちなみに、カプコン認の『4』公式ガイブックの第4話の紹介ページでは、「初法廷から3年間不敗を誇る、法曹界の伝説的な弁護士」と記されている。
非協的とも思える態度を取りがちで、かつ事務所からちょくちょく姿を消すため、王泥喜は手を焼いている。しかし、これは成歩堂が彼独自の的の為に行動しているからである。終盤、7年前の「ねつ造」疑惑の相と、弁護士を辞めても依頼人のために戦い、真実追求する情熱は衰えていない事が判明する。

 ちなみに悪運は未だ尽きておらず、前述のポーカーもさることながら、自動車にぶつかり10m跳ね飛ばされて電柱にしたたか頭をぶつけても、足の怪だけで済んだ。という不死身の身体は健在だった。

 デザインを担当した塗氏く、これらの装は「ダサかっこいい」テーマとのこと。 しかしネット内では外見がダルそうな成歩堂だから略してダルホド」という不名誉な名称がつけられた。

『逆転裁判5』

 再び役に返り咲いて登場。

 『4』のエンディングで「もう一度受けてみようかな、法試験でも‥‥」と発言しており、大事な約束を胸に試験を受験し合格。弁護士として復活し、『3』から数えて8年ぶりに法廷に立つ。『5』時点で34歳。

 『4』から1年後となる『5』の法曹界は、法の秩序が崩壊し、ねつ造や冤罪が当たり前のように横行してしまっており、『4』第1話で成歩堂が発言していた「法曹界に暗黒時代が訪れ、序審法廷制度が生み出したゆがみが広がっている」という言葉がまさに現実の物になってしまっている。いわゆる「法の暗黒時代」が到来している法曹界で、成歩堂は新パートナー希月心音と共に新たな戦いに挑む。

 事務所の名称は『4』と同じく「成歩堂なんでも事務所」のままだが、所長の座に戻っている。

 デザインも一新されており、トレードマークのギザギザ頭とスーツは同じだが、『3』まで閉めていたスーツの前を開け、中にはベストを着用。また、前を一筋垂らしている。胸ポケットからは色の鎖が覗いているが、これは『4』で着用していた義理のみぬき写真が入ったペンダント。また、ペンダント写真16歳になったみぬき写真に変更されている(『4』では8歳の頃の写真だった)。

『逆転裁判6』

 5から続投。デザインは『5』と変わらない。

 今作では日本で活躍する王泥喜達に対して、「クライン」という外で活躍する様子が描かれる。
クラインでの修行を終える綾里真宵を迎えに行くために訪れていたのだが、そこで事件に巻き込まれガイド役の少年逮捕されてしまう。心配した成歩堂は法定に入るが、そこで『御魂の託宣』によって「被害者の直前の行動を見る」事で全てが決められる、「弁護士不要の裁判」をの当たりにする。

 納得できず自ら少年の弁護を申し出た成歩堂だが、そこで更に「犯罪者を弁護した者はその犯罪者と同じ罪を負う」という『弁護罪』の存在を聞かされる。それでも被害者の実を信じる成歩堂は自らの意志で弁護席に立ち、日本とは違う霊媒の支配する法廷に命懸けで挑んでいく。

 余談だが最新作でも昔と同じ古い携帯電話ボタン式のもの)を使っていることがPV明らかになっている。着信音はシリーズを通して「トノサマンテーマ」になっている。

 不死身体にもがたが来たらしく痛で丸一日気絶した。

『逆転裁判』本編以外での成歩堂龍一

『逆転検事』シリーズ

スピンオフ作品『逆転検事』『逆転検事2』にも密かに登場している。台詞立ち絵も全くく、背景にいるだけなので気付きにくいが、良く捜してみてみよう。また、御剣怜侍らが成歩堂のことを回想するシーンもある。

『レイトン教授VS逆転裁判』

コラボ作品『レイトン教授vs逆転裁判』では、現実幻想が交錯する中世都市ラビリンス・シティ」に迷い込み、レイトン教授とともにナゾとムジュンに挑む。CV成宮寛貴

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』

対戦格闘ゲームでは、『タツノコvsカプコン』の追加キャラ補だったり(最終的に登場せず)、前作の『MARVEL VS. CAPCOM 3』のPCシーハルク』のエンディングに登場していたが、『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』にて追加のプレイヤーキャラクターとして登場した。

の3つのモードを使い分けるキャラで、綾里真宵召還して攻撃させたり、サイバンチョを出したりといった原作オマージュネタが満載になっている。なおサイコロック実装していない。

しかしキャラそのものは、リーチが非常に短く、フェニックスえる破壊を持ち、レベル3のハイパーコンボ逆転裁判」が使用可な逆転モードになるまでが運の要素や発生の遅い技をヒットさせる必要がある等、全に上級者向けキャラクターになっている。

アレンジコスチュームには「ゴーストトリック」のシセルの衣装を模したものがある。 

『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』

SRPGPROJECT X ZONEシリーズ第2作に、サポートソロユニットとして真宵コンビで参戦。他のコンビと違い、2人だがソロという特殊な扱い。

三島平八(『鉄拳シリーズ)の弁護を依頼され、室町で待ち合わせていたところバイオテロに巻き込まれる。さらに八と敵対するシャドルー(『ストリートファイターシリーズ)に雇われた殺し屋バレッタ(『ヴァンパイアシリーズ)に付け狙われるハメに。身を守るためにモリガン(同じく『ヴァンパイアシリーズ)から美の勾玉と真宵を通してを与えられ、『待った!』と『異議あり!』で戦う。

他にも『龍が如くシリーズ真島吾朗の弁護を行ったことがあるらしく、真島の兄さんからは非常に気に入られている。なお、UVC3でモリガンリュウと共演しているが、本作とは関係の模様。

シナリオではパーティでもほぼ一の一般人ということで荒事に巻き込まれては悲鳴を上げているが、逆に頭面では敵の策謀や、ムジュンには即気付いてツッコミを入れるなど、原作ゲームさながらの見せ場も多い。特に中盤、沙夜(『ナムコクロスカプコン』)の追求するシーンはまさに逆転裁判さながら。EDでは、逆転裁判シリーズお約束の「あの」シーンも。え。え。え。え。

ユニットとしては攻撃は低いが、相手のブロック(一定以上の攻撃を当てないとダメージを受けない)を一撃で破壊でき、更にサイコロックで相手を束縛、本命のコンボ叩き込めるため非常に使い勝手がいい。更に味方にブロック効を与えるスキルも持つため、ブロック効が重要な本作では必須級のソロユニットと言える。攻撃モーションはUVC3が元ネタなものも多い。

関連動画

関連商品 



関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%88%90%E6%AD%A9%E5%A0%82%E9%BE%8D%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

成歩堂龍一

330 ななしのよっしん
2019/11/24(日) 22:08:53 ID: oZsmROkmWB
るのナルホドの強さはどうにも違和感がある。ミツルギの協があったとはいえ全く気付かせないで徒をに嵌めるとか、周りがいなければ勝てなかった1の頃とは思えないほどの技量すぎる
3の後なら分かるんだけど
331 ななしのよっしん
2019/11/25(月) 22:26:18 ID: 8lqyvmbjdt
この通りギャンブルが絡まない限りクズカイジ程じゃないが抜けてるとこも多いとはいえ
後付けで裁判でいざという時強いのは祖先の血筋にされてある意味開発中の別キャラ理やりダルホドとして出したよりガッカリ
332 ななしのよっしん
2019/12/02(月) 18:10:48 ID: 3YhoyK1HGu
代々弁護士系とかならともかく全くそんな事ないからな
333 ななしのよっしん
2019/12/12(木) 22:11:53 ID: oZsmROkmWB
正直ナルホドはタクシュー以外が扱うには難しいキャラだと思う
ハッタリと勢いで戦ってるけど最終的には理にかなっているというな感じ、ノリと勢いのテキストを書くタクシューだからこそ扱える

特に検事スタッフは堅実に作るタイプだから尚更難しいだろうし。実際、基本的に冷静なミツルギと熱血だけど論理的なオドロキの方が扱えてる感じがしてる
334 ななしのよっしん
2019/12/20(金) 10:53:34 ID: 3YhoyK1HGu
6-5で顕著にあらわれてたなそれ
強敵としてオドロキの前に立ちはだかったなのに人質の件加味してもヘボもいい所だった
335 ななしのよっしん
2019/12/20(金) 16:40:44 ID: oZsmROkmWB
>>334
6-5は日本に戻ってきたばかりの状態で、真宵ちゃんが人質になっていたから仕方ないと思ってる。肝心の清木はあんなだし

ただナルホドの台詞タクシューの素のままで書いてるって話を見るとな
336 ななしのよっしん
2020/01/05(日) 09:37:09 ID: ZcJvESBGXi
今のナルホドくんは開発達による大人の事情次第で多大な主人公補正を発揮する事もあればその反動とばかりに弁護士バッチを剥奪されたり後輩達(牙流やオドロキなど)に負けるなどのシャレにならない弱体化す事もあるって言う、
逆転裁判界のサトシ化しつつあるイメージがある。
実際3で多大な成長を成し遂げた後に次回作でぽっと出の新人に理矢理負けさせられた上に弁護士資格失うなんてリセットを受けたって遇もBW編のサトシのそれだったからなぁ
337 ななしのよっしん
2020/01/06(月) 13:24:06 ID: TTBdKEggCE
>>336
本編でもオドロキが言っていたけど、本気というか万全な状態だった勝てなかった可性が高い
少なくとも弱体化した、負けたとは一概に言えないと思うぞ

スタッフとしても信楽さんや6-4のユガミみたいなサポートキャラに置きたいのが本音なんだろうけどねぇ
338 ななしのよっしん
2020/01/12(日) 13:21:54 ID: 3YhoyK1HGu
ガリューの時は明らかに展開の都合で強引に負かされてるからなあ
成歩堂失脚の相がしょぼいと言われる理由
339 ななしのよっしん
2020/02/07(金) 05:02:42 ID: kl8E0K855g
兄貴を弁護してたとかいう話がコラボであるからそれを軸に合わせて弁護像とか言動や話を作ればなるほどくんできそう(無茶振り)