戦艦大和単語

センカンヤマト

戦艦大和(せんかんやまと)とは、第二次世界大戦(WWⅡ)当時に連合艦隊旗艦として就航した戦艦排水量口径は現在に至るも「戦艦」としては世界最大である。大和1番艦として軍工で建造された。

名前の由来は旧名の大和から。日本海軍軍艦として二(初代:巡洋艦大和

大和2番艦が戦艦武蔵三菱長崎造船所で建造)、3番艦信濃戦艦として建造中に戦局の変化により設計変更され航空母艦として完成横須賀軍工で建造)した。4番艦も建造中だったが、ミッドウェー海戦敗北や用兵思想の変化で建造は中止された。

概要

ワシントン軍縮条約脱退後の軍軍備計画(マル3計画)に基づいて設計・建造がスタートした。
当時の日本における造船技術・軍事技術のを尽くして建造されており、巨大であるとともに様々な新機軸も導入されている。そのためかかった建造費も当時の国家予算の3という巨額になっている。
※ちなみに現在の「あたご」イージス艦二隻分の建造費に相当する(で、そんなものかと思えるほど日本戦前戦後にちがいがある拠でもある)。

あまりに高額な予算のため帳簿上の操作が行われており予算上は金剛型戦艦代艦として計上され、それでも不足する予算額は駆逐艦数隻+潜水艦の建造費用として計上された。ただし、それでもなお予算上の都合から諦められた装備なども多いことは書いておいていいだろう。

このような巨艦を建造していることは仮想敵であるアメリカイギリス等に対して隠蔽する必要があり、のドック周囲にはシュロの網がかけられたがあまりに大量のシュロが必要となったため一般庭が用いるシュロが手に入らなくなったなど逸話も多い。長崎でも武蔵を隠すための倉庫が建築されたり、進水式の際にはから見られないよう他の軍艦等を配置して目隠しした。また日本国民に対しても「大和」「武蔵」の工や配備はまったく報道されることなく、当時の民は終戦まで「長門」と「陸奥」こそが日本を代表する戦艦だと思っていた。特に口径が世界最大となる46cmであることは極秘中の極秘とされ、「大和」「武蔵」を率いる艦隊官ですら「大和」「武蔵」の41cm級だと知らされていた。もちろん敵国アメリカも「大和」「武蔵」の実戦配備とそのおおよその大きさは掴んでいたが、40.6cmだと思っており46cmと知ったのは戦後であった。

その装備や設計思想などについてはwikipediaや各種書籍等で触れられているのであまりここでは述べることは行わない。
ただ日本海軍戦艦に対する捉え方が極限にまで凝縮された設計思想に基づき作られた日本特有のを思わせるような艦デザインなど、日本戦艦の最後を飾るに相応しい艦艇であると言えるだろう。

ただし太平洋戦争中、十分にそのを発揮できたか。というと極めて疑問符がつく結果が残された。

あまりにも突出した「切り札」すぎたこと、「大和」「武蔵」を動かすための重油などの手当ての難しさなどから、作戦参加はあまり行われず、内、トラックなど停泊地にとどまりつづけた。冷暖房備で食料も優先分配された上、戦続くソロモン戦(ガタルカナルの戦い)に 参戦しなかった事もあり他艦乗員から「大和ホテル」と揶揄されたことは有名だろう。ただし作戦参加が手控えられ後方での待機が続いたのは当時日本が持っていた戦艦全般に当てはまることであり「大和」「武蔵」に限らない。最も旧(が故に損失を恐れられなかった)でかつ高速な金剛の4隻のみが戦艦として多数の作戦に用いられた。

建造後、数度の修が行われ、に側面副二基の撤去と対火器増設が行われている。

初陣はミッドウェー作戦山本五十六率いる力部隊の旗艦として参戦したが、作戦力部隊は空母4隻ほかからなる南雲機動部隊のはるか後方に位置しており、南雲部隊空母全滅の報を聞き会敵することなく内地へ帰還した(なおこの帰還途中に敵潜水艦と遭遇し、副・高を射撃している)。初めてによる撃を行ったのは、あ号作戦におけるマリア戦で、この作戦では前衛部隊に配置され敵機と交戦したが、対射撃のみであり敵艦隊と撃ち合うことはなかった。その後捷号作戦レイテ沖海戦)に投入され、アメリカの護衛空母・護衛駆逐艦と遭遇して初めて敵艦を狙ってを発射した(サマール撃戦)。大和の46cm徹甲弾は、厚い防御装甲を持つ敵戦艦の装甲を破った後に艦内で爆発するよう特に起爆を遅く設定した遅発信管が用いられており、装甲のない護衛空母・護衛駆逐艦相手では命中した徹甲弾爆発することく敵艦を突き抜けて反対側のに飛び出したとも言われている。このレイテ沖海戦において「武蔵」を失っている。最終的に「大和沖縄に乗りあげて台としてアメリカを迎え撃つ」天一作戦の一環として参戦し沖縄に向かう途中の坊ノ岬にて撃沈されている。

※・・・菊作戦は一航空隊の航空攻撃戦を作戦名だが、天一作戦と混同し使用されるケースがある。

大和最後の戦いであった坊ノ岬戦において、正午よりアメリカ空母機動部隊の艦載機の襲撃にあう。
戦争後半におけるアメリカ空母搭載の艦載機が放つ爆弾及び魚雷は開戦当時のものとは大きく破壊が増しており、またレイテ沖海戦での「武蔵」に対峙した戦訓もあり、「大和」は多数の魚雷爆弾を浴び、午後2時23分、傾斜による弾薬庫の誘爆、あるいは機関部の水蒸気爆発と思われる爆発と共にに没した。
沈没地点は北緯3022分 東経128度04分の地点。戦後数十年を経て平成の世に入ってから、海底に眠る大和の姿が明らかになり、艦体が二つ以上に分かれているのが確認された。現在、この「大和」の引き上げ計画も検討されているようだが、そっとしておいてほしいという意見もあるだろう。


昨今、この天一作戦直前の「大和」を写した写真が発見され、木製甲がすべて黒一色に塗られていたことが明らかになっている。またこの甲塗装は捷号作戦時点から行なわれていたとの説もある。

戦後、「大和」の(日本人的美意識の集約ともいえる)悲劇的結末は多くの小説などの題材に選ばれ、映画化もされている。また、広島県呉市の「大和ミュージアム」こと呉市海事歴史科学館には、1/10サイズの精巧な「大和」の模型が置かれており、多くの来館者でにぎわっている。

諸元

工時のものと較用に最終状態のものを掲載。

工時 最終状態
基準排水量 64000t
満載排水量 72809t
排水量 69100t
全長 263m
全幅 38.9m
10.4m(試時)
装甲(最圧部) 650mm
270mm
舷側装甲410mm 

艦本式タービン4基4軸150000
ロ号艦本式重油専焼12基
27kt
四十五口径九一式四十3連装3基9門
六十口径三年式十五3連装4基12門 六十口径三年式十五3連装2基6門
四十口径八九式十二七高連装6基12門 四十口径八九式十二七高連装12基24門
九六式三連装二十五8基
十三連装機2基 
九六式三連装機52
同単装6基 
十三連装機2基 
艦載機 7機(カタパルト2基)

※実際は46cmだが、性を秘匿するため名称は40cmとなっている。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%88%A6%E8%89%A6%E5%A4%A7%E5%92%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

戦艦大和

519 ななしのよっしん
2018/09/14(金) 22:52:13 ID: bsNlyLvs9y
大和戦艦に問題があったとするなら大日本帝国なんてクソザコナメクジ国家に生まれたのが悪いとしか...
520 ななしのよっしん
2018/09/14(金) 22:54:33 ID: lJDk3K+vTC
仮に米国で建造されていたら湾岸戦争まで大事に使って貰えたろうに。身の程知らずな日本軍が悪い
521 ななしのよっしん
2018/09/21(金) 09:55:25 ID: bhNWus2lho
みっともない嫉妬厨が湧いてるでwww
522 ななしのよっしん
2018/11/17(土) 06:41:24 ID: UQiN3gtTP8
高いの男のシーズン3で大和1962年verが出てきたな。あと最上アングルデッキ化された大鳳っぽいのも。
水上機カタパルトが撤去されてヘリになってたり、レーダーマストが新設されたりしててなかなか良かった。
相変わらず25mm機の山は更新されてなかったし、予算不足で途中で尽きた感ハン修なのが余計それっぽかった。
523 ななしのよっしん
2018/12/17(月) 22:13:32 ID: iMmDSTP0J5
戦艦装、アメリカですらアイオワ再就役で近代化するのにもう一隻戦艦作る並にかかって、運用しても撃つには地上と中からの対艦ミサイル狩りで少なからぬ労のわりに効果ないし、ミサイル運用艦なら新造された船のほうが使いやすいと良い所なしで退役まったからな。
とにかくがかかるんでアイオワ修見てたらある程度で見切りつけるのは妥当だろうな
524 ななしのよっしん
2018/12/17(月) 22:46:32 ID: iMmDSTP0J5
ID: NwMCHEH8PZ
大和ってでかいどころか、46cm艦にしては小さいんだよ
アメリカなどで計画された46cm艦は全長300m、10万トンえとかそういうものになる予定だった。
大和はとにかく被弾面積を抑えつつ46cm搭載し撃プラットフォームとして十分な性められたんで全長は短く、幅が広い形になったんだよ。
525 ななしのよっしん
2018/12/18(火) 09:40:12 ID: 4L/530p42g
>アメリカなどで計画された46cm艦は全長300m、10万トンえとかそういうものになる予定だった。
かなり唾だな。
口径以外はほぼ大和並みのモンタナが大和と同規模の予定だった時点で、
アメリカで10万tえとか18in12門搭載か33ktレベルスペックしない限り行きっこないよ

46cm艦にしては小さい、と言ってもまったく同性で良ければアメリカならもっと小さく作れるよ
大和機関部は日本の技術準から余裕見過ぎて重量効率は宜しくない位だし、
より溶接を多用する事、一枚当たりのサイズが大きな鋼を使う事でリベットをぐんと減らす事も出来る

大和アメリカに作れない程小さいとしたら、アメリカが「普通それは捨てんだろ…」って物を切り捨ててる為
非防御区画の防御を重巡並みに妥協したり、居住性を大幅に落としたり、通信揮施設も一段小さかったりと
戦艦との殴り合い以外の大抵のものを削ってるから小さいと言うだけで、誇れるような話でもない。
526 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 10:05:03 ID: sZwuq4a803
大和の装甲ってどうなっているの?分厚いのは知っているけど。
2重や3重に出来ないの?何重にもしたら、防御が上がるんじゃないの?
527 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 10:06:30 ID: u7E7xbfFXn
上がるけど沈むよ
528 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 10:47:47 ID: 4L/530p42g
>>526
どうなってるのか、はwikiの「戦艦大和」の防御配置図が載ってるのでそれを見てもらうとして

2重3重に出来ない、じゃなくてなるだけ1枚にしようと努した結果なんだよ
基本的に、装甲は合計厚が同じなら2枚より1枚の方が断然強度があるので、分割すれば防御は下がる。

昔の戦艦ほど多重装甲になってるね。その分だけ防御は劣るが

急上昇ワード