手榴弾単語

テリュウダンシュリュウダン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

 手榴弾とは、歩兵兵器の一種である。
 なお、「榴」の字は常用漢字ではない為、一般メディアの場では「手りゅう弾」と表記される。
 また、「てりゅうだん」「しゅりゅうだん」と二種類の読み方をする事ができるが、割とどっちでもいいとされている。

概要

 広義には擲弾グレネード)の中でも特に投擲によって使用する物を、狭義にはその中でも爆発し、敵を殺傷する的の物をす。
 手投げ弾、ハンドグレネード、グラナータ、グラナーテ、コンボラ等とも呼ばれる。

狭義の手榴弾

 要は手投げ式の爆弾である、に導火線や化学反応による時限信管により起爆し、爆と破片効果によって敵を殺傷する。
 「手で投げる」極めて原始的な運用法であるが、それ故「投げ込む」「落とす」等様々な活用法があり、現代において歩兵の必須装備となっている。

殺傷能力

 前述の通り、手榴弾による殺傷は爆衝撃波)そのものによるものと、飛散する破片や装填された金属球等による物とに分かれる。
 爆空気により伝播を阻されやすい分逆に制御はしやすい為、そちらに効果をほぼ限定した物を攻撃手榴弾、後者の効果を重要視した物は防御手榴弾と呼ばれる。
 具体的な危は爆による物で半径数メートル、破片による物は重量のある破片で有効範囲は数十メートルまでになり、至近距離であれば大口ライフル以上の危を持つ。
・・・とやたら数なんちゃらが出てきたが、つまりかなり運が関わるということである。爆に関しては屋外か室内か、室内でもどのような形かで爆の伝播は変わるし、破片に関しては、可な限り均等に散らばるように設計されているとはいえ、どう散らばるかは時の運である。
 その為、破片や爆の有効範囲と戦術上有効な危を期待できる範囲は別物であるので注意したい。

広義の手榴弾

 閃光手榴弾や煙幕手榴弾等が存在する。また、火災時に火元に向かって投げつけ、消火剤を撒き散らす消火手榴弾と呼ばれるものも存在した、というかうちの3階にある。

手榴弾に関する誤認識等

  • 手な爆炎
     動画サイト検索すれば実物の爆発を見られる現代において今更という感じではあるが、爆発に関しては手な爆炎が上がる等といった事はい。
  • 投げ返し
     映画ゲーム等でありがちなシーンであるが、最も危険でメリットの少ない対策法である。
     第一次大戦頃までの物は起爆時間が較的が長く、有効だったとされるが、現代の物に関してはそんな暇はいように作られており、また相手が起爆するのを見て安全時間を計算したとしても、きっちりその起爆時間で爆発する保はどこにもいので危険行為以外の何物でもないとされている。
     ただし似たような対策法に「塹壕にあらかじめ専用の溝を掘っておき、手榴弾が来たら蹴り落とす」というのがある(あくまで手で持とうとかはしない)。

メディア等によく登場する手榴弾

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%89%8B%E6%A6%B4%E5%BC%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

手榴弾

34 ななしのよっしん
2019/06/11(火) 19:36:51 ID: oW8Xfaz8sO
>>33
"歩兵"でググれ
35 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 18:57:59 ID: h5G6MvAB+i
>>34
書き方が悪かった
"グレネード"ランチャーの話だから
ランチャーそのものがグレネードの後みたいに聞こえたか

初期の擲弾手榴弾を発射するよ
というか日本語の榴弾って訳もどうにも
なんでグレネード以外も榴弾にしてしまったのか
擲弾・榴弾・手榴弾・投擲弾と同じような意味の言葉がいっぱい
36 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 19:06:55 ID: h5G6MvAB+i
そもそも初期のグレネードは手投げするものだからハンドも何もなかったというのもある
37 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 20:26:48 ID: oW8Xfaz8sO
>>35
十年式手榴弾擲弾筒と取り違えてるみたいだが
そういう擲弾-手榴弾以外に、歩兵科で運用する牽引歩兵があった
日本だと、ちょうど十年式手榴弾が採用されたのと同時期に、最初の歩兵が採用されてる
38 ななしのよっしん
2019/06/14(金) 12:05:20 ID: h5G6MvAB+i
>>37
16世紀当時の歩兵が飛ばしてたのは「丸(シェル)」であって「榴弾(グレネード)」ではない
グレネードという名称が西洋で使用されたのは17世紀ごろ
当時のグレネードは導火線のついた例の丸い時限爆弾
(その大きさや形状と爆発する性質から柘榴グレネード
その後に落下の衝撃で爆発するのが発明されたけど、これも手投げ
HEという名称で「榴弾」のカテゴリーができたのが19世紀から20世紀(もうグレネードではない)
39 ななしのよっしん
2019/06/20(木) 00:20:16 ID: oW8Xfaz8sO
>>38
日本語の呼び方の問題でしょ?
英語は関係ないよ
40 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 12:41:57 ID: C3Lt7fbQ/Y
手榴弾の時限信管が作動した音と煙でビックリして落としちゃうやつw
マジやめろ
41 ななしのよっしん
2019/11/24(日) 17:01:28 ID: oW8Xfaz8sO
軍事関連の統計やと、桁違いに殺傷効率が高いんだよな
迫撃が数発で1人、小銃なんか数千発撃ってようやく1人死傷ってレベルなのに、破片手榴弾1個で2人弱死傷させてる
実戦だと、それを2~3個一斉に投げるし
手榴弾距離は、ホンマ死の間合いやで
42 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 21:24:24 ID: 30PX9wzmZW
映画だと正確に描写されることが少ない武器
手な爆炎が上がったり、至近距離で遮蔽物もないのにハリウッドダイブだけでピンピンしてたり

まあリアルに描写すると殺傷の割に地味だもんね…
43 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 21:28:42 ID: 90amAcULh7
映画というか映像作品全般では(その辺に詳しい人が厳しく監修でもしてない限り)
ボンバーマンボムみたいに考えてる人はまだ多そう。

急上昇ワード