手笛単語

テブエ

手笛とは、人の両手のを組み合わせて息を吹き込み音を出す技術である。
(はとぶえ)などとも呼ばれる。
また、駅員が持つ手笛とも区別される。

組み方の種類とやり方

手のや、手のひらを組み合わせて手の中に洞を作り、その中に息を吹き込んで音を出す。
基本的に、手の中に洞が出来て
息を吹き込める形が出来ればいいので、組み方はさまざまである。

  • ノーマル
    おにぎりを握るようにして手を組み、手の中に洞を作る。
    行に並べて親同士の間に隙間をあけ、同じく親の第1間接を軽く曲げ、曲げたところに口をつけて
    息を吹き込み音を出す。
    手の中の洞の広さを変えたり、吹き口以外に少し隙間をあけることで音階を作ることが出来る。
    通称「ハンドオカリナ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%89%8B%E7%AC%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

手笛

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 手笛についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!