打ち水単語

ウチミズ

打ち水(うちみず)とは、を撒くことである。場に冷を取るために地面に撒くことをす事が多い。

概要

古い日本語で「打つ」とは「撒き散らす」「投げる」なども意味し、打ち水はつまり「撒き」を意味する。

日本では古くから猛暑対策に軒先でを巻いたりしていた。

近年でもヒートアイランド現象などから都市部においても大々的に打ち水の告知を開催していることから染みのある言葉であると思われる。

打ち水は、撒いた蒸発する際の気化熱を利用して周囲の温度を下げる効果がある。打ち水の時間帯は、気温がそこまで高くないなどに行うと一番しくなるとされている。

日中ではすぐに蒸発してしまうために、むしろじめじめしてしまうためである。

また、別にしさを的としない撒き全般も打ち水と呼ぶ。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%89%93%E3%81%A1%E6%B0%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

打ち水

1 ななしのよっしん
2011/08/10(水) 14:53:32 ID: h8v1L7J6GW
これだけで涼しくなるのかな
2 ななしのよっしん
2011/08/10(水) 14:56:54 ID: vEPHZ+aqAy
ディズニーランドではショーという名で一部地域のみ盛大な打ち水が行われる
3 ななしのよっしん
2011/08/11(木) 22:59:30 ID: 4IWpgsGNkK
土の地面は適度にを吸うから長時間気化熱に期待できるがアスファルトはをはじいちゃって流れてしまいある分のしか蒸発せず気化熱があまり期待できないとも聞いた。
今の打ち水日光であたたまったアスファルトがになっても熱を持つからそれを防ぐためにアスファルトそのものを冷やすのが実際の効果としては強いみたい。
4 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 09:54:06 ID: yHh7cDvAzl
東京オリンピック打ち水とか本気で言い出したる人がいるかど、そもそも、江戸期に打ち水が暑さ対策として有効だったのは地面が土だったからなんだよな。アスファルトには文字通り焼け石に
あと打ち水の本来の的は暑さ対策じゃなく土ぼこりを防ぐためだ。
5 ななしのよっしん
2018/08/09(木) 18:51:49 ID: L43l8f3dGP
>>4
工事現場で舞い散る粉じんを抑えるために散するのとかが、本来の打ち水ってことなんかね。
6 ななしのよっしん
2018/08/09(木) 18:57:40 ID: MPJ3+mYdw+
3
という事はを撒いたり地面が露出してる所に撒けば普通に効果はあるのだろうか
7 ななしのよっしん
2019/05/29(水) 13:09:52 ID: T+eqWKfy5D
それでも夕方に撒けば若干の効果はあるよ。若干ね。

急上昇ワード