抑え投手単語

オサエトウシュ

抑え投手とは、野球ソフトボールにおいて最後を締める役割を持った投手である。

単純に抑えと呼称される事も多いが、「クローザー」「ストッパー」「守護」との呼び方もある。

概要

通常チームが僅差で勝っているときに、試合の終盤、くとも8回以降からが出番となる。登板するときのおおよその安はセーブが記録されるかどうかであって、9回3点差以内でリードしている時には、まず間違いなくクローザーが起用される。

ただしセーブが付かない場面であっても、どうしても勝ちたい試合や、延長になってサヨナラが許されない時なども登板することがある。いずれにしても楽な場面で登板することは考えられず、一度打ち込まれてしまえば試合を落とすだけではなく前に投げた投手の勝ちまで消してしまうことから、体以上に精的なタフさがめられるポジションだと言える。その重要性から、全リリーフ投手の中で最ものある投手が務めることが多い。

1点も許されない場面では打球が前に飛べば何が起こるかわからないので、奪三振率が高くボールバットに当てさせない投手は、打たせて取る投手よりも有利に攻めることが出来る。そのためクローザーには速くのある直球と、キレのある大きな変化球を持つ投手が起用されやすく、奪三振率の高い投手いやすい(藤川球児(阪神)やマーク・クルーン(巨人)などは、そうした典的なタイプの抑え投手であろう)。ただし中には元ヤクルト高津臣吾のように、直球を武器としない軟投のクローザーも存在している。

劇場 

抑えの中にはランナーをよく出すものの、結果的にはセーブを記録してしまうタイプ投手が存在している。そういった現のことを俗に「劇場」と呼び、たびたび「劇場」をおこ投手のことを「劇場守護」「○○劇場」などと揶揄することがある。劇場を巻き起こそうがチームが勝てば問題はいとも言えるが、安定感が不安視されることから、劇場守護に信頼を持つことが出来ないファンも多い。

同じような言葉に「炎上」があるがこちらは劇場とは違い、全に打ち込まれてセーブを失敗してしまうことを意味した言葉である。「炎上」は先発中継ぎに対しても頻繁に使用されるが、「劇場」は概ね抑え投手に使われる。やはり場面が試合のクライマックスである9回だというのが大きいのだろう。

劇場型守護神として有名な選手

抑えの記録

セーブ

如何に勝ち試合の終盤を抑え勝利に貢献したのかを表す標であり、野球ルールの中では条件が分かりにくいものの代表例。これをすぐに答えられるようであれば、まず間違いなく野球好きであろう。

その成立条件とは以下の通りである。

以上の条件を全て満たした上で、下のいずれかを満たす必要がある。

  1. 3点差以内の状況で登板し、1イニング以上投げる。

    9回3点差で1イニング抑えたときはもちろん、8回3点差で登板し、その後の攻防でリードが4点以上になったとしてもセーブは有効である。

  2. 二者連続でホームランを打たれると、追いつかれるか逆転される状況で登板する。

    つまり走者がいなければ2点差以内、走者満塁であれば5点差以内が条件となる(例えば5-0で勝っている時に、9回満塁登板しそのまま勝てばセーブが記録される。アウトカウントは関係しない)。

  3. 点差に関わりく、3イニング以上投げる。

    5点差であろうと、20点差であろうと最終3イニング以上を投げればセーブが付く。中継ぎ投手セーブが付く場合はこのパターンがほとんどである。なお勝利投手の方が優先されるので、5回以前から投げ始めた場合はセーブが付かない可性の方が高い。

抑え投手の評価には通常セーブ数に重きが置かれるが、セーブ数の多い投手の方が一概に良い抑えというわけではない。セーブをあげるためにはチームが勝つことが大前提であるが、強いチームと弱いチームとではセーブ機会そのものに大きな差があり、同じセーブ成功率であってもセーブ数に差が生じてくるためである。もちろんセーブ失敗が多ければ抑え失格の烙印を押されてしまうため、セーブ数が多い投手が優れた抑えであることは間違いない。

シーズン中に最もセーブを上げた投手が最優秀救援投手タイトルを得る。一時期セーブに救援勝利を足したセーブポイントで決めていた時期もあった。先にあげた理由から上位チームからの選出が普通である。

勝ち投手(救援)

中継ぎ投手」の勝ち投手と同条件なので、そちらを参照してください。

主な抑え投手

現役

NPB・2016年シーズン

チームから10セーブ以上を挙げた投手を記載。

OB・その他

架空選手(作品名順)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%8A%91%E3%81%88%E6%8A%95%E6%89%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

抑え投手

39 ななしのよっしん
2018/02/07(水) 22:53:06 ID: yC0S3WZ7Hk
>>34
失敗して先発投手の勝ち消そうものなら、他者の成績にまで悪影を及ぼすからな。
正直な話、ここまで精をすり減らす仕事だと、三人で抑える投手よりも何人ランナー出してもいでセーブを挙げられるほど強ハートの持ちの方が向いている仕事だ。
「3点勝っているときに1点や2点の失点をしないでいつ失点できるんだ」ぐらい開き直っていい仕事
40 ななしのよっしん
2018/02/07(水) 23:07:55 ID: Bc/xE+fC1P
>>37
セットアッパークローザー合わせて満足に3人用意できない球団もあるのにそれを9人なんてそもそも
本来先発やるような投手も1イニング限定にしたとしても今度は登板数がヤバいことになる
一軍二軍入れ替えまくって20人くらいでシーズン通して運用しても全員60試合前後登板する計算になってしまう
投手が毎イニング変わればとは言うけれど、出て来るピッチャーが毎試合調子が良いとは限らないし変わったことで逆に助かるという場合もある

はっきり言って色んな意味で非現実的だよ
41 ななしのよっしん
2018/02/24(土) 06:53:16 ID: RYUYbvI46o
>>40
3人用意できないのは現状の方式で運営してるからな希ガス
試合数は多くなるだろうけど、1試合の担当イニング数は短くなるからそこはとんとんやない?
5イニングを1試合で投げきるより、1イニングを5試合投げた方が壊しやすいってこと?
ピッチャー調子うんぬんは方式関係なく起こる問題な気が
42 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 04:26:47 ID: tLC0v7unsC
>>41
その手の議論に関しては「ブルペン投球」も踏まえて考えないといけない
リリーフピッチャーは短い人でも毎回ブルペンで10球以上投げて肩を作る
そこからマウンドで三で抑えても大体10球、場合によっちゃ20球以上投げなきゃいけない
つまり試合の度に短くても1イニング実質2030球以上投げなきゃいけない計算になってしまう
対左右とかでブルペンで肩作ったは良いが出番がくもう一回作り直させられるから実際はもっと増える

ぶっちゃけリリーフで一番壊れにくいのは9回だけ投げるクローザーと8回限定のセットアッパーなんだよね
何故なら試合展開によってブルペンで投げる必要がいと判断されやすいし1年間のリズムをとりやすい
逆にふわふわした使い方だと負担が大きくなるからあまり好ましいとは言えない
43 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 05:16:40 ID: KYOsrrvBG9
リリーフ失敗はすることはあろうがランナー貯めようがとりあえず三振なりゴロアウトなりの3アウト取れたら良いやってタイプクローザー向き(3番くらいに信用されるリリーフ)で、何が何でも絶対3三振で流れを切る!みたいな絶対的リリーフは7,8回が適任なんかなーとか思う。抑えはむしろ9回から動かないけどセットアッパースクランブル登板でも出る場面もあるし
全盛期の球児や岩瀬中継ぎ時代が最強だったみたいだし、浅尾やスコも大体8回とかだったし、今だと中崎とフランスアやジャクソンみたいな関係がそれかな
抑え失敗したからって○○を抑えにするべき!と言って結局その前の7,8回を軽視するというギャグも起きうるから難しいよね
44 ななしのよっしん
2018/10/27(土) 06:13:52 ID: tLC0v7unsC
>>45
9回とそれ以外の場面じゃ点を取られる時の緊迫感が全く違うからそれはどうかなと思うわ。
それにセットアッパーは対左右とか過去の対戦成績を踏まえた起用法が出来るけど、
クローザーは3点差以内で勝っていればどんなに分が悪くても絶対出ないといけないし。

言い方悪いけど「セットアッパーぐらいなら優秀な成績で当たり前だしそれでもクローザーとして優秀とは限らない」
ってのが個人的な認識だな。セットアッパーとして素らしくてもクローザーではアカン選手も何人も居たし。
45 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 13:36:13 ID: NIzVY1SrTl
セーブの条件の一つをずっと「三者連続ホームランを打たれても同点にされる点差」で1イニング投げるってずっと覚えてた
酷い勘違いだ
46 ななしのよっしん
2019/06/21(金) 21:58:39 ID: vfnWA54OOX
山崎康晃も劇場
は喜劇なのに見ているこっちは痛に。
47 ななしのよっしん
2019/06/22(土) 08:40:44 ID: DjuQctjVcu
劇場ってファンとしてはヤキモキするだろうけど第三者として見る分にはすごいいと思う。野球漫画ならよくあるでしょ
48 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 17:50:12 ID: tLC0v7unsC
長く抑えを任される選手は最初の頃は無双するけどセーブ失敗したり不調になった時に、
「三者退だろうが劇場でギリギリ勝とうが結局同じ1勝」という真理に気づくんだよなぁ。
岩瀬とか4年辺りからその地にたどり着いて息長く勤めて40セーブ達成できたし。

経験の浅いキャッチャーイン攻めの強気リードしてたが痛打を経験して、
も織り交ぜるとかするリードの個性が生まれるのと同じように、
ピッチャーもランナー出しても抑えられる「投球術」みたいなのが生まれるんだよな。