指輪物語単語

ユビワモノガタリ
2.0千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

『指輪物語』とは、イギリス言語学者J・R・Rトールキン著のファンタジー小説である。

 

三つの指輪は、の下なるエルフの王に、

七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に、

九つは、死すべき定めの人の子に、

一つは、暗き御座の冥王のため、

横たわるモルドールに。

一つの指輪はすべてを統べ、

一つの指輪はすべてを見つけ、

一つの指輪はすべてを捕えて、

くらやみのなかにつなぎとめる。

横たわるモルドールに。

 (瀬田貞二/田中明子・訳)   

概要

指輪物語は1937年から1949年にわたって、トールキンの初期の作品である「ホビットの冒険」の続編として書かれた。原題は「The Lord of the Rings(ザ・ロード・オブ・ザ・リングス)」
はるか昔の地球舞台として、トールキンによって創造された神話歴史、そして言バックに、ホビットの一人であるフロド・バギンズが「一つの指輪」を葬るまで、そして冥王サウロンとその従属者、同盟者たちと、サウロンたちに従わない「自由の民」の戦い(指輪戦争)を描いた作品である。

この作品がその後のファンタジーに与えたは大きく、またトールキン創造したエルフドワーフオークといった種族はそのほかのファンタジーにも多く登場することとなった。

邦訳

日本語版では、1970年代に評論社より瀬田貞二氏による日本語訳版が刊行され、現在流通しているのは最初の翻訳の際アシスタントを勤めた瀬田氏の子、田中明子氏による修正を経た瀬田貞二・田中明子共訳版。トールキン生誕100年の節に合わせたこの新版は、「指輪」の数と合わせたカラー蔵版3冊、蔵版7冊、文庫版(追補編除き)9冊という体制で出版された。2020年には田中明子を中心に底したトールキン教授示に基づいた固有名詞の見直しや訳文の修正、原作訂の反映を行った電子版が刊行され、2022年に「最新版」として文庫版6冊で出版されている。

ナルニア国ものがたり」を始めとして数々の邦訳を手がけた瀬田貞二氏の翻訳だけあって日本指輪ファンからは概ね好評を得ており、寺島一氏による挿絵と合わさって名訳と名高いが、その反面、初めて読む読者からは、しばしば「古臭い」「読みづらい」と言われることもある。

また、時に「原作の固有名詞の多くが日本語化され漢字の固有名詞になっている」点で批判される。これは指輪本編の補である「追補編」言語学者を本業とするトールキン教授自ら書き記した翻訳ルール、すなわち「原作英語版)は西方で書かれた「西本」の英訳(という設定)であるため、『現代英語に訳されている固有名詞は翻訳時もそのの言にする』こと、エルフなどをそのままアルファベットにしている部分は残す(カタカナ化する)』こと」という法則に従っているためである。また、この追補編には西方ほかの発音ルールも有り、通常のアルファベットの発音と違う翻訳をされている人名などはこの発音ルールによるものである。

映画化

1978年ラルフバクシ監督によってアニメ映画開されたものの、資繰りが付かず前編のみで念の制作打ち切りとなった。しかし、2001年ピータージャクソン監督により三部作で映画化された。

詳しくは→『ロード・オブ・ザ・リング』の項を参照。

RPGと指輪物語

指輪物語はのちの多くの創作を与えた。エルフドワーフオークといったファンタジーの「常連」種族の原も指輪物語の描写に拠るところが大きい。

特に世界初のRPGである『ダンジョンズ&ドラゴンズ』は本作にを受けて作られており、RPG名前の付くゲームは指輪物語のを間接的に受けている物が多い(例:魔法世界ホビットドワーフエルフオークなどが出てくるなど)

神話体系

指輪物語は非常に長大な物語であるが、実際はトールキン創造した巨大な神話体系の一部に過ぎない。指輪物語の序章であるホビットの冒険のほか、膨大な遺稿から壮大な背景を補する作品群をトールキン研究の第一人者としても知られる息子クリストファトールキン氏が精的に編纂しており、々による世界創造から指輪戦争までの歴史が書かれたシルマリルの物語トールキンの遺稿をまとめた終わらざりし物語『ベレンルーシエン』、未収録の遺稿や初期原稿をまとめた「The History of Middle-EarthHoME、未邦訳/全12巻)などがある。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

作品関連

種族・キャラクターなど

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

指輪物語

213 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 09:13:06 ID: ozvgH5XQUJ
指輪は、内容は面かったけどTwitterの反応見てると視聴しないでポリコレどうこう大騒ぎしてる人ばかり立ったな
アノン政治厨の動員が相変わらずって事でもあるし、トールキン人種差別的だと読まずに批判してた連中の時代から本質的変化がないともいう
一つの指輪は人の心の中にあるって御大将が言ってた(迫真)
👍
高評価
1
👎
低評価
0
214 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 09:18:18 ID: yRUpF41VkV
>>212
そんなに議論したいなら>>209正面から答えたら?
ユニバースビヨンドと称して「マジック(MtG)のゲームシステムを広げて、マジック外の世界を探検できるようにする」の言葉通り、指輪物語MtGシステム理矢理組み込むという所業よりも、肌の色の方が気に障る理由を
原作者が問題いとしているのに一部の人がハーマイオニーの演者に関して見当違いの文句を付ける理由を
世界中であらゆる人種シェイクスピアを演じている事が許容されているのに、人魚姫人種変更が許容出来ない理由を
少なくとも>>209った例は、原作を碌に読み込んでいないし、ポリコレくという結論ありきだから論理展開がだし、業界や社会常識をガン無視しているという議論をする以前のイチャモンでしかない
仮にそうでいと言うなら「原作変を一切認めない過激派」なんですねって言う皮なんすよ
👍
高評価
1
👎
低評価
3
215 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 11:54:22 ID: iG9rm7hTkz
ユニバースビヨンドの形式そのものはコラボ先の世界観には一切触らない。外の世界々てのは「中つは多元宇宙のひとつだったんだ!」とか言ってるわけではない。そもそも世界観をマージしないんだから理矢理も何もない。あくまでゲームシステム上の話として、コラボ先の世界MtG再現しますよと言っているだけのこと。
それならやや頑固な原作ファンだとしても、摯に再現されるなら歓迎したいと考えても別に普通だろ。
そして摯な再現ではないと感じられる個別の事例があったらを立てるのも普通だろ。
この2つは性質の全然違う話で、アラゴルン黒人化に怒るならユニバースビヨンドにも怒ってないとニワカみたいな明らかに的外れだよ。説得はないね。
👍
高評価
2
👎
低評価
1
216 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 14:26:05 ID: yRUpF41VkV
それはあくまでストーリーがお互い独立しているというだけであって、MtGシステムMtG世界を表現する為に構築されたものであり、それに組み込んだ時点でコラボ作品の世界観を維持しているというのは理がある
何故プレイヤークリーチャーとしてサウロンガンダルフを使役出来るのか、マイアすら"打ち消せる"とは一体何事なのか、クリーチャーを直接攻撃対に出来ないのは何故なのか、指輪物語世界からしたら不合理な法則は結局MtGを用いて説明しなければならない
それは「MtG上の指輪物語」という指輪物語と大まかな世界観を共有しただけの別世界だよね
MtG上の指輪物語」なのだから「厳しい説教」で「ホビットの友ガンダルフ」を打ち消せるし、指輪トムボンディルを誘惑出来る
根本から覆された世界観に対しては頓着なのに肌の色の違いだけに拘っているのは滑稽でしかないよ
ましてや指輪物語テーマを考えれば人種の違いで攻撃するのは理筋でしかない
👍
高評価
1
👎
低評価
2
217 ななしのよっしん
2024/02/23(金) 21:29:58 ID: ASVc36sUoE
キャラクターコラボというのは原作からキャラクターだけ持ってきて違う状況で活躍させるというジャンルなのだから
状況が原作と異なるのは許容されてもキャラクターアイデンティティに踏み込む変が問題視されるのは当然だろう
怒ってる人たちは世界観を問題にして怒っているのではないのだから「世界観が違うのは良いのか」って反論は的が外れてる

属性は人格のアイデンティティに関わるセンシティブな問題で、誰だろうと他者のそれを気軽にいじくり回して良いものじゃない
それは搾取と変わらない
👍
高評価
1
👎
低評価
1
218 ななしのよっしん
2024/02/24(土) 23:35:19 ID: yRUpF41VkV
>>キャラクターコラボというのは原作からキャラクターだけ持ってきて違う状況で活躍させるというジャンルなのだから状況が原作と異なるのは許容されてもキャラクターアイデンティティに踏み込む変が問題視されるのは当然だろう

WotCはMtG上で指輪物語ストーリーと設定を再現したいって明出してるんですけどね(The goal of this set is to express the story and setting of The Lord of the Rings through Magic: The Gathering
歩譲ってキャラクターコラボであり状況が原作と異なるのは許容されたとしても、イスタリでありグラムリングを携えたガンダルフホビット庭師であるサムパワー(攻撃)が同じで、トム指輪の誘惑への耐性を持っていない・・原作からしたら考えられないような落とし込みをされている例を挙げて行ったらキリが
結局の所世界観が根本から違うのにキャラアイデンティティはそのままなんてのは土台理な話

&
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
1
👎
低評価
1
219 ななしのよっしん
2024/02/26(月) 01:26:56 ID: ASVc36sUoE
原作テーマ性を言うなら、
自分の的を押し通すために他者のアイデンティティに介入し、それをめて具として利用することこそ、原作は一貫して否定的だったろう
たとえそれが善き的(たとえば多様性を擁護するといった)であろうと、動機は手段を正当化しないというのが原作の重要なテーマ

他者(この場合はフィクションキャラクター)のアイデンティティをいじくり回すというのはそういうことを言っているのであって、商業権の持ちがやっているから良いんだとかいうのは詭弁でしかない
👍
高評価
1
👎
低評価
1
220 ななしのよっしん
2024/02/26(月) 01:54:09 ID: ASVc36sUoE
じゃあWotCの世界観に当てはめてるのはどうなんだと言うのかもしれないが、
ゲームコラボする以上はコラボ先のゲームシステムに依拠した形にせざるを得ないというのはシステム上の都合としてまだ理解できる
しかしキャラクター属性変することには何のシステム上の必然性も不可避性もない
だから納得を得られづらいのだろう

あなたがWotCとのコラボ自体を問題視したいのであればすれば良いが、それは他人に強要することではないよね?
他人はあなたとは違う関心を持って、あなたとは別の箇所の問題点を摘しているに過ぎない
それを、他にも問題があるからといってうやむやにしようとするのは、一件の交通違反の摘発に対して他にも不正があるのは良いのかとか言って違反をうやむやにしようとすることと変わらない
繰り返しになるが、怒ってる人たちは世界観を問題にして怒っているのではないのだから「世界観が違うのは良いのか」って反論は的が外れてる
👍
高評価
1
👎
低評価
1
221 ななしのよっしん
2024/02/27(火) 14:47:09 ID: yRUpF41VkV
>>219>>220
コラボ先のゲームシステムに依拠した形にせざるを得ないコラボをする必然性とは?
必然性をるならコラボなんかせず指輪物語をそっとして置けという結論にしかならない
まさか原作者が世界観はどう変されても良いが、キャラクターだけは変するなとか考えるとでも?

ピータージャクソン映画化するにあたって世界設定や歴史論、キャラの性格や役割を変更し、フロドらを2度も救ったトムに関わるシーンを全てカットし、事ある毎にポエムを披露するという原作でのお決まり事もバッサリ切り捨てた(その所為でレゴラスがやたら寡黙なキャラになってる)
恐らく撮の予算や時間の都合、映画としてのテンポや見栄えの為だろう
開当時もやはり一部の原作ファンは怒り狂い、変個所を一つ一つ数え上げては呪詛の言葉を吐いた
しかし、「世界観の崩壊なんぞはどうでもいいが、レゴラス詩歌を吟じないのはおかしい」という批判は、論評の在り方として全く正しくない
交通違反を摘発していない訳じゃなく、交通違反
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
222 ななしのよっしん
2024/03/01(金) 22:02:56 ID: ASVc36sUoE
>>221
あなたがコラボ自体不当なことだと本当に思うのであれば自分でそうすれば良いことであって、
他人が自分の思うのと同じ点を問題視しないのはおかしいとか言い募るのは自己中心的すぎる
ましてや自分の問題意識を理由に別の問題をうやむやにしようとするのはそれこそ小化であり曲だろう

世にある問題を遺漏なく摘するのでなければ問題視してはいけないという考え方では、も何も問題にすることができなくなる
個人のリソース興味関心も限られたものでしかないのだから

個々人が自分なりの問題意識にもとづいて関われる範囲でを上げれば良いのであって、
その個人ごとに異なるやり方が総体として世の諸問題を様々な側面から追及することに繋がる、それこそが多様性というものだろう
一つの問題を理由に他の問題を潰すようなことをするのは結局は全体が縮小するだけ
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改

2024/03/02(土)06時00分 現在