指輪物語単語

ユビワモノガタリ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

『指輪物語』とは、イギリス言語学者J・R・Rトールキン著のファンタジー小説である。

 

三つの指輪の下なるエルフの王に、

七つの指輪は岩の館のドワーフの君に、

九つは、死すべき定めの人の子に、

一つは、暗き御座の冥王のため、

横たわるモルドールに。

一つの指輪はすべてを統べ、

一つの指輪はすべてを見つけ、

一つの指輪はすべてを捕えて、

くらやみのなかにつなぎとめる。

横たわるモルドールに。

 (瀬田貞二・訳)   

概要

指輪物語は1937年から1949年にわたって、トールキンの初期の作品である「ホビットの冒険」の続編として書かれた。原題は「The Lord of the Rings(ザ・ロード・オブ・ザ・リングス)」
はるか昔の地球舞台として、トールキンによって創造された神話歴史、そして言バックに、ホビットの一人であるフロド・バギンズが「一つの指輪」を葬るまで、そして冥王サウロンとその従属者、同盟者たちと、サウロンたちに従わない「自由の民」の戦い(指輪戦争)を描いた作品である。

この作品がその後のファンタジーに与えたは大きく、またトールキンの創造したエルフドワーフオークといった種族はそのほかのファンタジーにも多く登場することとなった。

邦訳

日本語版では、1970年代に評論社より瀬田貞二氏による日本語訳版が刊行され、現在流通しているのは最初の翻訳の際アシスタントを勤めた瀬田氏の子、田中明子氏による修正を経た瀬田貞二・田中明子共訳版。トールキン生誕100年の節に合わせたこの新版は、「指輪」の数と合わせたカラー蔵版3冊、蔵版7冊、文庫版(追補編除き)9冊という体制で出版された。

ナルニア国ものがたり」を始めとして数々の邦訳を手がけた瀬田貞二氏の翻訳だけあって日本指輪ファンからは概ね好評を得ており、寺島一氏による挿絵と合わさって名訳と名高いが、その反面、初めて読む読者からは、しばしば「古臭い」「読みづらい」と言われることもある。

また、時に「原作の固有名詞の多くが日本語化され漢字の固有名詞になっている」点で批判される。これは指輪本編の補である「追補編」言語学者を本業とするトールキン教授自ら書き記した翻訳ルール、すなわち「原作英語版)は西方で書かれた「西本」の英訳(という設定)であるため、『現代英語に訳されている固有名詞は翻訳時もそのの言にする』こと、エルフなどをそのままアルファベットにしている部分は残す(カタカナ化する)』こと」という法則に従っているためである。また、この追補編には西方ほかの発音ルールも有り、通常のアルファベットの発音と違う翻訳をされている人名などはこの発音ルールによるものである。

映画化

1978年ラルフバクシ監督によってアニメ映画開されたものの、資繰りが付かず前編のみで念の制作打ち切りとなった。しかし、2001年ピータージャクソン監督により三部作で映画化された。

詳しくは→『ロード・オブ・ザ・リング』の項を参照。

RPGと指輪物語

指輪物語はのちの多くの創作を与えた。エルフドワーフオークといったファンタジーの「常連」種族の原も指輪物語の描写に拠るところが大きい。

特に世界初のRPGである『ダンジョンズ&ドラゴンズ』は本作にを受けて作られており、RPG名前の付くゲームは指輪物語のを間接的に受けている物が多い(例:魔法世界ホビットドワーフエルフオークなどが出てくるなど)

神話体系

指輪物語は非常に長大な物語であるが、実際はトールキンが創造した巨大な神話体系の一部に過ぎない。指輪物語の序章であるホビットの冒険の他壮大な背景を補する作品として、々による世界創造から指輪戦争までの歴史が書かれたシルマリルの物語トールキンの遺稿をまとめた終わらざりし物語、未収録の遺稿や初期原稿をまとめた「The History of Middle-Earth(HoME、未邦訳/全12巻)などがある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

作品関連

種族・キャラクターなど

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%8C%87%E8%BC%AA%E7%89%A9%E8%AA%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

指輪物語

126 削除しました
削除しました ID: OveWXm4wCM
削除しました
127 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 00:36:20 ID: +Tvh3slwGY
指輪の誘惑が登場人物の行動にまでを与えてて
その誘惑にどう立ち向かうかっていうのがストーリー軸になってるから、肝心の指輪運ぶ部分のドラマがあんまりおもしろくないのがキツい
ボロミア辺りとか主人公側と同じ営なのに的が対立してを分かちかける仲間って、今どきのフィクションならすげえ美味しいポジションなのに
フロドから指輪を奪おうとしたのは指輪の魔に誘惑されたせいでした」じゃな


フロドと別れてからのアラゴルン側の話は悪人善人キャラクターがそれぞれ自分の意思で行動して普通に面白いから今でも十分通じると思うけど
128 ななしのよっしん
2019/11/10(日) 21:24:49 ID: 2zX4Y0OQUB
>>127
ボロミア指輪奪おうとしたのは、ボロミアほど優れた西方人の血が流れる人間でも誘惑に屈してそういった行に走りうるっていう話で、むしろ指輪の魔の恐ろしさを強調するエピソードだと思うけどな。
あと誘惑に負けるのは中つでは避けられぬ死亡フラグだから…
129 ななしのよっしん
2020/01/11(土) 00:16:35 ID: eBOxaKrZ5U
指輪の誘惑は原因ではあるけれど、存亡が危うい故郷、気乗りのしない作戦い血筋と高いからくる野心、諸々の要因が相まった結果だと思う

もしボロミアが狡猾で打算的な人間だったら、最近の作品のような頭を駆使した人間同士の指輪争奪戦とかあったのかもしれない
130 ななしのよっしん
2020/02/14(金) 05:26:15 ID: ZJPAE8piCc
映画初見人間としては最初見た時から指輪物の隠喩みたいに感じられたなあ
アメリカで作られたのもあってか余計に
131 ななしのよっしん
2020/02/16(日) 23:13:21 ID: yOKI9FVVau
指輪の魔をどう解釈するかは人それぞれ自由ですが(原作者自身は特定の寓意はないとしている)、この映画原作者はイギリス人で、映画監督ニュージーランド人、撮ニュージーランドで行われました。
132 ななしのよっしん
2020/02/23(日) 07:16:30 ID: ozvgH5XQUJ
その辺り、原作はもちろん映画化されてなお、圧倒的なメシマズ文化を感じるよな
133 ななしのよっしん
2020/02/27(木) 01:05:40 ID: HpspMvIANI
メシマズと言われて映画のエオウィンさんしか思い浮かばない
134 ななしのよっしん
2020/08/21(金) 19:31:50 ID: sKbjQV+wCb
>>132
原作でサムがフロドシチューを作るシーンがあるが美味しいそうだっt
食べるのが好きなホビットの食文化は豊そうに見える(好きな設定とか)
135 ななしのよっしん
2020/08/26(水) 12:36:26 ID: QVNamySXch
ドイツデベロッパーがゴラム主人公にしたステルスアクションゲームを作ってるらしい。
https://www.4gamer.net/games/492/G049250/20200826018/exit
もし日本語吹き替え版が出るとしたら、ゴラム役はチョーさんがやることに?

急上昇ワード改

2020/10/22(木)14時00分 現在

おすすめトレンド