指輪物語単語

ユビワモノガタリ

『指輪物語』とは、イギリス言語学者J・R・Rトールキン著のファンタジー小説である。

 

三つの指輪の下なるエルフの王に、

七つの指輪は岩の館のドワーフの君に、

九つは、死すべき定めの人の子に、

一つは、暗き御座の冥王のため、

影横たわるモルドールに。

一つの指輪はすべてを統べ、

一つの指輪はすべてを見つけ、

一つの指輪はすべてを捕えて、

くらやみのなかにつなぎとめる。

影横たわるモルドールに。

 (瀬田貞二・訳)   

概要

指輪物語は1937年から1949年にわたって、トールキンの初期の作品である「ホビットの冒険」の続編として書かれた。原題は「The Lord of the Rings(ザ・ロード・オブ・ザ・リングス)」
はるか昔の地球舞台として、トールキンによって創造された神話歴史、そして言バックに、ホビットの一人であるフロド・バギンズが「一つの指輪」を葬るまで、そして冥王サウロンとその従属者、同盟者たちと、サウロンたちに従わない「自由の民」の戦い(指輪戦争)を描いた作品である。

この作品がその後のファンタジーに与えた影は大きく、またトールキンの創造したエルフドワーフオークといった種族はそのほかのファンタジーにも多く登場することとなった。

邦訳

日本語版では、1970年代に評論社より瀬田貞二氏による日本語訳版が刊行され、現在流通しているのは最初の翻訳の際アシスタントを勤めた瀬田氏の子、田中明子氏による修正を経た瀬田貞二・田中明子共訳版。トールキン生誕100年の節に合わせたこの新版は、「指輪」の数と合わせたカラー蔵版3冊、蔵版7冊、文庫版(追補編除き)9冊という体制で出版された。

ナルニア国ものがたり」を始めとして数々の邦訳を手がけた瀬田貞二氏の翻訳だけあって日本指輪ファンからは概ね好評を得ており、寺島一氏による挿絵と合わさって名訳と名高いが、その反面、初めて読む読者からは、しばしば「古臭い」「読みづらい」と言われることもある。

また、時に「原作の固有名詞の多くが日本語化され漢字の固有名詞になっている」点で批判される。これは指輪本編の補である「追補編」言語学者を本業とするトールキン教授自ら書き記した翻訳ルール、すなわち「原作英語版)は西方で書かれた「西本」の英訳(という設定)であるため、『現代英語に訳されている固有名詞は翻訳時もそのの言にする』こと、エルフなどをそのままアルファベットにしている部分は残す(カタカナ化する)』こと」という法則に従っているためである。また、この追補編には西方ほかの発音ルールも有り、通常のアルファベットの発音と違う翻訳をされている人名などはこの発音ルールによるものである。

映画化

1978年ラルフバクシ監督によってアニメ映画開されたものの、資繰りが付かず前編のみで念の制作打ち切りとなった。しかし、2001年にピーター・ジャクソン監督により三部作で映画化された。

詳しくは→『ロード・オブ・ザ・リング』の項を参照。

RPGと指輪物語

指輪物語はのちの多くの創作に影を与えた。エルフドワーフオークといったファンタジーの「常連」種族の原も指輪物語の描写に拠るところが大きい。

特に世界初のRPGである『ダンジョンズ&ドラゴンズ』は本作に影を受けて作られており、RPGと名前の付くゲームは指輪物語の影を間接的に受けている物が多い(例:魔法世界ホビットドワーフエルフオークなどが出てくるなど)

神話体系

指輪物語は非常に長大な物語であるが、実際はトールキンが創造した巨大な神話体系の一部に過ぎない。指輪物語の序章であるホビットの冒険の他壮大な背景を補する作品として、々による世界創造から指輪戦争までの歴史が書かれたシルマリルの物語トールキンの遺稿をまとめた終わらざりし物語、未収録の遺稿や初期原稿をまとめた「The History of Middle-Earth(HoME、未邦訳/全12巻)などがある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

作品関連

種族・キャラクターなど

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%8C%87%E8%BC%AA%E7%89%A9%E8%AA%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

指輪物語

118 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 23:04:23 ID: OveWXm4wCM
>>36で言われてるけどあの長ったらしい設定解説は邪魔で痛々しい
話の筋はまあまあ面いが内容も冗長
今じゃまず受けないだろうな

そういやこの世界オークって性根ねじ曲がりまくったエルフらしいけど常にひがんで何かを憎んでみじめったらしく生きてるとか普通に今いる底辺とか無敵の人みたいだな
当時のイギリスもこういうクズがたくさんいたんだろうか
119 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 16:24:28 ID: ASVc36sUoE
設定に凝って世界観を構築するって趣向自体、トールキンが走りだからね
トールキンの作った世界観で遊ぶためにRPGが流行して、ロールプレイのために各種設定を作るってことが始まって、その延長線上に今の日本とかのいわゆる「設定」がある
120 ななしのよっしん
2019/03/04(月) 16:32:24 ID: ASVc36sUoE
好む好まざるに関わらず、現在サブカルチャートールキンの影をどうしようもなく受けまくって成立してる、そこが古典と呼ばれる所以
そういう影がないところに突然トールキンが出てきたら、むしろ今のほうが爆発的に流行すると思うよ
今はネットSNSバズりやすいし、模倣創作も活発だから

あと設定解説はトールキン自己満足で載せたものではなく、当時の読者手紙ホビットや中つについて訪ねまくったからそれに応えて載せたもの
そのくらい、トールキンの作った世界は「本当にありそう」だった
121 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 22:00:57 ID: GHvPmw8Ad4
>>115
日本昔話にすると
田舎農家おっさんが何の因果か妖怪退治に同行する事になり
安全な所から見てるだけのはずがとうとう妖怪に襲い掛かられて殺されそうになる
以前手に入れた脇差無我夢中で突きたてたら妖怪の硬い皮膚を貫いて深々と突き刺さり妖怪は死んだ

おっさん「こりゃすげーだ!こんな業物だとは知らなんだ。つらぬき丸と名づけるべ」っていう経緯だから

正直「つらぬき丸」でも学があり過ぎるぐらいで本来は「ブッサシ」みたいな感じだと思う
122 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 23:10:05 ID: OveWXm4wCM
ビルボって学のない田舎者って感じか?
どちらかと言えば上流階級だろ
そういやトールキン小説主人公側のキャラって皆上流階級ばっかだよな。例外はサムくらいか?
この辺はやっぱり自分の出自も関係してきてるんだろうな

>>120
いやあんな駄に長いもん今は受けないだろ
今は余計なものいてもっとわかりやすい面いものがたくさんあるんだから皆そっち読むよ
の高さや功績を否定するつもりはないがあれはあの時代だったから受けただけ
123 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 16:09:59 ID: 2zX4Y0OQUB
オークっての勢の側に捕らえられて拷問なりの結果堕落したエルフが起なんじゃが…しかも「どんな存在も始まりから悪ということはない」とまで明言されてるのに

シルマリルの物語まで読みこんで、どうぞ
124 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 17:17:15 ID: V7afKt738l
>>120
ホントにバズるっていう現を理解してんのかな
だいたいそういう現の対になるのってキャッチーで魅がわかりやすいもんだぞ
水を吐くフグ」みたいに

悲しいけど、一回通しで読んで「おおっ!?」となり、その後二度三度と読んでハマっていく、
みたいなのって最近はウケないよな
通し以前の「掴み」で夢中になるぐらいじゃないとみんな見向きもしないし
そういう「掴み」で飛びついてきた連中もせいぜい一度ぐらいしか通し読みしないっていう
125 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 23:14:46 ID: eBOxaKrZ5U
三回読んで思ったのは序盤のホビットの説明も裂けまでのダラダラしたも必要な事だったんだよ(洗脳状態)

上で悪文だなんだと言われているが物語の質はかなり高いからな(とっつき難いのは同意する)
今時エルフドワーフだと新鮮味のい有り触れた世界観に見えるけれど、トールキンファンタジーは今時のファンタジーとは結構違う所も多いし新鮮に感じる話もあると思うぜ。
何にせよ硬ぶってるとか古典とかは置いといてまず手にとって読んでもらいたい
126 削除しました
削除しました ID: OveWXm4wCM
削除しました
127 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 00:36:20 ID: +Tvh3slwGY
指輪の誘惑が登場人物の行動にまで影を与えてて
その誘惑にどう立ち向かうかっていうのがストーリー軸になってるから、肝心の指輪運ぶ部分のドラマがあんまりおもしろくないのがキツい
ボロミア辺りとか主人公側と同じ営なのに的が対立してを分かちかける仲間って、今どきのフィクションならすげえ美味しいポジションなのに
フロドから指輪を奪おうとしたのは指輪の魔に誘惑されたせいでした」じゃな


フロドと別れてからのアラゴルン側の話は悪人善人キャラクターがそれぞれ自分の意思で行動して普通に面白いから今でも十分通じると思うけど

急上昇ワード