指輪物語単語

ユビワモノガタリ
2.1千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

『指輪物語』とは、イギリス言語学者J・R・Rトールキン著のファンタジー小説である。

 

三つの指輪は、の下なるエルフの王に、

七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に、

九つは、死すべき定めの人の子に、

一つは、暗き御座の冥王のため、

横たわるモルドールに。

一つの指輪はすべてを統べ、

一つの指輪はすべてを見つけ、

一つの指輪はすべてを捕えて、

くらやみのなかにつなぎとめる。

横たわるモルドールに。

 (瀬田貞二/田中明子・訳)   

概要

指輪物語は1937年から1949年にわたって、トールキンの初期の作品である「ホビットの冒険」の続編として書かれた。原題は「The Lord of the Rings(ザ・ロード・オブ・ザ・リングス)」
はるか昔の地球舞台として、トールキンによって創造された神話歴史、そして言バックに、ホビットの一人であるフロド・バギンズが「一つの指輪」を葬るまで、そして冥王サウロンとその従属者、同盟者たちと、サウロンたちに従わない「自由の民」の戦い(指輪戦争)を描いた作品である。

この作品がその後のファンタジーに与えたは大きく、またトールキン創造したエルフドワーフオークといった種族はそのほかのファンタジーにも多く登場することとなった。

邦訳

日本語版では、1970年代に評論社より瀬田貞二氏による日本語訳版が刊行され、現在流通しているのは最初の翻訳の際アシスタントを勤めた瀬田氏の子、田中明子氏による修正を経た瀬田貞二・田中明子共訳版。トールキン生誕100年の節に合わせたこの新版は、「指輪」の数と合わせたカラー蔵版3冊、蔵版7冊、文庫版(追補編除き)9冊という体制で出版された。2020年には田中明子を中心に底したトールキン教授示に基づいた固有名詞の見直しや訳文の修正、原作訂の反映を行った電子版が刊行され、2022年に「最新版」として文庫版6冊で出版されている。

ナルニア国ものがたり」を始めとして数々の邦訳を手がけた瀬田貞二氏の翻訳だけあって日本指輪ファンからは概ね好評を得ており、寺島一氏による挿絵と合わさって名訳と名高いが、その反面、初めて読む読者からは、しばしば「古臭い」「読みづらい」と言われることもある。

また、時に「原作の固有名詞の多くが日本語化され漢字の固有名詞になっている」点で批判される。これは指輪本編の補である「追補編」言語学者を本業とするトールキン教授自ら書き記した翻訳ルール、すなわち「原作英語版)は西方で書かれた「西本」の英訳(という設定)であるため、『現代英語に訳されている固有名詞は翻訳時もそのの言にする』こと、エルフなどをそのままアルファベットにしている部分は残す(カタカナ化する)』こと」という法則に従っているためである。また、この追補編には西方ほかの発音ルールも有り、通常のアルファベットの発音と違う翻訳をされている人名などはこの発音ルールによるものである。

映画化

1978年ラルフバクシ監督によってアニメ映画開されたものの、資繰りが付かず前編のみで念の制作打ち切りとなった。しかし、2001年ピータージャクソン監督により三部作で映画化された。

詳しくは→『ロード・オブ・ザ・リング』の項を参照。

RPGと指輪物語

指輪物語はのちの多くの創作を与えた。エルフドワーフオークといったファンタジーの「常連」種族の原も指輪物語の描写に拠るところが大きい。

特に世界初のRPGである『ダンジョンズ&ドラゴンズ』は本作にを受けて作られており、RPG名前の付くゲームは指輪物語のを間接的に受けている物が多い(例:魔法世界ホビットドワーフエルフオークなどが出てくるなど)

神話体系

指輪物語は非常に長大な物語であるが、実際はトールキン創造した巨大な神話体系の一部に過ぎない。指輪物語の序章であるホビットの冒険のほか、膨大な遺稿から壮大な背景を補する作品群をトールキン研究の第一人者としても知られる息子クリストファトールキン氏が精的に編纂しており、々による世界創造から指輪戦争までの歴史が書かれたシルマリルの物語トールキンの遺稿をまとめた終わらざりし物語『ベレンルーシエン』、未収録の遺稿や初期原稿をまとめた「The History of Middle-EarthHoME、未邦訳/全12巻)などがある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

作品関連

種族・キャラクターなど

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

指輪物語

193 ななしのよっしん
2022/10/23(日) 18:36:54 ID: zlfIe6Zebh
キャスト人種の事とか抜きにしてドラマとしての評価はどんなもんです?
194 ななしのよっしん
2022/10/23(日) 18:56:10 ID: PEjAL98N9B
原作未読だから整合性とかは分からんけど、一つの洋ドラとして観てもかなり大味だったと思うよ
演出やひねりでやりたいことが先行し過ぎて登場人物たちが凄いアホになっていく感じが
映像は綺麗だし見応えあったのは素直に良かったかな
195 ななしのよっしん
2022/10/26(水) 18:05:50 ID: ozvgH5XQUJ
せめて指輪物語を読破してから批判するレイシストとかいるかと思ったが、
そんなのはついに現れなかったな。まあ、洋画ではいつものことだど

中間話の中だるみが気になったけど、ラスト二話の盛り上げ方は良かったと思う

設定は原作に準拠してるとは言い難いけど、
まあどちらかが史実と違う創作英雄伝だったと思えば気にならなかった
196 削除しました
削除しました ID: /Wm+uRrdxN
削除しました
197 削除しました
削除しました ID: /Wm+uRrdxN
削除しました
198 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 17:59:03 ID: qfAmha63lQ
ドラマで妙な流れになってて聞きづれえけどサウロンって格(と言っていいのか分からんけど)持ちの中では下っ端だけど
第三紀には他の種族も衰えてきたから相対的に最強になってる感じ?
ざっくり認識だから細かいの全然分からんけど
199 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 18:08:07 ID: ASVc36sUoE
>>198
いわゆる格的存在は二種類あって、
14人しかいない上位のヴァラールと、沢山いる下位のマイアールに分けられる

サウロンはマイアール最強格なので格の中では割と強い方
第三紀には相対的に最強というのはその通りだけど、上古でも普通に脅威
200 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 18:40:58 ID: sKbjQV+wCb
格の中では下位の存在ではあるけど上位の人たちは数が少ないので下っ端というほどではないと思う
々に使える精霊の中でもがある存在(序列は 創造(一人)>々(数人)>精霊(大勢))

第三紀より前でもサウロンより強格となると中つにはサウロンが仕えていたモルゴスくらいかな
(ただしカラテならサウロンより強いのはいっぱいいる)
201 ななしのよっしん
2022/11/02(水) 20:07:44 ID: A7RCDIuJzH
正確には
創造唯一神)>高位の精霊(14人、中つの人々からは扱いされがち)>下位の精霊(たくさんいる)
って感じかな、一応イルーヴァタールは唯一神エル、the One)なので
サウロンの位置づけは上記の方々の通り
202 ななしのよっしん
2022/11/30(水) 15:41:36 ID: Vliwlq57Of
洋画なら題名だけ知ってる映画だけめてても評論していいだろ、みたいな潮ほんとどうにかしてほしいわ
あんなのが日本指輪ファンの総意みたいに思われると困る。