振り駒単語

フリゴマ

振り駒とは、将棋における作法の一つである。

将棋手の際、先後を決定するために歩兵を振り、盤上に落としてその表・裏の枚数を数えること。

概要

歴史

振り駒のはじまりは、初代伊藤宗看と檜垣是安の対局とされている。この頃は、余った1枚の歩兵の駒を振って先後を決めていたと思われるが、第一回名人戦の頃には振り駒に使われる歩兵の駒は5枚になっていた。但し、第2回名人戦の時に、立会人であった関根次郎が3枚で振り駒を行おうとした逸話もあり、これ以前は、奇数枚の歩兵であればよいという考えだったようである。

手順

上手、下手、いは立会人が盤上に並べられたうちの5枚の歩兵を振り盤上に落とす。落とした際、表の数と裏の数をべ表の数の多い方が、先手となる。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%8C%AF%E3%82%8A%E9%A7%92

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

振り駒

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 振り駒についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/17(木)08時更新