振替輸送単語

フリカエユソウ

振替輸送とは、支障区間の乗車券を持っている場合に有効であり、人身事故などが原因で列車の運行に支障が発生した場合に、に大都市圏鉄道にて実施される制度である。

概要

振替輸送票

振替輸送は支障区間の乗車券または定期券を持っているのが条件であり、ダイヤが大幅に乱れた場合にも実施される。

列車の運転に支障が発生した場合、同社の別路線を利用するか、他の鉄道会社の路線を、回する事で運賃の支払いなしで利用できるものである。

関東関西等大都市圏で実施される事が多く、列車本数の少ない地域ではバスタクシーによる代行輸送が行われる。

列車事故が発生した場合に行われるが、車両・設備故障や自然災害の影で実施される事もある。

振替輸送は基本的にダイヤが回復するまで行われている。

また、他社路線の利用する場合振替輸送をしていない鉄道会社・路線は利用できない。

振替輸送を受ける

振替輸送は例えばAからBまでの下が確定している普通乗車券・回数券を持っている場合に有効であり、ICカードsuicaPASMO)等では振替輸送を受ける事が出来ない事業者がある(理由としてはICカードだと下が確定していない為)。ただし、定期券の場合は下が確定しているので振替輸送を受ける事が可である。
なお、IC用振替輸送の約款を定めているJR西日本ICOCAではICOCAエリアに限りJRで「ICカード乗車券使用明書」を受け取り、それを振替輸送事業者の札で提示して振替乗票を受け取れば定期でなくても振替輸送を利用出来る(ICOCAエリアにおいてはSuicaPiTaPaなどの相互利用カードICOCA約款に従う為、振替輸送の利用が可となる)但し、定期以外の開始前のICOCAでは振替輸送の扱いは受けれない。

なお、一部の特別企画乗車券も利用が可であるが、青春18きっぷなどは基本的に振替輸送の対とならない(ただし、駅員の対応で振替輸送の対となる場合はある)。

支障が発生した場合、自動札機を通らず、札にいる係員乗車券を見せるなどし、で振替乗票を受け取る。

振替輸送区間以外の経路を利用する場合の運賃や、途中下車した場合の料は別負担である。

振替輸送の例と対象区間

運転に支障が発生した会社が他の鉄道会社に振替輸送を依頼して行われる為、支障の程度により範囲が異なる。その為、の案内放送・案内鉄道会社のHPを参照してほしい。

例として横浜駅から渋谷駅までをJR線で移動する場合に、横浜川崎間で運行に支障が発生したとする。

通常ならば

  1. 横浜駅から湘南新宿ライン渋谷駅
  2. 横浜駅から東海道線京浜東北線品川駅へ、品川駅から山手線渋谷駅

に、上記のような移動手段が存在する。

振替輸送が発生した場合には、横浜駅JR札で振替輸送票を受け取り

  1. 横浜駅から東急東横線渋谷駅
  2. 横浜駅から京急本線品川駅へ、品川駅から山手線渋谷駅

上記のように他社線を利用し、下まで回する。

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%8C%AF%E6%9B%BF%E8%BC%B8%E9%80%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

振替輸送

1 ななしのよっしん
2013/05/23(木) 07:24:45 ID: C0Z3SQkYL5
横浜駅から東急東横線横浜駅へ…?

急上昇ワード