揚陸艦単語

ヨウリクカン

揚陸艦とは軍艦の一種で、独で兵を輸送し、港湾施設に頼らずに上から兵員・車輌などを揚陸する艦の総称である。

概要

帆船時代から第1次世界大戦までは上に浮かぶ艦艇から陸地へ兵員を送り込むさいには艦艇に備え付けのカッターなど小船を降ろして、しかるのちに縄梯子などを使って移乗させ、そこから小船で上陸するといった方法がとられていた。
当然が荒れていては小船に移乗させることも一苦労だし、一度に送り込める兵員も限られてくる。

第1次世界大戦では艦首(舳先)の部分に乗り降り用のを準備しておき、辺に乗り付けてをおろして乗り降り台とするという手法が考え出された。これが揚陸艦の端緒となった。

この手法を元に第2次世界大戦欧州大陸に拠点を失った連合軍では速やかに上から陸上へと重装備である車輌を送り届けるための方法として発展良し艦首前面にをつけた艦艇を建造。へ載りつけ兵員と車輌を揚陸するビーチングと呼ばれる方法が考え出された。
これが戦車など重量物を揚陸する戦車揚陸艦(LST=Landing Ship Tank)の誕生である。ノルマンディ上陸作戦を描いた映画などで見ることが出来るだろう。
(もっともこの段階でも兵員の揚陸については上陸用舟艇を準備して輸送船から乗り移させていたのだが)

とはいえLST辺に乗り上げる都合上、艦艇形状に著しい制約がある。辺に着するためには喫線下はにちかい形状だし、艦首なんてものがあるため造波抵抗も高い、そのため外洋航行が難しいほか速も期待できないことがあるため、遠距離航行に難がある。またそもそも海岸線で砂がある場所を探すのが難しい(…実は砂というのは世界中の海岸線でも割と少ない地形である)といった点からも揚陸地点に制約をうける点があった。
解決方法の一つとして、ある程度装甲もつけて兵装をつけたうえで陸上も自走できる陸両用車輌なども開発されているが解決にはほど遠いものであった。

揚陸時は敵の抵抗もはげしい場合がおおく、そんな弾が飛び交う上陸戦の最中に艦艇を乗りつけるのは物騒にもほどがある。車輌も大化すれば当然LSTも大化するし、さらにそんな大艦艇を乗りつける場所が…という悪循環に陥ることも摘されていた。


一方、そのころ極東の日本では上陸作戦に熱心ではない海軍に嫌気が差したのか、はたまた海軍陸軍の反のせいなのか、陸軍が独自で揚陸手段として画期的なアイデアを盛り込んだ「州丸」を建造することとなる。

そのアイデアとは、それまで上陸用舟艇を甲上に並べて一々クレーンを使って上陸用舟艇をに降ろしたあとで人員や装備を移すという手法が面倒であるならば、いっそ艦艇から直接舟艇を発進させたらどうだろうか?というところから生まれている。
これは後世、ウェルドックと呼ばれるもので、艦尾ブロック下部に舟艇を格納、バラストタンクに注して艦尾を傾かせレールにのった舟艇が上に下りるという方法で、大量の兵員や装備を一挙に、かつ安全に舟艇に乗せつつ上陸作戦が行えるという画期的なものだった。
またカタパルト方式ながら航空機を射出できるをもち、この「州丸」のあとをうけた「あきつ丸」にいたっては空母のような航空機発着用甲まで設置されている。

まぁ、色々な理由から陸軍によって作り出された「州丸」「あきつ丸」は現在数多くの揚陸艦が属するカテゴリーである「強襲揚陸艦」のパイオニアのような艦艇となった。…一応所属は陸軍扱いだったというのがなんというか、縦割り行政の結果というか…情けないが歴史は皮が付き物ということだろう。
それでも「州丸」は初陣日中戦争にてその実を遺憾なく発揮し、さらに太平洋戦争においては「あきつ丸」とともに緒戦の南方作戦の成功を支え、日本陸軍の揚陸艦というコンセプトの正しさを明した。
(もっとも、肝心の隻数がった頃には既に上陸戦の機会はく、輸送任務に使われるという悲しいオチ付きではあるが)
 
こうして生まれた強襲揚陸艦というカテゴリーは、さらに二つに分類が行われる形となっていく。特徴でもある「航空機運用」と「ウェルドックによる小規模艦艇の進出」にそれぞれ特化したヘリコプター揚陸艦とドック揚陸艦である。

前者は第2次世界大戦後、日本陸軍と同じ必要性からアメリカ海軍も当時余剰だったエセックス級空母改造し、実用化されたヘリコプターを集中運用しすることで速な兵員輸送をもたせることが可になった。
後者LCACのようなホバークラフト艦艇などが実用化するにいたり、より大装甲車輌を上陸地点をさほど選ばず上陸できることが可になったがゆえといえるだろう。
(まだ上陸用舟艇も兵員乗り込み用として運用されているが)

現在では、ヘリ(あるいはVSTOL航空機)運用+ウェルドック+兵員輸送などをもつ複合の強襲揚陸艦へと収束されており、アメリカワスプ級強襲揚陸艦フランスミストラル級、スペインファン・カルロス1世級韓国独島級などがあげられるだろう。

日本海上自衛隊では建前上揚陸艦としてではなく輸送艦名義としておおすみ型輸送艦が就役している。こちらは前述の揚陸艦でありヘリ運用は持ちえていないドック揚陸艦でありヘリ運用についてはDDHが行う模様。
いずもではヘリ運用に追加して兵員や車両輸送をもつ。

関連コミュニティ

関連項目

記事がある揚陸艦一覧

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%8F%9A%E9%99%B8%E8%89%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

揚陸艦

48 ななしのよっしん
2016/09/19(月) 01:43:17 ID: rkF1A96MWv
ロシアのポモルニクスペックはどういうことなんだ…。
歩兵360名or戦車3両or歩兵戦闘車8両積載可、速113㎞/h、対地22連装ロケット×2、CIWS備て。
機甲戦の即時展開、上陸支援、自己防御なんでもござれじゃないか。
49 ななしのよっしん
2016/09/19(月) 02:00:18 ID: flL1sKbxZN
>>48
ポモルニクは揚陸艇という名の何かだからなぁ
下手な地上攻撃機より火力あるし
50 ななしのよっしん
2017/04/01(土) 12:37:52 ID: 9Dt5NTDmwc
攻撃ヘリに兵員輸送を付与したりするあたり、ロシアには一点義的にするなにかしらの必要があるのかもね
51 ななしのよっしん
2017/08/11(金) 23:18:31 ID: LH3pA8aubC
ハインド輸送機つけたのは黒歴史的扱いになっている様子。

ポモルニクはドクトリンの違いということらしい。アメリカ挺orヘリボーン→揚陸という二段構えなのに対して、ロシア挺→ポモルニク→の三段構え。
52 名無し
2018/10/25(木) 17:07:50 ID: yj5KqDlADt
ずっと違和感があったのだが、
州丸やあきつ丸が先進的な概念であり、強襲揚陸艦の様な構想で造られたのは分かる。けど、英の強襲揚陸艦の成り立ちは全く違うし、現在存在する強襲揚陸艦は基本的に英の強襲揚陸艦モデルな訳で、日本海軍の船が元祖とするのはちょっと違うのではいか、と思うのだが。
53 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 04:03:13 ID: jZPxCUIHHG
>>52
今のが生まれるより前に同じコンセプトにたどり着いてた先駆者という意味では
イルカとイクチオサウルスとか、海鳥プテラノドンみたいな関係になるのかな
54 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 14:22:41 ID: yj5KqDlADt
いずも空母にしても結局空自の援護が必要なんだから、強襲揚陸艦にした方が使い勝手良さそうなのに
そう言う意味での多用途護衛艦なのか?
55 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 14:55:18 ID: yj5KqDlADt
>>53
どうなんだろうか
行き着いた先が似てただけで運用思想全く違うし、日本航空支援を行うためにあの形だけど、イギリスアメリカは上陸戦そのもの向上とついでに護衛空母もくっ付けてしまえ、だからなぁ
56 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 19:06:28 ID: jZPxCUIHHG
>>54
ぶっつけ本番で機全部乗せの強襲揚陸艦を作るのは大変だから
今ある装備を利用して必要なを習得・検証してからという事かも知れないね
57 ななしのよっしん
2019/02/03(日) 17:30:32 ID: +GoZrgNbK+
いずもベースにしたのはLSHとDDHとの設計共通化の可性を探るって思惑もありそう。

急上昇ワード