撮り鉄単語

トリテツ
1.5万文字の記事
  • 436
  • 0pt
掲示板へ

撮り鉄[とりてつ]とは、「鉄道ファン」の中でも、とりわけ列車写真(画像・動画記録)行為を趣味とする層の総称である。

概要

乗り鉄」などと並び称される、鉄道ファンの大きなカテゴリーの一つ。鉄道ファンの多くをこの撮り鉄が占めると言っても過言ではないほど人口は多い。

文字通り、鉄道思い出写真・画像・動画などとして残しておこうとする層で、鉄道車両を中心に、構内や線路沿いの風景など、鉄道に関する風景を撮するのがその活動内容。構内でカメラ携帯端末などの画像記録機器を構えている人がいたら、撮り鉄と見て差し支えない。
また撮り鉄の中には、間の線路、人里離れた山辺や山から線路が見通せる場所など、一般人はまず行くことのないような場所にも赴いて、鉄道の勇姿を写真に留めようとしている者も多い。でも見られる構内からの眺め( ≒ 「撮り」)と異なり、鉄道を他の地域の風景と絡めて捉えたこれらの画像は、鉄道ファンにとって後世の重な資料となりうるため、実際に足を運んだ人の撮品は重宝される。
こうして鉄道の魅写真に捉え、他者が撮った写真と共にその趣や技巧を楽しむのが(本来の)撮り鉄である。

なお、撮のみを的とするいわゆる「撮り専」はそれほど多くはなく、鉄道での優情を楽しみながらの記録であったり、通勤通学の行き帰りや用務先などで、その路線や車両頭などの顔ぶれ・色が少しずつ変わりゆく内容、「予習」や「予定調和」なしにたまたま見かけた列車などを、折々であったり、日々であったり、その差はあるかもしれないが撮記録)することを行う層がメインである。

悪質な撮り鉄

このように魅に溢れ、実際活動が盛んな撮り鉄だが、昨今ではそのマナーの悪さが批判されている。鉄道がまず人々の交通手段であるということを差し置いて、行為に熱中する余り、一般客や他の鉄道ファン、そして鉄道関係者に迷惑を働くことが顕著になっているからである。

そもそも、構内や線路沿いをな活動場所とする撮り鉄の場合、その活動が鉄道の運行や一般客の利用に悪を及ぼすことが多いため、ことさらマナーに気を遣い、周囲への迷惑を常に考えて行動する必要がある。
しかし、そういった気遣いが出来ないばかりか、自分達の撮行為を最優先として、鉄道本来の顧客である一般客の利用を妨したり、あまつさえ罵を浴びせたりもするケースが近年増加している。
一例としては、ホームに殺到して駅員や客に「どけ!」・「撮の邪魔だ!」と集団で恫したりたまたま列車が通過する際に線路軽トラで乗りつけた農耕などに「オイオイオイオイ!」・「フザケンナコンナロージジイ!」と罵を浴びせたりといったものである。これらは鉄道ファンの間では大会と呼ばれ、忌み嫌われている。

このように、悪質な撮り鉄の活動は広く批判されているばかりか、その様子を撮した動画テレビニュース番組やワイドショーで取り上げられ、今やネットに触れない層にまでもその悪評が広まり、より鉄道ファンへの悪印を強くする始末なのであるが、残念ながら撮り鉄の態度は一向に善されることはなく、日々その傍若人な態度が話題になっている。

2021年令和3年以降、自分たち撮り鉄の悪行は撮り鉄に成りすまして撮り鉄を陥れようとしている「撮り鉄アンチ・マスメディア・鉄道会社が秘密裏で手を組んで卑劣な事をしている。」などと責任転嫁している。(撮り鉄への非難をそらす意図?)exit

2022年令和4年1月現在、撮り鉄は何か悪事がされると責任転嫁することで、責任逃れをおこなったり、撮り鉄批判人種差別・撮り鉄批判に対する法律(非難する者は重い刑を科すべき。)というたちは撮り鉄じゃなく「鉄道写真」であって撮り鉄とは別物している。(単に単を変えただけである。)

本来、ある程度の敬意を払うべき鉄道会社や鉄道従事者に対する攻撃的態度や自分より下位に見下す態度exit特に撮り鉄の立場が悪くなったことをマスメディアの報道姿勢のせいと批判した上でSNS上で「#マスコミの偏向報道から撮り鉄を守ろう」とハッシュタグを付けて「潰してやる!」と攻撃的態度も身に余ることである。exit

#マスコミの偏向報道から撮り鉄を守ろうexit

マスメディア報道問題と撮り鉄の諸問題は別々であり、撮り鉄の諸問題は傍若人に振舞い、鉄道写真のためには犯罪行為も辞さない姿勢をとり続けた結果の積み重ね、言わば身から出た錆。

鉄道会社に対して寄付をしたというがあるが、それを明していない。(仮にしても一個人の寄付、撮り鉄全員の寄付ではない。 寄付 = 贈与であり、権利の購入でもない。)

撮るならを落とすべきの意見に対しては

他者に対して傍若人に振る舞い、自分たちが批判されたらかの陰謀と決めつけて責任転嫁する様な態度は周囲から反発を産み出すだけではなく、撮り鉄への当たりの締め付ける結果となり、排除運動が活発化しかねない原因となる。

なぜ、マナー違反が起きるのか

鉄道は「公共交通機関」であり、自分達の迷惑行為が、ときに他の客にとって取り返しのつかない重大な事態を招きかねない、という当たり前の事実を、自覚できていないどころか、わざわざ教えられても理解できないタイプ人間が、残念ながら撮り鉄には多いと言わざるを得ない。そもそもこういった行為を迷惑行為かもと考える想像ないのである。

そして、後述するとおり、特に鉄道ファンには独特の言い訳があり、例えそれが世間とズレていても、それをズレと認識していないので、モラルハザードとその深刻化を招きやすい。

近年になってその迷惑ぶりが広く注されるようになったのは、インターネットの発達などにより、撮り鉄同士・仲間内での情報共有がより密になったことが一因となっている。かつてのようにフィルムカメラで撮したものを現像して雑誌に投稿しなくとも、今や携帯カメラで撮したものをネットアップするだけで容易に共有したり、オンライン鉄道趣味誌の速報系ページ投稿することが可になり、撮り鉄の「敷居」は下がった。その一方、しい車両の運行情報(例:「ドクターイエロー」など)や、優れた撮ポイント情報リアルタイムで広まりやすくなったことで、構内やある線路の撮場所に、従来以上の人数の撮り鉄が殺到するようにもなってしまった。つまり、マナーをわきまえない撮り鉄が増加し、それらが一箇所に集中しやすい状況が出来てしまったことが、近年の撮り鉄のマナー悪化を招いたと言える。

なお、これらのことにより「集団であることに任せて」迷惑行為や恫などに及ぶ撮り鉄の活動も顕著になってしまった。

そのうちのいくつかは、その規模と悪質さから不名誉な通称がつけられて評判になってしまっている。大宮レイプ軍団などがその例である。当該記事も参照。

そんな普段の素行の悪さや「関わるとむしろ危険」といった空気から、一般人からはもはや関わりたくないと思われてさえいる。しかしそれを「一般人からは別に文句なんて言われてない」と安易に捉えるたわけ者も、残念ながら撮り鉄には少なくない。

鉄道写真に特有の事情

そもそも論として、「写真」という創作行為にはどれだけの創作性があるのか、という写真技術誕生以来の深遠なテーマがある。どんなド素人でも、プロと同じ機材を使いプロの設定をそのまま真似て同じ撮位置で同じタイミングで同じシャッタースピードでシャッターボタンを押し同じ技術で現像をすれば、同じ写真が撮れるというのが写真の原則である。

故に写真という創作行為においては、機材選びや設定選択・撮技術ももちろん重要ながら、まずは「被写体のことを深く理解」し、足を棒にして自らの足とで「被写体の本質に迫れる」撮場所を探し、さらにそこで「一期一会の偶然」に出会いその間を切り取る、ということにその本質があるといえよう。鉄道写真においてもこれは例外ではなく、優れた鉄道写真はこうして鉄道と向き合ってきた。

しかし、写真というのは容易に真似しやすいものである。鉄道写真が見つけ出したスポットには多くの撮り鉄が集まる。だが、真似しやすいからといって同じ写真が取れるわけではない。上記のように、優れた写真は偶然すらも必然のように切り取るものである。けれども万人がそれを理解できるわけではない。理解できない撮り鉄は、自分の運のさを嘆くのではなく、周りに切れ散らかし迷惑をかけるのである。このようなことが繰り返されることで、責任を感じた鉄道写真は「写真が面くなくなった」と言われるのを覚悟の上で「できるだけ他人に迷惑をかけないような写真」だけを発表するようになっていく。すなわち、「奇跡の一」を切り取る写真は諦め(少なくとも表しない)、「いつでもでも撮ろうと思えば撮れる」写真だけが表されるようになる。

長年鉄道の写真を撮り続けている方が語る「SNSに写真を上げるという行為」についての体験談が興味深いexit

こうして鉄道写真は「より個性で面くない」ものが模範となっていく。するとどうなるか。評価の基準が減点法になっていくのである。つまり、「他人と同じ没個性な写真をいかに他人と同じく撮するか」が到達点となり、差別化はそこから加点ではなく減点で行われる。以下のツイートにそれがよく現れている。

減点法の世界であれば、別の意味で「偶然に左右される要素」は大きくなる。個性がめられない世界において、他の人に撮れたものが自分には撮れないという屈辱は、加点法の世界べてもはるかに大きくなるのは容易に想像できる。しかし撮り鉄はやはり偶然ということを理解できない。かくて撮り鉄は、思い通りの写真が取れないのは自分が未熟だからでも運が悪いからでもなく全部他人が悪いとして、他人の迷惑を顧みない行為に及ぶのである。

撮り鉄による信じられない行動の数々

鉄道イベントにおける未成年者略取

2009年平成21年12月 5日、某鉄道イベントにおいて、撮を邪魔した幼児( ≒ 事の善悪に関しての、自が芽生えていない)の保護者に対し、幼児を取りあげた上で恫に及んだ。(保護者に土下座を強要。)

後で警察が駆けつけたものの、加害者の撮り鉄は「は手を出したわけじゃないしwwww」と反省の色なし。

撮り鉄の間では単なる夫婦喧嘩」・「幼児が撮り鉄の機材を破壊した上に、撮り鉄に蹴りを入れたので優しく叱っただけ。」・「鉄道会社が雇った劇団員すなわち鉄道会社が撮り鉄を陥れるために、わざと演じさせ評判を陥れるための工作。」などとしている。

この動画ネット上に拡散された際は「捏造動画」と一貫してこれは撮り鉄ではないとした。

(事件の動画)exit

撮影スポットで転落事故死

2010年平成22年5月 6日午前 8時ごろ、群馬県渋川市赤城町棚下の山内の道路乗用車が放置されているのを近くの住民が発見、110通報した。

駆けつけた県警渋川署員が付近を捜索したところ、数十メートル下の崖下で男性遺体が発見された。

渋川署の調べによると、は数日前から放置され、近くには三脚があった。

そばには滑ったような跡があったことなどから、同署では男性(47)が写真に来て滑落したと見られ、
残されたナンバープレートから愛知県に住む会社員男性(47)のものであると判明した。

崖下には「JR上越線」が通っており、2010年平成22年5月1日 ~ 5日には、臨時列車SLみなかみ」が運行していた。

D51「撮り鉄」滑落か…がけ下に男性遺体(読売新聞)exit

【2010年群馬】崖から30m転落し、5日以上発見されなかった撮り鉄男性…【ゆっくり解説】exit

カンパを無断で徴収

鉄道事業者の敷地内に断で集合し「自的」に刈りを行ったあげく「俺達刈りをしたから、ここで列車を撮りたいは、俺達カン300円を払え」と、カンパとは名ばかりの強制徴収を行った。
しかも後ろめたかったのか「ツイッターフェイスブック拡散しないでください」と、気弱な注釈付きの発言。

しかし、明らかに大義がないのはカンパを要する側であり、上述したソーシャルメディアネットニュース・まとめ系サイトなどで拡散され、悪行が白日の下にさらされた。

漫画家に暴行

2014年(平成26年)5月11日、漫画家の松山せいじが、たまたま江差線・湯ノ岱駅(2014年(平成26年)5月12日に廃止。)の列車の出入り口付近に立っていたところ、いきなり知らない撮り鉄に「邪魔だ!」として暴行を受け、所有していたiPhoneを線路上に落とされ、壊された事件。exit

この件は松山本人が警察に相談したため大ごととなり、ニュースでも取り上げられた模様。ツイッターでも200以上のRTを受けるなどして話題となった。

ちなみにこの際、松山ツイッター上で加害者の顔をした(カメラでいくらか隠れているとはいえ)ことが問題視されており、加害者側が肖像権の侵だとして訴えた場合、別の問題に発展する可性も出てきているが、その後の動向については不明。

キセル通報に腹を立て暴行

2015年(平成27年)2月、キセル(不正乗車)で新幹線に乗っていた少年らが、別の少年にキセルを通報されたことに腹を立て「10万円払え」などと言い暴行、及びゲーム機を奪った疑いで逮捕された。exit逮捕された少年らは「撮り鉄仲間を売り、撮り鉄業界のタブーを犯した。」と犯罪意識の全くない供述をしている。

鉄道運行妨害事件と撮り鉄の抗議

2018年(平成30年)12月27日未明、京都府京都市左京区の叡山電鉄鞍馬線の貴船口駅沿線に並んで停車した乗用車3台が運行中の貨車に対し、ヘッドライトのハイビームを照射していたことが30日分かった。列車の撮影が目的とみられ、同社は「運転の妨害になり、大変危険なのでやめてほしい」と訴えている。exit

同社によると、貨車を出発直後、線路に並行した道路からハイビーム照明を浴びたという。

緊急停などトラブルはなかったが、同社は「まぶしい運転士が前方を確認できなくなる」と危険性を説明する。

10月下旬にも同様の行為があったという。

その後、2020年令和2年12月 9日、撮り鉄がTwitter上で「運転士が撮り鉄に対する嫌がらせをしている。」exitツイートし、他の撮り鉄に対して鉄道会社に抗議するよう呼びかけた。

鉄道会社は安全定時運行を優先しており、撮り鉄のために鉄道を走らせているわけではない。

上記の京都の事件で撮り鉄が、鉄道車両ハイビームを照らし運行妨しておきながら、撮をされたとするのは馬鹿げていることである。

町民と町全体を対象とした無差別テロ予告・殺人予告

2021年令和3年1月1日1月3日島根県鹿津和野町で予定していた鉄道イベントに関する一部お願いexitを発表した。

自治体のお願いに対して撮り鉄が津和野町に対して激怒、「津和野町にはもう行かない。」とものから、Twitter上で「#津和野には行かないexit」とハッシユタグを付けて抗議したり、新規にTwitterアカウント津和野町被害者の会【公式】exit」を撮り鉄が作成して抗議したり、津和野町に住む町民や津和野町そのものに対して差別テロ差別殺人予告Twitter上で行うなどの過な発言があった。

撮り鉄の反応 1exit撮り鉄の反応 2exit撮り鉄の反応  3exit撮り鉄の反応  4exit撮り鉄の反応  5(撮り鉄は経済を回している発言。)exit

※ 実行の有に関わらず、不特定多数に見える状態で危を加える宣言は犯罪である。今回は対が町民と自治体に対してであるため、極めて悪質な犯行予告である。

でんしゃがだいすきなおともだちへ」

2021年(令和3年)3月4日、大阪府高槻市内のJR東海道本線「安満第 3踏切」で、マナーの悪い一部の撮り鉄を戒めるような内容のひらがなで書かれた貼り紙があったと、ツイッター上で写真が投稿され、話題になっている。exit

  この貼りは、JR西日本車両所などの名前で出されたもの。同社の近畿統括本部は、鉄道ファンをけなすものでない」と説明した。ただ、ネット上のイラストなどを断で使ったため、すでに貼りを撤去したとしている。

これに対して撮り鉄たちの間で「撮り鉄を侮辱した。」と激怒、翌日に一人の撮り鉄がJR西日本に対してTwitter上でJR西日本と同じような文章で報復文ツイートした。ただし、一行漢字が混じっている。

撮り鉄がJR西日本宛「じぇいあーるではたらいてるひとへ」と報復ツイートの内容。(全文、ひらがなにしたつもりが一行目で既に漢字が使われている。最後にさぁ~て、読めるかなァァァ???とJR西日本に向けた侮辱をしている。)exit

この文章を書いた本人の

「いくら撮り鉄に迷惑しているとはいえ、侮辱とも取られるような行動を会社側がすることによってまともな人間的撮り鉄の社会的地位も下げられているんじゃないの?つまり、JR西日本もう使わん。尺西の車両も撮らん。」

仮にJR西日本が、この報復文章をにしたところで、撮り鉄を特別に優遇したりすることななく、むしろ好印を持たれることはなく、危険分子と見なされるだけであ。

それでも撮り鉄は心の中で「撮り鉄を侮辱したJRザマァ」・「大切な撮り鉄の存在を蔑ろにした罰。」と思うだろうが、全文ひらがなの注意喚起に異常な反応を示すあたり心当たりがあるのだろう。

いずれにしても、自分で自分たちの首を絞めていることになる。

JR南船橋駅で駅員との約束を反故にする・吉川駅での撮り鉄によるSNS上でデマ拡散

2021年(令和3年)7月8日、JR南船橋駅で撮り鉄が駅員との約束を破り、危険な撮影行為をしたため駅員が激怒している様子を映した動画がネット上に上がった。exit

同日、吉川駅員が撮り鉄の部を殴った。と撮り鉄がSNS上でJR側は否定している。

当時、吉川には警察官 3名がおり、仮に事実ならば、そばにいる警察官に暴行を受けた旨を訴えるべきであって、それをせず注意されたことに逆恨みしてSNS上で「部を殴られた!(つまり腹パン)」デマ拡散し、撮り鉄に同情のを向けさせ、JR側を非難するよう誘導するのは卑劣である。

江ノ島電鉄での通行人に対する暴言・金銭要求・脅迫・営業妨害工作

2021年(令和3年)8月5日、江ノ島電鉄の電車車両を撮影しようとして、外国人男性に暴言はいた上で金銭を要求。exit

その後、外国人男性の身元を特定し、その男性の経営している飲食店のレビューに暴言・脅迫・虚偽の内容を書いて営業妨を行うも、外国人男性に同情した人たちによって高評価で埋め尽くされて工作は失敗に終わった。(元々、外国人男性の飲食店の評判は非常に良く店の人柄も良い。)

その後、外国人男性に同情した人たちにが外国人男性の店に来店し、事件のことについてり、また事件当時撮り鉄に対してとったポーズ再現するサービスを行い、客たちから高評価を得た。

(被害者本人が事件当時のことについて語った動画)exit

事件当時、撮り鉄自身もを不法占拠し、後ろにいた通行人が通行できないトラブルを発生させ、近隣住民に迷惑をかけている。

撮り鉄はこの件に関して、撮り鉄を妨する意図があった犯罪行為と断言し「こっちも対策を講じないといけない。」と締めくくっている。

またSNS上に撮り鉄の一人が「撮り鉄を擁護・賞賛・一般人を煽る内容」の歌(うっせぇわの替え歌。)を公開したが、このアカウントは規定違反によって削除された。exit_nicovideo

撮り鉄を擁護する記事「撮り鉄への“集団リンチ”は正義なのか? モラルがなさすぎるネット民たち…」exit

マナーを守って撮り鉄をするために

言うまでもないが、悪質な撮り鉄の行為は、一般客や鉄道関係者に多大な迷惑をかける事のみならず、他の鉄道ファン、ひいてはオタクマニアと呼ばれる人々への印悪化を起こす。

良識に基づいてさえいれば、撮り鉄の活動は何ら批判されるものではない。以下に、撮り鉄をする上で守っておくべきことをまとめる。およそ中学生ホームルームで言い聞かせるような、初歩的…もとい低レベルな内容なのだが、それすら守れない輩が撮り鉄には多いのが事実である。

以下を一読いただき「いや、そんなことかに言われなくても当然だろ」と感じたならば、あなたは正常である。

大前提

  • 鉄道公共であり、鉄道ファン趣味趣向などは二の次だということ。
  • 鉄道イベントみんなのもの。ファンならば、一般客も鉄道の良さを楽しめるよう、さりげなく譲りましょう。
  • 関係の人・鉄道事業者側に自分達への配慮を勝手に期待し、あまつさえ強要するのはただの厚顔です。
  • 撮り鉄はあくまで趣味、悪く言えば勝手にやっているだけ。そのために何かを壊したり、妨げるのは許されません。
  • あなたの勝手な行動一つで、撮り鉄・鉄道ファンのみならずオタク趣味全般の偏見を広げます。責任ある行動をとりましょう。

ありがちな「迷惑行為」

  • ホーム黄色い点字ブロックを踏み越えての撮
  • 係員・乗務員・警備員の示や制止、各種表示の無視
    • 鉄道ファンへの私などではなく、安全確保のためにしていることです。構内からつまみ出されても文句は言えません。
  • 遮断機のない踏切法横断、踏切以外の場所の横断
  • ホームに寝転がって撮する
    • 他の人に迷惑です。痴漢と思われることもあります。
  • 線路・鉄道用地内への侵入
    • 鉄道営業法違反往来妨です。列車遅延の原因となり、多くの人の予定を狂わせ、大迷惑になります。
    • もちろん死傷事故の危険性が高まります。
  • 監視状態のホームから足をブラブラ
    • カーブから、時刻表に掲載のない臨時・回送・業務用などの列車が顔を出しても知りません。事業者や車両の新旧にもよりますが、近年は類を極使わない方針で運行をしています。沿線の住環境にも配慮をめられる鉄道事業者の社会責任上、空気圧で大音量を吹鳴する「空気」の都市部地上での使用は危急時や、保線担当への確実な確認合図など、に必要な時に絞る必要があるからです(内の鉄道事業者の半数以上が、間の地上でも進行方向に向けてライトを点しているのも、そのため)。
  • ゴミをその場に捨てる
    • ゴミは決められた場所に、あるいは持ち帰りましょう。構内・構外問わずです。というか人として当然のことです。
  • 走行中の列車フラッシュを焚く
    • 乗務員にとってフラッシュ致命的な運転妨行為です。をくらませ信号や標識を一つでも見落とせば、大事故につながります。走行中でない場合は状況によるところもありますが、基本的には好ましくない行為です。
    • フラッシュは焚かない」が常識、と捉えている他のファンと衝突する原因にもなります。
    • 地下間などで「カメラが勝手にった」は言い訳にしかなりません。事前に自分が用いる撮機材の取扱説明書で勉強をして「禁止」などの操作ができるようにしておきましょう。
  • の施設内で三脚を使う
    • 施設の間を大々的に占拠し、邪魔になります。の規模などにもよりますが、大都市ターミナル駅などの構内では禁止される以前に、巡回する駅員や警備員・鉄道警察隊員から注意・中止命を受けてもおかしくありません。
    • などで三脚が線路に落ち、脱線事故を起こす可も排除できません。
  • 民家公共施設の物を折る・壊す
    • 器物損壊罪です。撮時に邪魔な木などを意図的に破壊する(したと類推される)事案日本、北から南まで多数報告されています。「たかがそんなこと」と思っても、それをやったらその時点で、あなたは犯罪者です。
  • 勝手に他人の庭・敷地内・耕作地内に入る・迷惑駐
    • いずれも触法行為です。警察を呼ばれても文句は言えないし、行為によっては十分検挙・逮捕の対となり得ます。
    • 土地の所有者が近くにいるのであれば、頼んで許可をとるのもいいでしょう。しかし、撮り鉄の場合「少しぐらい使わせてくれたっていいだろう」と厚顔な態度に出ることも考えられますが見ず知らずの得体も知れないカメラを持った人物が、いきなり私有地に入らせてくれと頼んでくるのだからやっぱり警察に相談されても仕方のない案件であることを肝に銘じて謙虚にお願いしましょう。
    • だったらこれぐらい許すのに」といった、手前勝手な都合で怒るなど言断です。
  • フレーム内に入った一般人駅員に罵を浴びせる
    • 鉄道ファン以前に人としての問題です。程度によっては十分脅迫になり得ます。
    • 集団であることに任せ、多勢でを合わせ罵ったりしたら一斉逮捕の可性さえあります。そこまで来ると明らかに人として最底辺ですので、もし周囲の撮り鉄がみんなで罵を上げていたりしたら、本当にそれに混じっていいものか自問しましょう。
  • 鉄ヲタ同士の殴り合いの喧嘩
    • もいない夕焼け野原でやりましょう。ただし「決闘罪」などの触法行為となりますので、そこは穏便に拳をそっと下ろしておきましょう。
  • 列車内・構内で大で騒ぐ

なお、印は東急電鉄小田急電鉄において2014年平成26年)初現在ウェブページなどにおいて「禁止」告知がなされています。また、各・場所などにおいて独自にルールが定められた箇所もあります。撮前にそのような掲示がないか確認しておきましょう。

ありがちな「撮り鉄の言い分」

    • こっちは払ってんだ!/時間がねぇだろ!
      一般客も等しく運賃を払い、時間と安全を「購入」しています。お金を払う払わないの問題ではありません。
    • カメラの前を通るなんてマナー違反だろ!
      そんな位置に取っているあなたがマナー違反です。
    • 代わりに会社のために◯◯してやったろ!
      余計なお世話です。勝手にやったことなのですから分をわきまえましょう。そもそもも頼んだ覚えはありません。
    • この車両の価値もわからない癖に!
      一般客の利用的にも、ちゃんと個人の価値は存在しています。
    • ちょっとどいてくれればいいだけだろ!
      みんな急いでいます。身勝手な要に合わせる義理も義務もありません。
    • 今更頑っても手遅れだから関係ねぇよ!
      開き直っても良い結果は生まれません。手遅れだと思うなら、せめて悪化を防ぐためにも、小さなことからコツコツと行動めるべきでしょう。
    • ◯◯の陰謀・サクラ工作員・撮り鉄に成りすまして陥れるためのと言った決めつけ発言。
      • まず、撮り鉄でなくとも好き勝手にしていいはずがありません。撮り鉄でなくとも問題行動犯罪行為は周囲から批判され、法で等しく裁かれるのです。
      • 撮り鉄だから批判されるのではなく、自分たちの非を認めないばかりか被害者面して他者に責任転嫁しても根本的な解決から遠のくばかりか、周囲からの厳しい視線を強め、しいては「撮り鉄の底的な排除止むし」という世論になります。
      • 「一部」・「ごく少数」・「氷山の一角」・「まともな撮り鉄」・「善良な撮り鉄」などと言ったところで、世間に対して納得いく説明にすらなりません。

すでに一部事業者において撮影禁止駅が出現してしまった現状

以上が、撮り鉄をする上での基本的な心得である。いささかくどいようだが、「撮り鉄」を自認する人で、「子供への説教を聞いているようだ」「こんなことをわざわざ教えないといけない者が本当にいるのか?」と煩わしささえ感じた人は、正常である。

「…そう言われてみればそうかもしれない」と感じたところがあった人は、モラルマナーや意識において未熟な点があることが自覚できる分、やり直しが利く段階に十分あるので、今からでも内省して「きれいな撮り鉄」になろう。

「…いや、わけわからん」「そんなの関係ない」と思った人は、モラルマナーではなくリスクの観点で考えて欲しい。せめて自身の行いが犯罪行為にあたる可性があるという危機感を抱く必要がある。

撮り鉄への批判の高まりは先述したとおりであるが、そのような状況にあってもなお、そのマナーが一向に善を見ない今、以下のように鉄道事業者が「撮り鉄」に対して厳しい態度で臨むようになった。

東急電鉄

東横線 菊名駅

2013年平成25年)より、ホーム渋谷寄りが撮禁止となった。この部分はホームが非常に狭く、撮り鉄が集まれば列車との接触事故につながりかねない。

東武鉄道

東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅

このには「ホームからスカイツリーの見学・撮」を禁止する旨の掲示があるが、列車も控えたほうが難である。

東武スカイツリーライン 梅島駅

東京スカイツリー列車背景に映し込むことが可な「名所」であったこの2014年平成26年)末より「近隣住民からのプライバシーに関する懸念」をな理由とし、撮禁止となった。これにより、スカイツリーバックにした芸術性を有す、有り体な列車の画像はもう撮ることができなくなった。

東京メトロ

営団時代から管轄全において非公式ではあるが「撮禁止」としている。一種の「都市伝説」として事の偽を確かめようとしたウェブページ管理者などが広報部署と問答を交わした内容では「それでは社の見解として構内において一般的な撮を行って構わないか」という質問に「否」と答えている内容がいくつか確認できる。(ただし、近年撮禁止が解除されたと記述しているウェブページもある)

他にも撮を禁止していたり、フェンスを設けるなどしてそもそも列車ができないようにしている場所(京都府大山崎町の「サントリーカーブ」など)が存在する。マナーを守らない行動をとれば、明日から更に厳しい処置をとるようになるかもしれない危機的な状況にある。仮にそうなったら、文句を言っても後の祭りである。

現に、「同一系列車両が他社線ではまだ現役ですから」という理由で、自社が運用してきた車両系列の運転最終日においても、セレモニーや装飾・塗装のリバイバルなどを省略した事業者もある。これは一般利用客に迷惑をかけないようにとする、定時・安全運行厳守の一環と考えられる。

今からでも決して遅くないので、マナーを守って楽しい撮り鉄をしよう。この一言に尽きる

それが納得いかない場合、下記の通り、それなりの方法を考えなければならない。

代案

「いつまでも撮を続けられる必要なんかない!どうしても完璧記録したいんだ!」というあなた(一部の「乗り鉄」「音鉄」を含む)に、確実な方法があります。

(具体的な事業者名を述べることはできないが)地方較的小規模な庫等施設であれば、スナップ・記録程度の短時間であれば、交渉次第で現場の従業員さんから口頭で撮許可をもらえる場合もある。許可を得て記録を終えたら、場を辞する旨のあいさつとお礼を忘れずに。ついでに販売品なり、敷地内の自販機から飲み物の1本でも購入して帰れば、なお良し。

また「10月14日」は「鉄道の日」と制定されているので、この日前後や小中学生夏休み期間中に、各事業者が(社会見学・地域貢献も兼ねて)事業所の一般開放を行うことも、決して少なくないようだ。合法的に各事業者の鉄道車両を(絵柄的に)落ち着いて撮したければ、こういった各種イベントの開催をwebサイトなどでこまめにチェックしよう。ただし、上述したとおり、これら会場においてもモラルと思いやりを忘れないように。事業者や従業員さんが心して「もうムリ!やめた!!来年からやらない!!!」なんて事態にしないように。

また鉄道模型ジオラマの撮イラスト(所謂描き)、CGグラフィックのスナップ、作品を生み出す過程で周囲に迷惑をかけないそれらに転向するのもアリだろう。実際に鉄道模型メーカーなどは撮り鉄を購入層に取り入れようとする動きがみられる。

鉄道ファン以外の人は

ありていに言って、「撮り鉄」の評は、すでに地の底まで落ちている。

しかし、撮り鉄はおろか、家族旅行子連れ・旅行好きな方々のスナップショットや、純記録的で明らかに停をしている車両ファインダーを向け、至極安全に「撮り」をしている人にまで、安易に罵詈雑言が向けられている現状もある。

もちろんそれらは「悪質な」撮り鉄が招いた事態であるが、仮に撮者がいたとして、それが本当に迷惑行為に及んでいるかどうかを一度考える必要もある。「そもそも列車を撮することに何の意味があるのかわからない」と言う人も少なからずいることだろうが、明確に撮禁止とされた場所・方法以外での撮行為自体は迷惑になるものではないし、制限されるべきものでもない。また数は少ないが趣味ではなく、業務として合法かつ許諾を得て(あるいは依頼されて)撮を行う事例もあるため、安易な同一視を行っていないか自問する自制心を持つことが望ましい。

撮り鉄関連の現状と展望

問題行為や犯罪行為(未成年略取・暴行・窃盗・脅迫・暴対法 など多数)が多発しており、鉄道ファン外の人たちからはすれば、「撮り鉄 = 犯罪者という認識が高まってきており、法律写真に関する法律を作って取り締まるべきとの意見も出ている。

なお、21世紀に入ってからの事が大きく取り上げられるが、古くは1976年昭和51年9月4日に起きた「京阪100年号事故」のように、死亡事故に至ったことで都市部でのSL保存が断念された例や、その4年後の1980年昭和55年6月13日に「横浜開港120年号」でも同じく大混乱がおきた例、SLブームブルートレインブーム時の撮のための深夜徘徊などもあった。

JR西日本などはこうした混乱を最小限に防ぐ的で、2010年平成22年)のキハ181系定期運転終了を予定よりめたほか、国鉄色への復刻塗装も中止している。最終運行も旅行会社のツアーを小規模に募集したに留めていた。

また、新型コロナウイルス感染拡大に伴って、三密が懸念されることからJRグループでは塗装復刻さよならイベントが縮小される傾向が多くみられる。

関連動画

きれいな撮り鉄

目に余る撮り鉄

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 436
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

撮り鉄

5750 ななしのよっしん
2022/11/23(水) 18:03:16 ID: SKSET+aBms
今更ながらここの記事を全文読んだんだけど、今ある鉄道模型の下りいらなくね
流石に霊地王の怪文書よりはマシとはいえ模型撮り鉄の掛け持ちなんてざらにいるし、切り札()はおろか代案とやらにもならないでしょ
結局は彼らのあるかどうか分からない良心に任せるしかない
5751 ななしのよっしん
2022/11/26(土) 20:15:46 ID: 7JbLV+ILqI
また撮り鉄逮捕されたね
5752 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 08:09:42 ID: yN/B85bTka
別に電車が好きなら好きでかまわないんだけど、車両の設計や製造、運営、沿線の地域活性化とかそういう生産的な仕事に就こうと思わないんですか?
それともできないんですか?
5753 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 08:19:29 ID: yN/B85bTka
別に鉄道消費の趣味全に否定する気はないんだけどさ、ただ写真撮るだけなら一人のプロカメラマンに任せればいいよね。
ちょっと前にテレビで、サヴァンかなにかの人が記憶だけで車両の精密絵画を描いていたけど、アレ鉄道興味ないオレでも単純にスゴイなと思ったよ。
だってカメラのシャッターを押すだけならバカでもできるけど、精密画はにでもできるものじゃないからね。
5754 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 10:00:35 ID: bSEoa9WbFu
https://twitter.com/SankeiNews_WEST/status/1596129073574555648?t=HqF2gvyFHYCGPGur3l0N-g&s=19exit
今回のこれと
https://twitter.com/YahooNewsTopics/status/1133601681403367425?t=3P8XsDywviws3XV_N5uyuw&s=19exit
これ
同一犯って電車くんが騒いでるがそうならマジで一握りがやってることになる説立されるけどそれ以上なんも言わないね
5755 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 10:17:22 ID: oKxzHWllBR
仮にそうだったとして、
その一件だけを以て「一握りの撮り鉄だけが迷惑行為やってるのが立される」などと考えるのは認識のずれが過ぎる
事実は「前科のある馬鹿撮り鉄がまたやらかした」以上でも以下でもない
5756 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 12:30:45 ID: mwWAQXSJjQ
そもそもの話し一どころか週一で問題行動を起こす輩共がいるんだから大部分の撮り鉄がそういうらだという明じゃんね
5757 ななしのよっしん
2022/11/27(日) 15:10:44 ID: xjVT+ZZce+
その趣味を嗜んでる人間の十人に一人がその趣味のために犯罪や迷惑行為を犯しているとなると、それ数の上では「一部の人」でまあ通用するけど、世間的にら「その趣味を嗜む人間はろくでなしばかり」と蔑まれるのに十分過ぎる割合だからな
5758 ななしのよっしん
2022/11/30(水) 08:29:22 ID: FWNnlzeAt4
撮り鉄といったって人間だから、他者の問題行動を見て自分の行動を治すようなまともなもまぁいないということはないだろう。表に出てこないから観測されない=実質的には存在しないから、なんの意味もない事実だけどね。
5759 ななしのよっしん
2022/11/30(水) 10:30:15 ID: vZaqARPSGv
まともなとやらの存在に価値がないのは合っているな。だが理由が間違っている。「自分の趣味のために鉄道を撮しよう」という意識を持っている時点で社会には大迷惑なんだよ。
良心を持っていようがいなかろうが、「撮り鉄である」という理由だけで価値であり、殺すにも十分な理由だ。お前害虫を潰すのに個体識別をするのか?するとしたら愚か者だな。そんな労をかけるような知お前害虫に見えるぞ。

ニコニコニューストピックス