操歯涼子単語

クリバリョウコ
1.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ
ネタバレ注意

この記事は『とある科学の超電磁砲』のネタバレを含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

操歯涼子とは、とある科学の超電磁砲の登場キャラクターである。

CV:種﨑敦美

概要

原作では第12巻の第85話より初登場。インディアンポーカーの作成者で、新色見中学に在籍の14歳。容姿は変色した右半分の顔に、黒色白色が入り乱れているのが特徴的である。彼女は一研究者として才人工房(クローンドリー)に出入りし、サイボーグに関する技術を学ぶ。

自ら被験者へ

幼い頃に巻き込まれた崩落事故瀕死の状態となるが、母親から提供されて移植手術を受けたことで一命を取り留める。しかし、母親は身体が元々弱く不健康な状態が続いた。

彼女母親が恢復するよう、才人工房サイボーグ技術を学んでいく。成果が出てきた頃、母親腫とその併発症を患う。彼女医師から母親剤で病気の進行を抑えられるのは1~2年が限界であると宣告された。母親を救うためには病気で冒されている部位の全てをサイボーグにしなければならないが、サイボーグ治療の絶対数が少なく、開発するデータが極度に不足していることを彼女は熟知している。

所長は前代未聞の実験だから志願者がいないと悩んでいた。そこに、母親を救うのに間に合わないと判断した彼女は、所長に自ら被験者になることを告げる。データの収集という、ある意味理想的な環境めて…。

実験内容

その実験の内容は一般的な倫理観を大きく逸脱するものだった。それは、被験者である彼女の身体を分裂させ、失われている部分をサイボーグで補い、2人のサイボーグを作り出すというものである。

2人になった彼女は、それぞれ別の生活をすることになる。1年後、分裂された身体は元の状態に統合された。拒絶反応はなく、記憶は2人に分かれていた時の分も保持していた。

問題と研究

実験成功の一方で問題も起こっていた。2人を補っていたサイボーグを組み合わせて作成した機械化された子が、自らの意思(?)で動き出した。

彼女自身は純サイボーグ技術と人体への適応が研究的だったが、研究機関としては、それ以外の副的として『の生成』も研究していた。そこで研究チームは、機械化されたもう一人の子、『ドッペルゲンガー』の研究を開始する。しかし生身の子はこの研究を危惧し、研究チームに注意を呼び掛けたが、成果をめるのか、研究チーム内ではも聞くを持たなかった。

彼女く、体が機しなくなればは消滅する。しかし、ドッペルゲンガーが宿っているとすると、それは『器』に収まっているだけとなる。『器』が破壊されることで、枷が外れ、『自由な魂』が拡散される。これは学園都市そのものをみ込む恐れがあるという。

彼女自身ではこの問題を解決できないので、『インディアンポーカー』を開発し、かがこの問題を解決してくれることを望んだ。『インディアンポーカー』とは、を見ることで、他人の経験・技術を習得できるカード彼女く、現実社会における稀な見識と技術がで交差することで知突然変異が期待できるとのこと。流行化させることで、解決される可性をできるだけ高くすることが彼女なりの方法だった…。

関連動画

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

操歯涼子

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 操歯涼子についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス