放射火炎単語

ホウシャカエン
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

放射火炎とは、怪獣ゴジラが口から吐き出す炎もしくは線である。

概要

ゴジラを代表する技で、ほとんどの作品で使用している。吐く時に背びれが発するのが特徴。なお「ゴジラの逆襲」のみ背びれの発がない。

多量の放射能を含んでいるので近くに放たれただけで危険である。
戦車戦闘機を破壊し、ゴジラ怪獣が闘うときに重要な武器となる。
巨大生物が炎(線)を吐く」というのは新で、以降の怪獣イメージには欠かせないものとなった(ラドンモスラなど、ゴジラ以降も線を吐かない怪獣も多いが)。

また、初期に使われていたについてもここで扱う。

名称について

放射火炎」、「放射能火炎」、「放射熱線」など人によって呼び方が分かれるこの技。
VSシリーズ以降はほぼ放射熱線で統一されたため、若い世代にはこちらの方が染み深いかもしれない。
実際、筆者はVSシリーズ世代なので放射熱線と覚えていた。

この記事では、
・放射火炎表記の方が古い事
・先に単独記事が存在していたピクシブ百科事典の表記が放射火炎である事
Google検索結果では放射火炎が最もヒット数が多かった事
などから、記事名を放射火炎とした。

バリエーション

白熱光

ゴジラ(1954年)」「ゴジラの逆襲」「三大怪獣 地球最大の決戦」で使用。
ゴジラが吐く。接写ではギニョールの口からを吹き出す表現がされたため、この線を「状の熱線」とすることもある。

この頃は火炎や熱線ではなく、放射能を含んだ高温の息を吐き出す事で対を燃え上がらせるという描写で、「ゴジラ(1954年)」にて鉄塔を溶かすシーンは有名である。
後のものにべるとあまり強くはい印だが、上記の様に鉄塔を溶かしたり、自動車炎上させたりするほどの威を持つ。

放射火炎(昭和シリーズ)

キングコング対ゴジラ」以降で使用。
シリーズカラー化したことにより、ゴジラ線も色が付くようになる。
その色は青色。臨界の際に出るチェレンコフを参考にしたといわれる。
温度10万度。地面に向かって吐いたときは地に沿って少し上反るのが特徴。
次第にフィルム合成によるはっきりとした線状になり、他の怪獣との闘いの上でゴジラの重要な武器となった。とはいえとどめとして使用されたのは以外と少ない。

放射熱線(VSシリーズ)

VSシリーズから放射熱線の表記がになる。威昭和シリーズよりかに上昇してその温度50万度に達する。
ゴジラ(1984年)」までは昭和エフェクトで使用頻度も少なかったが、「vsビオランテ」以降は全にビーム状になり、通常武器として多様するようになった。
vsビオランテ」以降のVSシリーズゴジラに限らず敵怪獣人間側の兵器が使用する様々な線技の応酬による手な演出が特徴で、その中で放射熱線もパワーアップしていき、「vsメカゴジラ」以降はよりパワーアップした赤色熱線を決め技として使用するようになった。
…そのため、VSシリーズは熱線のバリエーションが非常に多い。

放射熱弾
ゴジラ(1984年)」で使用。熱線を弾状にして放つもので、威は放射熱線に劣る。
スパイラル熱線
ゴジラvsキングギドラ」で使用。通常の熱線には耐えたキングギドラの首とを貫いた。
ウラニウム・ハイパー熱線(火炎熱線、い熱線)
ゴジラvsメカゴジラ」で使用。ファイヤーラドン融合した事で放たれた赤色熱線で、通常の2倍、100万の高温を持つ。ゴジラ限界えた技であり、使った後は口が溶けて煙が上がっている。
バーンスパイラル熱線
ゴジラvsスペースゴジラ」で使用。スペースゴジラから奪った宇宙エネルギープラスしたスパイラル熱線。温度90万度
バーニング熱線
ゴジラvsデストロイア」にて、ゴジラの体内炉心が暴走したために通常の熱線がくなり、威も強くなったもの。
インフィニット熱線(バーニングスパイラル熱線、ハイパー熱線)
ゴジラvsデストロイア」にてメルトダウンを始めたゴジラが、背びれが溶けるほどの高熱の中放ったスパイラル熱線。ゴジラ自身が融解するまでは限に威が上昇する。

パワーブレス

ゴジラ(GODZILLA)」で使用。
この作品のゴジラは熱線を吐かなかった。代わりに強い息を吹き出して炎を燃え広がたり、自動車炎上させるパワーレスなるものを使用。
この設定は初代のオマージュだそうだが、上記のように描写は大きく異なり、また作中2回しか使用しない影の薄い技となっている。

一応補足しておくと、生まれたてで出せなかっただけで熱線の生成器官は当初から存在していたらしい。
また続編アニメに登場した2代目と、初代を改造したサイバーゴジラはちゃんと熱線状のパワーレスを吐いている。

放射熱線(ミレニアムシリーズ)

ミレニアムシリーズでははっきりと放射熱線表記に統一される。
VSシリーズに引き続きビーム状の熱線だが、使用頻度は少なくなり手な応酬はくなった。
ゴジラ2000 ミレニアム」と「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」では通常の熱線がいものとなっている。
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」で色は再び青色に戻ったが、さらに悪な威を持ち、着弾するとキノコが上がるなど原爆を思わせる表現となっている。
二部作でも同様に熱線の色はだが、背びれが下から段階を追ってストロボのようにる演出となっている。
ゴジラ FINAL WARS」では必殺技として最強レベルの熱線も披露した。

放射熱線
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」で使用。キングギドラの引線を吸収、熱線に上乗せしたもの。
ハイパースパイラル熱線
ゴジラ FINAL WARS」で使用。地球に迫る妖ゴラス(モンスターX)に向けて放ったもので、地上から大気圏外にまで届く。
バーニングGスパーク熱線
ゴジラ FINAL WARS」で使用。新・轟天号から放たれたカイザーエネルギーを吸収して放った赤色熱線。カイザーギドラ宇宙空間まで吹き飛ばし爆破した。

アトミックブレス(GODZILLA(2014))

GODZILLA(2014)」で使用。い色をした火炎のような描写で、背びれの発もまず尾からせり上がるという特徴的なもの。

絶大な威を持つものの使用すると急に体を消耗してしまうため、最後の切り札として映画の終盤に初披露された。

放射線流(シン・ゴジラ)

ネタバレ注意 この項は、下記に本作のネタバレを含んでいます。
未鑑賞の方はご注意ください。(要スクロール

シン・ゴジラ」にて使用。劇中では“放射線”または“熱焔”と呼ばれている。
本作の個体においては多摩での自衛隊との戦闘では熱線を一切使用しなかった事から最初から熱線放射能を持っていたわけではないと思われ、米軍B-2爆撃機から投下された地中貫通ミサイルMOP2)で傷を負わされた際に自己防衛本を働かせて発現したものと推測される。

口を大きく広げて、まず煙状の高熱放射性粒子帯焔を吐き出し、そこから着火して膨大な量の熱焔(これだけでも自身を中心に東京都港区から千代田区までを火のにしてしまうほどの規模)を発生させ、やがてこの熱焔流は集束して巨神兵プロトンビームみたいな細長い紫色レーザー状のへと変化、今度はピンポイントで対物を溶断する性質を持つようになる。射程も極めて長くか上を飛ぶB-2爆撃機も正確に撃ち抜き、離れた位置にある建造物もまとめて薙ぎ払ってしまう。

さらに本作では口からだけでなく、同時に背中からも数の熱線を斉射できるようになっており、体内の生体レーダー器官と併用してあるいは背後から接近するものを差別に迎撃する。加えて最終的には尻尾の先端からも熱線を放出できるようになるなど、全方位において隙のない攻撃を可としている。

反面、これらの熱線の多用はエネルギー消費も非常にしく、最初に熱焔および熱線を乱射した後には約半月近い休眠状態に陥っている。とはいえ設定上では15分連続で熱焔を吐きつづけ、クライマックスとなるヤシオリ作戦時には1時間も放出してやっとエネルギー切れとなっているので、一概に燃費が悪いともいえない。

本作においては久しぶりのゴジラ単体の映画である事から、この放射熱流の破壊の描写はシリーズ全体の中でも取り分け手かつ凄絶なものとなっており、東京都三区が壊滅しその経済も崩壊と、都市部(と日本政府首脳部)に与えた被害に関しては歴代でもトップクラスではないかと言われている。

熱線(アニメ映画版GODZILLA)

本邦ではある意味で初となるアニメ媒体という形で制作されたアニメ映画版「GODZILLA」に登場する個体が放つ熱線は今までのような何らかの熱エネルギー体ではなく、高出荷電粒子ビームという定義に基づいているのが特徴。

発射パターンもかなり独特で、今までのように口から直接吐き出すのでなく、背鰭や体全体から発生させた膨大な電磁エネルギーを顔の鼻先辺りに集束し、それをそのままレーザービームにして撃ち出すというものになっている。

前日譚小説で描かれた本作の歴史設定によれば世界各地に出現した怪獣達は巨大でこそあれそういった特殊なを持つものはほとんどいなかったとされるが、このゴジラはそんな従来の怪獣常識を覆す恐るべき存在として人類を戦慄させたという。

さらにその小説においてこの熱線は荷電粒子で構成されているにも関わらず水中から撃っても威がほとんど減衰せず、しかも数年かけてエネルギーを充填して放ったものは巨大な赤色熱線となって地球に接近すると同質量の小体を衛星どころか太陽系に入る前に正確に射抜いて粉砕するというシリーズ全体で見ても桁外れな性質を秘めたである事が示唆されている。

体内放射(VSシリーズ等)

ゴジラvsビオランテ」から登場したゴジラの手。
自らの体の中で熱線を増幅させ、至近距離から高熱を全方位に噴射する。
当然ゴジラ自身の体は内側から裂かれる事になるが、すぐに体を再生させるG細胞があるからこそ可な技。
VSシリーズでよく使われた他、「ゴジラ2000 ミレニアム」でも使用された。

余談

・もともと背びれの発は準備稿の段階にはく、ピクリアルスケッチ絵コンテに近い)の段階で「かっこつけ」として生まれ、検討用台本にも盛り込まれた。
この線と背びれの発海外輸出の際も高評価だったという。

・「ゴジラ対ヘドラ」では、を飛んで逃げるヘドラを追うためにゴジラが火炎でを飛ぶというゴジラシリーズの迷シーンが存在する。
行方向に背を向けて火炎の反動で飛び上がり、尾も丸めてCの字のような姿勢で飛んでいくなかなかシュールな場面であり、監督ら現場スタッフが発案し、猛反対する田中友幸プロデューサーが入院している隙に撮ってしまったという逸話がある。田中氏が復帰した時には既にカットする時間はく、そのまま開されてしまったのだとか。

 ……というのがネット上での定説であったが、特撮秘宝vol.4の坂野氏(ゴジラ対ヘドラ監督インタビューで当時のいきさつが明かされた。

もともと台本ではゴジラは最後に飛んではいなかった。最終決戦で、電極からかろうじて逃げて山の斜面にへばりついているヘドラに、ゴジラが後ろをむいて、熱線を地面に吐き、反動で飛び上がって体当たりをぶちかますというくだりがあるだけである。で、インタビュー坂野氏はこう答えている。

坂野 (前略)ウィキペディアには、田中プロデューサー断で飛ばして怒りを買ったと書かれています。友幸さんが入院してるのをいいことに騙し討ちをしたみたいにもね(笑)。それは違います。友幸さんが入院されてたのは確かです。確かだけれど、友幸さんは入院中の判断を、製作部長馬場和夫さんに全権委任しておられた。ゴジラが飛ぶようにも飛ばないようにも、どちらにも編集できるように撮っておいたんです。

――そして馬場さんに判断を仰いだと。

坂野 そう。ゴジラが飛ぶ方を、馬場さんをはじめ、宣伝部長など関係者が選択した。そして「飛ばしていいんじゃないか」「面いんじゃないか」という意見で、飛ばす方に決定したわけです。

――そうでしょうね。大会社の東宝監督の一存でクライマックスが決まるはずもありませんから。

・全編通してよく使われる技だが、民間人に対して直接放つシーンは以外と少なく、「ゴジラ(1954年)」「ゴジラvsキングギドラ」「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」の三作のみ。
当然、毎回戦車戦闘機がやられる度に大勢の隊員が殉職している。特に「ゴジラ(1984年)」にて戦車隊が全滅するシーンは圧巻。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%81%AB%E7%82%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

放射火炎

63 ななしのよっしん
2017/04/07(金) 00:49:06 ID: lZ5q+vcdQt
飛行物体を差別に撃ち落とすのも暑いと汗かくのと同じで「体が勝手に反応しちゃう…」なのかもしれない
撃つときサメみたくを保護してヘビみたく下あごが割れるけど、いろんないきものの遺伝情報もってるとか劇中で言われたしそれも牧悟郎博士の仕業かね?
64 ななしのよっしん
2017/04/17(月) 20:27:10 ID: m0nUZ04yqr
シンゴジラ放射線流が他作品とべて描写は凄いが設定上は大したことないといわれてるけど、実際は他作品のが設定盛りすぎなだけだと思う
65 ななしのよっしん
2017/09/23(土) 00:21:46 ID: o5RD6E1iHG
ゴジラ作品は明らか子ども向けで作ってる作品と、そうじゃない作品とに大別できるからね
まあ、FWみたく懐古ファン向け限定感じで、盛りに盛りまくってバベルの塔状態の作品もあるけど
66 ななしのよっしん
2017/11/14(火) 23:22:56 ID: mGHLjQYGyy
シンゴジの初回発射シーンって吐き終わった後、つぶってるんだと思ってたが( ˘ω˘)スヤァ
吐く前に付けてた保護膜?っぽいの外しただけなんだな
常時開眼ドライアイ大丈夫なんだろうか
67 ななしのよっしん
2018/04/02(月) 21:48:22 ID: gd8CRFrQSA
ビーム野が描く放射能火炎だぞ

そりゃ演出地獄
68 ななしのよっしん
2018/04/27(金) 08:24:58 ID: S+/kD5lYqy
最近ついに太陽系外にある直径30kmの小惑星狙撃して消し飛ばす暴挙に出た模様
69 ななしのよっしん
2018/05/04(金) 14:48:13 ID: 9cITTJi1hk
あれクラスの質量を30kmに凝縮した高密度物体だったり、その接近を年単位で察知して先にエネルギー確保に動いてたり描写がヤバすぎる
FWが隕石クラスの大きさで中身がモンスターXなんで、どこまでゴラスとして原典に近いか分からんからなんとも言えんが、威と射程だけなら抜いてんじゃないか(代償として北極と高エネルギー確保が必要だけど)。
というわけでちょい考えてみた

の直径が3474km、今回のゴラスが確か30kmなのでおおよそで1/11、縦横高さで3回割ると1/1331。なのでざっと1331倍の密度。
質量は地球/率で81倍の差。原典ゴラスは成長して地球の質量の6200倍に対して大きさが地球の3/4なので3回かけた9/16を密度にかけていくと、地球べて密度はおおよそ14700倍か?
これに81倍かけて、原典ゴラスはに対して14700*81=1190700倍の密度。密度は原典ゴラスの圧勝。
FWゴラスは大きさは放射火炎の太さと較してもさほど大きくない、精々ゴジラ並みとして100m程か?
モンスターX120mなのでまあ150mくらいとして30kmの今回のゴラスと較して1/200を3回かけた1/8000000。仮に原典ゴラス並みの密度としても今回のゴラスとの密度ざっと895倍なので895/8000000ざっとFWゴラス8938倍の質量が今回のゴラスにはあったってことになるのかな?

小数点とかガンガン切り捨ててるし細かい計算方法分かんない。
今回地球隕石が突っ込んでないので大気圏外でおそらく撃墜してる=破壊範囲が消滅か不明。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
70 ななしのよっしん
2018/05/05(土) 03:15:34 ID: 9cITTJi1hk
そういや今回のゴラスって光速の数に達する速度らしい。
・仮に1だとしても3000km
・一日は86400
ゴジラ荷電粒子砲の着弾が確認されたのは3日以内
荷電粒子砲光速だとしてその観測にはの往復が必要なので1.5日で129600。つまり推測される最大の射程は30万km*129600で38880000000km
・発射当時は極秘裏に地球脱出者の選抜中。まともに考えたら宇宙船の用意やら隠ぺい工作やらテロ対策やら隕石からの影に対する猶予やら、脱出の準備了には恐らく数かは必要
・ありえないレベルの突貫工事で1かギリギリで全部終わらせるとして30日後にゴラス着弾として、30*86400=2592000。これは着弾までの時間なので観測を考えなくていいから推測される最低の射程は3000km*2592000=7776000000km

今回狙い撃ったゴラスへの射程って、38877億km以内か?
少なくとも冥王星の向こう側には届いちゃうのか……。
71 ななしのよっしん
2018/07/22(日) 16:24:38 ID: lU8mGcXt4m
そりゃ「たちはあいつの恐ろしさの桁を2つか3つ読み違えてたんじゃないか?」と言いたくもなる

地球救世主から敵認定されてる絶望込みで
72 ななしのよっしん
2020/02/23(日) 15:53:55 ID: Og6NXysFXv
体内放射って英語でなんて言うの?