故事成語単語

コジセイゴ
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

故事成語とは、昔中国で起こった出来事から生まれた教訓のことである。「矛盾」「推敲」の様に、今現在広く使われている言葉も多い。

一覧

大百科に記事が存在する故事成語の一覧である。新たに記事が作成された場合や記入漏れがあった場合、下の掲示板摘してくれると嬉しい。

読み 簡単な説明

悪事千里を走る あくじせんりをはしる 悪い噂は、すぐに広まってしまうものである。
王道 おうどう ではなく徳によって統治すること。
己を以て人を量る おのれをもってひとをはかる 人は、自分を基準にして他人の量をはかってしまいがちである。
温故知新 おんこちしん 新しいものを作るために、古いものを研究すること。

偕老同穴 かいろうどうけつ 夫婦間の中が非常にいいということ。
苛政は虎よりも猛なり かせいはとらよりももうなり むごい政治は虎のよりも恐ろしいということ。
臥薪嘗胆 しんしょうたん 復讐のため、苦労に耐えること。
瓜田に履を納れず かでんにくつをいれず 他人から疑念を招くような振る舞いをすべきでないこと。
画餅 がべい 実際に役に立たないこと。
画竜点睛 りょうてんせい 物事を生かし完成させる最後の仕上げ。
杞憂 きゆう 取り越し苦労。用な心配。
漁夫の利 ぎょふのり ケンカしている間に第三者が得をすること。
義を見てせざるは勇無きなり ぎをみてせざるはゆうなきなり 正しいことなのにしない者は勇気いということ。
株を守る くいぜをまも 古い習慣に囚われて進歩が全然ないということ。
鶏口牛後 けいこうぎゅうご 小さきものでも、その長となれということ。
蛍雪の功 けいせつのこう 大変苦労して報われること。
逆鱗 げきりん 怒りのツボ。触れてはならないもの。
乾坤一擲 けんこんいってき 運をに任せて大勝負に挑むこと。
呉越同舟 ごえつどうしゅう 仲の悪いもの同士がともに行動すること。
国士無双 こくしむそう 並び立つ者が居ないほど大変に優れた人。
五十歩百歩 ごじっぽひゃっぽ たいした違いのないこと。

三顧の礼 さんこのれい 人物を身分を問わずに丁重に扱うこと。
四面楚歌 しめんそか 敵に囲まれて孤立していること。
小人閑居して不善を為す しょうじんかんきょしてふぜんをなす 教養のない人間は、他人のがないところでは悪事を働いてしまう。
杜撰 ずさん 大雑把で粗末なこと。
青天の霹靂 せいてんのへきれき 突然起きた大事件。
素心若雪 しんじゃくせつ な心はのように穢れがない。

他山の石 たざんのいし つまらない物事であっても、自分の修養の役に立つこと。
蛇足 だそく むだなもの。
断腸の思い だんちょうのおもい 腸(わた)が千切れるほどの深い悲しみ。
朝三暮四 ちょうさんぼし 口先でごまかすこと。
登竜門 とうりゅうもん 困難でも、潜り抜けられば出世するであろう関門のこと。

泣いて馬謖を斬る ないてばしょくをきる 大切なものを捨ててでも規を守ること。
人間万事塞翁が馬 にんげんばんじさいおうがうま 一見災いに見えることも結果的には幸いになることがあること。

背水の陣 はいすいのじん 逃げ場のない戦いに挑むこと。
馬鹿 ばか 空気の読めないこと。転じてアホ
白玉楼 はくぎょくろう 死後に行くとされる楼閣。
馬耳東風 ばじとうふ 人の意見や忠告を聞かず、気にも留めないこと。
破天荒 てんこ 今までも成し得なかったことを初めて達成すること。
百発百中 ひゃっぱつひゃくちゅう 狙ったところに常に当たること。
覆水盆に返らず ふくすいぼんにかえらず 一度してしまったことは取り返しがつかないということ。

水清ければ大魚なし みずきよければたいぎょなし が過ぎると、かえって親しみが薄れること。
矛盾 じゅん 前後のつじつまが合わないこと。
明鏡止水 めいきょうしすい 落ち着いた心持ち。

羊頭狗肉 ようとうくにく 見かけと実物が違うこと。見かけ倒しなこと。

李下に冠を正さず りかにかんむりをたださず 他人から疑念を招くような振る舞いをすべきでないこと。
竜頭蛇尾 りゅうとうだび 始まりはすごいのに終わりは振るわないこと。

--- --- ---

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%95%85%E4%BA%8B%E6%88%90%E8%AA%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

故事成語

28 ななしのよっしん
2016/06/15(水) 00:35:27 ID: v+5JfF5EVC
なにいってんだこいつ
29 ななしのよっしん
2016/10/20(木) 22:58:26 ID: xMw6Jr0qM3
悪名高い「墓を暴いて死者に打つ」だが、実際に打った人物の盟友が「さすがにそれはひどい」と止めていた、のは意外だったな。
30 ななしのよっしん
2016/11/28(月) 00:03:07 ID: Dug8sBdc+e
結構間違えて覚えてるの多かった
31 ななしのよっしん
2016/12/04(日) 19:04:27 ID: p0iv/qNbjP
>>23-24
四字熟語ではなくて故事成語だから、対応する故事がいとな。
荘子なんかは創作故事をふんだんに使って独特な哲学を展開していて面い。
当の中国ではどういう扱いなんだろう。どのものは日本での籍研究の流れで慣用句化したって感じに見えるが、全部が全部そうなのかね?
32 削除しました
削除しました ID: Kg0wMI5vXa
削除しました
33 ななしのよっしん
2017/04/22(土) 03:36:12 ID: VLFhHKTZYP
>>16
普通にそのままで、前門から入ろうとする虎を防いでるうちに後門からが入ってくるっていう『評史』から生まれた言葉だよ
意味は一難去ってもまた一難だけど解釈によっては災いが二つ同時に来たなら対処できないとも取れるからなんとも言えない
34 ななしのよっしん
2017/05/05(金) 01:47:00 ID: YyoSTS2SOm
>>31
中国語だと「璧」は日本語とは異なり、ほとんど使われなかったりする

ほかにも「杜撰」は中国語日本語では意味が異なってたりする
中国語だと「でっち上げ・捏造」という意味合いなのに対して、日本語だと「いい加減・不正確で誤りの多い」という意味合いになってる
35 ななしのよっしん
2017/10/01(日) 02:47:08 ID: Vr5Ebipvsf
臥薪嘗胆
素心若雪
36 ななしのよっしん
2018/03/15(木) 09:27:26 ID: YYtMDnVJ2/
血は水よりも濃い」は英語ことわざを和訳したものだから故事成語じゃないと思う。
あと、「天衣無縫」は記事の中でとなった故事が示されてるよ。
37 ななしのよっしん
2019/09/03(火) 23:15:18 ID: lpqaCvLh4z
中国由来のイメージが強いが、「豚に真珠」「皇帝のものは皇帝に」など聖書由来だったり、「賽は投げられた」のように西洋由来も存在する。

それは故事成語じゃなくて、ただのことわざなのでは?

急上昇ワード