敦賀市単語

ツルガシ

敦賀市とは、福井県嶺北地方の付け根あたりにある、嶺南地方最大の都市である。

日本の市町村の一覧

概要

 北陸-関西ないし山陰-北陸間の、陸双方の要衝であり、かなりくから鉄道近代的な港が整備された。1910年には欧亜際連絡鉄道日本側受け入れ港となり、未曾有の発展を遂げた。この欧亜際連絡鉄道は現代の対欧州航空路線に相当する。昔は外産、産問わず多くの地球儀にその名前が載ってたほどの都市だった。戦前制を施行していたりもする。

 戦後、従来の交通の要衝の町からから関西圏への電供給を担う原子力発電所を多数抱える電の町として脱皮し、現在では原発由来の税やら匿名の寄付やらで地方交付税が不要なほど財政は潤っている。

 また原発関係者が多く住むということで意外と標準を聞く機会が多い町でもある。

 地元のケーブルテレビの加入率は100%近い。

敦賀と港

 賀をるにおいて、賀港は絶対にはずせない。

 賀は日本書紀にも、朝鮮半島にあった伽耶諸から、都怒羅斯(ツヌガアラシト)がやってきたとして古名の「鹿(つぬが)」とともに登場する。その為ツヌガアラシトの名前から鹿の名が生まれたという説が一般的となっている。しかしながら古事記仲哀天皇紀には「其入鹿鼻血臰。故号其謂血今謂都賀也。」つまり「死んだイルカ鼻血は臭かった。だからこの地は血と名づけられ、現在では都賀と謂われている」と記されている(イルカのくだりは気ミケオオカミ?)から応天皇イルカを賜った時のものらしい)。さらに一部ソースではアイヌとの関連もあるらしい。

 その後大宝において「賀」に称され、10世紀からは日貿易の拠点となる。江戸時代には北前船の寄港地として栄える。

 明治維新後はかなりい段階で近代的な港が建設され、20世紀に入る前に賀港が際港として開港した。そして前出のとおり欧亜際連絡鉄道日本側受け入れ港として大いに繁栄することとなる。現在でも当時をしのばせるモダンな建造物がいくつか存在している。

 また欧亜際連絡鉄道の一端を担う町となったことで、数多くの人々がこの地を訪れた。際連盟残留か脱退か、日本の命運を託された松岡洋右たちが欧州へ向けて立ったりもしたし、杉原千畝によってビザを発給されたユダヤ難民が上陸した「人の港」として、人の命を救いもした。

姉妹都市

 納豆水戸市姉妹都市提携を結んでいる。これは天狗党の乱のさい、天狗党一行が賀にて捕らえられたさい、かなりよい待遇で迎えられたことに起因する(その後幕府軍が到着し、幕府軍により虐待、のちに一行全員が処刑される)。

 余談だが水戸市ひこにゃんの治めると、桜田門外の変が原因で110年ほど仲たがいしていたが、敦賀市が仲介して仲直りし、両姉妹都市となった。

関連動画

敦賀市に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

敦賀市に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%95%A6%E8%B3%80%E5%B8%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

敦賀市

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 敦賀市についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!