敵は海賊単語

テキハカイゾク
4.8千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

『敵は海賊』とは、神林長平の短編SF小説及びそのシリーズである。OVA作品も存在する。

概要

最初の『敵は海賊』は1981年SFマガジン4月号に掲載された。
2015年現在に至るまで長編8作品、短編集1作品が刊行されており、初代『敵は海賊』は短編集に収録されている。

SF小説であり、かつ作者の得意とする機械人間の関係性や現実認識などといったテーマを扱いつつも、それでいてギャグやドタバタコメディも含まれている作品であり、火星三部作や戦闘妖精・雪風シリーズと並んでファンの中では代表作の一つとして知られている。

シリーズの中で『敵は海賊・たちの饗宴』は1989年OVA作品が制作された。

舞台は遠い未来太陽圏であり、Ωドライブというワープ航法が一般化しており他の系との交流も行われている。
そしてその太陽圏にて暗躍する宇宙海賊に対抗するべく存在する海賊課所属の一人と一匹と一艦であるラテチームと、太陽圏を自らのものとしながら全く表に出てこない、もはや伝説と化した海賊、匋軸とした物語となっている。

登場人物

海賊課

火星衛星ダイモス改造しほとんど人工物へ置き換えたダイモス基地を拠点とする、対海賊専門の警察組織。正しくは広域宇宙警察機構・対宇宙海賊課。
その名の通り、太陽圏の警察機構の一部署なのではあるが、法に縛られず犯罪を行う海賊に対抗するべく拒否できない強制捜権をもち、さらには他部署に対しても優越した立場にある。とくに最大の武器である『情報』についてはインターセプターと呼ばれる装置によってありとあらゆるコンピューターに介入しての横取りが許可されている。

法者の海賊よろしく、法に縛られず海賊排除のためならばありとあらゆる手段を問わないその姿勢は『海賊的』として嫌悪感を持たれている。

なお作中では太陽圏の海賊課のみが登場するが、他の系にも同等の組織が存在している。

海賊

その他

『戦闘妖精・雪風』とのコラボ

『敵は海賊・短篇版』に収録されている『被書間』にて、『敵は海賊』と作者の代表作の一つである『戦闘妖精・雪風』とがコラボレーションしている。
ネタバレになるため詳細は省くが、ラテルらの視点でもって『雪風世界の対JAM戦闘考察するという、『雪風ファンにとっても見逃せない内容となっている。

関連動画

関連商品



関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%95%B5%E3%81%AF%E6%B5%B7%E8%B3%8A
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

敵は海賊

5 ななしのよっしん
2015/07/09(木) 23:17:34 ID: OHhNxMFmJC
>>4
たちの饗宴」の後書き代わりの編だったかな?
警察機構内では決して「海賊課」とは言わず「対海賊課」呼称だとか
レイガン」ではなく「対海賊用ターミネータ」が正式名称だとか

ただ、あれ、海賊課が「たちの饗宴」(作中世界でもロングピース社から刊行されたことになってる)はフィクションだとするために言ってるだけ、にも見えるんだよねw
6 ななしのよっしん
2015/10/20(火) 12:56:29 ID: 6SQncRHrYH
>>5
海賊課って言ってるのはあの章だけだったんだっけ?
手元にないから確認できないけれど、もしそうだったらそういう解釈はとてもいいと思うw

どの巻だったか忘れたけど、アプロ火星チェンラの店かどこかで分裂してフィーバーしてた場面がとても好きだったなあ
あと機物バリバリ食べるところとか
作品には大抵が出てくるけれど、アプロに似てるけどじゃないっていうのがいいところだと思う
7 ななしのよっしん
2016/02/18(木) 19:47:09 ID: 6kmrgLdNf+
>>6
>>作品には大抵が出てくる
過負荷都市にもは出ていましたよ…ぶった切られて食われる役でしたけどね(西瓜だ…)
今宵銀河を杯にしてに出てきた宇宙人は『顔つきが毛のないのよう』と表現されていたし登場キャラに関する野良猫エピソードもあったし…フムン、林先生が好きなのかしらん

ラテルもラジェンドラもアプロに文句言う時多い(そして大概その文句は筋が通ってる)けど、なんだかんだ仲いい気もする
8 ななしのよっしん
2016/06/18(土) 16:44:48 ID: xuz1fIJCL+
ぼくはは嫌いだ。の話をしよう

の先の天使
魂の駆動体
永久帰還装置
死して咲く実のある
切がいっぱい
天国にそっくりな

ざっと思いついただけでもの出てくる作品はこれだけあるぞ
9 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 23:07:53 ID: 95igoQTsIA
>>7
ラジェンドラの形成というか成長にアプロとの付き合いで
善意が成長しないと理ってところが好きw(たしか「A級の敵」だったかな)
ラテルは腐れ縁レベルで付き合ってるのも結構好きww
10 ななしのよっしん
2017/10/31(火) 15:46:16 ID: lqC4RoEHKE
ライトジーン遺産でもに関するエピソードはある
靴下を履かせようとした音楽家の半生をまとめたノンフィクション小説と、「野良はみじめだがはそうではない」みたいな台詞
つまるところ神林長平作品は、を表現するSFなのかしらん
11 ななしのよっしん
2017/11/11(土) 19:32:22 ID: 95igoQTsIA
>>10
てかの実物が登場してなくても描写としてなにかしら「」を
入れてるのが結構あるイメージがあるよね。
12 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 03:38:03 ID: DbXIEA2T58
個人的印が好きな人
13 ななしのよっしん
2021/06/07(月) 14:20:35 ID: Dlcn6fAQIR
のアプロを見た興味を持ってたが、あらかじめパッケージ詐欺という事は伝えておくべきだろうか
14 ななしのよっしん
2022/05/12(木) 07:17:57 ID: UdRQJKsTrP
SF作家神林長平時代小説作家澤田瞳子のと過ごす日々を見つめる
ネコメンタリー も、杓子(しゃくし)も。
神林長平とビタニャ」
5月18日)[Eテレ]後10:00
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=34172exit

急上昇ワード改