文学少女単語

252件
ブンガクショウジョ
3.2千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

文学少女とは、

  1. 文学趣味とする少女のこと。 ⇔文学少年
  2. 野村美月によるライトノベルシリーズ作品。 →文学少女シリーズ
  3. 男子高校生の日常』に登場する女性キャラの通称。あだ名は「やっさん」とだけ判明している。
    初登場時のアレで強イメージがついているが実は社交的で友達が多い。詳細はこちら

ここでは1について記述する。

概要

人物類の一つで、文学作品の読書・批評・文筆 及び 本屋巡り・図書館通い・書物収集・作り等を趣味とする少女の事を表わす。文芸少女とも。
眼鏡”・“三つ編みお下げ”・“地味な雰囲気”等のイメージられる事が多い。

定義上は文学が生まれた時から存在しうるが、用概念としては戦前女学生に端を発する。

明治の“高等女学校”の発によって(旧制)女学校が全に創設され、女学生という存在が成立する。
女学生は積極的に図書・雑誌・新聞等を読む、当時の女性の中でも先端の教養層であり、その中でも最先端にいたのが文学少女だったのである。
その為、文学少女には現代のやや古な印とは反対に“先進的”・“都会的”・“近代的”なイメージを持たれていた。
当初は教科書以外(小説等)の読書には禁じられていたが、女学生読書熱の高まり、少女雑誌や婦人雑誌の創刊等の流れを受け、次第に読書教育へと変遷していく。
それから大正昭和にかけて、女学生文化、吉屋信子に代表される少女小説が生まれ、文学少女という言葉には“少女趣味”で“感傷的”や“想的”なイメージが加わるようになる。

現代では、そういった戦前イメージを半ば引きずったまま、近年の趣味・娯楽の多様化もあってノスタルジックな存在として認識されている様である。

萌え要素・属性としての文学少女

繊細な少女らしさや幻想的で純イメージがある一方で、広義のオタクの一種とも言え、外見・内面共にオタク的な傾向を多分に持つ。

外見

眼鏡っ娘”・“三つ編みお下げ”・“地味な雰囲気”は、やはり定番となる。ただし、これらの三つの要素がう事は稀である。
自然色。日本人であればか染めていない色が一般的だろう。
インドイメージから、身体は小さく華奢で、色白という傾向が強い。

装は、学生であればセーラー服ブレザーといった学校制服の姿でイメージされやすい。
セーターを重ね着したり、スカート丈が長いといった「野暮ったい」着こなしが多い。
マフラー・膝かけ・ストールといった防寒具もあわせて、露出度はひたすら下がる。

こうした地味で野暮ったい文学少女の外見が、純で落ち着いた、ややレトロイメージを生んでいるのである。

性格

多くは内向的だが、内気故か、人付き合いが煩わしい故かは分かれる。
また、優等生キャラクターや、読書の為に他のことを犠牲にする偏ったキャラクターなど、一概には言い難い。
自覚・自覚に関わらず活字中毒である。ビブロフリアを兼ねる場合も。
少女小説恋愛小説ファンタジー小説などを読する場合は、論理性より感覚・感情を重視するセンチメンタルロマンチスト。それが拡大してへと発展する事も。
ミステリー好きやSF好きは、理屈っぽい性格となる。

概して、大人しい見たと内面の知性の調和、そこに独特のセンスが加わって生まれる意外性が魅と言えよう。

テリトリー

生息場所は、図書室図書館・書店・古書店など。文学少女である以上は、可な限り常に本と一緒である。
文芸部員・図書委員書・書店員作家編集者といった役職を持っている場合が多い。

図書館や自室といった落ち着ける場所では、重厚感のあるハードカバーを持ち、華奢な身体を対照的に引き立たせる。
一方持ち運びの効く文庫本新書本は、いかなる場所でも自分だけの間を創り出す、一種の結界である。
公園ベンチ・バス電車内・教室等、時間があればどこでも本を取り出して読む。

病弱な子が、運動を禁じられている故の読書趣味である例もある。
狭い病室や自室から出られない場合は、外の広い世界想する一助となっている。

文学少女の一覧

実在の人物に関しては、女性文学者をはじめ数が膨大な為、架キャラクターについてのみ記載。

※太字は個別記事があるキャラクター

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

文学少女

65 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 18:24:29 ID: +9vUefWQzK
破れたか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
66 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 18:26:52 ID: ZMPFk/uWkW
>>64
ヤンデレ文学少女とか良いね(創作に限る)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
67 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 18:28:50 ID: hQOfXlKUqZ
>>66
現実でも良いぞ(メンヘラ文学少女と付き合ってる人並の感想
👍
高評価
0
👎
低評価
0
68 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 18:30:54 ID: hQOfXlKUqZ
>>62-63
教養なさそう
それくらい物を考えずに生きられたら悩みもないだろうな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
69 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 18:33:23 ID: +9vUefWQzK
映画とかドラマが好き、それと同列に文学も好き、くらいならまあ美人も見かける
単にフィクションが好きなんだな、きっと。

しかし現実美人文学少女を見かけないというのは、存在が稀有なだけじゃなくおれらの社交下手も原因じゃないか?
大してしくもない相手に「泉鏡花が好きです」とか「白樺が好きで~」言うか?
インテリぶってる。マウントとってる。偉そう。そう思われそうじゃん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
70 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 18:36:34 ID: hQOfXlKUqZ
初対面で朔太郎と賢治の話で盛り上がったよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
71 ななしのよっしん
2021/09/25(土) 18:37:24 ID: ZMPFk/uWkW
>>69
カッコつけるなよ、楽になろうぜ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
72 ななしのよっしん
2021/11/15(月) 20:56:06 ID: F0BSPiu3Vr
文学好きなら自分が「異性から見て魅的かどうか」を考えてから考慮すればいいんじゃない?
陰キャでヒネてて頭も悪くて運動もできない野暮ったい見たコミュ障にやたらと上から目線人間が好む趣味
美男美女に好まれるか?って話だし

>大してしくもない相手に「泉鏡花が好きです」とか「白樺が好きで~」言うか?
メッシについてらなくとも「サッカーが好きです」くらいは言うだろ
そこで小説読書が挙がることはあっても「文学が好きです」と言わないのはまぁそういうことだ

話は変わるがなんで文学好きって自分がものを考えてると思うのだろうかね?
>>68なんか、典的な「考えていると自称するだけでその実何ら論理的思考は持っていない」典例じゃん?
彼の言う「教養」とやらが何なのか、自ら説明できるだけの知コミュ力いのがお約束になってるし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
73 ななしのよっしん
2022/09/09(金) 02:20:36 ID: MKNKKvuAaO
👍
高評価
0
👎
低評価
0
74 ななしのよっしん
2024/01/25(木) 12:20:40 ID: xgaXtK+y50
>>68を見てこれ思い出した

https://w.wiki/8xDMexit
>『ヒトラー哲学者たち』…訳者らによると、人文学者がナチスという暴力を擁護したことは、ある種の「人文学敗北」、「【教養】義の挫折」である。何故なら、人間は【教養を身に付けたり本や音楽感動したりすることで素晴らしい存在になるはずだったにも関わらず、そのような人文学人間が不条理な暴力を認め加担している】からだという。批評家ジョージスタイナーも次のように批判している。
人間というものは、夕べにゲーテやリルケを読みバッハシューベルト演奏しながら、(あした)にはアウシヴィッツで一日の業務につくことができるものであることを、<あとに>きたわれわれは知ってしまった。

そんなことができる人間は、ゲーテ読みのゲーテ知らずだとか、そんな人間は節も同然だとか、逃げ口上をいうのは偽善である。こういう事実を知ってしまったということ──このことは、いったい文学社会とどういうかかわりをもつのか。

プラトンの時代、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0