文宣帝単語

ブンセンテイ

文宣帝、名は高洋(こうよう)、字は子進は、中国南北朝時代の人物。北斉の初代皇帝。生没年529~559年。
在位期間550~559年。北斉を建して強させた英であったが、後に狂疾して暴君となった。

出自

河北地帯を支配していた北の権臣・高歓の次男として生まれる。他の兄弟が恵まれた容姿を持ち、利発であったのにべ、高洋は采が上がらないうえ、何を考えているの分からず、兄弟臣からは軽んじられていたという。だが、高歓が息子たちのを試した時に最も非な面を見せたのは高洋であった。

高歓は息子たちに、絡まった糸を渡して解くように命じたところ、高洋はを抜いて糸ごと断ってしまった。高洋は「乱れたものはすべからくるべし」と言い高歓はこれを良しとした。これが「快乱麻(を断つ)」のといわれる。

高歓は息子たちに兵を与えて模擬戦を行わせた時、部下である猛将の彭楽に息子たちを襲撃するように命じた。他の兄弟たちが恐れおののく中で、高洋ひとりが兵を率いて立ち向かい彭楽を捕らえた。
これは自分以上かもしれないと高歓は評価したが、の高澄は普段役立たずな高洋が大成するわけないとを軽蔑していた。

皇位簒奪

高歓の死後は高澄が後を継いだ。すでに高一族は北の東半分をっており、東として分裂する。
高歓と肩をならべていた実者である文泰は北の西半分を握し、こちらは西と呼ばれる。

高澄は東皇帝である孝静を傀儡として、簒奪も時間の問題であった。高澄は美男子で才知にすぐれていたが、酒乱サディストの気があった。結局その性格が祟り、高澄は虐待していた奴隷に暗殺されてしまう。
報を聞くや高洋は現場に乗り込み、たちまちのうちに暗殺犯を誅殺して、沈着に事態の収容にあたった。大丞相である高澄の死は東混乱させるかに見えたが別にそんな事はなかった。

かねてから高澄と不仲で、ないがしろにされていた孝静は高澄の死に快哉したが、高洋の勇姿を見て、かえって自分の命数が縮んだ事を悟ったという。今まで魯鈍として見られていた高洋が牙を隠していた事は人々を驚かせた。高洋は高澄の地位と督を継ぎ、に劣らぬ手腕を見せたので、宿将たちも考えをめて従った。

やがて高洋は斉王に位を進めて、孝静から簒奪して譲をうけて皇帝に即位した。(北)斉王の誕生である。21才の若き新皇帝の働きは覚ましく、政務に励み、内の整備を行い成果をあげた。特に官吏の汚職には厳しく対応した。

英雄天子

高洋は軍才にも恵まれ、自身が兵を率い、自ら敵の攻撃範囲に入ってふる勇者であった。皮膚は鱗のようで、極寒酷暑でも然としていたという。勇猛なだけでなく知略にも優れ、自身が軍師となって作戦をたてて勝利を重ねた。
 
高澄の死に乗じて、西文泰が攻めこんできた時、文泰は北斉軍の容の素らしさを見て、「高歓は死んでいなかったのか!」と退却した。

552~555年に皇帝親征を行い、万里の長城を越えてモンゴル満州地方といった北東アジアに進軍を開始。
突厥、高句麗、契丹、庫奚といった諸民族国家を大いに撃ち破った。さらに万里の長城の大規模修を行い、
北方地帯を鎮圧させた。南方の梁との戦争でも勝利したものの、長江という要もあって、多少の戦果を上げたに留まった。

高洋一代により北斉の勢圏は大幅に拡大し、帝国臣民300万戸・2,000万にも達した。

暴君化

文武ともに優れた業績を打ち立てていった高洋であったが、即位して6~7年経つと次第に暴君(というよりは狂人)に変貌していく。落ち着きを払った大度ある性格は失われ「自分の功業に驕る」+「とんでもない酒乱」+「残虐な高一族の血が騒ぐ」等が原因となって重度の精汚染の状態となる。元々一日中政務をしても飽きない・疲れない抜群の体の持ちであったが、今度はを問わず暴れまくる非常に迷惑な存在となる。

造営による人民の酷使。見のない漁色といったテンプレな所業は論、類を見なかったのは酒乱による快楽殺人である。政治的な粛清もあったが、気分のおもむくまま衝動的に殺したり、ランダムに殺したり(高洋自身、自分は何をするか分からんと言っている )という残虐ぶりであった。

  • ある時、東の皇族に「王莽に一度滅ぼされたのに、何故また再されたのか?」と質問をした。皇族は「それは王莽の皇族を皆殺しにしなかったでしょう」と答えた。そりゃそうだと高洋は東の皇族たちをまとめて処刑して河に遺棄してしまった。しばらくの間、からは人間などが見つかって人々は食をやめたという。
  • 酔う度に人殺しを趣味としたので、宮廷の庭には大きな釜・長いノコギリヤスリ・臼などの処刑具を並べていた。多くの宦官、宮女、臣が殺されていき、困った大臣は死刑囚の檻を置いて生贄とした。3ヶ月経っても殺されなかった者は特赦されたという。しかし、殺しすぎて死刑囚の供給が追いつかず、しまいには取り調べ中の容疑者も宮中に送り込まれた。
  • 囚人たちに筵(むしろ)をパラシュート代わりに与え、100m近い高台から飛び降りるように命じた。彼らが墜落するのをに楽しみ、奇跡的に一人助かった囚人は屋に閉じ込めて餓死させた。
  • 後継ぎである息子の高殷は温和であったが、それを嫌い、まだ幼い高殷に囚人をれと強制して、出来ないとを打って虐待する。高殷はトラウマで精を病んでしまった。だが、まったく親子の情がいわけでなく、理由は後述。
  • 婿)が柔和な美男子であったので、女装させて「俺の嫁だ」とく。
  • 臣の弔問に訪れた時、夫人が悲しんでいるのを不憫?に思い。亡夫に会えるように殺する。
  • 宮中だけでなくボディーガードに自分を担がせてに繰り出し、乱痴気騒ぎを引き起こした。
  • あまりにも非い有り様に、母親の婁太后からでぶん殴られると「婆あに出すぞ」と暴言して婁太后は激怒する。そしてなぜか高洋は母親を笑わせようと寝台ごと母親をぶん投げ、怪をさせてしまう。酔いから覚めると流石に反した高洋はキャンプファイヤーを用意させてダイブをしようとするが、驚いた婁太后から止められる。しかし、気の済まない高洋は、今度は親戚のおじさんを呼んで「を存分に打ってくれ、血が出ないようなら貴様を殺すぞ」
  • 酔いから覚めると反したり慚愧して禁をしようとしたが、全く長続きしなかった。

こうした蛮行から多くの恨みを買っていたが、記憶が良く、厳格で果断な高洋を恐れて、暗殺を企てる者もいなかったという。

治世前半の貯が利き、政事は愔(よういん)という有能な大臣にまかせていたので、意外にも内は較的安定していた。ちなみに愔はに酔った高洋に解剖されそうになった事がある。

最期

の飲み過ぎで、末期には食事をとる事もできず、31才の若さで崩御。顕祖・文宣帝と諡された。
 
次期皇帝を長子の高殷にするものの、長の高演にも後事を託し「おまえが簒奪するのはかまわないが、高殷を殺さないでくれ」と懇願する。しかし、後に高演は高殷を立したうえに殺してしまう。

未来視

によって人格が全に破綻し、幻覚症状までが出た高洋であったが、時折、霊が宿ったのかのように未来を予知する言動をする事があったという。

  • 士を呼んで、自分の在位期間を占わせたところ30年という結果が出た。しかし、高洋は30というのは保(元号)10年10月10日の合計数ではないかと懸念したという。果たして在位して10年、その日に亡くなった。
  • 臣により息子の名前が名付けられ高殷、字は正と決まった時「殷はの後をが継ぐという事だ、またという字はという字にわかれる、つまりまり後が続かない」と摘した、慌てた臣がこの名前はやめましょうと言ったが高洋は「也」と言って許可しなかった。後にその通りの結果となった。
  • 定州の西門は何故か長年開く事が出来ず、高洋が通リかかった時に臣が開こうとしたところ、高洋は「これは後に人によって開かれるだろう」と言ってやめさせた。後にある人物がこの門を開いて人々を驚かせた。この人物は下を統一して隋を開く楊堅であった。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%87%E5%AE%A3%E5%B8%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

文宣帝

5 ななしのよっしん
2015/05/30(土) 18:46:57 ID: T+JHtGvj8C
蘭陵王は本当に高一族の人間なのか?とこの人らをはじめとする高一族の記事を見るたびに思う
6 ななしのよっしん
2015/10/22(木) 14:56:44 ID: wdD0FqNs1l
日中仕事しても疲れない体旺盛な人間に見えるけど
死にした事考えたら、実際は自分の疲れに
気付きにくい人間だったのかもしれんなあ
7 削除しました
削除しました ID: 3s+Ig9JKEY
削除しました
8 ななしのよっしん
2016/12/24(土) 22:25:31 ID: Jx9zTILQoz
この人の墓が偶然発見されて調された結果
盗掘被害奇跡的に免れていたおかげで当時の風習解明の一助になったとことか死んでからもネタが豊富で面
9 ななしのよっしん
2017/03/22(水) 18:12:09 ID: KBH7QU8Z9t
若い頃にを被っていたわけでないなら、明らかになんらかの精神疾患になったんだろう。日本なら乱心とか憑きとか言われるところだ。
世襲と専制の組み合わせによる最大の弊は、君が知・精を病んだ場合に制止する名分がないことだな。

法治義や三権分立は偉大な思想だ。
10 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 22:09:23 ID: wdD0FqNs1l
他の高一族兄弟達がそろってイケメンだらけだった中この人だけは
サメンで生まれた。そのせいなのか元々に難があった高一族に
更に輪に掛けて性格が一層悪くなったのかな?
11 ななしのよっしん
2018/01/18(木) 20:18:09 ID: laQYR/B+31
臣かだれかを処刑→そいつの側室を寝取る→そのとの姉妹丼を楽しむ→姉妹共々ブチ殺して遺を作る
ていうのもなかったっけ?
12 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 23:10:12 ID: nVxsKXW9RC
北斉高一族の所業については色々聞いてたけど、
> 義婿)が柔和な美男子であったので、女装させて「俺の嫁だ」と
というのは初めて知った。
そっち方向に走ったのかと思ったけど、の勢いで嘲弄したかっただけ……だよな?
13 ななしのよっしん
2019/06/15(土) 19:52:26 ID: S8ytcVcjrj
軍を率いては一流なんだよなこの人、しかもただ勇敢なだけのではなくて大局眼もある。
惜しむらくは本人ですら御せないその精性。
14 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 09:59:21 ID: wdD0FqNs1l
と言うかの高歓との婁昭君って当時じゃしい恋愛結婚
だったりする、まあ婁昭君が一方的に当時名だった高歓に
惚れして私の夫だ!って押しかけ女房的に強引にいだんだけど

急上昇ワード

2019/08/26(月)03時更新