文欽単語

ブンキン

「文欽」(ブン・キン ? ~ 257)とは、三時代のの二に仕えた武将であり、人望がいのに司馬一族に対抗した果てに味方にられて死んだ不人気な人物である。

字(あざな)は「仲若」。

正史では

譙県の出で、曹操に仕えて武の功績を残したと言われる「文稷」。子は「文鴦文俶)」「文虎」。

曹真の子の曹爽とは、同郷と言うことで仲が良く、皇帝曹叡が、諸葛亮が没して最大の敵がいなくなった事から放蕩を始めた後に若くして死に、後を継いだ幼曹芳の補佐として曹爽が実権を握ると、江太守に出世した。

文欽には武勇に優れていたものの横暴なところがあった為、揚州刺史の諸葛誕には嫌われ、王基からは辺を任せるには不適当な人物だと酷評されていたが、曹爽が一と共に司馬懿クーデターにより三族皆殺しとなった後も揚州に残り、その後、揚州刺史・前将軍となった。

驢馬息子諸葛恪が、軍を率いてに攻め込んできた際は、不を買っていた諸葛誕に代わる上毋丘倹カン丘倹)や、合肥新城特らと共にこれを防ぎ、軍内に疫病が蔓延した事もあって諸葛恪の軍を退けた。

司馬一族を除こうとした皇帝曹芳が司馬師により退位させられると、誼を通じていた毋丘倹カン丘倹)と共に、連名で司馬師を弾劾する皇太后の詔勅を偽造して反乱を起こし、息子文鴦文俶)と文虎も参加した。

司馬師の討伐軍に対して文鴦文俶)が奮戦するものの、の忠臣の尹大目が、司馬師がまだの下の瘤を手術した経過が悪く、静観していれば趨勢が変わると伝えようとしたものの、直接的に伝えると自身にも危険が及ぶ事を考慮した尹大目が、文欽の前で間接的に伝えようとしたものの理解できず、文欽は尹大目を攻撃しようとして撤退させてしまう。

さらに、文鴦文俶)と軍を二手に分けて挟撃しようとした際に文欽がに迷って挟撃に失敗するという失態を犯し、文鴦文俶)の奮戦で司馬師の追撃を振り切ったものの敗れ、毋丘倹カン丘倹)の援軍として北上中だった軍に合流して、親子三人共にへと落ち延びた。

にあっても横暴だったのか不人気は変わらなかったものの、の実権を握っていた孫峻孫綝の暴臣二代には信用され、先にから降っていた唐咨と共に呂拠追討の任を与えられたりしていた。

司馬師が亡くなり、後を継いだ司馬昭に対して諸葛誕が寿で反乱を起こすと、司馬昭の討伐軍にを包囲された諸葛誕の救援要請をうけた孫綝より、唐咨や仲の悪かった朱異、全端ら全一族そして息子文鴦文俶)と文虎と共に援軍として諸葛誕の救援に向うことになった。

文鴦文俶)・文虎と共に寿に入った文欽だったが、元々諸葛誕には嫌われていた為、兵糧不足に対する為に兵の一部を外にだそうと提案したのを二心有りと諸葛誕に疑われて殺された。

文欽の遺骸は、の死後にに投降した文鴦文俶)・文虎により、諸葛誕の反乱終結後に回収されて故郷に葬られた。 

演義では

の将として登場する。

司馬師皇帝曹芳をした事に怒って毋丘倹カン丘倹)と共に反乱を起こした。

しかし討伐軍を率いる司馬師が、の下の瘤を手術したばかりでここは静観しておいた方が良い事を伝えようとした尹大目の意図を理解できなかった為、鄧艾トウ艾)の釣りにかかってに迷った結果敗れて、追撃をうけて孫峻を頼って落ち延びた。

その後、諸葛誕の反乱の際に軍の援軍となるも、兵糧不足解消の為に兵の一部を外に出す事を提案した際に諸葛誕に裏切るのではと疑われて首をられた。 

その他「文欽」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

真・三國無双において

 モブキャラである事はシリーズ通して変わらないが、息子文鴦プレイアブルキャラに昇格したので、それに伴い出番も増えた。

 司馬一族の専横に反発して、毋丘倹と共に挙兵。司馬氏がを簒奪するのが許せない……というより司馬氏に変わっての実権を握るために反乱を起こしたように見えるのは気のせいではないだろう。一言で言ってしまえば小悪党で息子文鴦にも見限られてしまう。反乱が鎮圧され、毋丘倹逮捕されたに対し、文欽は逃走に成功、史実ではに落ち延びるのだが、無双ではその前に、司馬師の運命を、そしてゲームが明るくなるかになるかを左右する大事件を引き起こすことになる。

 簡単に言ってしまえば、彼もモブキャラなのに強な個性を放つキャラクターの1人になっている……息子よりも濃いのは気のせい??

関連動画

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける文欽の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志
三國志II 81 27 59
三國志III 80 30 21 61 74 29
三國志IV 74 81 39 36 55
三國志V 83 45 36 42
三國志VI 76 77 43 40 43
三國志VII 76 61 41 31
三國志VIII 78 43 41 45
三國志IX 76 82 56 33
三國志X 74 83 43 32 18
三國志11 74 83 43 34 22

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

関連人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%87%E6%AC%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

文欽

2 ななしのよっしん
2012/12/19(水) 18:01:22 ID: oAz3ynZQxq
フウの乱、カンキュウケンの乱、諸葛誕の乱に関わったトラブルメイカー。こんななかなかいない。
3 ななしのよっしん
2012/12/19(水) 18:18:59 ID: 12a2T44B4B
のために司馬氏に向かったけどうまく行かなかったドジっ子じゃないの?
4 ななしのよっしん
2013/01/11(金) 05:37:27 ID: fyZS9S7KLG
おお、まさか記事があるとは。こいつ前から好き
武勇あるのに、それを更に増ししたり、嫌われまくってにいっても懲りなかったり
決してお近づきにはなりたくないが、好みの強い馬鹿だ。脳筋でないところもいい
そして極めつけには篭中、諸葛誕と言い争って切られるとか
その後の諸葛誕をみれば分かることだが、あそこ諸葛誕が死んだらそれに殉ずる兵ばっか
いわば文欽にとっては究極のアウェイ。そりゃそんな場所で喧すれば死ぬわ
ぶっちゃけ諸葛誕に切られたんじゃなく、は皆に殺されたんじゃないかと思ってる
武に優れ、他人からは嫌われ、しかし特定の権者からは好かれ、出世をして、最後は周りは全員、敵な場所で、そこで人気のある諸葛誕に結果を売って袋にされた
なんとも最高で最低人格者

>>3ドジッ子は分かるわww
5 ななしのよっしん
2013/06/20(木) 06:46:22 ID: dbLDsHE2e2
無双7ではモブなのに息子より立ってた
6 ななしのよっしん
2013/07/11(木) 12:47:00 ID: lwvIlgOcyi
諸葛誕との諍いで思うが、空気の読めない男だったんじゃないかと思う。
それでいて孫峻に気に入られてるあたり、大言壮癖でもあったんじゃないかと…。
7 ななしのよっしん
2014/02/09(日) 23:38:50 ID: xbI4gHrVLP
7正史ルートでは許奇襲で司馬師に致命傷を追わせる大金星だったな
8 ななしのよっしん
2014/03/01(土) 08:35:20 ID: IniIdz2WST
タカを生んだトンビ三国志代表
最大の功績は種
9 ななしのよっしん
2014/11/19(水) 02:09:00 ID: 84HB/4FXlX
>>5
無双における江川モブ将の偉大さにめて気付かせてくれる存在やったな
の戦い(IF)後のムービーの「離せ!は~な~せ~!(フェードアウト」は最高の迷台詞やったわww
10 ななしのよっしん
2018/04/29(日) 03:38:58 ID: 7sllQMruAQ
の間を行き来した武将なのに、コーエー三国志では未だに寄りの相性値なのが納得できん
三国志大戦では扱いだがそっちの方が納得だわ
11 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 09:30:51 ID: wPKwm/EaVg
にしても諸葛誕にしても史書にも褒める記述があるのに文欽は武勇に優れていた以外はボロクソなのが面