文豪とアルケミスト単語

ブンゴウトアルケミスト

文豪とアルケミストとは、DMMゲームズDMM.com)による文転生シミュレーションゲームである。

公式での略称は「文アル」。

概要

2016年11月1日サービスが開始されたブラウザゲームプロデューサー谷口世界観監修はゲームクリエイターのイシイジロウ音楽は「モンスターストライク」「討鬼伝」などで知られる坂本英城が担当している。

ストーリーは、

近代情が漂う平和な時代に突如、文学書が全項く染まってしまう異常が起きる。

それに対処するべく、特殊アルケミストと呼ばれる者が立ち上がり、
文学書を守るため文学の持つを知る文を転生させる。

となっており、明治大正辺りのクロックパンクと、ダークファンタジーが合わさったような雰囲気が特徴である。

プレイヤーアルケミストであり、「特務書」として図書館である「図書館」に配属される。
を駆使し、戦うを備えた文達の部隊「会」を編成し、侵蝕された文学書に潜らせて浄化・警備を行うのが的となっている。

過去実在した本人ではなく、あくまで「転生した存在」である。
実在の文と作品が掛け合わされたようなキャラクターになっているケースが多い。 
によっては、生前の念(病弱など)をした状態になっている。
また、記憶が曖昧であることが明らかにされている。

ゲームジャンル女性向けであるため、登場文も全て男性である可性が高い。
少なくとも、女性の登場は予告されていない。

プレイ環境
Windows: Google Chrome(推奨)、Microsoft Edge
Mac: Google Chrome(推奨)、Safari
Microsoft Surface: Google Chrome(推奨)
となっているため、他のブラウザを利用している人は注意が必要。

2017年6月14日に、iPhoneAndroid向けアプリケーション版のリリースが開始された。
事前登録者数は20万人を達成し、新文小泉八雲全員プレゼントされた。

システム

戦闘キャラクター入手の方法など、基本的なシステム艦隊これくしょん刀剣乱舞と似ている部分が多い。
一方で、強化や装備など細部に違いがある。
資材は食糧と洋の2種類。

なお、同じ文を複数所有することは出来ず、重複した時点で強化素材(想魂、文魂、魂)に変わる。

図書館

潜書

・有
 侵蝕された文学書に文を潜らせ、戦わせて浄化する。新たな文が転生することもある。
 書と文の組み合わせによって、回想が発生することもある。

・有魂書
 新たな文を転生させるために、洋を消費して文を1人潜書させる。
 課金アイテムの「」を使用することで、レアリティの高い文が転生する確率が上がる。
 潜書中の文は他の行動を制限される。


 想魂、文魂、魂、歯車を消費し、文を強化する。追加ボイスや新規衣装を開放することも出来る。

補修
 洋を消費し、ダメージを受けた文の治療を行う。

結成
 文を4人集め、会を編成する。編成可な会は4つ。

食堂
 食糧を消費し、文空腹を回復させる。
 メニューは曜日代わりで、スペシャルの3種類ある。
 メニューや食事をした文の組み合わせによっては、会話が発生することがある。

手紙
 文から助手宛、もしくは館長ネコから書宛に届いた手紙を受け取ることができる。
 手紙を受け取ると資材がもらえる。
 もらえる資材の種類や、何時間置きに手紙が届くかを設定することもできる。

召装
 DMMP」「券」「召装石」を使用することで「装像」や文の「衣装」を入手できる。
 装像は結成から文に装備することができ、装備した文を強化することができる。
 玉の衣装や描き下ろしイラストの装像は期間限定で、10日程度で新しいものに変わる。
 また、「交換所」が存在し、装像を分解すると生じる「思念素」と限定装像や衣装と交換することもできる。

司書室

図鑑
 所持文プロフィールボイスの視聴、1度見た手紙回想の確認ができる。

内装
 書室の内装を購入、変更する。
 変更可な内容は、具、、装飾、天井、机、床。

散策
 エントランス、中庭、談話室を散策する。
 それぞれ0~3人の文がおり、うち1人にだけ贈り物をして新密度を上昇させることができる。
 新密度が上がるにつれてアイテムがもらえたり台詞が変わったりし、100になると対の文衣装を入手できる。
 登場する文は6:00と18:00に入れ替わる。

助手変更
 画面に表示する文を変更する。
 また、助手の衣装を着せ替えることも出来る。

イベント

期間限定イベントには、いくつか種類がある。
書に関わるイベントでは文サブキャラクターによる回想が存在する。
有魂書に関わるイベントでは、一部の文から新文についてのコメントを聞くことができる。

特別要請   
 特別な有書に潜書し、歯車を収集するイベント。 
 有書の著者である新文を入手することができる。
 また、関わりの深い文衣装具なども入手可

調任務   
 「い本」に潜書する収集イベント。収集するものはイベントによって変化する。
 学園、カフェ怪談、童話など、パロディ要素が強い。
 イベントテーマに沿った衣装具が入手可

館長と共同研究
 侵蝕された雑誌に潜書することで館長の研究を手伝い、報酬として貨を入手できるイベント
 参加には「館長の扇」というアイテムが必要。

○○に関する研究
 有魂書から新文を転生させるイベント
 他のイベント、任務、課金で入手可な「招魂の」を使用する。天井が存在する。

有魂書研究
 有魂書から新文を転生させるイベント
 特別なアイテムは必要ないが、の効果が高く設定されている。天井が存在しない。

世界観

どこかの時点で違う歴史を歩み始めた日本……
平和で、近代情が長く漂うこの時代に
多様な思想を生み出す文学書が人々に個性と意思を与えてきた。

しかし―
突如、文学書が全項く染まってしまう異常が発生、
次第にそれらの文学書は、最初からかったかのように
人々の記憶からも奪われ始める。

それは負の感情から生まれた
「本の中の世界を破壊する侵蝕者」
によりもたらされた災禍だった。

それに対処するべく、
特殊アルケミストと呼ばれる者が
の図書の全てを扱う図書館派遣された。
彼らは特務書として文学書を守るため、
文学の持つを知る文を転生、
彼等のを使い侵蝕者達を追伐する。

文豪とアルケミスト 公式サイトより

登場キャラクター

本作のメインキャラクターは文だが、文や特務書のサポートをするサブキャラクターも登場する。

文豪(2017/11/19時点)

文学傾向が純文学の文物系の武器を扱う。
だけでなく、薙刀ナイフクナイハルバードなど多岐にわたる。
防御が高く、回避が低い傾向がある。攻撃回数は通常攻撃2回。

芥川龍之介 (CV諏訪部順一)
文学傾向:純文学
閥:新思潮
代表作:羅生門地獄変、歯車
人物紹介:
いつもドライ涼し気な顔をしてはいるが、少し天然なところもあり、を信じて慌てることも。
立ち振舞いがで美しく、育ちの良さを感じさせるが、それで初対面の人には固い印を与えてしまうことがある。
一方その魅的なその人間性とカリスマ性は、意識に厄介な人物を惹きつけてしまうようだ。
常に煙をヘビスモーカー

太宰治 (CV中村悠一)
文学傾向:純文学
閥:
代表作:走れメロス人間失格斜陽
人物紹介:
明るいムードメーカーを演じてはいるが、本心は自分が大好きなナルシストかまってちゃん
よく上から目線で批評するが、媚びるときはとことん媚びることができる変わり身のさを持つ。
都合が悪いことを摘されても絶対に認めない。
見えない部分もオシャレを意識しているようで、上着で綺麗な柄が隠れていても満足している。

泉鏡花 (CV神谷浩史)
文学傾向:純文学
閥:尾崎一門
代表作:外科室、高野、婦系図
人物紹介:
強気でかなりの潔癖症。生物や冷たいものは一度火を通さないと絶対食べない。
素手で物を触ることもあまりないため、清潔な手袋を常に身に着けている。
尾崎紅葉を師とし、彼に対して絶対的な忠を誓っている。
うさぎグッズをコレクションするオトメン。

夏目漱石(CV鳥海浩輔)
文学傾向:純文学
閥:余裕
代表作:輩はである、坊っちゃん、こゝろ
人物紹介:
普段はユーモアに溢れ教養を感じさせるが、仕事では厳しい一面も見せることもある先生の鑑。
人情にも厚く子である芥川龍之介をはじめ多くの人達に慕われているが、たまに繊細で気が弱い面を見せることもある。
類の甘味好きで特に羊羹が好物。食べ過ぎを注意されても、控えるつもりは全くないようだ。
谷崎潤一郎 (CV岡本信彦)
文学傾向:純文学
閥:新思潮
代表作:刺青、痴人の、細
人物紹介:
一見して礼儀正しい色男だが、その招待は理想のマゾヒズム追求し続けているド変態
女性美脚に踏まれたいという願望を持つ。
内なる欲求は秘めず、あるがままに生きるのがモットー。
一方で文学に対しては非常に一途であり、文学が侵された現状に憤っている。
再び転生する時は女性が履く靴がいいとのこと。
志賀直哉 (CV前野智昭)
文学傾向:純文学
閥:白樺
代表作:の崎にて、暗夜行
人物紹介:
王子集団と呼ばれる白樺の一人。
細かいことは気にしないさっぱりとした性格をしているが、小説に対してはこだわりがあるようだ。
また自分が本当に認めた人に対しては義理堅く、その人が例えどんな状況であっても見捨てないという男らしさを持つ。
前方不注意で何かにぶつかることが多い。
森鴎外 (CV大川透)
文学傾向:純文学
閥:余裕
代表作:舞姫、ヰタ・セクスアリス高瀬
人物紹介:
責任感が強い元軍医。
に対しても優しい好人物だが稀に亭関白なところも覗かせる。
としての悩みを打ち明ける相談相手として彼を頼る人たちも多い。 医者としても頼られているが、その時には本名で呼ばないとと機嫌を悪くしてしまう。
老舗のあんぱんが好物。
川端康成 (CV関智一)
文学傾向:純文学
閥:新感覚
代表作:伊豆の踊子、抒情歌、禽
人物紹介:
幅広い作と新しい表現技法を巧みに使い分けたため、奇術師という異名を持つ男。
寡黙さと凝視癖が相まって怖い印を与えるが、その眼差しの中には彼なりの優しさが伺える。
極端な無口に加えて浮世離れした感覚を持つため彼の意をみ取ることは難しいはずなのだが、
盟友の横利一だけは理解しているようだ。

梶井基次郎 (CV杉山紀彰)
文学傾向:純文学
閥:新芸術
代表作:檸檬の下には
人物紹介:
自称「ロマンティックスピリットを持つ」青年
そのナルシストが極まった言動が相まって異質な存在感を周囲に振りまいている。
装にも他人には理解できない独特のこだわりがあるようだ。
そんな彼の発言はすべて天然なのかと思いきや、意外にも物事の本質を鋭く捉えたものが多い。
癖が悪く深すると別人のようになるらしい。

武者小路実篤 (CVKENN)
文学傾向:純文学
閥:白樺
代表作:お出たき人、友情
人物紹介:
白樺の中心として周りを引っるお坊ちゃん文学以外にも絵画や演劇など幅広い才を持つ。
世間知らずゆえの純さから常に夢を追いかけ、計画性のい行動を見せては周りを困惑させるが、その情熱に惹かれ応援する人も多い。
最終的には人を自分の望み通りに動かすことができてしまうことが彼の才なのだろう。
坂口安吾 (CV杉田智和)
文学傾向:純文学
閥:
代表作:博士の満開の下
人物紹介:
破天荒で細かいことは気にしない快な性格。
人生標は偉大な落者になることらしいが、現実に対しては妙に冷静なところがある。
という、いわゆる闇鍋を作ることが趣味。美味しいことも多いが稀にとんでもない外れを作ってしまうらしい。
健康管理が甘くお酒を飲み過ぎることも多い。
坪内逍 (CV関俊彦)
文学傾向:純文学
閥:なし
代表作小説髄、当世書生気質
人物紹介:
近代文学の最も偉大なる開拓者と呼ばれた男。
翻訳としても活躍していたためか言葉の節々に英語が混ざる変わった言葉遣いをする。
人から頼りにされると喜んで引き受ける一方で、先生と呼ばれることを嫌うシャイな一面がある。
二葉亭四迷とはかつて文学り合った親友。
に関するものを集めることが好き。
武郎 (CV保志総一朗)
文学傾向:純文学
閥:白樺
代表作:カインの末裔、る女
人物紹介:
志賀達より後に加わった白樺の一人。
内向的で言いたいことをはっきりと言えない気弱なところがあるが、それは彼の生来の優しさ故。
一方で生きることに対して諦めている節があり、ふとした時に虚無的な表情を見せることがある。
図書館の片隅でうたた寝するその姿は一部で大変な人気があるらしい。
佐藤夫 (CV泰勇気)
文学傾向:純文学
閥:三田
代表作:田園の憂西班牙
人物紹介:
三千人と称される程の門下生を持つ兄貴肌で、くせ者ばかりの文たちの中では数少ない常識人
素質ある者は気長に見守ってやろうという親心を持つが、かつての子の太宰治に対してだけは苦い思い出があるようで言及を避ける。
好き嫌いはしないがさんまだけはどうしても好きになれないとのこと。
小林多喜二 (CV小西克幸)
文学傾向:純文学
閥:プロタリア
代表作:工船、不在地、党生活者
人物紹介:
かつて反逆者として追われた過去を持つ青年
一見して批判的でひねくれ者のように見えるが、心を許した人に対しては本来の優しさが現れる。
嫌いだが戦うことに対しては譲ることのできない信念があるようで、今回の危機についても彼なりに考えた上で協してくれているようだ。細い見たの割には大食
井伏鱒二 (CV武内俊輔)
文学傾向:純文学
閥:新芸術
代表作:山椒魚ジョン万次郎漂流記
人物紹介:
自身をオジサンと呼び飄々とした言動が立つが小説家としての持は失っていない妙齢の男。
懐が広い大人物だが、大好きな釣りをしている時にはそこはかとなく哀愁の漂う表情を見せる。
不肖の子である太宰治には振り回されつつも、根気強く見守り続けているようだ。
も好きだがカレーうどんも好きらしい。
利一 (CV羽多野渉)
文学傾向:純文学
閥:新感覚
代表作:日輪、機械
人物紹介:
かつて「文学神様」と呼ばれた文
その二つ名に相応しいでストイックな性分で新しい文学追求し続けることに余念がない。
盟友である川端康成のことは、言葉を聞かずともそのを見るだけで理解してしまう特技を持つ。
機物を擬人化させたような不思議な表現をする癖がある。
織田作之助 (CV小野坂昌也)
文学傾向:純文学
閥:
代表作:夫婦善哉青春の逆説
人物紹介:
大阪で生まれ育った、生大阪弁を話す陽気な青年。美男子を自称するなどに衣着せぬ物言いが立つ。
持ち前のサービスから理をし過ぎてしまうことも多いが、周りの心配に対しては独特の高笑いで誤魔化すばかり。
どうやら体があまり強くないことを気にしており、何が何でも明るく振る舞おうとしているようだ。
辰雄 (CV孝治)
文学傾向:純文学
閥:新芸術
代表作:家族風立ちぬ、菜穂子
人物紹介:
会う人すべてに可がられるアイドル的立ち位置の少年
気遣いも出来るが空気読みすぎて裏に出てしまうことも。
基本的に内気な性格だが、かつて病気と長い間戦い続けていた過去からか、土壇場で芯の強さを感じさせることもある。
芥川龍之介から文学を学び彼からの信頼も厚い。が大の苦手らしい。
中島 (CV石川界人)
文学傾向:純文学
閥:なし
代表作:山月記と夢、
人物紹介:
表と裏の2つの人格を持つ青年
表の人格は礼儀正しい実直な青年だが、羞恥心が強く他人の反応をいつも気にしているようだ。
一方で、侵蝕者との戦闘時に現れる裏の人格は自尊心の高さと悪も厭わない冷酷さを併せ持つ。
裏人格の時の記憶はあやふやだが、裏人格はもう1人のことを知り尽くしているようだ。
中野重治 (CV赤羽根健治)
文学傾向:純文学
閥:プロタリア
代表作:歌のわかれ、むらぎも、
人物紹介:
冷静で落ち着いた顔をしつつも、心には罪悪感を抱えた青年
かつて己の信念よりも、文学活動を選んでしまった自分の選択を後悔している。
自分の意見はしっかりと持っているようなのだが遠回しな批判をする傾向がある。
また、以外にも大雑把で小さいことにはあまりこだわらない。
一、字が汚いとの評判。
徳永直 (CV山下大輝)
文学傾向:純文学
閥:プロタリア
代表作:太陽のない、はたらく一家
人物紹介:
熊本弁で周囲を励ます、不屈不撓の元気っ子。
小さい頃から働きながらも、独学で勉強し続けた苦労人。
しかしそんな過去を感じさせない持ち前の明るさで元気の仲間に対して世話を焼く。
加えて慢強く、大抵のことではへこたれない。
一方でその頑りを認めてくれる大人に対しては少年らしい素直さを見せることがある。

文学傾向が純文学のうち、自然文学との関わりが深い文を扱う。
防御が低く、回避が高い傾向がある。攻撃回数は、開幕一斉攻撃と通常攻撃の計3回。

永井 (CV置鮎龍太郎)
文学傾向:純文学
閥:三田
代表作:ふらんす物語、腕くらべ、東綺譚
人物紹介:
エリートな雰囲気を漂わせた長青年。 若くして英へ外遊し欧の文化に触れた経験からか、ロマンチストなところも覗かせる。
江戸文化の好者でもあり歌舞伎落語を好む。最近は特に浮世絵マイブームなようだ。
基本的に礼儀正しい人物だが、日課である日記には不満や愚痴が多く書かれているらしい。
島崎藤村 (CV立花慎之介)
文学傾向:純文学
閥:なし
代表作:破、新生、明け前
人物紹介:
数奇な過去を持つためか死んだの様なをしている。
自身の陰な性格は自覚しているらしく、良くしてくれる人に対しては忠義を尽くす。
何事においても突き詰めなければ気が済まないオタク気質で、その気迫る勢いには周りが引いてしまう程。
その性格が災いし侵蝕者にまで取材を試みようとしているようだ。
田山花袋 (CV梶裕貴)
文学傾向:純文学
閥:なし
代表作:団、田舎教師
人物紹介:
何事も好き嫌いをはっきりさせようとする性格のため、敵も多いが本人はあまり気にしていない。
自分は常に時代を先取りしており、自身の小説が理解されないのは世間が遅れているせいだと考えている。
プライドが高すぎるところはあるが、持ち前の明るさと素直さで多くの人に慕われる。
美少女好きを言しているらしい。
国木田独歩 (CV増田俊樹)
文学傾向:純文学
閥:なし
代表作:武蔵野、独歩集
人物紹介:
常に情熱的で新な思いつきをるが、落ち込むときにはとことん落ち込む浮き沈みしい性格。
思ったことは率直に相手に伝える褒め上手なのでかなりの人たらしである。
時代が自分の新しさについてこれないことを不満に思っているようだ。
同じ不満を持つ田山花袋とはかつて新しい文学についてり合い、意気投合した仲。
正宗白鳥 (CV寺島拓篤)
文学傾向:純文学
閥:なし
代表作:何処へ、泥人形入江ほとり
人物紹介:
人生の虚しさに思いを巡らせるニヒリスト
彼によると「生きる意味などない」らしいのだが戦闘においては生き残ることを至上命題とする。
批評家としても知られており、彼の皮の効いた辛口な批評は他の文からも一置かれていた。
無神論者だが、心の何処かで救いをめているところがあるようだ。

徳田 (CV渡辺拓海)
文学傾向:純文学
閥:尾崎一門
代表作:、縮図、あらくれ
人物紹介:
よりも努していることは確かだが、如何せん立たず存在感が薄いことは否めない。
それを気にしているのか性格はひねくれ者であまのじゃく。
同郷の兄弟子である泉鏡花からも振り回されていた他、師匠尾崎紅葉にも一度入門を断られていたらしく、その苦労性は性のもののようだ。

文学傾向が詩歌俳句、童話の文を扱う。
拳銃ライフルショットガンなど文によって種類は様々。
1番攻撃が高い武器種。攻撃回数は開幕と閉幕の一斉攻撃の計2回。

萩原太郎 (CV野島健児)
文学傾向:詩歌
閥:北原一門
代表作:える、青猫氷島
人物紹介:
人嫌いで人が多い場所へあまり行きたがらない。しかし孤独は嫌いというかなり面倒な性格。
に対して高い理想を持っており一人それを追求し続けている。
のこと以外には頓着しないため寝ぐせがついていたり、
着物の帯が下手な蝶々結びになっていたり、靴の左右が逆だったりする。
運動神経が悪く何かにつまづくことも多い。
中原中也 (CV柿原徹也)
文学傾向:詩歌
閥:なし
代表作:山羊の歌、在りし日の歌、汚れつちまつた悲しみに…
人物紹介:
背は小さいが態度は大きい不良青年
相当な酒乱で絡む時には、情溢れる不思議な罵倒をする。暴力も振るうが、喧になると負ける。
実は他人とも仲良くなりたいが、対等な関係の築き方がわかっていないようだ。
そんな彼だがを詠わせると見事な感受性を発揮する。彼にとって一の自己表現できる手段なのだろう。
宮沢賢治 (CV代永翼)
文学傾向:詩歌・童話
閥:なし
代表作:雨ニモマケズ銀河鉄道の夜の又三郎
人物紹介:
根っからのお人好しで「気!」と言って、自分よりみんなが幸せになることを願う少年
爛漫さが立つがベジタリアンであったり、大人の絵本と称して春画を大量に所持していたりと意外にもませているところがある。
そのためか考え方を押し付ける支配的な大人には反発心を持っているようだ。
北原 (CV花江夏樹)
文学傾向:詩歌
閥: 北原一門
代表作:邪宗門、白金独楽
人物紹介:
だけでなく歌や作詞も難なくこなす俊才。 その多な才を慕って集まった子も多いが、本人は関心を決め込んでいるようだ。
批判されたり命されることが嫌いで、本人く己の美的感覚を批判する者は許せないとのこと。
その尊大ともとれる態度とは裏に非常な努で、一番であるための努は厭わない。
室生 (CV逢坂良太)
文学傾向:詩歌純文学
閥:北原一門
代表作:抒情小曲集、愛の詩
人物紹介:
故郷の金沢を想い郷のを詠う詩人
自然育ちの野生児を自称するだけあって何者にも縛られることの自由奔放さを持つ反面、容姿に気を遣うマメなところも覗かせる。
萩原太郎とは本人く「二魂一体」の親友。彼を泣かす者はたとえであろうと許さない。
身長が低いことがコンプレックスらしい。
子規 (CV白石稔)
文学傾向:詩歌俳句
閥:余裕
代表作:歌よみに与ふる書、病牀六尺
人物紹介:
好奇心旺盛なたくましく明るい大人で、あれこれ頭で考えるよりもまずは行動するのがモットー。
親友で長年の付き合いである夏目漱石に対しては遠慮な面もあるが、それは信頼の
転生後は体の調子も良くなったようでやたら野球をしたがる。
しかし周囲は運動嫌いばかりの為、試合ができる人数を集めるには至っていない。
若山 (CV宮下栄治)
文学傾向:詩歌俳句
閥:なし
代表作:、別離、黒松
人物紹介:
を一日一嗜むという噂の歌人で、仙人めいた雰囲気と好きらしい快さを併せ持つ。
ばかり飲んでいるせいか体がいつも熱っぽい。
特に大きな悩みもないようで、用のひょうたんを片手に自然に咲くを眺めては幸せそうに溜息をつくところがしばしば撃されている。
に対して情熱的な時期があったらしい。
高村光太郎 (CV森田成一)
文学傾向:詩歌
閥:明星
代表作:程、智恵子
人物紹介:
常に穏やかな笑みを絶やさないクール芸術
文学の分野では詩人として活躍しているが、その他にも彫刻や絵画、書道など多な才を持つ。
武道の心得もある一方で戦いは悲しみを生むだけと考えており、侵蝕者と戦わなければならないことには少し複雑に感じているようだ。
彫刻に適した木を見ると周りが見えなくなる。
石川啄木 (CV松岡禎丞)
文学傾向:詩歌俳句
閥:明星
代表作:一握の砂、悲しき玩具
人物紹介:
人のや寂しさを描いた歌を詠うにも関わらず、歌を詠む本人は傲慢な借王という矛盾に満ちた俺様歌人
他の文に対しても借があるらしくを離した隙を突いて消えてしまうことがある。
とは言えどこか憎みきれずになんだかんだされている。
その不思議な魅こそが、彼のの才なのかもしれない。
三好達治 (CV寺島惇太)
文学傾向:詩歌俳句
閥:なし
代表作:測量船、駱駝の瘤にまたがつて
人物紹介:
感情が表に出てしまうタイプで、何事においてもはっきりさせずにはいられない純情少年
彼の独特の口調はその反の現れのようだ。
自身の高い理想と未熟な現在のギャップに苦しんでおり、だけに生きる萩原太郎を自身の標として、日々彼を追いかけている。
唐辛子毎日摂取するほど辛いものが大好き。
新美南吉 (CV村瀬歩)
文学傾向:童話
閥:なし
代表作:ごん狐手袋を買いに
人物紹介:
自然人間を深く観察する感受性豊かな少年。「ごん」という子ぬいぐるみを抱えている。
その外見からは内気で大人しそうな印を抱くが、実は人が驚き慌てふためく姿に快感を覚えている大変な悪戯っ子なので騙されてはいけない。
自分の部屋は本まみれで寝る場所がないらしい。
の音が嫌いで、稲妻を見ると震え上がる。

文学傾向が大衆小説の文を扱う。
パラメータは全体的に低めだが、攻撃対は敵全体。攻撃回数は通常攻撃の2回。

尾崎紅葉 (CV緑川光)
文学傾向:大衆小説
閥:尾崎一門
代表作:多情多恨、
人物紹介:
露時代と言われ、双璧をなした小説家の一人。
世話好きで何事にも動じない好人物だが、それは数多くの子を育ててきた自負から来るようだ。
現在泉鏡花徳田を温かく見守っている。
そんな彼だが食に対しては一言あるらしく、好みに合わないものは絶対に食べようとしない。
意外にも悪戯好きな一面がある。
江戸川乱歩 (CV斉藤壮馬)
文学傾向:大衆小説
閥:なし
代表作:D坂の殺人事件、怪人十面相
人物紹介:
変わり者で何事においても少数の思想を持ち、多数決で決まる常識を嫌うに満ちた小説家
エンターテイナーで常に人々がめる物を考えるが、それが人としてどうかという倫理性にはあまり関心がないようだ。
趣味はひとり悪意のないちょっとした悪戯、新しいトリックや敵の倒し方を考案すること。
小泉八雲 (CV内田雄馬)
文学傾向:大衆小説
閥:なし
代表作:怪談、In ghostli japan.
人物紹介:
からはるばる日本へやってきた異色の文で 片言な日本語の中に時代錯誤な表現が混ざる。
来日した時の名前はラフカディオ・ハーンだが、古くからの友人は彼を親しみを込めてヘル先生と呼ぶ。
常に穏やかな笑みを浮かべる紳士だが、実はとてもおちゃめで、得意の怪談話で皆の怖がる顔を見ることが大好き。

幸田露伴 (CV子安武人)
文学傾向:大衆小説
閥:なし
代表作:五重、運命
人物紹介:
露時代と言われ、双璧をなした小説家の1人。 子を多く抱えた尾崎紅葉とは異なり、一匹
快そうな印に反して、器用で事もそつなくこなすマメなところがある。
また江戸っ子らしい情熱で、噂では、怠ける者には慢できず呼び出しては彼独自の「努論」を説くらしい。
考え事をしたいときは釣りに行くとのこと。

吉川英治 (CV阿座上洋平)
文学傾向:大衆小説
閥:なし
代表作:鳴門秘宮本武蔵三国志
人物紹介:
時代を感じさせる、一変わった佇まいの男。
意外皆師也」をモットーに生きる非な勉強で敵との戦い以外でも自己鍛錬は欠かさない。
健康オタクでやたらと鍛えることを薦めてくるという欠点があるが、それを除けば頼れる先輩と言うことが出来るだろう。
歴史好きでもあり名将や剣豪名言に詳しい。
菊池寛 (CV三木眞一郎)
文学傾向:大衆小説
閥:新思潮
代表作:恩の彼方に、珠婦人
人物紹介:
仲間思いで懐の広い、みんなの兄貴的な存在。 才のあるものに対しては支援を惜しまないため、彼からお金を借りたことがある文は実は多い。
趣味ギャンブルをする時以外は非常に合理的で長い付き合いである。
芥川龍之介のだらしなさにも一言あるがほとんど諦めているようだ。
味覚が鋭く細かな違いも見抜く

その他、今後実装予定の文として、岩野泡鳴、直木三十五、小川未明、夢野久作、高虚子が公式から発表されている。

サブキャラクター

館長 (CV:綱太郎)
 図書館の管理を任されている。
 アルケミストだが、が不安定で文の魂を現世に保つことはできない。
 おおらかな性格で、オフの際は瓶をもって飲みの文に絡みに行く。

ネコ (CV大河元気)
 しゃべるオスで、仕事からの示を伝えること。
 日向に出ては丸まって寝ているが仕事はちゃんとこなす。
 多少想ではあるが、撫でられるのは嫌いではない。
 潜書できるらしく、文たちと共に有書へ潜書することがある。

アカ
 召装担当の研究員である少年。便宜上アカと呼ばれている。
 甘いものを好み、元のホクロチャームポイント

アオ
 召装担当の研究員である少年。便宜上アオと呼ばれている。
 眼鏡にこだわり辛いものが好き。

関連動画

関連静画

関連商品


関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%87%E8%B1%AA%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

文豪とアルケミスト

59 ななしのよっしん
2017/10/05(木) 18:32:09 ID: sZAHzoZCet
そういえば文アル世界の技術レベルってどうなっているんだろうな。
パラレルとはいえ現代日本のようだし、技術面は現実とあまり変わらなくて、ネットテレビケータイ旅客機もあるんだと思っていた。
その上で文化や風俗近代なんだと。
60 ななしのよっしん
2017/11/11(土) 23:27:54 ID: UNqFtyNIDC
音楽家異世界女体化転生ものもあるからヘーキヘーキ
61 ななしのよっしん
2017/11/13(月) 07:50:33 ID: +0T9YOu4ai
図書館男性ばかりなのは女性と一緒にして恋愛沙汰で騒動起こしたら大変だろうからだと思う。
つまりゲーム中の図書館男性寮。

女性が呼ばれるような図書館館長女性図書館なんじゃないか?
62 ななしのよっしん
2017/11/26(日) 12:11:22 ID: DFAm3RPqea
女性関係でいろいろあった文もいるからな。
その危惧あるかもしれないよな。
個人的にその設定で女性図書館があるとうれしい。
63 ななしのよっしん
2017/12/05(火) 00:51:00 ID: gIxvnJpVkD
背景やら食事やら音楽やら、何から何まで細かく描写されてるのは本当にいい。
特にBGMは気に入りすぎて初めてサントラ買った。12月20日のも買う。
ブラウザゲームに初めて貢いだわ、布教しよ。
64 ななしのよっしん
2017/12/17(日) 22:40:01 ID: 6zMioRE2aI
島崎藤村は姪を妊娠させて逃げた事件を起こしてるから
ロリコン変態キャラでいいと思うんだけどな~

そういう文クズっぷりを視ってのも違和感
65 ななしのよっしん
2017/12/18(月) 00:57:50 ID: /sgWRjQMM9
>>64
タイミング的に今日テレビを見て来たのかな?
生涯に渡ってそうだった人間ってわけじゃないんだから、その一部だけ切り取ったキャラクターになんてできないだろうさ
66 ななしのよっしん
2017/12/29(金) 01:33:59 ID: fD2Ki+4XfR
藤村現在実装されてる回想でもいい感じにその加減もキャラクターの中に垣間見れる(芥川との回想とか)し、斜陽みたいに今後のイベントで史実を絡めた新たな一面とかも見れるかもしれないから、今のキャラ付けだと元ネタへの愛がないと思うかもしれないけど是非実際にプレイしてほしいな!!

まぁそれでもやっぱり原作を深く知ってる人ほど自分が思ってる文像と違ったりするかもしれないからその時はまぁこのゲームはあなたには合わなかったな…としか言えないですが…
67 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 04:19:25 ID: 8+wu+UivEx
>文明レベル
ちみっとゲーム内容ネタバレ(特に賢ちゃん関連)あり

現実世界では衰退した(化学にとってかわられた)錬金術が発展した世界
路面電車が走っている(公式PVより、ただしゲーム開始時点から見て「現在過去」両方の可性がある)
・少なくとも食品の冷蔵・冷凍流通網&業務用冷凍庫はある
宮沢に関連して手紙や食堂で「サイダー」が何度か話題に上る
+食堂のメニューアイスクリーム檸檬ゼリーなど「常温では調理・提供できない料理」がある
+通年メニューに焼き定食があるが、色的に的でがっつり漬けしたようなではなさそう)
・少なくとも養殖は出来る(食堂回想より推測)
養殖はできるんじゃないかな?(食堂通年メニューより)
カカオをチョコレートに加工する程度の食品加工技術はある(イベントより)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
68 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 04:50:44 ID: 8+wu+UivEx
長すぎたので分割(そして手直しと事実確認で投稿間隔があくw)

取り敢えずプレイして見つけられたことを漫然と列記してみた
現時点の印としては、
>>59氏の「技術面は現実とあまり変わらなくて、ネットテレビケータイ旅客機もある」
と考えるのが一番自然なのではないか?と感じられる
(あの文の発想元になった先生が、平成初期まで御存命でいらした事を考えると、
技術レベル昭和初期までがっつり後退してたら多少なりとも戸惑ってなきゃおかしいし)

スマホアプリ提供一周年記念の掛け合いで
スマートフォン(もしくは専用アプリケーション)」を「携行概念転生装置」と呼んでたりするので、
必要ないから出てない&一部の名称はカタカナではないだけで、
自分の知ってる昭和後期以降の製品・組織が問題なく存在しているかも?