斎藤一単語

サイトウハジメ
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

斎藤一とは、新撰組に所属していた幕末客であり、明治時代の警察官である。

るろうに剣心キャラクターはこちら → 斎藤一(るろうに剣心)

概要

史実

保15年(1844年)1月1日に生まれる。変名に山口次郎(二郎)、一瀬伝八(いちのせでんぱち)などがある。明治以降は会津松平容保より授かったという藤田五郎を名乗った。

の流は「外流」と言われるが、子孫によると「上にも下にも何にもつかない一流」であり、正確なことは不明。斎藤本人の遺した言によると、江戸に住んでいた19歳の頃、いざこざがあって旗本の武士殺してしまった為、父親の縁で京都剣術場に逃れたと言う。

の腕が立った為剣術場で師範代を努めていたが、文久3年(1863年)、近藤勇ら浪士組が上して壬生浪士組(新撰組)を発足させるとこれに参加。入隊後すぐ幹部になり、三番隊の組長となる。

※文久3年3月10日京都残留嘆願書には既に名前が載っており、江戸滞在時から近藤ら試衛館組と知り合いだったと思われる。(浪士組の京都到着は2月23日

池田屋事件、御陵衛士でのスパイ活動、満屋事件での逸話が知られる。

慶応4年(1868年)、新撰組隊士として羽・伏見で新政府軍と戦うが敗れて江戸へ敗走。新撰組隊士達と甲陽鎮撫隊を結成して甲州勝沼で新政府軍と戦うが敗北。そのまま会津まで逃れ、合流した土方歳三と共に新政府軍を迎え撃つがここでも敗北土方仙台に向かったが、斎藤会津着を持ったのか留まり、ここで新選組を袂を分かった。会津の降伏以後は、下北半島・斗南への集団移住まで会津士達と行動を共にする。

斗南時代に篠田やそと1度結婚しているが、明治7年(1874年)、上後に高木時尾と再婚している。(篠田やその消息や没年は不明)

明治10年(1877年)、警視庁に就職後、西南戦争に出征、新聞に掲載される手柄を立てている。

平成26年(2014年)1月京都市の霊山歴史館に寄贈された明治時代の警視庁名簿原本によると、「書記兼戸口取調掛」なる役職に斎藤一の名が載っている。現在警視庁に問い合わせたところ、「そのような役職は存在しなかった」という回答であったため、斎藤が架の役職に就いてスパイ活動を行っていたのではないかと推測されている。[1]

明治24年(1891年)、警視庁を退職し、以後は博物館女子校にて勤務。

大正4年(1915年)9月28日に数え年72歳、満71歳で死去。死因潰瘍であった。死の間際、家族の手によって座布団を敷いた床の間に自分を運ばせ、結跏趺坐のまま息を引き取ったという。

逸話・イメージなど 

  • 斎藤一の特徴として有名なのが、左利きであったという説である。これは子沢寛による創作の可性も否定出来ないものの、斎藤は左片手一本での突きを得意としていたと言われる。この説は漫画るろうに剣心』に登場する斎藤一の必殺技牙突」に代表されるように、多くのフィクション作品に採用されている。
  • 明治の末に神道念流有信館の山本忠次郎が木にるした空き缶竹刀で突く練習をしていたところ、斎藤と思われる老人が通りかかり、忠次郎の竹刀で缶を突いてみせた。老人は一のうちに突き、缶は揺れることなく貫通したとされる。

関連動画

 

関連商品

関連項目

脚注

  1. *歴史2014年8月号 P9

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%8E%E8%97%A4%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

斎藤一

163 ななしのよっしん
2018/06/18(月) 07:38:55 ID: khh0+i/Mbj
こいつ出自、経歴が不明な点多くあるうえ、新政府における諜報任務に携わった形跡あるからひょっとすると最初から新政府側とつながってたんじゃ?
という意見あるからなぁ。
一説によると2重スパイとか。
164 ななしのよっしん
2018/08/01(水) 01:07:38 ID: hNEnRFRQak
>>163
ちらっと聞いたことがあるだけでも、
幕府側のスパイ説(明石浪人父親が高価な御を買ったあたりが々)
水戸と繋がりがあった説(ぎ先が水戸医者々)
会津スパイ説(元家老二人が仲人になって大付の結婚させる等、やたら厚遇)
政府側と何かあった説(長だらけの明治政府で元新撰組で現会津士が密偵をしていたのは々)
くらいはあるからなあ
立ち位置と言い経歴と言い、だらけ過ぎて妄想捗るんだろうが
165 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 22:36:37 ID: f/kvkjmmY/
前田慶次花の慶次以前は名で、花の慶次以降名が知られるようになったが、
この人物もそんな感じだろうか?
166 名無し
2018/09/05(水) 21:10:37 ID: jETdrOVlPz
新選組隊長で西南戦争に参加しており、かつ生き残ったという
ガチでやばいだよ。(当時は警視隊)

特に当時の抜刀隊はほとんどが戦死したのにあれすら生き残ってる。
剣術の腕は相当やばいのは確かだが、剣道も強すぎだったとか。
竹刀に当てることができないってどういうこと?って思うけど、
竹刀で缶を貫通させるほどなんだからもはや常人の域じゃないね。

きっと今のスポーツ選手でいう「ゾーン」みたいなものを持ってたんだろう。
この人と1対1で戦った人は不幸なんてもんじゃないね。。
167 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 00:03:28 ID: K1my6qQwD2
そもそも前田『慶次』なんておらんし、斎藤一の横に並べていい例えじゃない
168 ななしのよっしん
2019/05/06(月) 15:14:52 ID: b4AmgbAS7+
すごい経歴だけど御女子生徒はこの庶務のおっさんの素性知っていたのだろうか。
これだけの人が晩年は女子大で人力の交通整理とかしてるってのが…。まぁ平和になったなんだろうけど。
169 削除しました
削除しました ID: x+E8OPxt2J
削除しました
170 ななしのよっしん
2019/06/12(水) 20:37:36 ID: zcfX/IQMgT
>>163>>164
斉藤の忠心の対会津松平容保。それが中心であって、後は枝葉。新撰組も幕府ではなく
会津の組織と言う認識なので会津で戦うのは当然。容保の生命が保障された時点で停戦するのも
当たり前。明治政府はともかく、天皇君の君だから尊重するのも問題はない。幕府や将軍
君の仕事上の上。上である間は尊重されるが、上でなくなればお終い。

この辺の認識が現代人に持てないために怪しい人物になってしまうが、当時は全く自然
流れで生きただけなのよ。
171 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 13:40:31 ID: n+ZZzi68Yf
創作での新撰組の一員としてのイメージが強くて会津で脱退したのも、敗北は避けられず組織もほぼ崩壊してるしどうせ死ぬなら恩義を受けた会津でと思ったからみたいに考えてたけど前提からして違うのか……説得を受けて降伏したのも納得出来る。
頭の中でそんな認識だったってだけだけど、なんか恥ずかしいな。
172 ななしのよっしん
2019/09/20(金) 23:26:13 ID: xbce19+Q6H
>>170
その摘は盲点だったな
例えて言えば江戸幕府が国連
会津日本
新選組国連軍って所になるのかな?

よく考えれば戦争とか下関戦争とか一つの海外戦争もしてたりするし、当時としては日本という一つの国家というより複数の国家で構成されるという印だったのかもしれない
日本全に一つのになったのは明治時代って所か