斎藤義龍単語

サイトウヨシタツ

斎藤義龍(さいとう・よしたつ 1527~1561)とは、美濃国斎藤氏第二代当美濃国一色氏初代当戦国大名である。

概要

美濃の蝮こと斎藤道三(ただし異説アリなので後述)

三側室の深芳野(義る上で外せない人物なのでこれまた後述)

子に暗愚扱いされてる斎藤がいる

隠居していた三を討ち果たし、権奪取の経緯ゆえに基盤が不安定だった美濃斎藤氏を戦国大名として安定軌に乗せた人物である。婿である尾織田信長と対立する中で急死する。

生涯

1527年に斎藤道三の嫡男として生まれる。元時期は不明だが初名は利尚。「利」の字が入っている辺りから考えて、長井規秀から斎藤利政に名した1538年以降だろうか。

1554年には三から督を譲られたとされているが、この三の隠居は江戸時代以降の軍記物で初めて出てくる話なので、信憑性が薄い(しかも仲が悪い癖に家族って稲葉山に住んでたと「信長公記」に書いてある)

1555年に叔父とされる長井道利と共謀して三を追放。三が可がってた2人は兜作りに定評のある日根野弘就に殺させた。

1556年には三と長良川で対戦して討ち取った。これが長良川の戦いである。

1561年、35歳の若さで急死し、(当時14歳)が督を継いだ。

斎藤義龍は誰の子か

この話で鍵になるのは斎藤道三側室の深芳野である。深芳野は元美濃国守護大名土岐頼芸だったため「三が深芳野を下贈された際、実は既に頼芸の子を妊娠していて生まれたのが義」という噂がある。だが、父親土岐頼芸であるという説が見られるのは江戸時代に編纂された系譜からなので、信憑性は限りなくゼロに近い。

「義父親三である」と当時の第三者・南近江守護大名六角義賢1560年に臣に宛てた書状に書いているので、土岐氏落胤の噂は当時は存在しなかったのではないか、三が義父親であろう、と推測できるが本当の所は不明としか言いようがい。
YOU達、最近流行りのDNAしちゃいなYO~

ちなみに、・深芳野の出自にも「稲葉一鉄」と「丹後守護・一色義清」の二つの説がある。ただ、一一色氏とされているので、どちらにしても一色氏の血を引いている可性は高い。これが後述する一色氏の名乗りを許された根拠となっている。

ところで義身長六尺五寸(197cm)もあったらしいが、これはの遺伝子なのだろう……。
(ちなみに江戸時代に編纂された『美濃国系譜』によれば、・深芳野は身長187cmと当時としてもかなりの長身だったため、の遺伝子を強く受け継いでいるとも考えられる。)

道三と義龍の美濃国統治の違い

まず、斎藤道三美濃国を下上で取ったお陰で反対勢も多かったため、独断専行のかなり強引な統治をしていた。

  • ただし、土岐氏を全に追い出して美濃統治が本格的に始まったのが1552年。それから4年も経たずに三は義に殺されているので、統治々は評価のし辛い部分があるが、とにかく領経営はうまくいってなかったご様子。

一方の斎藤義龍の美濃国の統治はというと、三のせいで色々と荒れた美濃国を復する為、貫高制に基づいた安堵状を発行して所領問題を解決し、三の独断政治と違い宿老による合議制の導入等をする事で、一気に戦国大名としての斎藤氏を築き上げて美濃国を安定に導いた。ただし息子

こうした統治を評価されてか、あるいは義の外交活動の成果か、将軍足利義輝から足利氏の支族である名門・一色氏を名乗ることを許され、斎藤から一色名。足利幕府相伴衆にも列せられた。

既存権(守護土岐氏)を底的にブッ壊した三、という過ダークイメージを和らげる事で、美濃国内のみならず、周辺諸大名への影も変化したと考えられる。事実この時期、名門守護大名六角氏と同盟を結んでいる。

斎藤義龍と織田信長の関係

斎藤道三濃姫帰蝶)が信長いでいるので親戚(義)なのだが、そんなのは関係ないとばかりに戦をやっている。悲しいけどこれ戦国時代なのよね。ただ、織田の方は東に今川という大きすぎる脅威があったため、斎藤家との戦いは義の生前は本格的なものには至らなかった(というかそんな余裕ない)。

自身の戦国大名としての器量は、活動期間が短いとはいえ高いものであったと思われる。なにより三時代より中の統率がとれていることは大きかっただろう。三も長良川の戦いで、これまで義無能としていた評価は誤りであったと死の間際に認めたとされている。

またあまり知られていないが、義信長1559年に初めて上した時、火縄銃装備の手勢を派遣し、信長狙撃して暗殺しようとしている。ただし失敗した模様。これは記録に残る日本初の火縄銃による狙撃である。

こうした状況が大きく変化するのは、1560年の桶狭間の戦いの後である。
東の今川の脅威が減し、その直後の1561年に義不幸にも急死してしまう。更に続く1562年には清同盟が結ばれて、織田は東を気にすることなく、対斎藤家に集中する事が出来るようになった。そして1564年には浅井婚姻同盟を結ぶ念の入れよう。そんな訳でご存知の通り、1567年に信長によって美濃国は制圧された。

関連動画

斎藤義龍に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける斎藤義龍の力一覧。 

基本的に三より戦闘は上。知略もそこまで低くはない。今のところ革新全盛期で、騎適正がS、織田の兵をガンガン溶かしまくる脅威のヒゲダルマ。しかし、やはり活動時間が短すぎるのが最大のネックである……。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 83 政治 73 88 野望 78
武将風雲録(S1) 戦闘 86 政治 70 79 野望 82 教養 66
覇王 采配 88 戦闘 84 智謀 71 政治 65 野望 82
天翔記 戦才 168(A) 智才 134(B) 政才 140(B) 85 野望 85
将星 戦闘 88 智謀 76 政治 65
烈風 采配 81 戦闘 75 智謀 69 政治 60
世記 采配 78 智謀 62 政治 52 野望 64
蒼天 統率 81 知略 67 政治 55
下創世 統率 81 知略 67 政治 54 教養 58
革新 統率 91 武勇 93 知略 75 政治 60
統率 91 武勇 93 知略 75 政治 60
創造 統率 78 武勇 80 知略 69 政治 59

関連商品

斎藤義龍に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

斎藤義龍に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%8E%E8%97%A4%E7%BE%A9%E9%BE%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

斎藤義龍

32 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 19:19:37 ID: 4mxLRPb4eX
エディタもあるんだしゲームの設定に不満があるなら好きに弄れ
33 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 13:27:37 ID: 6+xf1N/GgX
ゲーム的にはあれくらい戦闘力がないと織田武田に対抗するのが大変
中級者向けの大名だから苦労はそこそこが望ましい
かつ武将コレクションなゲームだから、プレイ開始時から終盤までずっと使える武将がいた方が良い
という感じで設定されたんじゃないかな
34 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 22:14:53 ID: fBDSaLhJWw
この人が急死してなかったら信長の戦略も違ってただろうな
武田信玄上杉謙信といい信長特有の強ライバルが勝手に死んでくれる現はこの時から始まってたんだなって
35
2019/02/23(土) 10:21:56 ID: xS/iOKS6bw
大志PKで待望の新グラに!
まあデザイン的には肖像画ベースなので過去作に回帰したと言えなくもないが
36 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 12:22:08 ID: jVGJOoFhgs
しかしはどんどん下降してる
格付けもCになってるし
本人どうこうより織田の都合なんだろうけど、悲しいなぁ悲しい
37 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 12:59:58 ID: uJmrhmtYkC
あんまり義を弱くすると討たれた三も弱く見えるからやめてほしいわ
38 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 19:37:35 ID: NEmiUA0y/8
織田の都合とか関係ない
単純に斎藤義龍の評価が是正されただけ
そもそも織田信長ライバルなんていない
三国志じゃないんだからw
39 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 11:37:52 ID: LfNE0be22h
信長を足止めすることも出来なかったからな
の反信長支援するが信長に粉砕されるし狭間の時も義は何もしていない
美濃国内では別伝の乱、遠山氏の離反敵対、長井道利と敵対
と統治でも問題ばかり
外交では孤立し、晩年にようやく六角と結ぶ程度
武田浅井朝倉織田とは敵対
美濃では三は相当嫌われてたようで、だからこそ反三の旗印になれたけど義有能かと聞かれると疑問だね
死にしたから評価が高いけど、長生きしたら美濃はもっと織田に獲られてた可性もある
息子武田と同盟を結んで織田に対抗してたから
40 ななしのよっしん
2019/06/09(日) 19:58:13 ID: 6+xf1N/GgX
遠山1554年時点ですでに武田を後ろにしてた
もっとい段階で信玄に接近してたかもしれんね
別伝の件は宗内の閥争いの泥沼に義がそうと気づかず片足突っ込んだ形
失策だった。ただし義はこの事件も利用して朝廷・幕府との交流を一層深めてる
妙心寺の閥争いを美濃国衆の内紛と結びつけさせなかったのは評価していいんじゃないか?
武田信玄は気が気じゃなかっただろうけどね
もし美濃混乱したら、同盟者の越中ピンチだから
上杉謙信畠山朝倉が組んで越中加賀の本願寺門徒に経済封鎖仕掛けていたから)

将軍足利義輝を味方につけたことが、まだ過小評価されている感じかな
将軍がお飾りという先入観がまだ多いのかもしれん
美濃国内では特に明智地方が幕府の官僚兵士を多数輩出していて、将軍の影が大きかった
41 ななしのよっしん
2019/06/09(日) 20:15:18 ID: 6+xf1N/GgX
それと義が権握する前から、美濃国衆は周辺大名の強い影を受けていた事実は義の事績を考える上で前提に考えないといけない
遠山…上にも書いたが1554年時点で信玄を後ろにしていた。さらに織田弾正とはその前からの付き合い
西部国衆(東遠藤など)…朝倉・義の干渉を受け、朝倉に従っていた。
西部国衆浅井亮政・久政が政略結婚で関係強化。
西部国衆六角定頼に従った時期がある。北伊勢に通じることから、北伊勢に勢を伸ばした次の六角義賢とも繋がりがあった

1554年時点で食い状態で、危険な状況だったんだ
三の排除、長井道利との対立は、政を巡る方針で揉めたんじゃないかな

自身は外交では足利義輝を味方につけるという大金星を挙げた
の援護で六角朝倉との対立関係を解消(朝倉はその後も暗躍したが)
安東守就らの支持を集め、彼らを相談役に据えることで支持基盤を強化。ついでに浅井の影も抑制
岩倉織田信長に潰されたが、尾北部に
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)