斎藤龍興単語

サイトウタツオキ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

斎藤龍興 / 一色龍興(1547~1573)とは、戦国時代の武将である。

概要

一般的には一気に傾けた~世大名の一人として名高い人物。しかし、これまでちゃんと調べてこなかったのをよくよく見ていくと、それなりに頑っていたことが明らかになりつつあるのは彼も同じである。

あっけない父の死と継承

斎藤義龍浅井亮政の間に生まれた。なお、母親はこの事績以外何も伝わっていない。ちなみに、父親の頃に一色姓しているため、本人は一度として斎藤龍興を名乗っていないことに注意。

斎藤氏を筆頭に戦国時代美濃はあまりにも史料が少なく(有名な逸話として歴代当全員を合わせても稲葉一鉄一人の文書数にはるかに及ばないことがあげられる)、父親斎藤道三を滅ぼし、一色氏として幕府の相伴衆となった斎藤義龍も具体的な動向はよくわかっていない。斎藤義龍は寺社に介入した別伝の乱の最中の永4年(1561年)に突如として亡くなり、息子の彼に督が交代した。

この直後に、織田信長の攻撃が始まる。六人衆・日根野清実、長井衛安が討ち死にするなど、手痛い損を出し、俣近辺などを攻められていく。しかし、六人衆の残り・日根野弘就安藤守就氏家卜全を中心に立て直し、以後彼らで政務を回していったようだ。ただし、内政にまつわる文書は全く残っておらず、詳細は不明。しかし、彼ら重臣を軸にした機構が機しており、斎藤龍興がにかかわったのは外交問題であったようだ。

ただし、ぶっちゃけ言うとこの外交面であるが、『永沙汰』収録の「賀守就・延永連署状写」、『尊経閣文庫所蔵文書』8号斎藤家老臣連署状」の両書状を見た限り、六角承禎三好長慶の戦いのどちらにもいい顔をしており、どちらにとっても味方の勢というかなりのきわどいラインクリアしていったようだ。やがて観音寺騒動や三好長慶の死が起きてもなお、両者との関係を継続に持ち込んだのである。

なお、この時期の後斎藤氏の臣編成として、ツーマンセルで各所を担当させることが多いのが特徴である。

稲葉山城占拠と信長との戦い

このタイミングの永7年(1564年)2月6日竹中半兵衛による稲葉占拠が起きる。基本的に寺社の法にしか記録されておらず、隣の『信長公記』すらこの事件を認知できていない。竹中半兵衛安藤守就の反乱があったまでは事実だが、後世の『太記』などで増幅されたイメージによって、実態はよくわからないことになってしまった。しかし、竹中半兵衛が自身の策謀を実行できてしまったことは間違いない。

ちなみに、後斎藤氏の一次史料を分析した石川美咲は、この反乱の原因を斎藤義龍時代に追い出された斎藤義龍長井隼人佐の復権と、それに連動した武田信玄との同盟締結にあるとする。つまり、斎藤龍興が西方ではなく東方武田氏に接近し、それに六角ルートの取次的存在であった安藤守就六角氏とある程度共謀関係にあった竹中半兵衛が反発した、ということである。

『尊経閣文庫所蔵文書』によると、10月にようやく斎藤龍興の帰還がかなったようであり、それまではずっとは占拠されていた。なお、ここで浅井長政の侵攻があったとされるが、二次史料によってもいつのタイミングかまばらで、いまだに定説を見ない。

なお、このクーデター以後六人衆は武田氏との同盟締結には添え物と化しており、ほぼ長井隼人佐とその関係者である快紹喜らが導していた。ただし、別に六人衆が以後軽視されたわけではなく、六角氏との回路において依然健在、かつ斎藤義龍に与えられた名字を捨てることも滅亡まではなかった。とはいえ、西美濃を中心にした斎藤義龍旧臣と、中美濃を基盤にした長井隼人佐の両重臣の構成が、織田信長による美濃握以後も各国衆に影を与えた可性は高いとされる。

さらに、状況はどんどん悪くなる。織田信長が尾北部から美濃にかけての諸勢をどんどん味方につけていたのである。かくして、永8年(1565年)に犬山が落する(なお、ちゃんと調べられた結果1年タイミングが遅かったことが分かった事件である)。

ところが、足利義昭から和の申し出が出てくる。上に協させるために両者を取り持とうというのである。そしてこれにどちらも乗る。ところが以後の『中島文書』によると織田信長を全く信用していないながらも乗ったが、心変わりした織田信長が上作戦を台しにしたこと、そしてその原因となったのがおそらく自分と開戦した河野合戦であったことがわかる(斎藤龍興の論理としては織田信長責任転嫁しているが、全に自分のせいである)。

かくしてメンツをつぶされた織田信長が斎藤龍興に攻めかかる中、斎藤龍興はついに武田信玄と結ぶ。さらに、このころ義棟に名しており、このタイミングが何年かで実はあることが明らかになる。この義はおそらく足利義維足利義栄からの偏倚らしいのだ。つまり、武田今川に手を伸ばしつつも、織田信長営とは全に逆についたのである。

落城と以後

かくして、永10年(1567年)という運命の年が訪れる。なお、父親の七回忌でさらに義糺 or 義紀に名したことがわかる。

そして、七回忌からすぐに稲葉織田信長によって落した。ちなみに、稲葉が永7年(1564年)か永10年(1567年)かという明治維新後の息の長い論争があり、今では永7年説はあらかた否定された。この混乱『太記』が十と七を混同したことがすべての始まりである。だが『信長公記』の8月か、『瑞衣輪番世代帳写』の9月か、という別の問題があり、いまだに決着していない。

ここまで長々と細かい回りくどいことを書いたが、落自体はとてつもなくあっけなく、特に書くことはない。斎藤龍興やだった臣団はほぼ傷で脱出しており、以後、彼の戦いが始まる。

斎藤龍興は以後伊勢長島からに上り、三好三人衆に与同したようだ。なお、彼本人の事績はほぼ残っていないが、『顕如御書留』の調で、途中の過程が判明した。元2年(1571年)8月に斎藤龍興が信長包囲網によって美濃を奪還する計画が立てられていたのである。遠藤氏らの調略に手間取り、本願寺の協で翌元3年(1572年)にはようやく軌に乗ると、日根野弘就織田信長方を挟撃しようともくろんだ。

ところが、朝倉義景の撤退である。この結果、結局うまくいかず、斎藤龍興も彼に付き従ったようだ。そして元4年(1573年)の足利義昭の敗走と、浅井長政救援に失敗した朝倉方の坂の戦いでの敗戦で、30に満たない若さながら、討ち死にした。彼の獅子貞宗を叔父斎藤利治の子孫が伝えていったという。

子供は一切確認できないが、越中寺の元和9年(1623年)以降の住職が彼の子孫の可性がある。

このような斎藤龍興の生涯は、『土岐塁代記』のような例外はあるものの、近世以降竹中半兵衛の引き立て役として悪しざまに伝えられていった。

創作作品

信長の忍び

CVうえだゆうじ

当初は典的なぼんくらだったが、再起を誓ったことで覚醒し、スペックが大幅に増強された。

自分を受け入れてくれた朝倉にだいぶ惹かれていたが、最後は史実通り坂の戦いで戦死。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける斎藤龍興の力一覧。

一時期までは知が低いくらいだったが、どんどん下がっていってしまった。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 49 政治 48 84 野望 63
武将風雲録(S1) 戦闘 52 政治 47 68 野望 52 教養 58
覇王 采配 68 戦闘 58 智謀 24 政治 31 野望 52
天翔記 戦才 126 智才 48 政才 120 78 野望 55
将星 戦闘 59 智謀 25 政治 53
烈風 采配 27 戦闘 39 智謀 17 政治 48
世記 采配 25 智謀 7 政治 32 野望 54
蒼天 統率 21 知略 12 政治 32
下創世 統率 20 知略 12 政治 29 教養 53
革新 統率 23 武勇 26 知略 14 政治 40
統率 23 武勇 26 知略 14 政治 40
創造 統率 29 武勇 39 知略 25 政治 43

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%8E%E8%97%A4%E9%BE%8D%E8%88%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

斎藤龍興

39 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 18:15:58 ID: Dvx8A8kZn+
アンチ信長だったのかぶっ殺したいほど惚れていたのか
まあ父親と対立した叔父たちが信長に仕えて重用されてたから、がもし降伏しても織田に居場所はかっただろうね

>>37
1562年から内政外政値が徐々に上昇するといいかもね
この頃から織田信清支援して信長圧迫、快と組んで武田と同盟、遠山を両属に、朝倉婚姻して北の脅威を除いた等々
1564年の終わり頃に復権後、劣勢の戦信長軍に快勝したりも
40 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 18:29:01 ID: sgTz1dkpny
直に話したことのある身としては治部大輔様の低評価には納得いかない
快で面倒見のいいお方だったよ
41 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 19:16:03 ID: qbmPBdvej4
>>40
成仏するか元の時代に帰ってください
42 ななしのよっしん
2020/05/29(金) 19:39:30 ID: 9gzMCnMqg1
気軽に霊界通信するな
43 ななしのよっしん
2020/06/08(月) 11:58:04 ID: 5mIY17Vj5P
だいぶ細かく書かれていていい記事
河野の戦いは直筆書状だと織田軍に大勝利した、織田信長下の笑いものだと書かれているが
その翌年に稲葉を失陥しているあたり、捏造に近い大本営発表の勝利だった。
このときの書状(中島文書)に連署した氏家直元安藤守就の2人がのちに信長に寝返ってるのが良い

同年に六角義賢三好三人衆に寝返って足利義昭越前逃げた(=美濃には逃げられなかった)
って考えると、六角と共同で三好三人衆(=足利義栄)に与した可性が高いな。

足利義昭の上作戦に参加するはずが、土壇場で三好寝返り信長の不意をつき、
足利義昭越前逃亡の原因を作ったと考えると、人心が離れるのは仕方ないか
44 ななしのよっしん
2020/06/08(月) 12:10:53 ID: 5mIY17Vj5P
織田信長斎藤龍興の攻防は織田信清の記事にも詳しいが、美濃
防衛ラインとして斎藤龍興武田信玄とも手を組んでいて、その巨大な連合で
もって織田信長と拮抗できたからその点の外交は評価されそう。
武田信玄が離脱したのは、上杉謙信との全面衝突に至った川中島の戦い
その後の武田外交政策の転換(武田義信+親今川から武田勝頼+親織田へ)も
あるだろうし、信長に単独で対抗したわけではないが六角武田
組んでしぶとく抵抗し続けていたのは再評価のがある。

あと、記事中朝倉日根野信長挟撃ラインにも触れられているが、
これ朝倉義景が撤退するのは仕方ないっす。これ現代でいうところの
越美北線越美南線長良川鉄道)のルートだと思いますが、
日本有数の地帯ででは今でも通行止めになる場所です。
こんなところ進んだら物資不足で孤立して全滅しますよ
45 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 02:22:55 ID: v2NFSGLPnl
あれだな、南北朝時代美濃にいる北畠顕家越前にいる新田義貞が連携すれば勝てたのにって言うようなもんだな
46 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 02:29:49 ID: v2NFSGLPnl
>>44
でもその数十年前ぐらいに朝倉土岐が同じルートで結構戦してるからなあ
できないことはないというレベルだろうね
47 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 02:41:16 ID: 2wxzKEkuFO
>>46
その美濃まで遠征したときはどれもが来る前に戦が終わってるしなあ
信長包囲網時のような長期間の遠征は厳しい
48 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 02:52:39 ID: 2sdYPq82al
戦国無双クロニクル2nd浅井ルートではモブ武将グラフィックながら準役と言っていいほどの活躍

過去のオススメ記事