断罪プラズマ単語

ダンザイプラズマ

分子レベルで駆け抜ける脅威の破壊衝動!
浮遊するシーケンスが独特なサイバーテイストメタル

断罪プラズマとは、pop'n musicの楽曲である。

概要

ジャンル サイバーメタル
アーティスト 積田
BPM 250
担当キャラ ビット
譜面難易度 CHALLENGE BATTLE
5ボタン NORMAL HYPER EX NORMAL HYPER
22 30(24) 41(36) 47(41) 17 30

初登場は19 TUNE STREET。ジャンル名は「サイバーメタル
稼働時よりデフォルトプレー

作詞作曲編曲96こと黒沢ダイスケ
本曲は96氏が初めてポップン提供したボーカル曲である。
楽曲のボーカルを務める「積田」氏は京都を中心に活動しているビジュアル系ダークメタルバンド「六合」のボーカリスト

担当キャラクターの容姿やサイバーというジャンル名とは裏に曲調の方は96バリバリヘビメタルで、どちらかと言うとダークな一曲。
なお、ボーカルの積田氏が所属している「六合」の楽曲は日本語歌詞に使用している関係で「和」の雰囲気を漂わせてたが、本曲は基本的に英で構成されている為、普段の氏とは全く異なるイメージを抱くだろう。

担当キャラクターゲーム好きな少年の「ビット」。
彼はデザイナーshioコナミの入社研修の際に描いていたキャラクターモデルで、beatmania 5th mixのミスレイヤーにも彼らしきキャラが登場しているexit
その特異な出自のおかげなのかスタッフされているらしく、以降の作品でも新曲2曲を担当していたり、最新作のうさぎと猫と少年の夢キャラクターの如ひめアニメゲスト出演していたりと、チュンストのデフォ曲のキャラクターの中では優遇されている部類と言えよう。
なお、ポップンでは過去にビットと設定等が被っているボゥイというキャラクターが存在していたが、近年はビットに出番を奪われがちで少々残念である。

楽曲のBPM250と非常に速いのだが、初出作品であるチュンストの時点ではハイスピードの0.1刻みが実装されてなかった関係でHS調整に苦労したプレイヤーも多い
EX譜面レベルは47。96曲で47レベルと言えば前作「せんごく列伝」稼働中期で登場し、低速ソフランによるラス殺し難易度詐称の存在で上級プレイヤーに猛威を振るっていた「プログレッシブ/風林火山」の記憶が新しいが、本曲のEX譜面は、間奏のギターソロ地帯で待ち受ける螺旋階段発狂程度しか難所が存在しない事から、前作と較して抑えな難度にはなっている。とはいえ、譜面構成自体はレベル相応の難易度なので「旗よりは楽勝だろ」と思って油断しないように。
ちなみに、下位譜面HYPERは初出当初は36と高めだったが、難所が間奏の発狂程度しか存在しなかった為かSunnyParkの難易度50段階方式への変更に伴い1レベル下がる事になった

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%AD%E7%BD%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

断罪プラズマ

1 ななしのよっしん
2013/05/15(水) 18:00:38 ID: /Ar1jPGwyL
H譜面に関するネタ
H譜面は初登場時はヴェルベットバレットヒットと並んでチュンストのデフォルトのH譜面高難易度の36。
だが、難しいポイントといったら間奏の発狂しかなく、階段が得意なら適正36以下のプレイヤーでもクリアという逆詐称だった。
故にその後のサニパの大幅なレベル変更の巻き添えになったのかレベル41(35)にダウン。しかしそれでも下がり足りないという意見もチラホラ。
ちなみに降格後のレベル41は、かつて下のレベルだったプログレタンゴがかつて存在していたのだが…

ちなみにネタ提供元の私はEXレベルには届かないプレイヤーなので、出来る人にEXネタをお願いします。