単語

シン

(しん・あらた・さら)とは、新しいということを意味する言葉。また以下のような用例を持つ。

人名・キャラクター名

漢字として

Unicode
U+65B0
JIS X 0213
1-22-64
部首
斤部
画数
13画
意味
あたらしい、初めて、という意味がある。〔説文解字・巻十四〕に「木を取るなり」との意味が載っている。
字形
諸説ある。との関係をもって解説する説が多く、や木を切ってとするのが原義で新しいの意味は仮借もしくは引伸義とされる。甲文では辛+斤や辛+斤+又の字形が多い。これもあって辛を符とする形説(段玉裁)、辛は小枝の小枝とする説、辛はとする木につけた印の針で、に伐った木を供する儀礼を表すとする説(白川静)などがある。
音訓
読みシン訓読みは、あたらしい、あらた、にい。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
新を符とする漢字には、などがある。
新案・新鋭・新刊・新奇・新規・新旧・新居・新曲・新・新・新婚・新参・新種・新・新書・新人・新生・新・新生児・新造・新調・新陳代謝・新党・新任・新年・新品・新附・新婦・新譜・新兵・新郎
参考
2009年今年の漢字に選ばれた。

異体字

𢀝
Unicode
U+2201D
部首
工部
画数
7画
𨐏
Unicode
U+2840F
部首
辛部
画数
11画
𤗔
Unicode
U+245D4
部首
片部
画数
12画
𤗟
Unicode
U+245DF
部首
片部
画数
13画
𣂺
Unicode
U+230BA
部首
斤部
画数
14画
  • 𢀝は、〔字彙補〕や〔説文〕の注にある古文
  • 𨐏は、〔康煕字典〕に〔孔耽碑〕に見えるとある異体字。
  • 𤗔は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。
  • 𤗟は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。
  • 𣂺は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。朝日新聞ロゴに使われている。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2015/10/05(月) 06:38:26 ID: tZgNNq5ygG
あらたしい
あたらしい