編集  

新保単語

シンボ

新保(しんぼ、しんぽなど)とは、日本苗字、地名である。多くは「新しく開墾した土地」をし、北陸地方に地名が非常に多く存在している。

苗字としてはやはり北陸地方に集中しており、新潟県石川県に多い。新潟県では小千に多く、小千では苗字軒数ベスト10入りしている。石川県では金沢市小松市に多い。北陸からの移住者が多い北海道にも多く、久遠せたな町でベスト10入り。

その他では鹿児島県鹿屋市付近に較的多い。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

架空のキャラクター

地名

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0%E4%BF%9D
ページ番号: 4811039 リビジョン番号: 1421615
読み:シンボ
初版作成日: 12/01/26 21:25 ◆ 最終更新日: 12/01/26 21:25
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新保について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/09/15(土) 23:00:47 ID: 9lR7cybuVD
2chコピペ思い出したから貼る。長いから改行カット

すいません、ちょっと長いんですけど書かせてください。

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンアメリカ教師が来た。
授業は一人一人アメリカ先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。
授業が始まると片言の日本語挨拶をする先生女子連中はキャーキャー言っていたけど
それを結構厳しい口調で注意するような先生だったので、みんな真剣に授業に臨んでた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな彼女の名前を呼んだ。
「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽちんぽサン!」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス