新幹線リレー号単語

シンカンセンリレーゴウ

新幹線リレー号とは、国鉄及びJRで運行されていた列車名である。

概要

1982年東北新幹線上越新幹線大宮暫定開業の際に、新幹線始発大宮駅と都内の上野駅を結ぶ列車として誕生した。両を途中ノンストップで結んでいたが、所要時間は途中の尾久駅赤羽駅浦和駅東北本線高崎線普通列車と変わらず26分程度であった。

上越新幹線大宮開業後にはおよそ30分間隔のダイヤで運転されており、上野駅6番ホーム17分47分発・大宮駅7番ホーム0131分発であった。ちなみに列車番号は120S+号数(11号なら131S)であった。

方向幕には上半分はオレンジ色で「新幹線連絡専用」、下半分は「上野←→大宮」と書かれていた。また、グリーン車シルバーカーと名乗っており、優先席または新幹線グリーン券を所持している乗客が利用できるようになっていた。

車両に新185系が使用されていて、東北新幹線上野駅まで開業して新幹線リレー号止された際に、185系東北本線高崎線系統の新特急草津谷川あかぎなすの東海道本線系統の特急踊り子へと回された。

尚、列車名は「新幹線リレー号」であったが、の案内や時刻表などでは「新幹線リレー1号」「新幹線リレー26号」のように記載されていた。

定期便としては国鉄時代の東北新幹線上野発着になるまでであったが、2011年には4月12日から東日本大震災の影で一部区間において不通となっていた東北新幹線の代替として福島駅仙台駅間に新幹線リレー号を新幹線が復旧するまでの期間限定として臨時設定。白石駅のみの停として485系583系リレー号に充当されていた。この処置は東北新幹線が復旧する2011年4月25日まで続けられていた。

列車名の由来

暫定開業だった新幹線リレーする列車だったから。

年表

1982年6月 東北新幹線大宮開業のダイヤ正で上野大宮間に新幹線リレー号が下り13本・上り14本設定される。
上野 - 大宮

1982年11月 上越新幹線大宮開業のダイヤ正で下り28本・上り29本に増発。

1985年3月 東北新幹線上野開業のダイヤ正で新幹線リレー号止。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC%E5%8F%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新幹線リレー号

1 コンビニそこそこユーザー
2014/07/20(日) 23:21:28 ID: p410+f45tg
最近始まった電車アニメ(?)で出てきたから調べたけど、記事あったんだね

1ゲトですw
2 ななしのよっしん
2015/10/16(金) 16:50:06 ID: LhRrAMK2ga
そして1年3ヶたった今この
麗に2げっとズサ


ってもいねーじゃねーかwww