新本格単語

シンホンカク
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

新本格とは、綾辻行人デビュー1987年)以降ブームとなった本格ミステリ作品および作家のこと。

概要

大正時代、江戸川乱歩デビューから本格的に始まった日本探偵小説は、論理的解きを中心にした「本格もの」と、怪奇幻想味がメインの「変格もの」とに分類されたが、戦前はどちらかと言えば変格ものが中心であった。その後、戦時中は当局の検閲のため、探偵小説事実上執筆を禁じられてしまうが、戦後になると、横溝正史の活躍や高木彬光哲也などの新人の登場で探偵小説は復戦前はあまり多くなかった本格ミステリの長編が数多く書かれるようになった。

しかし1958年松本清張の『点と線』がベストセラーとなったことをきっかけに、リアリズムを重視した社会推理小説が台頭し、「の山荘」「絶の孤」「の屋敷と胡散臭い住人」「暗躍する殺人犯」「名探偵」のような人工的な舞台モチーフを用いた古典的な本格ミステリは古臭いものとして退けられるようになっていった(いわゆる「本格ミステリの時代」)。
ところが社会推理小説も、推理味の希薄な作品の濫発により、60年代半ばには勢いを失う。70年代に入ると、角川映画の仕掛けた横溝正史ブームが巻き起こり、短命に終わったが探偵小説専門誌「幻影城」が登場して泡坂妻夫連城三紀彦デビューするなど、推理小説にかつてのロマンの復権をめる動きが生じていた。

そんな中、1981年島田荘司が『占星術殺人事件』でデビューし、数少ない本格ミステリの書き手として名を得る。その島田の肝いりで、1987年綾辻行人が『十角館の殺人』で講談社ノベルスからデビューする。また同時期に東京創元社ミステリの新刊の刊行に乗り出して新人発掘を開始。その結果、講談社ノベルスからは歌野晶午法月綸太郎我孫子武丸など、東京創元社からは折原一有栖川有栖北村薫山口也などの作家の後を追うように続々とデビューを果たし、上の世代から顔をしかめられながらも、若い読者の熱狂的な支持を得て、本格ミステリ人気が復した。

そのような状況の中、デビューを仕掛けた講談社ノベルスが発明した、これらの本格ミステリを総称するレッテルが「新本格」である。初出はの第2作『館の殺人講談社ノベルス版のオビに書かれた「ミステリー醍醐味!『十角館の殺人』に続く香気あふれる新本格推理第2弾!」という宣伝文句。

大雑把に言えば、綾辻行人以降にデビューした本格ミステリ向の作家、およびそれらの作品が新本格。ただし、それ以前から活動していて新本格ムーヴメントに大きな貢献を果たしている島田荘司笠井潔、竹本健治も新本格に含まれる場合がある。

第一世代(、法有栖川など)の頃は「古典的な本格ミステリルネッサンス」的な意味合いに近かったが、麻耶雄嵩の登場とその後の京極夏彦を経てのメフィスト賞系への流れから、「本格ミステリお約束を意識しつつそれを外していく」ような作品へ徐々にイメージが変遷していった。
そのせいか、以前の「本格」と以降の「新本格」を別のジャンルのように思っている人も多いようだが、新本格にはある程度固有の特徴(後述)があるものの、基本的には「新本格」とは「新世代の作家によるそれまでの本格ミステリ歴史を踏まえた本格ミステリ」ぐらいの意味である。今じゃ新本格初期の作品が古典になっちゃったけど。

現在では発祥から30年以上が経ち、新本格以降の本格ミステリというジャンル拡散・多様化、総本山であった講談社ノベルスの(というかノベルスという媒体そのものの)衰退などにより、現在の本格というジャンルをひとつの潮流と見なすこと自体が難しく、「新本格」という言葉自体、ほぼ歴史と化した感がある。じゃあいつ頃までが「新本格」なのか、というのはまた難しい問題で(有栖川有栖によれば京極夏彦デビューまで、笠井潔によれば東野圭吾容疑者Xの献身』までということになるが)、そのへんは後世の評価を待つべきかもしれない。少なくとも、平成生まれ以降の世代にとっては「新本格」は生まれる前から存在したものなので、新しくもなんともないというのは確かである。

評論界では(「新本格」は講談社の宣伝文句であるということから、東京創元社など他社の作品も含めた総称として)笠井潔の命名した「第三の波」という表現を使うことが多い。90年代には「ニューウェイヴ・ミステリ」とか呼ばれていたこともあるが既に死語

前述の通り、代表的な新本格作家はほとんどが講談社講談社ノベルス)か東京創元社からデビューしている。仕掛け人である講談社ノベルスが新本格の総本山であり、東京創元社デビュー作家も大抵の場合は講談社ノベルスで作品を発表したことがある。21世紀のはじめには光文社が「Kappa-One登竜門」というメフィスト賞の後追い的な賞を創設し、石持浅海東川篤哉などを送り出した。

ちなみに「新本格」という言葉自体は、以前にも1960年代半ばに読売新聞社の刊行した書《新本格推理小説全集》などで使われていたことがある。社会推理小説の代表格として本格の敵のように扱われがちな松本清張はこの書の序文で、社会推理小説の推理要素の形骸化を嘆いて「本格は本格に還れ」と述べている。

そういえば新伝綺って何だったんだろう?

新本格バッシング

現在ではなかなか信じられないが、新本格ムーブメントの初期においては、当時のミステリ評論界では新本格に対して批判的な評論家が多く、新本格作品はかなりバッシングを受けていた。

新本格がかれた理由は、英で既に古典的な本格がほぼ絶滅犯罪小説冒険小説流であることから、ミステリーはそういう方向へ進化するものであり、古臭い本格ものへ先祖返りするのは退化である、とする考え方が中心にあったようだが、他にも「単純に小説としてヘタだったから」説や「若い世代の書く同世代向け青春小説っぽさがオッサン評論家にはついていけなかったから」説などがある。

しかしそんな上の世代の拒否反応とは関係に若い世代は新本格を支持し、評論界にも新本格を肯定する若い世代が登場していった。

新本格初期の代表的な作品に、明らかに褒めてなかったり、なんかピントのずれた文庫解説がついているのが散見されるのは、だいたいこの世代間ギャップのせいである。

特徴

前述の通り新本格はもともと「新世代作家による本格」ぐらいの意味なので、旧来の(以前の)本格ミステリ本質的に違うもの、というわけではない。ただ、「新本格っぽい」という形容があるように、新本格によく見られる特徴的な作というものはいくつかある。大雑把に挙げれば、

といったところだろうか。もちろん全ての作品がこれに当てはまるわけではないが、有栖川・法我孫子といった第一世代から現代に至るまで、「本格ミステリというジャンルの様式やお約束に自覚的であること」が新本格の新本格らしさ、であるとは言えるだろう[要出典]

「『本格冬の時代』はあったのか」論争

前述した新本格前史を大雑把に要約すると「松本清張以降、社会ミステリー界を席巻し、『本格ミステリの時代』が到来した。それに対する若い世代の反発から生まれたのが新本格」ということになる。

新本格のトップバッターである綾辻行人の『十角館の殺人』の中に、ミステリマニアの登場人物が社会を揶揄し古典的な本格の魅を称揚する台詞があり、これが「新本格」の決意表明として受け取られたこともあり、このわかりやすい構図はミステリ史におけるある種の通説となっている。

ただ、大雑把な要約なので実態とは少々ズレが生じるのは否めない。たとえば、新本格が勃した80年代後半にミステリー流だったのは、清社会ではなく、西村京太郎を筆頭とするトラルミテリーと、赤川次郎ユーモアミステリーだった。また、「の時代」とされた60年代~80年代前半にかけても、現代のから見ても名作として名前が残る本格ミステリは多数書かれている。

というわけで後世の読者から、「70年代80年代にも色んな名作が書かれてるのに『本格の時代』っておかしくない? 『の時代』なんて本当にあったの?」という疑義が呈されることがある。

「あったかかったか」という問いに関しては、究極のところは当人の受け取り方次第なところがあり、当時書かれたミステリーを全部調べてその中に本格が何割あるか、と定量的に計測するのも現実的ではない。また「潮」とか「雰囲気」というようなものは記録に残りにくいため、客観的に「あったかかったか」と決定することはおそらくできない。ただ、新本格初期の書き手たちが少なからず、自分たちの読みたい本格ミステリい・少ないことへの飢餓感から創作の筆を執ったことは確かである。また、現代と当時とでは「本格」という言葉の示す範囲もおそらく大きく異なるだろう。

というわけで「『本格の時代』は、少なくとも新本格初期の書き手たちの認識上においては確かに存在した(だからこそ新本格ムーヴメントが起こった)」というのが、実態に即した理解ではないだろうか。

新本格の大雑把な歴史

【この項は執筆者の独自史観が含まれます】

◎第一期(1987年1993年頃)綾辻行人法月綸太郎我孫子武丸、歌野晶午折原一有栖川有栖北村薫山口也、芦辺拓麻耶雄嵩らが続々と登場。新本格が「本格ミステリマニアの(に若い世代の)作家が、本格ミステリマニアの若い読者に向けて書くミステリ」だった時代。上の世代からのバッシングを受けつつも若い世代に支持され、古典的な本格ミステリという形式のルネッサンスを軸としつつ、現代へと通じる本格の多様化の種がかれる。

◎第二期(1994年1999年頃)京極夏彦森博嗣清涼院流水乾くるみ浦賀和宏殊能将之舎巧らメフィスト賞の時代への突入。小説外で『金田一少年の事件簿』『名探偵コナン』『古畑任三郎』『かまいたちの夜』などの漫画ドラマゲームによって、本格ミステリというジャンル自体が大幅に大衆化し、その中で非ミステリマニア作家である京極が本格ミステリで多数の読者を獲得したことで、第一期の頃の「新本格=マニアによるマニアのための本格」というシンプルな構図が崩れる。さらに清涼院流水の登場によって新本格そのものが模倣される段階に入り、新本格に本格ミステリの外側にある価値観が流入、新本格以前を知る第一期の世代と、新本格が既に自明のものとしてあった次世代のズレが露呈する。

◎第三期(2000年2005年頃)メフィスト賞舞城王太郎佐藤友哉西尾維新らを送り出し、新青春エンタだの新伝綺だのファウストだの言い出した頃。清涼院流水を受け、本格ミステリの形式を借りながら従来の本格ミステリ全に逸脱する作家たちが新本格の総本山だった講談社ノベルスから次々と登場したことに、第一世代の作家たちが強い違和感と本格の将来への危機感を訴えた混乱期。つまり太田が悪い。結局それらの作家は後に狭義の本格からは離れていき、危機感を覚えたベテラン勢はスタンダードな本格への原点回帰向した。一方、辻村深月道尾秀介のような、新本格のを受けつつも後に一般文芸で高く評価されることになる作家が登場する。

◎第四期(2006年2010年頃):『容疑者Xの献身』を巡る論争を最後に第三期の混乱が落ち着きを見せ、本格ミステリと本格以外のジャンル価値観の融和が図られはじめた時代。文芸界全体でライトノベルと一般文芸の垣根が崩れはじめた時代でもある。米澤穂信ブレイクによる日常の謎ブームの形成、三津田信三ブレイクによる本格とホラーの両立、歌野晶午乾くるみによる叙述トリック大衆化など、現代に繋がる多様性の種が開し始める。第一世代の作家作を相次いで発表する一方、この時期のデビュー古野まほろ深水黎一郎詠坂雄二といった妙にマニアック作家が多い。

◎第五期(2011年~)円居挽相沢沙呼崎有早坂吝井上偽、白井智之、市川憂人今村ら、現代のポップカルチャーを背景に育った世界観・キャラクターと、本格ミステリの形式性・論理性へのこだわりとを両立した新人たちが続々と登場。新時代を牽引する。

ニコニコ大百科に記事のある新本格(と思われる)作家

デビュー時期別に記載。名前横は生年ではなくデビュー年からの作家活動期間。デビュー当時は新本格系だったが後に本格を離れた作家や、デビューメインは他ジャンルだが作品の中に新本格系のミステリがある作家も含む。

~1986年デビュー(プレ新本格)

1987年~1990年デビュー

1991年~1995年デビュー

1996年~2000年デビュー

2001年~2009年デビュー

2010年~デビュー

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B0%E6%9C%AC%E6%A0%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

新本格

26 ななしのよっしん
2015/01/15(木) 19:45:40 ID: vmQQLzcJDX
だいたいそんな新本格が登場した当時から言われつくしてる批判を今更ドヤ顔で言われてもな
そういう批判に対してとか北村薫とかがどう対抗してきたか知らんのだろうが
27 ななしのよっしん
2015/04/22(水) 03:45:10 ID: aoYuR5+wXt
新本格と元来の本格ミステリに明確な違いはいと思うんだがな
ただ社会の台頭で一時的に空白期間があったってだけで
28 ななしのよっしん
2015/09/30(水) 19:43:15 ID: wKirl6a/Qh
おおむね時期による区分としてもいいんだが、初期京大ミス研出身の四人(綾辻行人法月綸太郎・安孫子武丸・麻耶雄嵩)は、表れ方は違うが似通ったこだわりがある
同じコミュニティに属していたんだから当然なんだが、間をおかずに4人も出てくると、後の作家に妙なを及ぼしてしまったような気はする
29 ななしのよっしん
2016/05/24(火) 15:44:33 ID: KcIR+b+Jr3
最近の書き手だと山口章羽がストレート新本格っぽい作かな
松本寛大も……と思ったけどあれは21世紀本格のカテゴライズかもしれない
30 ななしのよっしん
2016/09/05(月) 05:39:50 ID: bT1j8CguEo
実は新本格の方が本格よりも古いミステリに近いという
31 ななしのよっしん
2017/09/05(火) 12:48:14 ID: toyrwdWDEP
ルネッサンス30周年おめでとー!
32 ななしのよっしん
2019/12/18(水) 00:59:21 ID: AXj+UpxLfn
>>24
死ぬほど亀レスだが、本読みでいいと思う……。

読書において楽しめるものは沢山あるのに理に限定しちゃいかんだろ。
登場人物の心情やその変化、ドラマチックな活躍ばかりが醍醐味なわけでもあるまい。
と解決だけがテーマでも構わんだろう。SF文学には一切登場人物が出てこない作品だってあるんだし。
33 ななしのよっしん
2020/02/10(月) 22:56:26 ID: OILxmtkqK0
新本格のキモってトリックや推理を楽しむ事だから人物がコマって当たり前なんだよな。
それ以外はメインじゃないからなくてもいい(というか推理メインからすると邪魔)っていう発想からなんで
○○がないってのは、いやそういうジャンルだし…にしかならないという。
物語ドラマがないのがダメだみたいな批評はフツーの小説ならわかるけど、
そもそも新本格推理小説ドラマ要素を盛り込んだ結果、推理要素が下火になってしまったので出てきたジャンルだし。

でも正直新本格の後期の作家って、単に奇をてらった作が混ざってきちゃって「推理小説の復」としてはだんだん微妙になってきちゃったんだけどな。
ドラマがないってのも初期の作品しか見てないんじゃないか。
まあ大田が悪いんだけど…
34 ななしのよっしん
2020/04/29(水) 16:57:05 ID: dkevpFymFZ
ミステリ歴史とかそんなに理解してる訳じゃないけど、現代でここまで多様なトリックが楽しめることには感謝しかない。
35 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 21:00:55 ID: 9Q3W7NxZhu
>>24
頭痛が痛いみたいな国語で何を言ってんだか…

急上昇ワード

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック